お題:日本葬式 必須要素:グーグルマップ 制限時間:15分 読者:116 人 文字数:218字

便利さゆえの弊害
 普段ならスマホでグーグルマップを開けば目的地へ到着するのだが、今日に限って充電が切れる。
 日本式の葬式に遅れてあとから参加というのはいかにも間抜けだし何とかして時間までにたどり着かねばならない。
 だが、頭は混乱していた。
 スマホ、もしくはインターネット以外での地理の把握方法など今まで生きていておこなったことがなかったからだ。
 式場の名前は知っている。
 冷や汗を流しながら時間だけが過ぎていき、ついには日が暮たので帰宅した。
作者にコメント

似た条件の即興小説


ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:有名な朝 必須要素:グーグルマップ 制限時間:15分 読者:17 人 文字数:747字
毎日、朝焼けを見るのが僕の習慣になっていた。地球上、どこにいたって日が昇り、日が沈む。新しい1日が始まって、1日が終わるのだ。そんなこと当然分かっているけれど 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:黄金の境界 必須要素:グーグルマップ 制限時間:15分 読者:21 人 文字数:369字
グーグルマップを見た。近所に妙な線が引かれていた。東南東から西北西にかけて真っ直ぐに引かれており、一万分の一程度の縮尺まで縮小すると消えてしまった。少し追ってみ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
ゆめのくに ※未完
作者:edencat お題:自分の中の国 必須要素:グーグルマップ 制限時間:15分 読者:69 人 文字数:321字
ああ、これは夢だ。見慣れない街に私は立っていた。ピンク色や水色。カラフルな色彩の西洋風の建築物が並ぶ街並み。人や生物の気配はなく、空は透明だ。そういえば、夢を夢 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:evening お題:過去の笑い声 必須要素:グーグルマップ 制限時間:15分 読者:104 人 文字数:1571字
「今日、リコがとても面白いものを見ていたのだよ。彼女のノートパソコンでね」 終業時間を過ぎた後の執務室で、金髪の青年が言った。蝶や蛾の標本を閉じ込めた、ガラスの 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:benny お題:綺麗な闇 必須要素:グーグルマップ 制限時間:15分 読者:144 人 文字数:288字
目が覚めると、綺麗な星が見えた。それ以外は闇だ。スマホで時間を見ると、なんと朝の3時。こんな時間に、なんで俺はここにいるんだよ…。俺は昨日の記憶を思い出しながら 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
作者:終音サコ@青縞雑魚Ⅲ お題:計算ずくめの演技 必須要素:グーグルマップ 制限時間:15分 読者:93 人 文字数:1127字
私はふと、天を仰いだ。自分がどこにいるかわからない。手元にあるスマートフォンのグーグルマップを見ても、辺りは広大な大地だけだ。田畑、林、数軒の民家、もっと遠くを 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:のら お題:興奮した夕日 必須要素:グーグルマップ 制限時間:15分 読者:185 人 文字数:1200字
スマートフォンを持っていると、地図が見れるから便利。 便利って言うのはそう言う事で、旧来の携帯電話の能力では地図をそこまでカバーできない。 ネット経由だから、 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:メジャーな犯人 必須要素:グーグルマップ 制限時間:15分 読者:196 人 文字数:489字
「なんや随分アホやな」上司はため息しか出ない。「そうですね」私もため息しかでない。二対の目線の先にはグーグルマップ。はっしん行方不明者がどこにいるか全く分からな 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:みなも お題:寒い瞳 必須要素:グーグルマップ 制限時間:15分 読者:204 人 文字数:342字
道を歩くときに視線を感じる。 それだけじゃない。公園のベンチでぼうっとしているときや、家でゲームをしているとき、寝るときや、風呂の中ですら何者かの視線を感じる 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:⊂(( 禁 x 酒 ))⊃ お題:たった一つのネット 必須要素:グーグルマップ 制限時間:15分 読者:307 人 文字数:1136字
人類は滅んだ。 三日前の出来事だ。 ぼくはそれをぼくの部屋に唯一ある文明の利器、パソコンで知った。 このパソコンを買ったのは六年前で、ヨセミテとは南国はジャン 〈続きを読む〉

まろやかに傾く人の即興 小説


ユーザーアイコン
作者:まろやかに傾く人 お題:そ、それは・・・階段 制限時間:15分 読者:14 人 文字数:406字
「これを見て頂戴」 呼び出された視聴覚室に向かうと先生が映像を流し始めた。「そ、それは……」 映し出されたのは階段、だがしかし強烈に見覚えがあった。「そう、これ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:まろやかに傾く人 お題:馬鹿な霧雨 制限時間:15分 読者:23 人 文字数:237字
曇り空から紅い霧雨が降ってくるのを、壊れかけた廃墟からぼうっと見ていた。 地球が5万発の核兵器で焼き払われてから数年、人類は滅亡しかけたけれど生き残っている人 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:まろやかに傾く人 お題:コーヒーと夕日 制限時間:15分 読者:18 人 文字数:279字
高校の帰り道、のどが乾いたなどと考えていると自動販売機を見つけた。 お茶、スポーツドリンク……ブラックコーヒー。 そういえば中学生の頃、格好をつけてブラックコ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:まろやかに傾く人 お題:春の家事 制限時間:15分 読者:15 人 文字数:250字
空は快晴、マンションのベランダから下を見れば桜の下をランドセルを背負った小学生が並んで登校していた。 あんなころもあったと昔を懐かしく思う我が身はすでに43歳 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:まろやかに傾く人 お題:部屋とYシャツとオンラインゲーム 制限時間:15分 読者:17 人 文字数:265字
「なぁ」「なによ」「僕は恋人の家にまねかれたんだよな?」「そうね」「ならば何で2人してYシャツでパソコンとにらめっこしているんだ?」「もちろん、オンラインゲーム 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:まろやかに傾く人 お題:イタリア式の宇宙 制限時間:15分 読者:79 人 文字数:366字
『宇宙はパスタでできている』 イタリアの科学者の迷言である。 誰一人としてまともに扱わないのだが、当人が学会で発表して新聞で取り上げられてしまったからたまらない 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:まろやかに傾く人 お題:黒尽くめの民話 制限時間:15分 読者:87 人 文字数:199字
月も星もない真っ暗な夜が10年に一度訪れる。 街灯の光が1cm隣を照らすこともできない、真っ黒な空気で満たされるのだ。 目が使えなくなるだけで、物はそこにある 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:まろやかに傾く人 お題:フォロワーの宇宙 制限時間:15分 読者:82 人 文字数:229字
一人とつながれば、その人とつながっている人ともつながりができる。 そうして宇宙のようにつながりは大きくなっていく。「結果このざまか」「どうしよう……」 で、増 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:まろやかに傾く人 お題:くだらない挫折 制限時間:15分 読者:88 人 文字数:231字
「もうやらない」「もうやらないって……まだ始めたばかりだろう?」「できなかったから、もうやらないの」「挑戦しなければ絶対できないさ。でも、何度も繰り返すことでで 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:まろやかに傾く人 お題:明るい抜け毛 制限時間:15分 読者:63 人 文字数:276字
眠りそうになりながら学校で授業を受けていた。 先生の間延びした声と窓から差すぽかぽかと温かい日光。 うつらうつらとしていると自分の金髪が一本抜けてノートの上に 〈続きを読む〉