お題:冷たい狂気 必須要素:バッドエンド 制限時間:15分 読者:38 人 文字数:414字
[削除]

春の空元気
 今日も銀玉の運は来なかった。考えてみるとパチンコで勝ったのはいつだったろうか。高校卒業式を終えて初めて入ったパチンコ店で大勝ちした。あれから三年。どう甘く見積もっても数百万円の赤字会計だろう。ぐったりした気分にも慣れてきた。麻痺してきたと言ってもいいだろう。「今日は出るだろう」「あの夢をもう一度」毎回、パチンコ店に入るときは気分が高揚している。そして店を出るときの気分も毎回同じだ。「今日はついてなかった」。
 最近はパチンコで負けても下を向かなくなった。前を向いてポケットに手を突っ込んで歩いている。せめてもの悔し紛れだ。
 商店街の真ん中あたり。「本日大安」のノボリ旗が春の陽気にはためいている。ジャンボ宝くじの販売最終日だった。
 ポケットの小銭入れを取り出す。中をのぞき込む。五百円玉が一枚と百円玉二枚、あと少し小銭がのぞいた。
「よし!」
 勢い込んで宝くじ売場のカウンターごしに近づく。
「ジャンボ2枚。バラd
この作品をツイート

似た条件の即興小説


ユーザーアイコン
暴走 ※未完
作者:みなも お題:冷たい狂気 必須要素:セリフのみ 制限時間:15分 読者:193 人 文字数:346字
「お前はクレイジーだ」「失礼だな。僕は正気ですよ」「この平和な日本で、人を切り○すなんてくるってるというしかないだろう?」「人を○すことがそんなに悪いことですか 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:むぢから お題:かゆくなるガール 必須要素:バッドエンド 制限時間:15分 読者:17 人 文字数:664字
深夜、12時を越えて校舎にいてはならない。恐怖の妖怪、かゆくなるガールが襲い掛かってくるからだ。学園祭の前に学校に泊り込めるというのはなかなかワクワクする経験で 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:Ammo_June お題:真実のつるつる 必須要素:バッドエンド 制限時間:15分 読者:18 人 文字数:1261字
いつだって、人間は些細な理由で死ぬ。それは早いか遅いかだけで、それに一喜一憂するのは、そういう連中が幸せなお花畑で生きている証拠だ。少なくとも、私よりはマシな 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:むぢから お題:真実のつるつる 必須要素:バッドエンド 制限時間:15分 読者:23 人 文字数:378字
その日、地球はつるつるになった。山も海も、地球上のあらゆる動物も、人間達が気づいた些細な文明も、全てはぎゅっと押し潰されて、些細なデコボコすら許されず、さぞや 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:きなこもち お題:ナウい狙撃手 必須要素:バッドエンド 制限時間:15分 読者:33 人 文字数:492字
どんな依頼もこなす凄腕スナイパーとして名を馳せて裏社会では知らぬものはいないバッドエンドと呼ばれる奴がいた。奴に恨みを持つ者、奴を挙げようと必死になる警察連中 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:オナ兄 お題:失敗の床 必須要素:バッドエンド 制限時間:15分 読者:41 人 文字数:486字
殺してやろうと思った。築40年の木造住宅。老朽化によって、今にも抜け落ちそうな床を見た時、これは使えると思った。ーーあいつを○すことに。もう、我慢の限界だった。 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:和委志千雅 お題:朝の14歳 必須要素:バッドエンド 制限時間:15分 読者:210 人 文字数:1002字
若い時分は一日くらい寝なくても全然大丈夫。全く問題ない。むしろそれが普通。寝てどうする?そんなに寝たいのか?黙っていたって一生の三分の一は寝ているのに。というよ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:Jes.czyk お題:寒い動機 必須要素:バッドエンド 制限時間:15分 読者:109 人 文字数:552字
水のなかで女が暴れている。誰かの手が女の頭を押さえて、水から浮いてこないようにしているいる。これは僕の目線だ。でも、僕じゃない。和人は夢を見ていた。夜も更け、く 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:和委志千雅 お題:大好きな冤罪 必須要素:バッドエンド 制限時間:15分 読者:134 人 文字数:822字
ある日の朝、いつものようにスマホのアラームが鳴って、目を覚ますと台所の方から、音がしていた。「・・・んん」コトコトと言っており、寝ぼけながら起き上がって台所に行 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:楠乃小玉@『織田信長と岩室長門守』発売中 お題:純粋な傑作 必須要素:バッドエンド 制限時間:15分 読者:110 人 文字数:426字
「やった!やっと傑作ができたぞ!」作家の篠原は喜んでいた。やっと自分の望んだ傑作が書けた!それまで篠原はパソコンで小説を書いていた。しかし、どうにも満足すること 〈続きを読む〉

