お題:肌寒い小雨 制限時間:15分 読者:273 人 文字数:754字
[削除]

ふゆ(れいらん?
 降ってきた、と思ったときにはもう遅くて、どこか屋根のあるところに移動する暇もなく雨ざらしになってしまっていた。思ったよりは強くならなかったから、まあいいか、とそうしてそのまま濡れて歩くことにした。マネージャーに怒られるかもしれないな、と思ったけれど、次の現場が近くだからと移動に同行してくれなかった彼女のせいにしておこう。歩く、と言い出したのはぼくだったと思うけれど。
 細かい雨が降り注ぐ街はすこしだけ視界が悪くなって、嫌なものが見えなくなる気がした。見たくないものを見ないで歩くことは、昔から得意だったはずなのに最近どうにもうまくいかない。
 まっすぐなものに、触れすぎたせいなのかもしれない。
 ぼくには眩しすぎるから、離しておいたはずなのに、周りはどんどんそんなもので埋まっていく。後輩たちはキラキラした希望を持って、毎日仕事を楽しんでいる。ぼくだって、そりゃあお仕事は楽しいけれど、それだけの感情ではいかなくなっている。
 一等眩しい彼のことを思う。まっすぐ立ったその後ろ姿の、すこしでも近い場所にいられればいいと思う。ぼくも彼も、わざわざ待ったりなんてしないから、どんどん進んでいくその姿に追いつくのに必死だった。きみを追いかけているんだと言ったら、きっと馬鹿にするなと怒られてしまうだろうけれど。馬鹿にしているつもりなんてないのに。普段のおこないが悪いのかもしれない。いつになったら、ぼくの言葉は彼に素直に届くのだろう。
 目的地に着くと、待っていたマネージャーが案の定、眉を寄せてこちらを見ている。綺麗な顔が台無しだ。
「ああもう、ただでさえ寒くなってきたんだから、風邪でもひいたらどうするの!」
「メンゴメンゴ~」
 たしかにすこし寒いな、と思って、無償に彼の家のこたつに入りたくなった。
この作品をツイート

似た条件の即興小説


ユーザーアイコン
作者:カ ク お題:肌寒い小雨 制限時間:15分 読者:107 人 文字数:588字
朝から強い雨が降っていて、遅刻しそうな身体が、一瞬ひるんですぐに駆け出す。雨のせいかぐんと冷え込んでいて、雨だと暖かくなるときもあるのに、と思う。スタスタと足早 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:湯猫 お題:肌寒い小雨 制限時間:15分 読者:253 人 文字数:1086字
しとしと、しとしと鬱陶しい。だから雨は嫌いなんだと部室の窓から外を睨みつける。くもり空はどんよりとしていて、逆に眩しいくらいだ。部活は引退してしまったし、特に 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:うわそん♂SPN兄弟結婚しろ お題:肌寒い小雨 制限時間:15分 読者:230 人 文字数:322字
空が軋んでいるようだ、とユウヒは思った。なあ、と隣りにいる背の高い彼に話し掛ける。パソコンに向けられた眼はさっきからユウヒを全く視界に捉えようとはしないのだ。な 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:るなこ お題:肌寒い小雨 制限時間:15分 読者:211 人 文字数:442字
「逃げよう?」わたしの言葉に彼は少し笑って、それからゆっくりと首を横に振った。その瞳はいつも哀しそうで、それでいて静かに凛としている。運命を受け入れているのだと 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:高菜 お題:肌寒い小雨 制限時間:15分 読者:254 人 文字数:938字
鉛色の空。泣き出しそうに伏せたまぶたのような雲は、ライに不安を感じさせた。お願い、まだ降らないで。秋祭りに一人で行った。妹のホウは一昨日から咳き込んで、昨日の夜 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
作者:劫火@雑食系 お題:肌寒い小雨 制限時間:15分 読者:352 人 文字数:349字
さぁさぁと、小雨が降り注いでいる。あー、と天に向かって、大きな口を開ける。甘い雨、というのに、そのちいさな子は憧れていた。いつか甘くなる、きっと甘くなる、そのう 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ダツ・ Ambrose お題:壊れかけの耳 制限時間:15分 読者:8 人 文字数:927字
この耳が壊れさえすれば、私はあの人を愛さなくても良いのかもしれない。愛しているから、あの人が私以外の人と仲良さそうに話している姿に苛立ってしまう。いや、むしろ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ダツ・ Ambrose お題:僕の好きな多数派 制限時間:15分 読者:7 人 文字数:1061字
好きな男の人がいます。なんて文章を書いた場合、普通の人間は女性、それも少女と呼ばれる世代が書いたモノだと判断するだろう。 だけれども、例えば『僕』っていう一人 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
おどりと。 ※未完
作者:日ノ宮理李@ひよよんとかなみの子ども お題:凛としたダンス 制限時間:15分 読者:9 人 文字数:626字
夢を見れなくなった僕は彼女をただ追いかけることに命をかけてた。 そんな僕をおそらく彼女は望まない。わかってるけど、僕というボクを維持するには必要だった。「…… 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:賢い絵描き 制限時間:15分 読者:8 人 文字数:1219字
知り合いが「とてもいいモノを買った」と自慢してくるので見せてもらうことにした。 この知り合いは同人で漫画を描いていて、それにとても役に立つものらしい。 そんな 〈続きを読む〉

