お題:冷たい狂気 必須要素:バッドエンド 制限時間:15分 読者:36 人 文字数:414字
[削除]

春の空元気
 今日も銀玉の運は来なかった。考えてみるとパチンコで勝ったのはいつだったろうか。高校卒業式を終えて初めて入ったパチンコ店で大勝ちした。あれから三年。どう甘く見積もっても数百万円の赤字会計だろう。ぐったりした気分にも慣れてきた。麻痺してきたと言ってもいいだろう。「今日は出るだろう」「あの夢をもう一度」毎回、パチンコ店に入るときは気分が高揚している。そして店を出るときの気分も毎回同じだ。「今日はついてなかった」。
 最近はパチンコで負けても下を向かなくなった。前を向いてポケットに手を突っ込んで歩いている。せめてもの悔し紛れだ。
 商店街の真ん中あたり。「本日大安」のノボリ旗が春の陽気にはためいている。ジャンボ宝くじの販売最終日だった。
 ポケットの小銭入れを取り出す。中をのぞき込む。五百円玉が一枚と百円玉二枚、あと少し小銭がのぞいた。
「よし!」
 勢い込んで宝くじ売場のカウンターごしに近づく。
「ジャンボ2枚。バラd
この作品をツイート

似た条件の即興小説


ユーザーアイコン
暴走 ※未完
作者:みなも お題:冷たい狂気 必須要素:セリフのみ 制限時間:15分 読者:190 人 文字数:346字
「お前はクレイジーだ」「失礼だな。僕は正気ですよ」「この平和な日本で、人を切り○すなんてくるってるというしかないだろう?」「人を○すことがそんなに悪いことですか 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:きなこもち お題:ナウい狙撃手 必須要素:バッドエンド 制限時間:15分 読者:22 人 文字数:492字
どんな依頼もこなす凄腕スナイパーとして名を馳せて裏社会では知らぬものはいないバッドエンドと呼ばれる奴がいた。奴に恨みを持つ者、奴を挙げようと必死になる警察連中 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:オナ兄 お題:失敗の床 必須要素:バッドエンド 制限時間:15分 読者:33 人 文字数:486字
殺してやろうと思った。築40年の木造住宅。老朽化によって、今にも抜け落ちそうな床を見た時、これは使えると思った。ーーあいつを○すことに。もう、我慢の限界だった。 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:和委志千雅 お題:朝の14歳 必須要素:バッドエンド 制限時間:15分 読者:196 人 文字数:1002字
若い時分は一日くらい寝なくても全然大丈夫。全く問題ない。むしろそれが普通。寝てどうする?そんなに寝たいのか?黙っていたって一生の三分の一は寝ているのに。というよ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:Jes.czyk お題:寒い動機 必須要素:バッドエンド 制限時間:15分 読者:99 人 文字数:552字
水のなかで女が暴れている。誰かの手が女の頭を押さえて、水から浮いてこないようにしているいる。これは僕の目線だ。でも、僕じゃない。和人は夢を見ていた。夜も更け、く 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:和委志千雅 お題:大好きな冤罪 必須要素:バッドエンド 制限時間:15分 読者:125 人 文字数:822字
ある日の朝、いつものようにスマホのアラームが鳴って、目を覚ますと台所の方から、音がしていた。「・・・んん」コトコトと言っており、寝ぼけながら起き上がって台所に行 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:楠乃小玉@『織田信長と岩室長門守』発売中 お題:純粋な傑作 必須要素:バッドエンド 制限時間:15分 読者:105 人 文字数:426字
「やった!やっと傑作ができたぞ!」作家の篠原は喜んでいた。やっと自分の望んだ傑作が書けた!それまで篠原はパソコンで小説を書いていた。しかし、どうにも満足すること 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:存在 お題:青い女の子 必須要素:バッドエンド 制限時間:15分 読者:143 人 文字数:990字
水平線が遠い。遠い視線の先で水色の空と、深い青色の海はどこかでつながっている。肌がじりじりと焼けていくような錯覚を覚える日差し。先ほどまで周りは海水浴を楽しむ沢 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
暑いライオン ※未完
作者:Skinny Love (バンド) お題:暑いライオン 必須要素:バッドエンド 制限時間:15分 読者:156 人 文字数:518字
寒さの残る3月、彼を目前にした私は、さながら暑いライオンみたいだ……という言葉がよぎった。彼と出会ったのは去年の4月、学生が歓迎会という名を冠した飲み会を頻繁に 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:のら お題:俺と豪雪 必須要素:バッドエンド 制限時間:15分 読者:161 人 文字数:1266字
俺には幼馴染がいる。豪(ごう)と雪(ゆき)だ。二人合わせて豪雪。豪雪地域にお住まいの方々には申し訳ないと思っている。函館住まいの友人は雪かきで大変な思いをして 〈続きを読む〉

匿名さんの即興 小説


ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:ナウい笑い声 制限時間:15分 読者:8 人 文字数:639字
時代遅れの笑い方だね、と妹に言われた。 「は?マジ受けるんですけど~!笑い方に時代も何もなくね?」「だからその反応が時代遅れなんだよ、姉ちゃん」妹はひどく恥ず 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:冬の失踪 制限時間:15分 読者:3 人 文字数:822字
この街は雪がひでぇ。毎日、夜寝る前にどんなに頑張って雪かきをしても朝になれば1mもの白い壁が街を覆い尽くす。この街の住人の朝はこの忌々しい雪を家の前と主要道路か 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:冬の失踪 制限時間:15分 読者:3 人 文字数:272字
やけに白く細い手首だった。「もう、私はいないのよ」と、彼女は言った。「また会えるよね」と言ったが、彼女は何も言わなかった。 冷たい風の中で、僕はずっと彼女の手 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:隠された広告 必須要素:九州 制限時間:1時間 読者:6 人 文字数:1773字
唐井戸ヒカリのことは一応知っている。 友人の少ない自分に、何か連絡事項があるたびにパイプ役を買って出ているのが彼女だからだ。 昼休み。耳にイヤホンをさしてぼん 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:どうあがいても雑踏 制限時間:15分 読者:4 人 文字数:941字
夏。 夏と言えばいろんなイベントが目白押し。 夏祭り、海水浴、流しそうめん、花火大会などなど。 だけどそのようなイベントにつきまとって離れないのが人ごみの多さ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:僕が愛した消しゴム 必須要素:ヘッドホン 制限時間:2時間 読者:5 人 文字数:256字
僕は消しゴムを愛している。というと、何だか変人のように感じるかもしれないが、決してそうではない。 消しゴムはいつだって僕らのもとにあった。小学生のとき、かなら 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:燃える探偵 制限時間:30分 読者:18 人 文字数:561字
彼はうつ伏せに倒れたまま動かない。彼の視界は定まらず、意識は朦朧としていた。 一刻も早く、この場から抜け出さなくてはならない。頭では理解しているが、体は指先で 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:トカゲの本 制限時間:30分 読者:6 人 文字数:372字
「トカゲの皮でできた本か……」 しげしげと男が眺めているのはトカゲ一匹から一枚皮で作った本だという。一枚皮で作ると決めていたならもっとでかい種から作ることにすれ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:小説の中の計画 必須要素:えへへ 制限時間:30分 読者:13 人 文字数:1218字
「それでねっ、ねくろは言うんだ」タマキはぺらぺらと捲し立てる。「『誰だって使えるものは使いますよね』『僕にとっては、命がそうだったというだけなんです』」「そうだ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:神の蕎麦 制限時間:15分 読者:8 人 文字数:19字
「主よ、今、おそばに参ります。あぁ麺」 〈続きを読む〉