お題:冷たい狂気 必須要素:バッドエンド 制限時間:15分 読者:58 人 文字数:414字
[削除]

春の空元気
 今日も銀玉の運は来なかった。考えてみるとパチンコで勝ったのはいつだったろうか。高校卒業式を終えて初めて入ったパチンコ店で大勝ちした。あれから三年。どう甘く見積もっても数百万円の赤字会計だろう。ぐったりした気分にも慣れてきた。麻痺してきたと言ってもいいだろう。「今日は出るだろう」「あの夢をもう一度」毎回、パチンコ店に入るときは気分が高揚している。そして店を出るときの気分も毎回同じだ。「今日はついてなかった」。
 最近はパチンコで負けても下を向かなくなった。前を向いてポケットに手を突っ込んで歩いている。せめてもの悔し紛れだ。
 商店街の真ん中あたり。「本日大安」のノボリ旗が春の陽気にはためいている。ジャンボ宝くじの販売最終日だった。
 ポケットの小銭入れを取り出す。中をのぞき込む。五百円玉が一枚と百円玉二枚、あと少し小銭がのぞいた。
「よし!」
 勢い込んで宝くじ売場のカウンターごしに近づく。
「ジャンボ2枚。バラd
この作品をツイート

似た条件の即興小説


ユーザーアイコン
暴走 ※未完
作者:みなも お題:冷たい狂気 必須要素:セリフのみ 制限時間:15分 読者:204 人 文字数:346字
「お前はクレイジーだ」「失礼だな。僕は正気ですよ」「この平和な日本で、人を切り○すなんてくるってるというしかないだろう?」「人を○すことがそんなに悪いことですか 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:渋澤怜 お題:鈍い伝説 必須要素:バッドエンド 制限時間:15分 読者:45 人 文字数:275字
鈍さで伝説的な男がいた。振られても陰口を言われても暑くても寒くても飯がマズくとも動じず、つねに大らかでいたので、伝説と呼ばれていた。伝説は心臓が耐震シートで覆わ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:和委志千雅 お題:僕と超能力 必須要素:バッドエンド 制限時間:15分 読者:40 人 文字数:851字
ある晩、散歩をしていると墓地の近くで浮いている光の玉を目撃した。「火の玉ああん!」霊魂とか魂をそのようなものに見立てて表現することがあるのを知っていた僕はそれが 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:むぢから お題:かゆくなるガール 必須要素:バッドエンド 制限時間:15分 読者:64 人 文字数:664字
深夜、12時を越えて校舎にいてはならない。恐怖の妖怪、かゆくなるガールが襲い掛かってくるからだ。学園祭の前に学校に泊り込めるというのはなかなかワクワクする経験で 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:Ammo_June お題:真実のつるつる 必須要素:バッドエンド 制限時間:15分 読者:41 人 文字数:1261字
いつだって、人間は些細な理由で死ぬ。それは早いか遅いかだけで、それに一喜一憂するのは、そういう連中が幸せなお花畑で生きている証拠だ。少なくとも、私よりはマシな 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:むぢから お題:真実のつるつる 必須要素:バッドエンド 制限時間:15分 読者:59 人 文字数:378字
その日、地球はつるつるになった。山も海も、地球上のあらゆる動物も、人間達が気づいた些細な文明も、全てはぎゅっと押し潰されて、些細なデコボコすら許されず、さぞや 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:きなこもち お題:ナウい狙撃手 必須要素:バッドエンド 制限時間:15分 読者:57 人 文字数:492字
どんな依頼もこなす凄腕スナイパーとして名を馳せて裏社会では知らぬものはいないバッドエンドと呼ばれる奴がいた。奴に恨みを持つ者、奴を挙げようと必死になる警察連中 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:キルユーベイベー お題:失敗の床 必須要素:バッドエンド 制限時間:15分 読者:67 人 文字数:486字
殺してやろうと思った。築40年の木造住宅。老朽化によって、今にも抜け落ちそうな床を見た時、これは使えると思った。ーーあいつを○すことに。もう、我慢の限界だった。 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:和委志千雅 お題:朝の14歳 必須要素:バッドエンド 制限時間:15分 読者:267 人 文字数:1002字
若い時分は一日くらい寝なくても全然大丈夫。全く問題ない。むしろそれが普通。寝てどうする?そんなに寝たいのか?黙っていたって一生の三分の一は寝ているのに。というよ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:Jes.czyk お題:寒い動機 必須要素:バッドエンド 制限時間:15分 読者:140 人 文字数:552字
水のなかで女が暴れている。誰かの手が女の頭を押さえて、水から浮いてこないようにしているいる。これは僕の目線だ。でも、僕じゃない。和人は夢を見ていた。夜も更け、く 〈続きを読む〉

