お題:めっちゃ電車 制限時間:2時間 読者:245 人 文字数:140字

めっちゃ電車
ガタンゴトン、ガタンゴトン……
私は驚いた。電車に乗っているモノたちが人間ではなかったからだ。
プオン!
それは、甲高い空気音を発した。
電車の中に乗っていたのは……電車。
電車の中に電車がみっしり詰まって乗っていたのだった。
私はいつの間にか電車たちの乗る電車に乗っていたのだ。
作者にコメント

似た条件の即興小説


ユーザーアイコン
※未完
作者:匿名さん お題:めっちゃ電車 制限時間:15分 読者:163 人 文字数:419字
そう、電車とは、人間という生き物を飲み込む怪物である。 その怪物を作り上げたのはまた、人間であって、そこに深い因果関係を感じる。 わたしは、電車に乗り込む時に 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
※未完
作者:匿名さん お題:めっちゃ電車 制限時間:15分 読者:120 人 文字数:12字
今日は電車8本も乗ったな 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:めっちゃ電車 必須要素:フランス 制限時間:15分 読者:133 人 文字数:531字
私はゴトゴトと揺れる電車に乗るのだ。今は電車などなく、もうすでに昔の道具と化していた。乗っていると思われるのは体験型の偽物であり同じ場所を回っている。初めて乗る 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ごみか お題:3月の夜 制限時間:2時間 読者:23 人 文字数:3136字
今年が始まってから、もう3ヶ月も経つらしい。年始に立てかけたまま、久しく捲っていないカレンダーは、まだ1月を指している。しかし手元のスマートフォンは、無情にも 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者: お題:3月の夜 制限時間:2時間 読者:10 人 文字数:1452字
いつも、いつまでも動きたくない。 人間をやめてから一切の社会性を失った。五分おきにスヌーズをかけていたアラームはもう鳴らない。外が明るかろうと、今、六時もしく 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:私が愛した多数派 制限時間:2時間 読者:6 人 文字数:579字
私の選ぶものは少数派だった。目玉焼きには粒マスタード、もし飼うなら爬虫類、ランドセルの色は漆黒で制服のスカートの丈は長く。周りの子がキラキラとした少女漫画の話を 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:みずた✧かずき お題:肌寒い悪意 制限時間:2時間 読者:31 人 文字数:1993字
私は、大声で彼女の名前を呼びながら、その古びた屋敷のなかを走っていた。 はずれにある屋敷に忍び込もう、と最初に言ったのはリサだった。 私が新しくカメラを買って 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ととのえ お題:飢えた夏 制限時間:2時間 読者:37 人 文字数:1505字
路地裏育ちの老婆は今日にもいなくなるらしい。 緞帳がしまわれている舞台袖は、目を凝らしても何も見えないくらいに濃い闇だった。舞台中央に置かれたライトがまぶしす 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:谷町悠之介@タニーズ お題:過去の別れ 制限時間:2時間 読者:41 人 文字数:1807字
脳の容量は節約したいタチなので、昔のことは定期的に忘れるようにしている。ブレインストレージもただじゃない。全くあの企業はぼったくりではないだろうか。「一エクサ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:ぐちゃぐちゃの処刑人 制限時間:2時間 読者:13 人 文字数:344字
「ヒラ?何してるの?」「え?」フジside今日は、ラーヒーが家に遊びに来るしかも泊まり込みで!「何のゲームをやろうかなぁ~♪」そんなことを考えてたら、ある一本の 〈続きを読む〉

リケリケ@陰龍も一本釣りの即興 小説


ユーザーアイコン
作者:リケリケ@陰龍も一本釣り お題:3月の春雨 必須要素:警察 制限時間:4時間 読者:177 人 文字数:2253字
「住宅街に出没していたニジウメロカバ、捕獲!」 それは三月のピンクの春雨は降りしきる頃であっただろうか? 警官がニジウメロカバを確保していた光景を見たのは。 そ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:リケリケ@陰龍も一本釣り お題:めっちゃ電車 制限時間:2時間 読者:245 人 文字数:140字
ガタンゴトン、ガタンゴトン……私は驚いた。電車に乗っているモノたちが人間ではなかったからだ。プオン!それは、甲高い空気音を発した。電車の中に乗っていたのは……電 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:リケリケ@陰龍も一本釣り お題:思い出の妻 制限時間:4時間 読者:202 人 文字数:500字
「はぁ……はぁ…………。」 妻の介護に疲れた私は、ソファーに深く腰掛ける。 ふと、私は傍に置かれていた写真立てを眺めていた。 写真立てには、若かりし頃の私と妻が 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:リケリケ@陰龍も一本釣り お題:私のお嬢様 制限時間:30分 読者:225 人 文字数:659字
「はぁ……はぁ……もうダメ…………」 お嬢様は弱音を吐いた。「その程度で弱音を吐くのでは、1stステージすら乗り越えられませんよ?」 そんなお嬢様に私は叱咤を与 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:リケリケ@陰龍も一本釣り お題:狡猾な整形 必須要素:TOEFL 制限時間:2時間 読者:239 人 文字数:1570字
私は窓の方を見やる。 酸性雨の降る暗い都市のどん底に、手術したばかりで包帯ぐるぐる巻きの私の姿が映っている。「よう。調子はどうだ? 痛いところはないかな?」 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:リケリケ@陰龍も一本釣り お題:限りなく透明に近いいたずら 必須要素:東京 制限時間:2時間 読者:229 人 文字数:1666字
「今日はこのスケボーを借りてきたぞー。」 僕は店から借用してきたスケボーに乗りながら、相方のもとに戻ってくる。「借りてきたんじゃなくって、盗んできたんだろ?」「 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:リケリケ@陰龍も一本釣り お題:昔の誤解 必須要素:テレビ 制限時間:2時間 読者:203 人 文字数:1400字
* 昔、私はテレビでこんなことを知った記憶がある。 ご飯はオリゴ糖を含むため、腸内環境改善するのに適している、と。 それを信じた私は、毎日ご飯を欠かさず食べたも 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:リケリケ@陰龍も一本釣り お題:悲観的な犬 制限時間:15分 読者:257 人 文字数:148字
――アオオオオン……アオオオオン………… 犬の遠吠えが聞こえる。飼い主に戻ってきてほしいと嘆願しているのであろう。 だが、その言葉なき嘆願は聞き入れられること 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:リケリケ@陰龍も一本釣り お題:オチは秋 制限時間:15分 読者:188 人 文字数:57字
冬に種まき、 春になって芽が芽吹き、 夏になって花が咲き、 秋になって実が採れる。 これってな~んだ? 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:リケリケ@陰龍も一本釣り お題:激しい税理士 制限時間:15分 読者:211 人 文字数:80字
えーと、失礼します。こちら税理士です。 そちらの企業では脱税の疑いがあるのでやって来ました。 容赦はしませんよ?(社長にロックをかけながら、問いかける) 〈続きを読む〉