お題:セクシーな快楽 必須要素:十字 制限時間:1時間 読者:144 人 文字数:1586字

女が悪魔にかわるとき
 私は、夜の街でポールダンサーをやっている。この仕事をしていると、男たちからの目線に快楽を感じる。それは私がたまたまそういう風にできているだけで、そうじゃない子もたくさんいて、そういう子はこの仕事は長く続かない。
 そして、ダンスをしていると普通に売りをするよりも高い値で夜を買ってもらえる。その日もダンスを見てた人からの指名が入った。私はいつものように露出の高い服を着て、指定のホテルに向かった。

 その男は、小さくて小太りだった。そして眼鏡をかけていたが、そのせいかインテリであるように感じた。彼は開口一番こう言った。
「君には、神を堕落させてほしい」
 言っていることの意味がよくわからなかった。彼はそれをすぐに見抜いたようで、言葉を続けた。
「君のために特別なポールを用意したんだ。それを使って、君はいつもの通りに踊ってくれればいい。それが、神の堕落へとつながるのだよ。さぁ、これが今日のポールだ」
 相変わらず何を言われているのかはよくわからなかったが、今日のポールというものを見てようやく悟った。そのポールというのは、人ひとりが磔にできるくらいの十字架であったからだ。
 この男は病んでいる。それだけは分かった。だから危険を感じた。けれども、逃げることはできなかった。男の蛇のような目線がそれを許すわけがないことを語っていた。
 私は服を脱ぎ、下着姿で十字架に向き合った。これから、この『ポール』を使って踊らなければならない。それはとても恐ろしいことだった。こんな仕事をしている私にだって、人並みの信仰心はある。
 私が躊躇していると、男は静かに言った。
「私は女が人間であるとは思っていないのだよ。女は悪魔だ。だからこそ、神を堕落させるに足りる存在である。その悪魔が神を堕落させるために持っている肉体を使うのをためらうのはどういうことだ?人間ではなく悪魔でもないものはどうして生きていられる?」
 その言葉に私は寒気を感じた。やはり、この男は病んでいるし、逃げられないし、拒否できない。
「アーメン」
 心の中でそっとつぶやき、私は十字架を使ってダンスを始めることにした。

 最初のうちはどうしても後ろめたかった。だが、男が炊いた香をかぎ、体を動かしているとそうした気持ちがどんどん薄れていく。いつもと違う十字架のポールは、まるで一人の男のようで、私はそれを抱くつもりでダンスを続けた。そうしているうちに、いつもステージで感じる快楽があふれてきた。男の目線を感じるのだ。さっきまで蛇のような冷たい目をしていた男の目線が、今何かに熱くたぎっているのを感じる。
 男は興奮しながら言う。
「そう、それでこそ悪魔だ!神の十字架を誘惑し、堕落させる。お前には今神の姿が見えているか!?お前の身体に全身を嘗め回され、神の座から引きずり降ろされている男の姿が見えるか!?」
 男が言う、神の姿。神の座から引きずり降ろされている男の姿。それが今、私にも確かに見えている。そして、私はもの言わぬこの男を撫でまわし、その肉体を人間のものに堕しているのだ。それは、途方もないほどの背徳感だった。
「君も本性を現したね。言っただろう?女は悪魔だと。やはり君も悪魔だ。飛び切り優秀な肉体を持った悪魔だ!さあ、悪魔よ。神を堕したその身を私に捧げるがいい。そうして私は神よりも上に立つ!」
 病んだ男の言うことに、もはや私は抗う気持ちすら起きなくなっていた。この快楽、この背徳感、これを知ったらもう人間には戻れない。
 私は男になされるがまま、この身を捧げた。最後に男の手が私の首にかかったが、それですら快楽だった。そして、安堵でもあった。
 神を裏切った私は、悪魔として死ぬ。ならば、復活の日を待つことなくここですべてが終わる。