匿名さんの即興 小説


ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:あいつと結末 必須要素:この作品を自分史上ぶっちぎりの駄作にすること 制限時間:15分 読者:4 人 文字数:685字
今日も仕事が終わって漫画喫茶で始発を待つ。私の仕事はしがないガールズバー店員だ。よくわからないおっさんの話をニコニコしながら、セクハラに耐えながら自給1800円 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:穏やかな魔物 制限時間:15分 読者:22 人 文字数:1013字
窓から差し込む柔らかな日差しが、教室中に降り注ぐ。単調なリズムで読み上げられる古文の調べは、昼食を終えたばかりの生徒たちにゆっくりと、かつ確実に魔物の侵略を許 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
タバコの効能 ※未完
作者:匿名さん お題:煙草と雨 制限時間:15分 読者:6 人 文字数:767字
根が小心者なのだ。昔から考えすぎるところはあったのかもしれない。考え始めると落ち込んでいくから考えを止めなければならない。落ち込みはじめたら何らかの方法で脳味 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:ドイツ式の殺し 制限時間:15分 読者:6 人 文字数:423字
銃口をごりっと額に押し当てた。「これで終わりだ」 あばよ、と引き金を引こうとしたそのとき。銃口を押し当てられているのにもかかわらず、死を覚悟する様子もなく相手 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:ドイツ式の殺し 制限時間:15分 読者:6 人 文字数:830字
彼の最期を見た人間はいなかった。ただ一人、彼の甥を除いては。 死ぬ数週間前まで、かれは極めて善良な市民として朗らかに生きていた。隣人には常に優しく、友人には非 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
収束する世界 ※未完
作者:匿名さん お題:ありきたりな動機 制限時間:30分 読者:10 人 文字数:1728字
童貞を捨てたのは17歳の冬だ。相手はひとつ上の先輩で、顎のラインまでで切りそろえた人形みたいなボブが似合う、目の大きいかわいい人だった。その日は小春日和で、先 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:あいつと土地 制限時間:15分 読者:6 人 文字数:638字
夏休み、久々に地元に帰ってきた僕は、小学校時代に友人だった安達にあった。小学校時代の安達は、なかなか面白い奴だった。小学2年生で、先生の車に雪玉をぶつけた。小学 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:ロシア式の月 制限時間:15分 読者:7 人 文字数:438字
「СПАСИБО」スパーシバと、相手にお礼をいうと相手の方も話せて嬉しかったとお礼を言って会釈をして去っていった。正直、疲れた。仕事関連で海外の人と話す事はよく 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
失墜 ※未完
作者:匿名さん お題:帝王の裏切り 制限時間:30分 読者:13 人 文字数:1154字
ヴィーシャは死んだよ。アイリッシュのクソ野郎に頭をぶち抜かれて、溝に捨てられてんのを孫が見つけてね。ああ、あんた少し遅かったみたいだね。 ヴィーシャが幼い孫娘 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:愛、それは魔物 必須要素:腸内洗浄 制限時間:15分 読者:8 人 文字数:302字
魔物を愛してしまったばっかりに、彼は入院するハメになった。 その際、医師がレントゲンを指しながら、口の端をひくひくと引き攣らせて述べたことは鮮明に覚えている。 〈続きを読む〉