お題:ねじれた女 必須要素:ミュンヒハウゼン症候群 制限時間:1時間 読者:137 人 文字数:1796字 評価:3人

天使が諦めたあとで、やっと私は外に出る
 「おーい!」
 レイが病棟の屋上で大声をあげる。運動場の患者たちが全員顔をあげると、彼女は満足げにうなずく。
 「今日は、ここから飛ぼうと思いまーす!」
 観衆は心底どうでもいいという風で、やりたきゃやれと言わんばかりの顔。それでも彼女は健気に彼らを煽る。
 職員があわてて運動場に駆けつけ、大きな布を広げる。4階建の病棟のてっぺんから落ちようという人間を受け止めるには頼りないけれど、即席で用意したのだから仕方ない。
 「そんなもん、どけて!」
 レイが屋上を駆け回るのに合わせて、職員も駆け回る。不思議なほど緊迫感のない、滑稽な光景だった。彼女が負うどんな傷も、翌日には消える。私を含め、みながそれを知っているから。必死であるべき職員もどこか気の抜けた顔をしている。

 自傷癖持ちを監視するためのこの施設においてさえ、彼女は異質だった。誰もが憐れみと慰めをほしがっているのに対して、彼女がほしがっているのは称賛。みなが手首を切って誰かにそばにいてほしがる横で、彼女は手首を切って出た血で壁に大きな絵を描き、自慢げに胸をそらせながらふらふらと倒れるのだ。

 おまけに、明らかに致死量の血を流しても翌日にはケロッとしているのだから、ますます異質だ。頭の良い人間たちがどれだけ観察しても、理由はわからない。ただ、みるみる傷が治り、必要なだけの血が補充される。どれだけ手を尽くしても原理が分からず、医者は一人残らずさじを投げた。あまりの不可解さに、もう誰も興味をもつこともできなくなっていた。

 「私、神様の使いなんだと思う」
 いつか彼女が言っていた。その時は硫酸をたっぷり飲むのだと楽しげに語りながら、こっそりその準備をしていた。患者のひとりである私には彼女を止める義務はないから、ただそれを黙って眺めていた。
 「無茶をして、死ぬほど体を痛めつけて、それでも次の日にはなんでもなく笑う。それが、私の使命なの。そうやって、みんなを楽しませてあげるのが、私の才能なの」
 わたしは、あ、そう、というぐらいの返事をして、せっせと準備を進める彼女を見ていた。そのうち職員が駆けつけて彼女を羽交い絞めにして、病室へ引きずっていった。

 彼女には気の毒なことだが、ここの患者は誰もそんなショウを望んでいなかった。患者たちがほしがっていたのは、自らへの同情だけ。なまじ、目立つことばかりして自分に向けられていた人の目を盗っていく彼女は嫌われていた。最近になって、彼女も近頃ようやくそれに気づき始めたようだったが、相変わらず無茶をするのをやめなかった。
 「使命だから。私にしかできないから」

 ついに、レイはとんだ。人が高所から落ちていく景色は、案外味気ないものだった。職員の用意した布は容易く裂け、彼女の身体はほとんどそのままの勢いで運動場に激突した。
 遠くからではよくわからないが、とにかくレイの身体は職員に回収されていった。翌日には、またいつも通りに違いない。

 みながそう思っていた。けれど、いつも通りにはならなかった。レイはそのまま死んだ。

 レイには身寄りがなかったから、葬式は職員によって執り行われた。患者たちは呆然とした様子で参列した。屋上から飛ぶより、もっと危険なことを彼女は何度もしていた。それなのに。夢を見ているような気分だった。そもそもが、レイの存在自体夢みたいに不可解なものだった。

 棺の中のレイは、可能な限り綺麗に取り繕われていた。それでも、身体がどれだけぐちゃぐちゃになったかわかってしまう。壊れた部分を直視できず、私は彼女の顔に目を向けた。真っ白な顔の目の周りだけが、泣き腫らしたように真っ赤だった。

