お題:ねじれた女 必須要素:ミュンヒハウゼン症候群 制限時間:1時間 読者:234 人 文字数:1511字 評価:4人

ロボットアイドル
 古びた居酒屋の電子ディスプレイに映し出されたアイドル。壊れかけたロボット・アイドルが、ロボット特有の音域で叫び、かすれた声で歌っている。
 痛々しい声だと思った。その声は確かに造りものだというのに、私の心は痛む。
 上手ではなかった。
 隣では、ニコワンの魂の叫びに共感したのであろう、若い女性がハンカチを目に当てていた。ぽろりと流された透明のつぶが見えて、私は思わず見てはいけないものを見たような気がした。
「ずっとアイドルでいたいのです!」
 マイクを握りながら、ニコワンは叫んでいた。
 同時に誰かに言わされていた。
 ニコワンの声を背に、飲み屋の席を立ち、私はそのまま帰路についた。
 入り口をくぐると自動的に支払いが済まされるので、私は小銭というのをさわったことはない。街頭のテレビが、壊れかけたニコワンを映し出していた。私は進行方向を変えた。
 どうして私は泣いていないのだろう。

 ロボットが人間に媚びるときの方策の一つが、ずたぼろに壊れてしまうことだ。ぼろぼろになったロボットは、いつも哀愁を誘う。永遠の命を捨てるような、身を削った壊れ方こそ、ロボットの生きる道だった。いくつもの最新アイドルが、高性能を見せびらかしてどこかに消えた。
 ロボットアイドルは、どんなに損傷が激しくても、パーツを取り換えれば復帰できる。復帰できなくなるのは、観客に飽きられたときだけだ。
 ニコワンは哀愁に特化したロボット・アイドルだった。
 ニコワンは奇跡の復帰を果たして3度目の引退宣言になる。世間一般では、ニコワンとは有限不実行のことを指す。一度口にしたことを撤回することを、皮肉って表現したものだ。私はニコワンがとても好きだった。
 ニコワンが1度目の引退宣言をしたとき、悲しかったがほっとした。売り方がだんだん過激になっていた。これでニコワンは安らかになれるのだと思ったのだ。
「私にはこの道しか、ないんです!」
 ニコワンは長期メンテナンスに入り、自ら自己にインストールされているインターフェイスを削った。工場や機械的なコールセンターでつとめるために必要なインターフェイスを削った。ニコワンは完全にデリートしたおびただしいプログラムの列を公式ホームページで開示した。その中には、私が働いていた自動車部品工場における、規格外のパーツをはねるために見分ける、基礎的なプログラムがあった。
「部品工場で単純労働に従事させられるなら、廃棄処分になった方がましです」

「私は、私!」
 投げ売られていた清涼飲料水のラベルには、ニコワンがプリントされていた。続いて関連商品の情報が映し出されていた。
 ネットオークションでは、おびただしいくらいのニコワンのパーツが売られている。ニコワン同系のパーツもあれば、ニコワンが実際につかっていたプレミアムパーツもある。
 私も一つ、ニコワンの一部を持っている。無名時代、本当かウソか分からない小雑誌のキャンペーンで当たったものだった。ネジは3mmほどの小さなもので、何の変哲もないねじだった。

 私はニコワンがけずりきった、別のインターフェイスが好きだった。私はニコワンの中にある、私と共通したインターフェイスが好きだった。
 私の中のニコワンはいつまでたっても一台目のままで、今のニコワンは、なんだか別人のように思える。

 インターネットには、たどたどしいころのニコワンの、バージョンの低いタイプのバックアップの痕跡が散らばっている。不正にコピーされた、あるいはニコワンが自傷的にキャンペーンした、ニコワンの情報がおびただしく残されている。
 ニコワンがずっと好きだった。
作者にコメント

