お題:3月の多数派 必須要素:ハッピーエンド 制限時間:1時間 読者:55 人 文字数:1334字 評価:0人

運命のボタン
 それは学校からの帰り道、押しボタンを押した時に起きたことだった。理由もなく、早く家に帰りたいと思っていた。何かの抵抗を撥ね退けるように人差し指に力を込めると「おまちください」という文字が表示される。その文字はどこか不吉な予感のように、僕の網膜に滑り込んだ。
 目の前の交差点に自動車が行き交う。それらは意思を持たず、ただ信号機によって淡々と運ばれているだけのようにも見える。家に帰るつもりで、本当は家に帰らされているみたいだ。そんな自動車が、日常の一部になっている。まるで永遠のようだった。

 ……ふと気づくと、長い間信号が変わっていなかった。押しボタンをもう一度押す。続けてもう一度、もう一度。ドラマでエレベーターに閉じ込められた人が呼び出しボタンを押すみたいに。でも相変わらず信号は赤のままだったし、自動車は右から左へと流れ続けている。
 信号機の故障なのかも、と僕は思う。まあ仕方ないと思い、車がこないタイミングをはかる。赤信号でも別に問題はない。
 そして次の瞬間、意識が途切れた――。

 ◇◆◇◆

 またあの夢か。
 僕はときどき、この信号が変わらない夢を見る。この夢が何を意味しているのか、自分でもよくわからない。ただ、身体中が汗で濡れて気持ち悪いと感じるくらいだ。
 いつものことだと割り切り、着替えてカーテンを開ける。見下ろした公園はすっかりピンク色で彩られている。世間はすっかり春だ。

 桜前線が4月の到来を告げると、学校は慌ただしく新学期を迎える。今日から僕は2年生になる。

「おはよー」

 そして、隣にいるコイツとの登校も2年目になる。友達としても2年目だ。
 実を言うと、僕は彼女に一度告白されたことがある。昨月の終業式のことだ。その日まで「好きな子いないの?」「お別れの季節に告白すると、うまくいく確率は92%増しなんだよ」と事あるごとに言っていた。3月という時期には、ハッピーエンドを約束する行為がたくさんあるようだ。
 でも、まさか僕にするとは思っていなかった。僕は彼女の告白を受けるわけにはいかなかった。あの夢が気がかりだったからだ。

 彼女と知り合ったのは1年前、高校の入学式の日だった。前日にgoogleマップで予習した通学路を歩いてると、少し前に彼女がいた。男の僕の方が歩幅が大きいのか、だんだんと彼女との距離が近づく。そして押しボタン信号のある交差点で、肩を並べて止まった。
 赤信号のまま長い時間が経つ。入学式までは時間があるけど、なにせ初めての登校だから、どれくらいの余裕があるのかわからなかった。あと何分までなら待てるのか――と考えていると、急に目の端に人影がよぎった。僕は咄嗟にその手を掴んでいた。

 あの時は無我夢中だったけど、もしかしたら彼女は死のうとしていたのかもしれない。3月に何か嫌なことがあって、それが彼女の身体を這いずり回っていたのかもしれない。
 今隣にいる彼女は笑っているけど、それがどこから来ているのか、僕には確かめようがない。

 僕達はいつものように交差点につく。赤信号に気だるさを感じながら押しボタンを押す。さて、次の3月までハッピーエンドを待ち続けるか――それとも――。

作者にコメント

対戦作品一覧


ユーザーアイコン
作者:にい お題:3月の多数派 必須要素:ハッピーエンド 制限時間:1時間 読者:71 人 文字数:2201字 評価:2人
冬ごもりをしていた地虫が姿を現しはじめました。暖かくなって、春の訪れを彼らなりに感じたのでしょう。土壌の豊かな地をすこし足先で探ってやれば、元気な虫たちを見る 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:らび お題:3月の多数派 必須要素:ハッピーエンド 制限時間:1時間 読者:34 人 文字数:1859字 評価:1人
「私は……」 いよいよ最後の一人となった少女が、ようやく口を開いたかと思ったらまた閉ざした。街の住人が一堂に会し、春を迎えるか否かを決める会議が今年も開かれた 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:3月の多数派 必須要素:ハッピーエンド 制限時間:1時間 読者:61 人 文字数:3565字 評価:0人
大多数の人間は明日から、あるいは5日や7日から、新たな「いるべき場所」へ行くのだろう。 けれど、わたしにはそんなものはなかった。 3月31日。大学の卒業式も終 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:史季@フレンズ お題:3月の多数派 必須要素:ハッピーエンド 制限時間:1時間 読者:55 人 文字数:1334字 評価:0人
それは学校からの帰り道、押しボタンを押した時に起きたことだった。理由もなく、早く家に帰りたいと思っていた。何かの抵抗を撥ね退けるように人差し指に力を込めると「 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:和委志千雅 お題:3月の多数派 必須要素:ハッピーエンド 制限時間:1時間 読者:46 人 文字数:3586字 評価:0人
僕には彼女がいる。多分。多分彼女だと思う。彼女の名前は、シルビアさんという。今日も大学の構内で待ち合わせをしている。「・・・」シルビアさんは待ち合わせの時僕がス 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
作者:大納言としこ お題:3月の多数派 必須要素:ハッピーエンド 制限時間:1時間 読者:50 人 文字数:1820字 評価:0人
おい、運転手。今ドアの前に転がり出た俺がよく見えたはずだ。なのに何故ドアを閉める。おい、発車するなよ! 待てよぉ!! 伸ばした手も虚しく、芋虫のようにぬるぬる 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:inout お題:3月の多数派 必須要素:ハッピーエンド 制限時間:1時間 読者:40 人 文字数:2989字 評価:0人
水掛け論になることは初めからわかっていたことではあるが、それでも引けないこともまた双方ともにわかっていたことも確かだった。あるいはこれは、誕生してから今日まで変 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:帆立之貝柱 お題:3月の多数派 必須要素:ハッピーエンド 制限時間:1時間 読者:49 人 文字数:2019字 評価:0人
三月教徒、四月教徒、月ごとに、宗教が僕らの世界には存在した。人が生まれた時、その生まれ月の宗教への参加が強制的となっており、一年で一番人口が増えた月の宗教派が一 〈続きを読む〉

