お題:肌寒い小雨 必須要素:ひょっとこ 制限時間:15分 読者:243 人 文字数:727字
[削除]

小雨が目にしみる
 今日も駄目だった。昨日も駄目だった。一昨日も駄目だった。よって明日も駄目だろう。明後日だったらどうにかなるだろうか、いいや否!
 そもそもこんな心意気でなせるものならば、きっとずっともっと早くスマートに事はなせているだろう、そう心意気!きっとそこらへんが駄目だった、そうそこが駄目ポイントだった!

 ……と言い訳を並べても肌寒いホームがどうなる訳でもなく、私と彼の関係が縮まったり急接近する事もない。だってもう別れちゃったし。なぜ私と彼は反対方向なのでしょうかと何度繰り返したか分からない問答もすっかり飽きた。いやウソです飽きる訳ないし今でも憎たらしいです神様。
 もっと、タイムリミットが長ければ、もっとお近づきになれるんじゃないかな、なんてまた言い訳が頭をループする。だって、改札で、階段で、はいさようならなんてあんまりじゃないですか。
 さっき彼を飲み込んでどこかに行ってしまった電車はそれっきり、なかなか私を迎えにも来てくれない。ひゅうと風がふいて、ちょっとしっとりした空気が肌をじわじわと浸食する。やめてほしいな、なんだか泣きたくなるじゃない。

 別に、ちょっとお近づきになりたいだけなんです。ウソ、かなりお近づきになりたいです、あわよくばちゅーとかしたいです、好きって言ってほしいなぁー、脈はかなりあると思うんだけどなぁー。けっこうね、いいと思うんですけど。
 鞄から鏡を取り出して、渾身のちゅーを放つ!クリティカル!私の精神に甚大なダメージ!去れひょっとこよ!

 ああ肌寒い世知辛い。あなたがもっと早くきてくれたら手遅れにはならなかったのよ電車さんどう責任とるの!っていうかこれはあれよ、雨なんで、小雨が目にしみたんですよ電車さん!
この作品をツイート

似た条件の即興小説


ユーザーアイコン
作者:カ ク お題:肌寒い小雨 制限時間:15分 読者:123 人 文字数:588字
朝から強い雨が降っていて、遅刻しそうな身体が、一瞬ひるんですぐに駆け出す。雨のせいかぐんと冷え込んでいて、雨だと暖かくなるときもあるのに、と思う。スタスタと足早 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:湯猫 お題:肌寒い小雨 制限時間:15分 読者:258 人 文字数:1086字
しとしと、しとしと鬱陶しい。だから雨は嫌いなんだと部室の窓から外を睨みつける。くもり空はどんよりとしていて、逆に眩しいくらいだ。部活は引退してしまったし、特に 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:うわそん♂SPN兄弟結婚しろ お題:肌寒い小雨 制限時間:15分 読者:244 人 文字数:322字
空が軋んでいるようだ、とユウヒは思った。なあ、と隣りにいる背の高い彼に話し掛ける。パソコンに向けられた眼はさっきからユウヒを全く視界に捉えようとはしないのだ。な 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:るなこ お題:肌寒い小雨 制限時間:15分 読者:215 人 文字数:442字
「逃げよう?」わたしの言葉に彼は少し笑って、それからゆっくりと首を横に振った。その瞳はいつも哀しそうで、それでいて静かに凛としている。運命を受け入れているのだと 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:高菜 お題:肌寒い小雨 制限時間:15分 読者:258 人 文字数:938字
鉛色の空。泣き出しそうに伏せたまぶたのような雲は、ライに不安を感じさせた。お願い、まだ降らないで。秋祭りに一人で行った。妹のホウは一昨日から咳き込んで、昨日の夜 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
作者:劫火@雑食系 お題:肌寒い小雨 制限時間:15分 読者:360 人 文字数:349字
さぁさぁと、小雨が降り注いでいる。あー、と天に向かって、大きな口を開ける。甘い雨、というのに、そのちいさな子は憧れていた。いつか甘くなる、きっと甘くなる、そのう 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:和委志千雅 お題:捨てられたふわふわ 必須要素:ひょっとこ 制限時間:15分 読者:41 人 文字数:1143字
粗大ごみの日なので、段ボールを収集所に持って行った。アマゾンのとかがすごい溜まるのだ。んで、ずるい話かもしれないが、夜のうちに出す。朝になると、面倒になる。寝る 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:佐々野忠司 お題:宗教上の理由で俺 必須要素:ひょっとこ 制限時間:15分 読者:109 人 文字数:582字
運転中に人が変わるとか、酔っ払って人が変わるとか、女の前だけ人が変わるとか、人にはそれぞれ何かしらの変身装置がある。俺の場合はひょっとこだった。ひょっとこのお面 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:yaichiyo お題:100の逃亡犯 必須要素:ひょっとこ 制限時間:15分 読者:52 人 文字数:658字
(#41) もうすぐ時効が来る。 冤罪だとわかっているのは自分だけだったから、僕は逃げた。 口がきけないというハンディキャップのために罪を被せられるのはまっぴら 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:和委志千雅 お題:ありきたりな病院 必須要素:ひょっとこ 制限時間:15分 読者:71 人 文字数:993字
それはまあ、ごくごく一般的な病院だった。四角い窓のいっぱいついた建物で、何階建て?えっといちにいさんしーごー、五階建て。五階建てだった。病院の壁というと、なんと 〈続きを読む〉

