お題:思い出の妻 制限時間:4時間 読者:179 人 文字数:500字

思い出の中では美しいのに
「はぁ……はぁ…………。」
 妻の介護に疲れた私は、ソファーに深く腰掛ける。
 ふと、私は傍に置かれていた写真立てを眺めていた。
 写真立てには、若かりし頃の私と妻が写っている。
 私は妻と会ったばかりの頃を思い出していた……。



 私と妻が出会ったのは、今からちょうど15年前になる。
 半人前の飼育員だった私が、妻と出会ったのは、研修先の牧場であった。
 くりくりした瞳に、艶の良い白黒の毛並み。そして、凛々しい「モ~」の鳴き声……
 妻はこの牧場で飼われていたホルスタイン牛であった。
 妻に一目惚れした私は、早速牧場主に頼み込んだ。
 最初はズーフィリアなどとバカにされたが、懸命な頼み込みとコツコツ貯めた資金によって、牧場主もついには折れ、妻との結婚が認められたのだ。
 結婚式で花嫁姿になった妻の姿は、今でも忘れられない……。



 それから15年。
 今や妻は牛舎にて豚のように肥え、濁った目で虚空を見ている。そこにかつての姿はない。
 私も騙し騙し妻の介護をしてきたが、もうこれで限界だ。
 部屋から猟銃を取り出し、妻のいる牛舎に行く。
 苦しんでいる妻を楽にさせるために。
作者にコメント

似た条件の即興小説


ユーザーアイコン
作者:なすっく お題:思い出の妻 制限時間:15分 読者:134 人 文字数:728字
「何だよ、お前結婚してたのかよ」「いや、してないけどさ」「は?訳分からないんだけど」空になったビールの缶をどけて、新しい缶に手を付ける。プシュ、と心地いい音が響 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:イマジナリー甲羅B、亀 お題:思い出の妻 制限時間:15分 読者:218 人 文字数:751字
かの人を思うだけで、底冷えのするような感覚に襲われる。心臓が大きな音をたて、体中の血の気が引いてゆくような。背筋がぞくりと震えるような。そんな思い出、だった。写 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:タカスガ即興小説用 お題:思い出の妻 制限時間:15分 読者:414 人 文字数:924字
思い出の中に残る妻の顔は、常に左向きだった。 その向きの顔の方が気に入っているから、と妻は言っていた。左向き、つまり右頬を映してほしいと。写真を撮るなら、左向 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:孤独 in USA お題:思い出の妻 必須要素:豚肉 制限時間:15分 読者:360 人 文字数:440字
長年連れ添った妻を亡くしたのは昨日のことで私が末期のガンで病院に長期入院している最中の事だった……。死因は心臓発作だったらしい……後から医者に聞かされたのだが私 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ととのえ お題:汚れた絶望 制限時間:4時間 読者:13 人 文字数:1753字
安寧の時には意識が霧散する。 目の前のこと。隣にある温度。昔のこと。思い出にならない一瞬の記憶の凝固。わたしが過ごした1日1日に、わずかずつの単位でわたしの意 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
作者:緒方理珠のエロ漫画誰か描いて@140 お題:おいでよこだわり 制限時間:4時間 読者:14 人 文字数:17078字
★書き直し必要●順序入れ替え必要=========★ 昔。一緒に駆け回った草むらで、僕らはある約束したんだ。「そう――約束よ」「うん! 約束!」「うん。みんな一 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:星追い人@23 お題:夏の略奪 制限時間:4時間 読者:5 人 文字数:2757字
+++ 二人で無言で隣同士を歩いている。隣の星屑をちらりと見やる。――普通の制服である。星屑が普通の格好をしているのを見るのも何だか新鮮な気がした。「……あのさ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:有馬仙 お題:彼女が愛した空想 制限時間:4時間 読者:9 人 文字数:13658字
私は寝る前に空想にふける癖がある。空想というよりほとんど妄想に近い話で、小説にもならないような意味不明な空想だ。それは異次元に潜り込んでロリコンを倒す妄想だっ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:無申経職任 お題:反逆の転職 制限時間:4時間 読者:14 人 文字数:1973字
※『ある本屋のアルバイトさん』私は先生の何を知っているのだろう。見上げた先生の顔は涙で歪むが、いつも通り微笑んでいるのは簡単にわかる。「僕はこの仕事を辞めるんだ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:有馬仙 お題:信用のない兄弟 制限時間:4時間 読者:15 人 文字数:13125字
僕には兄がいる。兄はいつも妹がいればよかった。お前なんぞ女に生まれてくれば良かったのだと事あるごとに言ってきた。幼い頃の僕は兄がどこからか持ってきたスカートな 〈続きを読む〉