匿名さんの即興 小説


ユーザーアイコン
ミカン ※未完
作者:匿名さん お題:初めての霧雨 制限時間:15分 読者:2 人 文字数:419字
ちょっとやそっと雨が降ったくらいじゃプールの授業はなくならない。ましてやこんな霧雨じゃ、僕の体温を奪っていくだけ。 八月も終わるのに、まだプールの授業は続く。 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:黒尽くめの罪人 制限時間:15分 読者:4 人 文字数:221字
僕は闇夜に乗じて動く。闇に埋もれるように上から下まで全部黒。コーディネートとか買う服の選択にも困らない。すべて黒だからだ。 どうせ暗いんだから色なんてどうでも 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:振り向けばそこに夫 必須要素:豚骨ラーメン 制限時間:2時間 読者:20 人 文字数:1436字
人骨では駄目なのか。それは極端な例としても、牛骨や鳥骨で駄目な理由があるのか。 少なくとも鼠程度の小動物の骨では効率が悪かろう。何せ出汁をとるわけだから、十分 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:少年の恋人 制限時間:15分 読者:11 人 文字数:900字
「やぁ、今日も来てくれたね」 ベッドに横たわる少年の儚げな笑顔は風が吹けば飛びそうな程に軽くて。 その奥底にある苦痛が透けて見えそうなくらいだった。「最近はそこ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:魅惑の旅行 制限時間:15分 読者:4 人 文字数:685字
私は日々の疲れを癒やすために、ヨーロッパの方へ旅行に行った。それはそれはとても楽しくて、日々の嫌なことを全て忘れられた。この非日常的な生活を満喫していた時、事件 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:恥ずかしい彼氏 制限時間:15分 読者:7 人 文字数:414字
「本当にすいませんでした!!!」そう言いながら彼が頭を下げる。この光景はもう100回は見ているだろう。「もうしません!一生誓います!」その言葉もすでに1000回 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:つらい列車 制限時間:15分 読者:6 人 文字数:217字
この電車は珍しい。この電車には座席がない。いや、通勤時間中であれば珍しいことでもないと思う。だが、この電車には座席になるようなものがないのだ。あるのはだだっ広 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
なごり雪 ※未完
作者:匿名さん お題:誰かの粉雪 制限時間:30分 読者:4 人 文字数:720字
俺の故郷の村は冬になると2mほど雪が積もる豪雪地帯だ。そのせいで村はあまり発展はしておらず人口は過疎化の一途を辿っている。若者は便利な都会に出ていきこの村にはめ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
灰色の探偵 ※未完
作者:匿名さん お題:灰色の探偵 必須要素: 制限時間:15分 読者:4 人 文字数:495字
足の筋が痛んだ。伸びもしないスーツで動き回ったからだ。こんな使い方では長くは持たないな、と思いながら膝をさする。わずかに生地が薄くなっていた。高く飛び上がり右脚 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:そ、それは・・・土地 必須要素:宗教 制限時間:15分 読者:24 人 文字数:708字
生き物が生きるために「場所」を必要としなくなって五千年たちました。生き物たちは、五千年前のわたくしたちからすると、「情報」といった概念になって、ふわふわとそこい 〈続きを読む〉