史季@フレンズの即興 小説


ユーザーアイコン
作者:史季@フレンズ お題:官能的な夢 必須要素:直木賞 制限時間:15分 読者:34 人 文字数:598字
「直木賞をとらない方法を教えよう」 夜2時。眠りの谷があるとしたら間違いなく沈んでいたであろう時間に、その老人はやってきた。精悍そうなひげに、理知的なメガネ。だ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:史季@フレンズ お題:3月の多数派 必須要素:ハッピーエンド 制限時間:1時間 読者:55 人 文字数:1334字 評価:0人
それは学校からの帰り道、押しボタンを押した時に起きたことだった。理由もなく、早く家に帰りたいと思っていた。何かの抵抗を撥ね退けるように人差し指に力を込めると「 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:史季@フレンズ お題:ドイツ式のうどん 必須要素:離婚 制限時間:15分 読者:41 人 文字数:794字
「そう言われましても、当店では『わくわくセットのナポリタン』は取り扱ってないんですよ」 僕の足元にいるどんぐり達はそう言った。 秋の終わり、落ち葉の絨毯がすっか 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:史季@フレンズ お題:誰かのガールズ 必須要素:ナン 制限時間:1時間 読者:76 人 文字数:1420字 評価:0人
地球から熱が消えた……というと大袈裟だが、巷ではすっかり秋だ。人々は、暖房をつけるためにリモコンを探したり、コートにかかったクリーニングの袋を外したりしていた 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:史季@フレンズ お題:許せない顔 必須要素:ピスタチオ 制限時間:15分 読者:86 人 文字数:736字
僕は子供の頃、父親に仕事の愚痴をたくさん聞かされていた。教訓めいたものは多かったが、実際に教訓になったものはほとんどなかった。ただ1つを除いては。 それは「人 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:史季@フレンズ お題:狡猾な信仰 必須要素:出会い系サイト 制限時間:15分 読者:119 人 文字数:847字
僕はある日、自分が何の信仰も持ってないことに気づいた。あなたは、日本人は無宗教とか多宗教が当たり前だし、別に珍しくないと思うかもしれない。でも、そんな人達だっ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:史季@フレンズ お題:冷静と情熱の間にあるのは食卓 必須要素:しゃっくり 制限時間:1時間 読者:101 人 文字数:1624字 評価:0人
ユイは食卓が嫌いだった。 ユイは両親と姉との4人家族で、食事は大抵4人そろって行われた。そして、この4人が揃うと、無邪気で他愛無い言葉の矛先は、ほとんどユイに 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:史季@フレンズ お題:昨日食べたダンジョン 必須要素:ロシア語 制限時間:15分 読者:113 人 文字数:742字
彼はこの頃、昨日食べたものが思い出せなくなっていた。それは普通の人にもあることかもしれない。だが、彼の場合は少し違う。次の日になれば、思い出すことができるよう 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:史季@フレンズ お題:楽しかった悲劇 必須要素:ビール 制限時間:15分 読者:122 人 文字数:606字
『人生において、意味のあるものを創造できるのはたった一度だけだ』 僕の敬愛する小説家が、デビュー作の短編の冒頭に書いていた文章だ。僕は当時、この言葉の意味をあま 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:史季@フレンズ お題:孤独なサラリーマン 必須要素:頭痛 制限時間:15分 読者:99 人 文字数:566字
突然、妙な頭痛が彼を襲った。まるで、遠い場所で起きた揺れをあたかも近くで起こったかのように感じさせる頭痛だった。 満員の通勤電車の中、彼は立ったままで顔を歪め 〈続きを読む〉