リケリケ@陰龍も一本釣りの即興 小説


ユーザーアイコン
作者:リケリケ@陰龍も一本釣り お題:3月の春雨 必須要素:警察 制限時間:4時間 読者:152 人 文字数:2253字
「住宅街に出没していたニジウメロカバ、捕獲!」 それは三月のピンクの春雨は降りしきる頃であっただろうか? 警官がニジウメロカバを確保していた光景を見たのは。 そ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:リケリケ@陰龍も一本釣り お題:めっちゃ電車 制限時間:2時間 読者:225 人 文字数:140字
ガタンゴトン、ガタンゴトン……私は驚いた。電車に乗っているモノたちが人間ではなかったからだ。プオン!それは、甲高い空気音を発した。電車の中に乗っていたのは……電 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:リケリケ@陰龍も一本釣り お題:思い出の妻 制限時間:4時間 読者:179 人 文字数:500字
「はぁ……はぁ…………。」 妻の介護に疲れた私は、ソファーに深く腰掛ける。 ふと、私は傍に置かれていた写真立てを眺めていた。 写真立てには、若かりし頃の私と妻が 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:リケリケ@陰龍も一本釣り お題:私のお嬢様 制限時間:30分 読者:203 人 文字数:659字
「はぁ……はぁ……もうダメ…………」 お嬢様は弱音を吐いた。「その程度で弱音を吐くのでは、1stステージすら乗り越えられませんよ?」 そんなお嬢様に私は叱咤を与 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:リケリケ@陰龍も一本釣り お題:狡猾な整形 必須要素:TOEFL 制限時間:2時間 読者:218 人 文字数:1570字
私は窓の方を見やる。 酸性雨の降る暗い都市のどん底に、手術したばかりで包帯ぐるぐる巻きの私の姿が映っている。「よう。調子はどうだ? 痛いところはないかな?」 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:リケリケ@陰龍も一本釣り お題:限りなく透明に近いいたずら 必須要素:東京 制限時間:2時間 読者:200 人 文字数:1666字
「今日はこのスケボーを借りてきたぞー。」 僕は店から借用してきたスケボーに乗りながら、相方のもとに戻ってくる。「借りてきたんじゃなくって、盗んできたんだろ?」「 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:リケリケ@陰龍も一本釣り お題:昔の誤解 必須要素:テレビ 制限時間:2時間 読者:187 人 文字数:1400字
* 昔、私はテレビでこんなことを知った記憶がある。 ご飯はオリゴ糖を含むため、腸内環境改善するのに適している、と。 それを信じた私は、毎日ご飯を欠かさず食べたも 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:リケリケ@陰龍も一本釣り お題:悲観的な犬 制限時間:15分 読者:230 人 文字数:148字
――アオオオオン……アオオオオン………… 犬の遠吠えが聞こえる。飼い主に戻ってきてほしいと嘆願しているのであろう。 だが、その言葉なき嘆願は聞き入れられること 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:リケリケ@陰龍も一本釣り お題:オチは秋 制限時間:15分 読者:164 人 文字数:57字
冬に種まき、 春になって芽が芽吹き、 夏になって花が咲き、 秋になって実が採れる。 これってな~んだ? 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:リケリケ@陰龍も一本釣り お題:激しい税理士 制限時間:15分 読者:186 人 文字数:80字
えーと、失礼します。こちら税理士です。 そちらの企業では脱税の疑いがあるのでやって来ました。 容赦はしませんよ?(社長にロックをかけながら、問いかける) 〈続きを読む〉