お題:許せない顔 必須要素:ピスタチオ 制限時間:15分 読者:278 人 文字数:736字

顔の正体
 僕は子供の頃、父親に仕事の愚痴をたくさん聞かされていた。教訓めいたものは多かったが、実際に教訓になったものはほとんどなかった。ただ1つを除いては。

 それは「人間にはどうしても許せない顔がある」というものだった。どんなに柔和な人でも、この顔だけは許せないという顔が存在するのだ。具体的にどこが許せないのかは本人にはわからない。とにかく、顔の持ち主の性格、人間関係とは関係なく、どうしても許せなくなってしまうのだ。
 父親はピスタチオの殻を剥きながら、僕にそのようなことを言った。

 当時は父親の言ってることがよくわからなかった。『ピスタチオの中身は好きだけど、殻だけはどうしても許せない』みたいなことだろうか――と思っていた。だが僕は、その教訓だけは特別視した。そして、その教訓とは真逆の人生を歩む決意をした。
 つまり「どうしても許せる顔がある」という教訓にしたのだ。

 僕はそれ以降、周りの人にできるだけ親切に接するようにした。学校では友達の宿題を手伝ったり、ラブレターを代わりに下駄箱に入れてあげた。そんな僕のことを気に入ってくれたのか、担任の先生は僕をボランティア部というところに紹介してくれた。

 しかし、ここの部長はとんでもない人だった。美少女ではあるのだが、性格がひどい。『人間は親切にしてあげないと猛獣になる』がモットーだった。いわゆる性悪説。そして、僕が自己紹介をすると「私にはね、どうしても許せない顔があるの」と言った。僕の主張と真逆だった。

「君にもあるんじゃないの? 例えば自分の顔とか」と、彼女は言った。そういった彼女の顔は歪んでいた。それを見た僕の顔も歪んでいた。僕達はお互いに、お互いが許せない顔を写しあったかのようになっていた。
作者にコメント

似た条件の即興小説


ユーザーアイコン
作者:和委志千雅 お題:君のマンション 必須要素:ピスタチオ 制限時間:15分 読者:23 人 文字数:1129字
終電を過ぎるまで、お酒を飲んでしまった。「あー、参った」近くにネットカフェとかカラオケとかはあるかね?「いやあ、近くにあるのは日高屋だけだな」「日高屋かあ」日高 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:和委志千雅 お題:名付けるならばそれは団地 必須要素:ピスタチオ 制限時間:15分 読者:36 人 文字数:1169字
子供のころ、家族で秋田に行ったとき、イオンの中にダイソーがあった。私たちにとってそれは初めて見る百円ショップだった。今ではどこぞかしこぞ、なんだかんだ、あっちだ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
※未完
作者:匿名さん お題:オチは姉妹 必須要素:ピスタチオ 制限時間:15分 読者:19 人 文字数:1字

ユーザーアイコン
作者:雨七 お題:人妻の殺し 必須要素:ピスタチオ 制限時間:15分 読者:45 人 文字数:805字
その人はピスタチオを剥くのがとても上手かった。伸びに伸びた綺麗な爪を殻の割れ目に差し込み、かちんと小気味良い音を立てて殻を外すのだ。「初めて言われたわ、そんなこ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ダツ・ Ambrose お題:人妻の殺し 必須要素:ピスタチオ 制限時間:15分 読者:43 人 文字数:1235字
旦那を殺したい。そう思ってしまった時にはもう半分くらい殺しているような気もしているが、それでも、殺したいのだからしょうがない。旦那を殺したくてしょうがないのだ 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
作者:息子 お題:人妻の殺し 必須要素:ピスタチオ 制限時間:15分 読者:43 人 文字数:766字
人妻稲妻事件が起きたのは、都内某団地でのことだった。 被害者である団地妻は屋上にある避雷針に縛り付けられており、そこに落ちた雷で感電死したのだ。「これは間違い 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:和委志千雅 お題:でかいアルパカ 必須要素:ピスタチオ 制限時間:15分 読者:45 人 文字数:905字
でかいアルパカがいた。それはもうでかいアルパカだ。身長がキリンくらいあった。幅はキリン三体分くらいの幅だ。でかい。巨大だ。とにかくもう巨大。でっけーっていう感じ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:たかはし お題:凛とした計算 必須要素:ピスタチオ 制限時間:15分 読者:85 人 文字数:674字
入学初日に渡された各種検定試験の日程表を見て、商業高校ってもっと勉強楽だと思ってたのに、と遥は落胆した。 簿記や情報処理、電卓、ビジネス用語、ビジネスマナー等 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ヒガシノメーコ お題:ちっちゃなクレジットカード 必須要素:ピスタチオ 制限時間:15分 読者:79 人 文字数:807字
それは本当にちっちゃなクレジットカードだった。オモチャ?本物?2週間ほど前、申込書を書き、送られてきたのがこのカードだ。はじめのクレジットカードだから、小さいと 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:和委志千雅 お題:腐った即興小説 必須要素:ピスタチオ 制限時間:15分 読者:122 人 文字数:953字
「最近、寒くなくなってきたな」一月の初旬に比べてなのか、私の肌がそのような事を述べた。「いや、まだ十分に寒いよ」私は寒いと感じていた為、寒さを訴えた。身につまさ 〈続きを読む〉