 彼女が死んでしばらく、患者の自傷行為が激減したらしい。けれど一月もすると、みな彼女のことなど忘れて、前と変わらぬせっせと手首を切る日々に逆戻りだった。
 私はというと、なぜだかその前と変わらぬ風景が嫌で仕方なくなってしまった。カウンセラーに相談しても、いまいち理由がわからない。

 「きっと、レイさんが亡くなったのが関係あるのね」
 カウンセラーはそんなことを言った。私もなんとなくそんな気がする。別に彼女がかわいそうとか、全然思わないのだけれど。

 レイのお墓に花を供えてやると、職員は喜んだ。私はそれが嬉しくて、よく墓参りに行っている。
作者にコメント

対戦作品一覧


ユーザーアイコン
作者:ぽつタイプライター お題:ねじれた女 必須要素:ミュンヒハウゼン症候群 制限時間:1時間 読者:234 人 文字数:1511字 評価:4人
古びた居酒屋の電子ディスプレイに映し出されたアイドル。壊れかけたロボット・アイドルが、ロボット特有の音域で叫び、かすれた声で歌っている。 痛々しい声だと思った 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:らび お題:ねじれた女 必須要素:ミュンヒハウゼン症候群 制限時間:1時間 読者:137 人 文字数:1796字 評価:3人
「おーい!」 レイが病棟の屋上で大声をあげる。運動場の患者たちが全員顔をあげると、彼女は満足げにうなずく。 「今日は、ここから飛ぼうと思いまーす!」 観衆は心 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:和委志千雅 お題:ねじれた女 必須要素:ミュンヒハウゼン症候群 制限時間:1時間 読者:126 人 文字数:2991字 評価:1人
『悪魔を憐れむ歌』というタイトルの映画がある。デンゼル・ワシントンが出ていた。恥ずかしい話、映画の内容はほとんど記憶にない。しかし最後のところだけ覚えている。主 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:解けかけの氷 お題:ねじれた女 必須要素:ミュンヒハウゼン症候群 制限時間:1時間 読者:127 人 文字数:2179字 評価:1人
朝食と晩飯付きで家賃は格安な社宅を出てまで 初めて彼女を見つけたのは地下鉄の駅構内で、小ぶりなリュックサックを担いだ制服姿の彼女が、僕にはこの世の何よりも美し 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:キメキメ! プリキュア お題:ねじれた女 必須要素:ミュンヒハウゼン症候群 制限時間:1時間 読者:90 人 文字数:3164字 評価:1人
「何事もバランスが大切だよね」とヒビキが言うので、私は「しかりぃ~」とアイスコーヒーのストローを咥えて生返事をする。「肉を食いすぎたら野菜を食べる、徹夜で遊んだ 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
作者:忽蘭 お題:ねじれた女 必須要素:ミュンヒハウゼン症候群 制限時間:1時間 読者:114 人 文字数:1824字 評価:1人
彼女の姿を見ていると、時々やるせなくなる。 ◆ 朝十時に僕は目覚める。簡素なパイプベッドから降り、瞼を擦りながら洗面所へと向かい、冷水を洗面器に溜める。そうし 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:inout お題:ねじれた女 必須要素:ミュンヒハウゼン症候群 制限時間:1時間 読者:150 人 文字数:2011字 評価:1人
「お、おはよう」該当男性による挨拶。距離、二メートル二三センチ = 常態よりも約五十センチほど遠い。推察。体調不良のためか → 不健康を示す所感はない。朝のため 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:ねじれた女 必須要素:ミュンヒハウゼン症候群 制限時間:1時間 読者:144 人 文字数:3011字 評価:1人
ツノダさんって知ってる? うん、そう、怖い話なんだけど、そっか、知らないか……。 ううん、幽霊とかはね、出てこないの。人間が怖い系のヤツ。 聞きたい? うん、 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:kazzy お題:ねじれた女 必須要素:ミュンヒハウゼン症候群 制限時間:1時間 読者:93 人 文字数:581字 評価:0人
ワタシは被害者だと思う。絶対にその認識は揺らがない。揺らいでは、存在の根拠が、ない。 そんな女性患者は多い。医師の片瀬はカルテを外来ナースに渡しながら、ふと軽 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:もりえつりんご お題:ねじれた女 必須要素:ミュンヒハウゼン症候群 制限時間:1時間 読者:124 人 文字数:3217字 評価:0人
[ねじれた女 Woman twisted]ナースコールが響いていた。朝陽に緑が透けるような木漏れ日の落ちた庭は彩度が高く、眼鏡で石板の照り返しを受け止めながら進 〈続きを読む〉

