お題:最弱の投資 制限時間:15分 読者:48 人 文字数:468字

最後の賭け(笑)
「よし、やってやる……やってやるぞ……!」

 残った生活費。それでどうやって食いつなぐか……悩みに悩んだ結果、オレは決めた。
 投資だ! 今こそ投資を行うべきなんだ!!

 だから、オレは迷わず投資を行うことにした。
 ……一円投資を!!

 説明しよう、1円投資とは!!
 殆どもう株式を手放そうとしている会社が、一株1円で販売するという博打過ぎるものである!!

「とりあえず、色んな1円株が多いけど……これが良いな!」

 どれがいいかな、かみさまのいうとおり。
 と口ずさみながら選んだ会社。

 その名は『絶体絶命社』
 製造系の会社らしいけど、どんな物を作っているのか分からない。
 当然HPもないし、有名な和食チェーン店のようなにこやかな笑顔の青年も居ない。
 だけどこれが良い、これに決めた!

「全額かけてやるぜ!」

 オレは勢い良くマウスのクリックを押し、残った生活費を投資した。

 こうしてオレは、絶体絶命社の株を10株購入した。

 ……そして、全財産は無くなった…………。
 はぁ、どうやって生活しよう。
作者にコメント

似た条件の即興小説


ユーザーアイコン
作者:落下物 お題:最弱の投資 制限時間:15分 読者:50 人 文字数:182字
「勉強は将来への投資っていうよね?親とか、先生とか。あれはね、私、嘘だと思うんだ。」僕の知り合いの中で一番の勉強家であろう彼女は、出し抜けにそう言った。「誰か 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:大好きな犬 制限時間:15分 読者:0 人 文字数:365字
「チョコ、行くよー」たまちゃんがわたしを呼んだ。わたしは我が主人の甲高い声のする方へ、フローリングの床をカチャカチャと音を立てて走る。わたしは散歩というものはあ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:打算的なわずらい 制限時間:15分 読者:3 人 文字数:708字
屋敷の正門前には、ずらりと牛車が並んでいた。「ちょっとちょっと、ここって大納言さまのお屋敷だろう? 何だってんだい、たくさん車が並んで」通り掛かりの女の行商が、 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:mee お題:とびだせ車 制限時間:15分 読者:11 人 文字数:1710字
なにひとつ出来ることなんてないと分かっていたのに、どうしてか筆をとってしまいました。 最期に、君になにか伝えられることがあるだろうかと、一行分の空白を使ってし 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
冷たい国 ※未完
作者:匿名さん お題:冷たい国 制限時間:15分 読者:4 人 文字数:545字
氷の都、とでも呼べば良いだろうか。今こうして歩いている場所は、大路の幅も屋敷の配置も、何もかも、生まれ育った平安の都と同じなのに、すべてが雪と氷でできているよう 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
作者:むにゃむにゃ@即興 お題:潔白な信仰 制限時間:15分 読者:9 人 文字数:632字
木々に囲まれて教会は建っていた。都市部より少し離れた所。それは山の麓にあった。私がそこに立ち寄ったのはほんの偶然である。中に入ると、とても暗い。そして暗さとは対 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:西 杞憂 お題:狡猾な夏休み 制限時間:15分 読者:25 人 文字数:4字
パンチラ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:mav934kd9k3 お題:怪しい野球 制限時間:15分 読者:8 人 文字数:538字
子供のころ、市民プールで野球の試合を見たことがある。プールでだ。ありふれた25メートルの競泳レーンのそれぞれの辺に塁を作って、ピッチャーがプールの中から浮き輪で 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:きちんとしたプレゼント 制限時間:15分 読者:3 人 文字数:253字
「…………また彼岸花だ」 かっちりと小さな段ボールで送られてきた彼岸花の花束。今日は私の誕生日だった。「なんで彼岸花なんだろう」 私にはさっぱり理由がわからない 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雷藤和太郎 お題:きちんとしたプレゼント 制限時間:15分 読者:10 人 文字数:914字
今日は失敗ばかりだった。 美希に告白すると決めてから今日の日に向けて準備した様々なものが全て空回ったのだ。デートに悩んだときに、ここならば間違いないと雑誌に紹 〈続きを読む〉

清水裕@テンションダウンの即興 小説


ユーザーアイコン
作者:清水裕@テンションダウン お題:緑の小説新人賞 制限時間:15分 読者:26 人 文字数:525字
パチパチパチパチパチパチパチパチ、そんな拍手喝采の中を受賞者である僕は恥かしげに壇上へと上がって行く。 それを待っていたかのように司会者は口を開いた。「さあ、 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:清水裕@テンションダウン お題:僕の好きな弁当 制限時間:1時間 読者:33 人 文字数:732字
「きょ~うのご飯はな~にっかな~~?」 僕は楽しそうに、お弁当が入った袋を手にしながらウキウキ気分で何時もの定位置へと歩く。 今日はいったい何が入ってるだろうか 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:清水裕@テンションダウン お題:群馬の妄想 必須要素:靴の中敷 制限時間:30分 読者:30 人 文字数:1592字
――ギャーオギャーオ! ――キシャーー!! ――フンギョロギッチ○ンブッチョロロリラ~~~~~ン♪ 摩訶不思議な鳴き声が響く森の中を、隊長である私を先頭に…… 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:清水裕@テンションダウン お題:地獄の善 制限時間:15分 読者:31 人 文字数:447字
赤、朱、紅。 見渡す限り、周囲は『あか』に覆われていた。 その赤は燃え盛る火であり、その朱は焼けた鉄であり、その紅は……人の血であった。 周囲に聞こえるのは人 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:清水裕@テンションダウン お題:オレだよオレ、何でも屋 必須要素:ギャグ 制限時間:30分 読者:55 人 文字数:1156字
『オレだよオレ』 電話の向こうから、男の声でそう告げられる。 だから、こちらも問いかけた。「そうか、オレだよオレ」『はぁ!? 何いってやがるテメェ!! ふざけて 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:清水裕@テンションダウン お題:最弱の投資 制限時間:15分 読者:48 人 文字数:468字
「よし、やってやる……やってやるぞ……!」 残った生活費。それでどうやって食いつなぐか……悩みに悩んだ結果、オレは決めた。 投資だ! 今こそ投資を行うべきなんだ 〈続きを読む〉