史季の即興 小説


ユーザーアイコン
作者:史季 お題:僕の嫌いなダンジョン 必須要素:右肘 制限時間:15分 読者:160 人 文字数:802字
ここは、どこだ? ……薄い靄がかかったような意識の中で、少しずつ目をこらす。意識を集中させると、まるで止まった時計のネジを巻くみたいに、頭の中でギギギという音 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:史季 お題:熱い失敗 必須要素:5000字以上 制限時間:15分 読者:167 人 文字数:653字
「暑い……」 心躍る旅行へ行くために家を出た直後、口から出たのは真夏の常套句だった。暑い。とにかく暑い。 多分、僕がアイスクリームだったら一瞬で溶けるだろう。ア 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:史季 お題:冬の犬 必須要素: 制限時間:1時間 読者:198 人 文字数:1627字 評価:1人
――私にはお姉ちゃんがいる。 一呼吸おいて、もう一度呟く。誰にも聞こえないように。本の頁と頁の間に書きつけるように。 私にはお姉ちゃんがいる。何度か呟いている 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:史季 お題:今年の酒 必須要素:1500字以上2000字以内 制限時間:15分 読者:257 人 文字数:613字
「今年から酒の値段が上がります」 当たり障りのないTVニュースが発した言葉が、退屈で満ちた部屋に投げ込まれた。退屈な夜の退屈な晩酌にとっては、最も退屈な知らせだ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:史季 お題:官能的な夢 必須要素:直木賞 制限時間:15分 読者:223 人 文字数:598字
「直木賞をとらない方法を教えよう」 夜2時。眠りの谷があるとしたら間違いなく沈んでいたであろう時間に、その老人はやってきた。精悍そうなひげに、理知的なメガネ。だ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:史季 お題:3月の多数派 必須要素:ハッピーエンド 制限時間:1時間 読者:228 人 文字数:1334字 評価:0人
それは学校からの帰り道、押しボタンを押した時に起きたことだった。理由もなく、早く家に帰りたいと思っていた。何かの抵抗を撥ね退けるように人差し指に力を込めると「 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:史季 お題:ドイツ式のうどん 必須要素:離婚 制限時間:15分 読者:206 人 文字数:794字
「そう言われましても、当店では『わくわくセットのナポリタン』は取り扱ってないんですよ」 僕の足元にいるどんぐり達はそう言った。 秋の終わり、落ち葉の絨毯がすっか 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:史季 お題:誰かのガールズ 必須要素:ナン 制限時間:1時間 読者:226 人 文字数:1420字 評価:0人
地球から熱が消えた……というと大袈裟だが、巷ではすっかり秋だ。人々は、暖房をつけるためにリモコンを探したり、コートにかかったクリーニングの袋を外したりしていた 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:史季 お題:許せない顔 必須要素:ピスタチオ 制限時間:15分 読者:278 人 文字数:736字
僕は子供の頃、父親に仕事の愚痴をたくさん聞かされていた。教訓めいたものは多かったが、実際に教訓になったものはほとんどなかった。ただ1つを除いては。 それは「人 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:史季 お題:狡猾な信仰 必須要素:出会い系サイト 制限時間:15分 読者:300 人 文字数:847字
僕はある日、自分が何の信仰も持ってないことに気づいた。あなたは、日本人は無宗教とか多宗教が当たり前だし、別に珍しくないと思うかもしれない。でも、そんな人達だっ 〈続きを読む〉