らびの即興 小説


ユーザーアイコン
作者:らび お題:つらいモグラ 必須要素:背後で爆発音 制限時間:1時間 読者:18 人 文字数:1596字
「いいか、ここに来る連中が何を見たがっているか、それをようく考えろ。美しいものを見に来てる輩なんざいねぇ。できるだけ無様に、だ。それを忘れるな」 見世物小屋に 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
炭化の前夜 ※未完
作者:らび お題:あいつとダンス 必須要素:ダイアモンド 制限時間:1時間 読者:22 人 文字数:1660字
この国から一夫一婦制という清廉が剥ぎ取られる前夜、街を覆ったのは乱痴気騒ぎだった。みな明日には政府が誇る計算機によって弾き出された者のところへ収まり、国力増強 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:らび お題:裏切りの夏休み 必須要素: 制限時間:1時間 読者:24 人 文字数:1751字 評価:0人
高校2年の夏休みという、おそらく人生で一番輝かしい時間を部屋に立てこもって無為にするのにはそれなりの理由がある。勉強だ。ひたすらに勉強だ。めくるのは学校の教科 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:らび お題:裏切りの弔い 必須要素:靴下 制限時間:1時間 読者:40 人 文字数:1667字 評価:0人
「今年は雪が降らないねぇ」 「暖冬だからね」 への字口で空を見上げるマリの呟きに、ひどくつまらない返しをする。でも、それでいいのだ。私とこの子は、それでいいの 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:らび お題:ラストはカップル 必須要素:FX 制限時間:1時間 読者:52 人 文字数:1851字
「いいんですか、ご友人たちは」 「いいんだよ。ちょうど疲れてきたところだ」 大学構内でケイを見つけ、声をかけた。友人たちが囃し立てながら帰っていくのを見届けて 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:らび お題:馬鹿なお天気雨 必須要素:小説 制限時間:1時間 読者:61 人 文字数:1931字 評価:0人
「――彼らは鳥と心を交わし、味方につけて、この国に君臨していた。地上の人々は彼らが地に落とす影に怯え、永い永い被支配の日々を過ごしてきた」 遠くに響く祭囃子に 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:らび お題:右の慰め 必須要素:小説 制限時間:1時間 読者:57 人 文字数:1816字
自分で言うのもなんだけれど、昔は私の右手も、それはそれはできる子だった。まず、とてもきれいだった。すべすべしていて、ムダ毛の一本も生えていなくて、5本の指はど 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:らび お題:宗教上の理由で怒り 制限時間:30分 読者:67 人 文字数:1064字
「ほんとにいいの?」 「ああ、きみと一緒になる方が、ずっと大事だからね」 ぼくがそう言っても、彼女はなかなか火をつけたがらなかった。本当に、もう決めたことなの 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:らび お題:出来損ないの踊り 制限時間:30分 読者:77 人 文字数:1146字
「私には、踊りしかなかったので」 インタビューでそう答えている彼女があまりにも腹立たしくて、悔しくて、私は急いで手にしていた雑誌を閉じ、平積みの一番上に戻した 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:らび お題:都会の事件 必須要素:大学受験 制限時間:1時間 読者:88 人 文字数:1318字 評価:0人
私は天使である。四畳半でごろごろしていても、天使は天使である。そして、この四畳半の窓から豪雪を眺めながら愉快そうに笑うこの青年こそ、私のお仕えする、げに尊き我 〈続きを読む〉