お題:めっちゃ電車 制限時間:2時間 読者:267 人 文字数:140字

めっちゃ電車
ガタンゴトン、ガタンゴトン……
私は驚いた。電車に乗っているモノたちが人間ではなかったからだ。
プオン!
それは、甲高い空気音を発した。
電車の中に乗っていたのは……電車。
電車の中に電車がみっしり詰まって乗っていたのだった。
私はいつの間にか電車たちの乗る電車に乗っていたのだ。
作者にコメント

似た条件の即興小説


ユーザーアイコン
※未完
作者:匿名さん お題:めっちゃ電車 制限時間:15分 読者:176 人 文字数:419字
そう、電車とは、人間という生き物を飲み込む怪物である。 その怪物を作り上げたのはまた、人間であって、そこに深い因果関係を感じる。 わたしは、電車に乗り込む時に 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
※未完
作者:匿名さん お題:めっちゃ電車 制限時間:15分 読者:127 人 文字数:12字
今日は電車8本も乗ったな 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:めっちゃ電車 必須要素:フランス 制限時間:15分 読者:152 人 文字数:531字
私はゴトゴトと揺れる電車に乗るのだ。今は電車などなく、もうすでに昔の道具と化していた。乗っていると思われるのは体験型の偽物であり同じ場所を回っている。初めて乗る 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:セクシーな冬 制限時間:2時間 読者:5 人 文字数:1092字
ふわりと雪が舞う深夜2時すぎ。僕は欠伸を噛み締めながら搬入された商品を捌いていた。夜勤のバイトはほとんど人がいない。寒さも、眠さも誰とも共有出来ずにのろのろとそ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:はにわさん@がんばったりがんばらなかった お題:最強の愛 制限時間:2時間 読者:18 人 文字数:1281字
目の前にはウェブカメラ。頭にはヘッドセット。水色のマークに白抜きのSのアイコンを、私はカチカチとクリックしてはウィンドウを出したり戻したりを繰り返していた。金曜 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
作者:死んでも腸まで届くビフィズス菌bot お題:有名な山 制限時間:2時間 読者:17 人 文字数:3014字
いってきます、と手を振って出てゆく小さい背中を見送った後は、特にすることもないので大体の場合は本を読むか映画を観る。晴れているなら散歩もいいが、生憎今日は曇り 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:計算ずくめの善人 制限時間:2時間 読者:10 人 文字数:1104字
「おはよう!」明るい声が教室に響き渡った。また今日もあの子がやって来た。私は花を生ける手を止めて、横目で彼女をうかがった。つやつやとしている黒髪に、柔らかそうな 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:宿命の深夜 制限時間:2時間 読者:13 人 文字数:2116字
スマホの画面を見て、思わずため息が零れた。 十二時三十分。 ベッドに入ってから、一時間が経っていた。 最近なんだか眠れないな、と内心呟き体を起こす。そのままベ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:Olivia お題:煙草と戦争 制限時間:2時間 読者:26 人 文字数:1844字
戦争と聞いて思い浮かべる戦争は人によって違う。私なんかは第二次世界大戦を想像するが、今を生きる若者はイラク戦争やシリア内戦と答えるかもしれないし、京都に古くか 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:アロエ饅頭 お題:きちんとした風邪 制限時間:2時間 読者:20 人 文字数:518字
ジリジリと焼け付くような太陽が、庭の向日葵を誘惑している。座布団を枕にして、日陰でごろりと横になる。畳と線香の香りが鼻をくすぐる。「ごめんくださーい」ドンドンと 〈続きを読む〉

煉獄に沈みつつあるリケリケの即興 小説


ユーザーアイコン
作者:煉獄に沈みつつあるリケリケ お題:3月の春雨 必須要素:警察 制限時間:4時間 読者:209 人 文字数:2253字
「住宅街に出没していたニジウメロカバ、捕獲!」 それは三月のピンクの春雨は降りしきる頃であっただろうか? 警官がニジウメロカバを確保していた光景を見たのは。 そ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:煉獄に沈みつつあるリケリケ お題:めっちゃ電車 制限時間:2時間 読者:267 人 文字数:140字
ガタンゴトン、ガタンゴトン……私は驚いた。電車に乗っているモノたちが人間ではなかったからだ。プオン!それは、甲高い空気音を発した。電車の中に乗っていたのは……電 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:煉獄に沈みつつあるリケリケ お題:思い出の妻 制限時間:4時間 読者:229 人 文字数:500字
「はぁ……はぁ…………。」 妻の介護に疲れた私は、ソファーに深く腰掛ける。 ふと、私は傍に置かれていた写真立てを眺めていた。 写真立てには、若かりし頃の私と妻が 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:煉獄に沈みつつあるリケリケ お題:私のお嬢様 制限時間:30分 読者:250 人 文字数:659字
「はぁ……はぁ……もうダメ…………」 お嬢様は弱音を吐いた。「その程度で弱音を吐くのでは、1stステージすら乗り越えられませんよ?」 そんなお嬢様に私は叱咤を与 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:煉獄に沈みつつあるリケリケ お題:狡猾な整形 必須要素:TOEFL 制限時間:2時間 読者:270 人 文字数:1570字
私は窓の方を見やる。 酸性雨の降る暗い都市のどん底に、手術したばかりで包帯ぐるぐる巻きの私の姿が映っている。「よう。調子はどうだ? 痛いところはないかな?」 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:煉獄に沈みつつあるリケリケ お題:限りなく透明に近いいたずら 必須要素:東京 制限時間:2時間 読者:255 人 文字数:1666字
「今日はこのスケボーを借りてきたぞー。」 僕は店から借用してきたスケボーに乗りながら、相方のもとに戻ってくる。「借りてきたんじゃなくって、盗んできたんだろ?」「 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:煉獄に沈みつつあるリケリケ お題:昔の誤解 必須要素:テレビ 制限時間:2時間 読者:259 人 文字数:1400字
* 昔、私はテレビでこんなことを知った記憶がある。 ご飯はオリゴ糖を含むため、腸内環境改善するのに適している、と。 それを信じた私は、毎日ご飯を欠かさず食べたも 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:煉獄に沈みつつあるリケリケ お題:悲観的な犬 制限時間:15分 読者:283 人 文字数:148字
――アオオオオン……アオオオオン………… 犬の遠吠えが聞こえる。飼い主に戻ってきてほしいと嘆願しているのであろう。 だが、その言葉なき嘆願は聞き入れられること 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:煉獄に沈みつつあるリケリケ お題:オチは秋 制限時間:15分 読者:211 人 文字数:57字
冬に種まき、 春になって芽が芽吹き、 夏になって花が咲き、 秋になって実が採れる。 これってな~んだ? 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:煉獄に沈みつつあるリケリケ お題:激しい税理士 制限時間:15分 読者:253 人 文字数:80字
えーと、失礼します。こちら税理士です。 そちらの企業では脱税の疑いがあるのでやって来ました。 容赦はしませんよ?(社長にロックをかけながら、問いかける) 〈続きを読む〉