 愛よりも快楽を選んだ私は、悪魔として死ぬのだ。
作者にコメント

似た条件の即興小説


ユーザーアイコン
作者:bellesoothe@夢 お題:今度の就職 必須要素:十字 制限時間:1時間 読者:153 人 文字数:1600字
朱の屍が薄気味悪い笑みを浮かべた。どきりと胸を鳴らし、私は一歩踏み出す。薄暗い、闇の中を……。何故、こんな怖いことをしなくてはならないんだろう……。幾度目かの答 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:君とおっさん 必須要素:十字 制限時間:1時間 読者:186 人 文字数:1926字
7時35分。君はいつもの時間に家を出る。履き古したスニーカーは薄汚れていたけれど、長く履いているだけあってぴったりと足に馴染んでいるので、君は靴を買い替えられ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ささかま。@小説家になろう等 お題:臆病なデザイナー 必須要素:十字 制限時間:1時間 読者:185 人 文字数:1592字
※「鍵とドア」からお読みください。シリーズものです。※シリーズは随時こちらにまとめていきます→http://ncode.syosetu.com/n1485bt/ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:Ammo_June お題:誰かは喜劇 必須要素:十字 制限時間:15分 読者:23 人 文字数:1020字
歴史上には様々なドラマが存在する。誰かにとっては喜劇だが、その当時の人々にとっては大真面目。今夜のお話は、そんな時代のお話。 1940年、イギリス。ヨーロッパ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:Qten お題:贖罪の極刑 必須要素:十字 制限時間:15分 読者:31 人 文字数:611字
「これより刑の執行を行う!」荘厳な服を着た執行人が高々に宣言する。周囲を囲む人々がワーワーと声をを挙げて盛り上げる。平民も貴族も関係なく、老若男女さまざま人間た 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:無意識のババァ 必須要素:十字 制限時間:15分 読者:62 人 文字数:546字
京子は多重人格者である。その身に8つの人間を抱えている。8つの人間が不定期に現れては消える。一つの人格が表れている間は他の人格は何も覚えてはいない。一つの人格は 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:レンボ お題:絵描きの姉妹 必須要素:十字 制限時間:15分 読者:102 人 文字数:933字
おねえちゃんとわたしありふれた10文字のタイトルの絵。子供の頃にクレヨンで書いた似たような顔をした二人が仲良く手をつないでいる絵。私はその絵を大事に額縁に賞状と 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:めを お題:壊れかけの内側 必須要素:十字 制限時間:30分 読者:87 人 文字数:1893字
天井から落ちた水滴が床を打つ。耳障りな水音が冷たく湿った闇に響く。その音に機を得たように囚人は顔を上げ、壁の向こうへ声を掛けた。「あんた、何をしてここにぶち込ま 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ユリイカ お題:記録にない任務 必須要素:十字 制限時間:30分 読者:112 人 文字数:1167字
「イシュタル様、こんなものを見つけました!」 聖十字騎士団メビウス・団長のイシュタル・ハイライトの元に、秘書兼、補佐役のマリアンナ・ウィンストンが駆け寄る。彼女 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:激しい喜び 必須要素:十字 制限時間:15分 読者:83 人 文字数:636字
黒服の大人たちがあたしたち家族を、ママを囲んで静かにしている。ママ。箱の中にいる冷たいママ。穴ぼこに入れられ、みんなから土をかけられているママ。 やがて神父様 〈続きを読む〉

KZE(禎波ハヅキ)の即興 小説


ユーザーアイコン
作者:KZE(禎波ハヅキ) お題:朝の行動 必須要素:フォロワーの誰かに○される 制限時間:30分 読者:79 人 文字数:1103字
僕の朝はTwitterの通知音から始まる。まず最初にチリーン、と。それから、立て続けに何度も通知音が鳴る。それが僕の目覚まし時計だ。 最初のツイートは姫さまの 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:KZE(禎波ハヅキ) お題:プロの昼 必須要素:しめじ 制限時間:30分 読者:130 人 文字数:1658字
スーパーに買い物に来るのは昼がベストだ。なぜなら、一番品ぞろえが充実している時間だからである。よく賢い買い物と言って夕方や夜になってからの値引きセールを狙う方 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:KZE(禎波ハヅキ) お題:黄色い動揺 必須要素:ジャケット 制限時間:15分 読者:126 人 文字数:490字
黄色い歓声、という言葉がある。女の子たちがあげるキャーキャーした声のことだ。うまい表現だな、と思う。ピンクの歓声とか言ったらなんか卑猥なイメージがあるし、緑の 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:KZE(禎波ハヅキ) お題:どうあがいても神様 必須要素:ホモ 制限時間:30分 読者:114 人 文字数:906字
私はいわゆる腐女子だ。そして、萌えるカプのイラストをよく描いている。 そんなごくごく一般的な腐女子であるはずの私に、最近少し困ったことが起きている。私のサイト 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:KZE(禎波ハヅキ) お題:斬新な経歴 必須要素:ハッピーエンド 制限時間:30分 読者:118 人 文字数:1132字
私はその書類を目にして、頭を抱えてしまった。弊社の採用活動にあたって、斬新な人材を募集する、と広告を打ったのは確かだ。希望者全員と面談します、と言ったのも確か 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:KZE(禎波ハヅキ) お題:セクシーな快楽 必須要素:十字 制限時間:1時間 読者:144 人 文字数:1586字
私は、夜の街でポールダンサーをやっている。この仕事をしていると、男たちからの目線に快楽を感じる。それは私がたまたまそういう風にできているだけで、そうじゃない子 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:KZE(禎波ハヅキ) お題:イタリア式の姫君 必須要素:コーラン 制限時間:30分 読者:113 人 文字数:1117字
今度結婚することになった。相手は2年位前に合コンで知り合った彼女だ。彼女のことを特別愛しているとは思わない。けれども、そろそろ年貢の納め時感はある。料理もでき 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
三角関係 ※未完
作者:KZE(禎波ハヅキ) お題:同性愛の結末 必須要素:バツ印 制限時間:30分 読者:186 人 文字数:1007字
私たちはいつも3人一緒だ。小学校の頃からこの高校まで、ずっと友達だった。名前だって、朱美、碧、真白と、しつらえたようにトリコロールになってて、それぞれの親から 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:KZE(禎波ハヅキ) お題:俺の不動産 必須要素:宗教 制限時間:30分 読者:179 人 文字数:954字
俺はしがない地元密着型の不動産屋の小倅だ。大学を卒業した後しばらくサラリーマンをやって、28歳になった今、親父がまだ現役のうちに仕込んで貰うために会社を辞めて 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:KZE(禎波ハヅキ) お題:難しい心 必須要素:オリーブオイル 制限時間:30分 読者:177 人 文字数:1237字
オリーブオイルのカロリーは、大さじ1杯で111kcal。そんな知らなくてもいいことを知ってしまって、パスタが食べられなくなった。 私はダイエット中だ。今でも十 〈続きを読む〉