匿名さんの即興 小説


ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:傷だらけの希望 制限時間:15分 読者:6 人 文字数:249字
キャンディ・スキャンティがヨーロッパ・ロマネスク様式の部屋の宝石箱を開くと今日はそこに大学があった。スキャンダル好きなスキャンティはひとたばのギーク・ボウイたち 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:過去の血 制限時間:15分 読者:7 人 文字数:216字
左手首をかしげると、薄青い静脈が、すうと浮かび上がった。月明かりだけが窓掛け越しに照らす寝室で、ぼくは顔も知らぬ母親について思った。彼女のことは何も知らないのに 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:奇妙な神様 制限時間:30分 読者:0 人 文字数:398字
この世のありとあらゆるものに神は宿る。太陽にも、月にも、海にも、山にも、その辺の歪な石ころにだって宿る。車にも、机にも、携帯電話にも、トイレにも、何を伝えたいの 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:弱い音楽 制限時間:30分 読者:0 人 文字数:356字
私は重い足取りで廊下を歩く。もうとっくに慣れたものだと思っていたが、どうもそういう訳にはいかないらしい。長い廊下の突き当たり、扉を開け、部屋に入り、ため息をつい 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:隠された汁 制限時間:15分 読者:8 人 文字数:541字
秘伝の出汁。関東で1番旨い親子丼を作る父が昔から使い続けている秘密のレシピなのだが、彼のもとで修行を続けて3年経った今でも教えてもらうことは叶っていない。「そり 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:当たり前の冬 制限時間:30分 読者:7 人 文字数:945字
昨日は散歩の途中で赤と黄色に染まりきった森を見た。今日は桜が咲いていた。どうもまた冬が飛ばされたらしい。 母はそのことについて季節省が方針を転換したみたいと言 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:素晴らしい息子 必須要素:フォロワー達が○し合い 制限時間:2時間 読者:7 人 文字数:1973字
そこは、真っ白な空間であった。そんな真っ白な空間の中でポツリと少年が裸で胡坐をかいて、この真っ白な空間に唯一存在する一つの窓ガラスを睨んでいた。窓ガラスの向こう 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
FanWX ※未完
作者:匿名さん お題:小説家たちの宗教 制限時間:4時間 読者:3 人 文字数:16字
小説家たちの宗教?俺は仏教だな笑 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
村の秘め事 ※未完
作者:匿名さん お題:熱い村 制限時間:15分 読者:5 人 文字数:690字
また、この季節がやってきた。実家を離れて5年も経つのに毎年、この時期に必ず親や兄弟地元の友人から「今年は帰ってくるのか?」と、催促の連絡がひっきりなしに入る。思 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:求めていたのはホテル 制限時間:15分 読者:3 人 文字数:291字
「あつい……疲れた……」「どこか涼みに入れるといいんですけど」 炎天下の中、野外を這いずりまわる営業マンはフラフラだった。とりあえずどこか涼しいところに入りたい 〈続きを読む〉