お題:冷たい狂気 必須要素:バッドエンド 制限時間:15分 読者:31 人 文字数:414字
[削除]

春の空元気
 今日も銀玉の運は来なかった。考えてみるとパチンコで勝ったのはいつだったろうか。高校卒業式を終えて初めて入ったパチンコ店で大勝ちした。あれから三年。どう甘く見積もっても数百万円の赤字会計だろう。ぐったりした気分にも慣れてきた。麻痺してきたと言ってもいいだろう。「今日は出るだろう」「あの夢をもう一度」毎回、パチンコ店に入るときは気分が高揚している。そして店を出るときの気分も毎回同じだ。「今日はついてなかった」。
 最近はパチンコで負けても下を向かなくなった。前を向いてポケットに手を突っ込んで歩いている。せめてもの悔し紛れだ。
 商店街の真ん中あたり。「本日大安」のノボリ旗が春の陽気にはためいている。ジャンボ宝くじの販売最終日だった。
 ポケットの小銭入れを取り出す。中をのぞき込む。五百円玉が一枚と百円玉二枚、あと少し小銭がのぞいた。
「よし!」
 勢い込んで宝くじ売場のカウンターごしに近づく。
「ジャンボ2枚。バラd
この作品をツイート

似た条件の即興小説


ユーザーアイコン
暴走 ※未完
作者:みなも お題:冷たい狂気 必須要素:セリフのみ 制限時間:15分 読者:183 人 文字数:346字
「お前はクレイジーだ」「失礼だな。僕は正気ですよ」「この平和な日本で、人を切り○すなんてくるってるというしかないだろう?」「人を○すことがそんなに悪いことですか 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:オナ兄 お題:失敗の床 必須要素:バッドエンド 制限時間:15分 読者:16 人 文字数:486字
殺してやろうと思った。築40年の木造住宅。老朽化によって、今にも抜け落ちそうな床を見た時、これは使えると思った。ーーあいつを○すことに。もう、我慢の限界だった。 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:和委志千雅 お題:朝の14歳 必須要素:バッドエンド 制限時間:15分 読者:183 人 文字数:1002字
若い時分は一日くらい寝なくても全然大丈夫。全く問題ない。むしろそれが普通。寝てどうする?そんなに寝たいのか?黙っていたって一生の三分の一は寝ているのに。というよ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:Jes.czyk お題:寒い動機 必須要素:バッドエンド 制限時間:15分 読者:87 人 文字数:552字
水のなかで女が暴れている。誰かの手が女の頭を押さえて、水から浮いてこないようにしているいる。これは僕の目線だ。でも、僕じゃない。和人は夢を見ていた。夜も更け、く 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:和委志千雅 お題:大好きな冤罪 必須要素:バッドエンド 制限時間:15分 読者:110 人 文字数:822字
ある日の朝、いつものようにスマホのアラームが鳴って、目を覚ますと台所の方から、音がしていた。「・・・んん」コトコトと言っており、寝ぼけながら起き上がって台所に行 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:楠乃小玉@『織田信長と岩室長門守』発売中 お題:純粋な傑作 必須要素:バッドエンド 制限時間:15分 読者:100 人 文字数:426字
「やった!やっと傑作ができたぞ!」作家の篠原は喜んでいた。やっと自分の望んだ傑作が書けた!それまで篠原はパソコンで小説を書いていた。しかし、どうにも満足すること 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:存在 お題:青い女の子 必須要素:バッドエンド 制限時間:15分 読者:138 人 文字数:990字
水平線が遠い。遠い視線の先で水色の空と、深い青色の海はどこかでつながっている。肌がじりじりと焼けていくような錯覚を覚える日差し。先ほどまで周りは海水浴を楽しむ沢 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
暑いライオン ※未完
作者:Skinny Love (バンド) お題:暑いライオン 必須要素:バッドエンド 制限時間:15分 読者:147 人 文字数:518字
寒さの残る3月、彼を目前にした私は、さながら暑いライオンみたいだ……という言葉がよぎった。彼と出会ったのは去年の4月、学生が歓迎会という名を冠した飲み会を頻繁に 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:のら お題:俺と豪雪 必須要素:バッドエンド 制限時間:15分 読者:152 人 文字数:1266字
俺には幼馴染がいる。豪(ごう)と雪(ゆき)だ。二人合わせて豪雪。豪雪地域にお住まいの方々には申し訳ないと思っている。函館住まいの友人は雪かきで大変な思いをして 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:しののめ お題:希望の牢屋 必須要素:バッドエンド 制限時間:15分 読者:110 人 文字数:753字
ジャラリ…寝返りを打つと足枷が重々しく牢屋内を響かせる。すっかりやつれて動かない体は重い。それでも無情に進む時計の針が6を指すとき、必ずフードを被った男が会いに 〈続きを読む〉