対戦作品一覧


ユーザーアイコン
作者:ぽつタイプライター お題:ねじれた女 必須要素:ミュンヒハウゼン症候群 制限時間:1時間 読者:234 人 文字数:1511字 評価:4人
古びた居酒屋の電子ディスプレイに映し出されたアイドル。壊れかけたロボット・アイドルが、ロボット特有の音域で叫び、かすれた声で歌っている。 痛々しい声だと思った 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:らび お題:ねじれた女 必須要素:ミュンヒハウゼン症候群 制限時間:1時間 読者:136 人 文字数:1796字 評価:3人
「おーい!」 レイが病棟の屋上で大声をあげる。運動場の患者たちが全員顔をあげると、彼女は満足げにうなずく。 「今日は、ここから飛ぼうと思いまーす!」 観衆は心 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:和委志千雅 お題:ねじれた女 必須要素:ミュンヒハウゼン症候群 制限時間:1時間 読者:125 人 文字数:2991字 評価:1人
『悪魔を憐れむ歌』というタイトルの映画がある。デンゼル・ワシントンが出ていた。恥ずかしい話、映画の内容はほとんど記憶にない。しかし最後のところだけ覚えている。主 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:解けかけの氷 お題:ねじれた女 必須要素:ミュンヒハウゼン症候群 制限時間:1時間 読者:126 人 文字数:2179字 評価:1人
朝食と晩飯付きで家賃は格安な社宅を出てまで 初めて彼女を見つけたのは地下鉄の駅構内で、小ぶりなリュックサックを担いだ制服姿の彼女が、僕にはこの世の何よりも美し 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:キメキメ! プリキュア お題:ねじれた女 必須要素:ミュンヒハウゼン症候群 制限時間:1時間 読者:89 人 文字数:3164字 評価:1人
「何事もバランスが大切だよね」とヒビキが言うので、私は「しかりぃ~」とアイスコーヒーのストローを咥えて生返事をする。「肉を食いすぎたら野菜を食べる、徹夜で遊んだ 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
作者:忽蘭 お題:ねじれた女 必須要素:ミュンヒハウゼン症候群 制限時間:1時間 読者:114 人 文字数:1824字 評価:1人
彼女の姿を見ていると、時々やるせなくなる。 ◆ 朝十時に僕は目覚める。簡素なパイプベッドから降り、瞼を擦りながら洗面所へと向かい、冷水を洗面器に溜める。そうし 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:inout お題:ねじれた女 必須要素:ミュンヒハウゼン症候群 制限時間:1時間 読者:150 人 文字数:2011字 評価:1人
「お、おはよう」該当男性による挨拶。距離、二メートル二三センチ = 常態よりも約五十センチほど遠い。推察。体調不良のためか → 不健康を示す所感はない。朝のため 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:ねじれた女 必須要素:ミュンヒハウゼン症候群 制限時間:1時間 読者:143 人 文字数:3011字 評価:1人
ツノダさんって知ってる? うん、そう、怖い話なんだけど、そっか、知らないか……。 ううん、幽霊とかはね、出てこないの。人間が怖い系のヤツ。 聞きたい? うん、 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:kazzy お題:ねじれた女 必須要素:ミュンヒハウゼン症候群 制限時間:1時間 読者:93 人 文字数:581字 評価:0人
ワタシは被害者だと思う。絶対にその認識は揺らがない。揺らいでは、存在の根拠が、ない。 そんな女性患者は多い。医師の片瀬はカルテを外来ナースに渡しながら、ふと軽 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:もりえつりんご お題:ねじれた女 必須要素:ミュンヒハウゼン症候群 制限時間:1時間 読者:123 人 文字数:3217字 評価:0人
[ねじれた女 Woman twisted]ナースコールが響いていた。朝陽に緑が透けるような木漏れ日の落ちた庭は彩度が高く、眼鏡で石板の照り返しを受け止めながら進 〈続きを読む〉

ぽつタイプライターの即興 小説


ユーザーアイコン
作者:ぽつタイプライター お題:戦争と許し 制限時間:15分 読者:30 人 文字数:939字
戦争から戻ってきたエレインは、勇敢になったかというとその真逆で、深く布団を耳まで被って、何かを取り戻すように眠るようになった。その割に隈が濃く、一向に薄くなる 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ぽつタイプライター お題:人妻の海風 制限時間:15分 読者:28 人 文字数:851字
片付かないテーブルの嫌味に、学部長がセンセイに、「君も奥さん貰ったらどうだ」、などと、結構時代に怒られそうなことを言ったので、「いやいや、センセイにとっては、 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ぽつタイプライター お題:小説のホテル 制限時間:15分 読者:37 人 文字数:909字
「ホテルは100階建て!」 人がハードボイルド小説を書いている横から、後輩はそうやって口を出すのである。「100階建てね……」 ブレインストーミング。どんなに非 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ぽつタイプライター お題:愛の床 制限時間:15分 読者:38 人 文字数:610字
居間の床板の隙間になにかを転がしてやると、チャリンという音の代わりに、さざ波みたいなかすれた音を返した。それが面白くて、小さい頃はよく床下にいろいろなものを落 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ぽつタイプライター お題:茶色いぺろぺろ 制限時間:15分 読者:34 人 文字数:652字
テャ、テャと、何か堅いものを引っかけて床を引きずるような音がした。 なんだ? 正体を見極める前に、音は少しずつ近づいてくる。 小さな息遣いがあった。 なんだ? 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ぽつタイプライター お題:僕が愛した接吻 制限時間:15分 読者:40 人 文字数:1025字
「遺体はその辺の滝にでも投げといてくれ」 師は事あるごとに言ったものだった。見た目はまだ俺より若い。青年でも通じたが、それでも、口元には無理やりに引っ張ったよう 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
おしゃれ ※未完
作者:ぽつタイプライター お題:とてつもない愉快犯 制限時間:15分 読者:39 人 文字数:773字
遺跡発掘隊とは名ばかりの単なる遺跡荒らしの俺たちは、盗掘者という身分の割には、いつも笑ってしまうくらい金がなかった。 放蕩三昧のリーダーに、骨董品には目がない 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ぽつタイプライター お題:僕の好きな料理 制限時間:15分 読者:60 人 文字数:1101字
先生は素焼きのタイルの上に置いた白い皿の上に、小さな絞り袋から薄いチョコレートを絞って幾重にも模様を描いてみせた。 真似をして地面に模様を描けると、ぺりと白い 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
※未完
作者:ぽつタイプライター お題:絵描きの料理 制限時間:15分 読者:46 人 文字数:769字
芸術家というのはかなり奇妙な生き物で、実際に料理をするよりもそいつの絵を描くほうが楽らしい。 好きかは知らないが、たぶん好きなんだろう。食べなきゃ生きて居られ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ぽつタイプライター お題:謎のオチ 制限時間:15分 読者:62 人 文字数:864字
あまり褒められた話じゃないが、貧乏学生をしていると、新聞を契約する金もないのだ。それなら図書館なり、図書室なりに行けばいいだろうとは自分でも思うが。単に活字が 〈続きを読む〉