お題:日本葬式 必須要素:グーグルマップ 制限時間:15分 読者:63 人 文字数:218字

便利さゆえの弊害
 普段ならスマホでグーグルマップを開けば目的地へ到着するのだが、今日に限って充電が切れる。
 日本式の葬式に遅れてあとから参加というのはいかにも間抜けだし何とかして時間までにたどり着かねばならない。
 だが、頭は混乱していた。
 スマホ、もしくはインターネット以外での地理の把握方法など今まで生きていておこなったことがなかったからだ。
 式場の名前は知っている。
 冷や汗を流しながら時間だけが過ぎていき、ついには日が暮たので帰宅した。
作者にコメント

似た条件の即興小説


ユーザーアイコン
ゆめのくに ※未完
作者:edencat お題:自分の中の国 必須要素:グーグルマップ 制限時間:15分 読者:20 人 文字数:321字
ああ、これは夢だ。見慣れない街に私は立っていた。ピンク色や水色。カラフルな色彩の西洋風の建築物が並ぶ街並み。人や生物の気配はなく、空は透明だ。そういえば、夢を夢 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:evening お題:過去の笑い声 必須要素:グーグルマップ 制限時間:15分 読者:45 人 文字数:1571字
「今日、リコがとても面白いものを見ていたのだよ。彼女のノートパソコンでね」 終業時間を過ぎた後の執務室で、金髪の青年が言った。蝶や蛾の標本を閉じ込めた、ガラスの 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:benny お題:綺麗な闇 必須要素:グーグルマップ 制限時間:15分 読者:94 人 文字数:288字
目が覚めると、綺麗な星が見えた。それ以外は闇だ。スマホで時間を見ると、なんと朝の3時。こんな時間に、なんで俺はここにいるんだよ…。俺は昨日の記憶を思い出しながら 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:終音サコ@青縞雑魚Ⅲ お題:計算ずくめの演技 必須要素:グーグルマップ 制限時間:15分 読者:66 人 文字数:1127字
私はふと、天を仰いだ。自分がどこにいるかわからない。手元にあるスマートフォンのグーグルマップを見ても、辺りは広大な大地だけだ。田畑、林、数軒の民家、もっと遠くを 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:のら お題:興奮した夕日 必須要素:グーグルマップ 制限時間:15分 読者:151 人 文字数:1200字
スマートフォンを持っていると、地図が見れるから便利。 便利って言うのはそう言う事で、旧来の携帯電話の能力では地図をそこまでカバーできない。 ネット経由だから、 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:メジャーな犯人 必須要素:グーグルマップ 制限時間:15分 読者:162 人 文字数:489字
「なんや随分アホやな」上司はため息しか出ない。「そうですね」私もため息しかでない。二対の目線の先にはグーグルマップ。はっしん行方不明者がどこにいるか全く分からな 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:みなも お題:寒い瞳 必須要素:グーグルマップ 制限時間:15分 読者:157 人 文字数:342字
道を歩くときに視線を感じる。 それだけじゃない。公園のベンチでぼうっとしているときや、家でゲームをしているとき、寝るときや、風呂の中ですら何者かの視線を感じる 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:⊂((・x・))⊃ お題:たった一つのネット 必須要素:グーグルマップ 制限時間:15分 読者:270 人 文字数:1136字
人類は滅んだ。 三日前の出来事だ。 ぼくはそれをぼくの部屋に唯一ある文明の利器、パソコンで知った。 このパソコンを買ったのは六年前で、ヨセミテとは南国はジャン 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:かっこ悪い喜劇 必須要素:グーグルマップ 制限時間:15分 読者:295 人 文字数:520字
思いついた地名をグーグル検索で打ち込んだ。「択捉島」真っ先に思いついたのは日本の最北端の島だった。仕事を辞め、しばしの暇を持て余していた僕は何を思ったのかその島 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:夢見屋さん/D-15.16 四国祭 お題:彼女と夜中 必須要素:グーグルマップ 制限時間:15分 読者:182 人 文字数:859字
冬も寒さも終わりに近づいてきた3月中旬。 最近雨続きもあって、なかなか遊びに出かける事もできなかったある日の夜。「ねぇ、今日暇」「ん?」「暇かって聞いてんの」 〈続きを読む〉

まろやかに傾く人の即興 小説


ユーザーアイコン
作者:まろやかに傾く人 お題:名付けるならばそれは花 制限時間:15分 読者:8 人 文字数:120字
地に咲き踏みつけられても天に向かってまっすぐに伸びる。 ほのかに香る甘い匂いと、美しい蜜。 多くのものをひきつける魅力にあふれるがゆえに飾られることもあるし、 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:まろやかに傾く人 お題:求めていたのは土 制限時間:15分 読者:9 人 文字数:331字
例えば宇宙で命が生まれたとしたら。 その生物には当然栄養が必要になるため、餌のある場所への移動手段が必要になる。 地球とは違い、どこにあるのかもわからない餌を 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:まろやかに傾く人 お題:素晴らしい接吻 制限時間:15分 読者:14 人 文字数:538字
きっとこれは夢なんだ。 だって、あの山崎君が私に向かってキスをしてくるなんて――――。 当然のごとく夢でした。 正直、夢を見ながらこれは夢だって自覚するレベル 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:まろやかに傾く人 お題:やわらかい彼女 制限時間:15分 読者:15 人 文字数:408字
人口の9割がロボットであるこの世界で俺は働いている。 内容は書類仕事だが、正直いって俺よりもロボットのほうが効率的だ。 それでも会社が俺を使うのは、人類保護プ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:まろやかに傾く人 お題:不屈の電話 制限時間:15分 読者:15 人 文字数:239字
もう2日以上家の電話が鳴り続けている。 誰からの電話だろうか? 借金取り、会社の上司、大家、いずれにしろろくでもない奴らからだろう。 すでに自殺したというのに 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:まろやかに傾く人 お題:ダイナミックな食事 制限時間:15分 読者:10 人 文字数:376字
世の中の人間は怠惰に過ぎる。 食とは、本来そのものが生きるはずだった命を摘み取り己の血肉とする行為。 にもかかわらず他者が終わらせた命を感謝もせずに食す者のな 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:まろやかに傾く人 お題:名前も知らない料理 制限時間:15分 読者:13 人 文字数:321字
これでも食にはうるさいほうだと思っていたのだが、その日出されたのは名前も知らない料理だった。 まず材料からしてわからない。 肉は苦味が強いがタレと混ぜることで 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:まろやかに傾く人 お題:去年のむきだし 制限時間:15分 読者:14 人 文字数:210字
人間やったことを忘れることは多々あると思う。 誰かとの約束や、荷物をカバンに入れることなど、多くのを忘れるがたいていのことは何とかなる。 そう、たいていのこと 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:まろやかに傾く人 お題:楽しかった屍 制限時間:15分 読者:15 人 文字数:367字
今日1日はいつもと変わらぬ日だったが、とにかく何にでも感動した。 朝、食パンにバターを塗って食べるとそのおいしさに涙がこぼれた。 外に出ると太陽が頭の上で輝い 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:まろやかに傾く人 お題:俺は「うりゃぁ!」 制限時間:15分 読者:14 人 文字数:296字
目の前に俺がいる。 右手を上げれば目の前の俺は左手を上げ、困った顔をすれば目の前の俺も困った顔をする。 それも当然で、目の前の俺は鏡1枚隔てて存在するのだ。 〈続きを読む〉