匿名さんの即興 小説


ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:振り向けばそこに秋 制限時間:30分 読者:20 人 文字数:937字
秋が近くなると、山の向こうから木々のざわめく音が、聞こえてくる。 遠く遠くのほうで落ち葉を踏み鳴らす子供の足音が、聞こえてくる。 からん、ころん。 すずやかな 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:重い罪 制限時間:30分 読者:4 人 文字数:463字
私は罪人なんだそうです。自分のことなのに他人事みたいに聞こえるかもしれませんが、自分に実感がないのでしょうがありません。 私は普通に生きてきたつもりでした。私 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:今年の絵画 必須要素:イケメン 制限時間:2時間 読者:3 人 文字数:2314字
拝啓 新春の候、明美さまにおかれましては如何お過ごしでしょうか。 面白い年賀状をどうもありがとう。一応確認しておくけれど、これは虎なのよね? 新種の怪獣に見える 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:かたい正月 制限時間:30分 読者:3 人 文字数:445字
ああ、かたいお餅、冷めたお雑煮、ただ騒がしいだけの正月特番、隙間風の入る炬燵、何もかも冴えないお正月だ。隙間風に負けぬよう炬燵の中の足をこすり合わせる。それでも 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
僕とバッハ ※未完
作者:匿名さん お題:僕と曲 制限時間:15分 読者:7 人 文字数:334字
誰もいない部屋で樹生はか細くつぶやいた。 「もう、辞めよう」 幼いころは、神童とさえ呼ばれており、なんとか15年間続けてきたピアノもここ数年は思ったように実力 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:苦し紛れの伝承 制限時間:4時間 読者:2 人 文字数:3375字
涼しい店内から一歩外に出ると途端に暴力的なまでの暑さが襲ってくる。空には雲一つなく太陽は存分に光と熱を放射し続け、それに照らされたアスファルトが足元から炙って 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:初めての勝利 制限時間:30分 読者:6 人 文字数:662字
じゃんけんにどうしても勝てない。じゃんけんがめちゃくちゃ弱い。負けた記憶しかないので、いつだって手に入れたいものを手にできず辛酸を舐める日々だった。「僕、じゃ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:青い魔物 制限時間:15分 読者:6 人 文字数:281字
「青い魔物…」彼女、レイラは困っていた。聞いたこともない。 「ねーねーミミー!」「何」ミミは私の大切な仲間だ。「青い魔物ってなーに?」「『ロッドスミッド』」「… 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:愛と死の経験 制限時間:15分 読者:5 人 文字数:588字
死んだ人間を見たことがあるか?と、セキが言った。俺の両親は葬式の手配でバタバタしているので、今、この部屋には俺とセキの二人しかいない。正確にはもう一人、俺の兄 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:ワイルドな自動車 必須要素:ラストで死ぬ 制限時間:1時間 読者:6 人 文字数:2385字
ここのところ雨が続いたせいで飯田川は濁々として風情の欠片もない。草木の芽吹くまでしん、と静まり返って、雄大さを含みながらただ止まったように流れるあの姿が最早懐 〈続きを読む〉