匿名さんの即興 小説


ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:免れた性格 制限時間:1時間 読者:5 人 文字数:1437字
僕の住んでる町は日本人の誰が見ても全ての人が口を揃えて、ど田舎と答えるだろう。この頃コンビニという建物が、都会には少し歩けばすぐ見つかり、そこで必要なものを買い 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
私の湖 ※未完
作者:匿名さん お題:最後の湖 必須要素:扇風機 制限時間:15分 読者:6 人 文字数:502字
私の見たかった湖はここにある。あの人はそう言って、私の目を覗き込むと満足そうに微笑んで、この世を去った。おいで、いずみ。今日は絵本を読もうか。果てのない旅に出た 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:思い出の夜 必須要素:鬼コーチ 制限時間:30分 読者:7 人 文字数:857字
夏になると思い出す。特にこんなにも蒸し暑い夜になると尚更。数年前の出来事だというのに、今もなお記憶の中で鮮やかに咲き続けて、忘れることができない。私の部活には有 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
フラット ※未完
作者:匿名さん お題:恥ずかしいロボット 制限時間:30分 読者:1 人 文字数:589字
まっ白な、工場の無菌室。最上級の清潔さが保たれたその部屋に、一体のロボットが安置されている。「……またか」 宮里は何度目ともしれないため息を漏らす。 他のロボ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:恋の闇 制限時間:15分 読者:0 人 文字数:252字
恋恋恋恋恋恋恋恋恋恋恋恋恋恋恋恋恋恋恋恋恋恋恋恋恋恋恋恋恋恋恋恋恋恋恋恋恋恋恋恋恋恋恋恋恋恋恋恋恋恋恋恋恋恋恋恋恋恋恋恋恋恋恋恋恋恋恋恋恋恋恋恋恋恋恋恋恋恋恋恋 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:人妻の吐息 制限時間:1時間 読者:0 人 文字数:1068字
雪がはらはらと舞い落ちていく。もう季節は12月。寒くて寒くてしょうがない。私は仕事を終え、缶コーヒーを飲みながら人を待っていた。指定された場所が公園。本当は暖か 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
屋根裏 ※未完
作者:匿名さん お題:トカゲの悲劇 制限時間:15分 読者:1 人 文字数:691字
この家に住み着いてから、今日でちょうど2年が過ぎようとしている。家、と言ってはみたが、実際に俺が住んでいるのはホコリにまみれた、薄暗い屋根裏部屋だ。そこで2年 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
火の元商事 ※未完
作者:匿名さん お題:騙された川 制限時間:30分 読者:1 人 文字数:404字
「本当によいんですか?」「ええ、私共も子供が大好きでしてね。是非とも協力させていただきたい」 柔和な笑みを浮かべる社長。初めて顔を合わせた時は警戒心を抱いたが、 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
乾ガラス ※未完
作者:匿名さん お題:早い妄想 制限時間:15分 読者:5 人 文字数:299字
四畳半のこの部屋は、どこかの熱帯雨林の様に湿り気を帯びていた。実際に熱帯雨林に行ったことがあるわけではないが、そう感じた。 こんな日は、酷く諧謔的になる。 カ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:阿修羅抜け毛 制限時間:15分 読者:2 人 文字数:283字
妻が「もう耐えられない」出て行ってしまった。もうすぐ銀婚式で、お祝い用に高級レストランだって予約したのに。 彼女が一体何に「もう耐えられない」と言ったのか、な 〈続きを読む〉