お題:私のお嬢様 制限時間:30分 読者:226 人 文字数:659字

お嬢様の挑戦 セバスチャン視点
「はぁ……はぁ……もうダメ…………」
 お嬢様は弱音を吐いた。
「その程度で弱音を吐くのでは、1stステージすら乗り越えられませんよ?」
 そんなお嬢様に私は叱咤を与える。
「とはいえ、先ほどの動きは中々でしたよお嬢様。それを身体で覚えるために、もう一度やりましょう。」
「ひぇぇ……」
 私は嫌がるお嬢様を無理矢理連れて行く。全てはあのS○S○K○の為に。



「ねぇ。今までやってきた練習、無駄にはなってないよね。」
 お嬢様はふと呟く。
「それは今回のS○S○K○での活躍で、わかります。」
「『無駄にはならない』って答えてくれないのね……」
「お嬢様、お時間でございます。」
 私はお嬢様の問に答えなかった。開始時間が迫っていたのは事実だったが、何か気遣いを書けるようなことを言っておくべきだっただろうか?
「うんわかっているわ……でも……」
「でも……とは何ですか?何か躊躇っているところがおありでも?」
 少しの沈黙が流れる。こんなところで足止めするわけにもいかないのだ。お嬢様にはS○S○K○に出場してもらわねば。
「皆さんがお嬢様を待っていますよ。さあ、行きましょう。」
 お嬢様は覚悟を決めたのか、腰を上げる。
「大丈夫。お嬢様ならきっとやれます。」
 私のせめてもの励ましの言葉に、お嬢様は小さいながらも感謝してくれました。
「……ありがとう。」
 行くのです。あの、光の向こうへ。



 その後:http://sokkyo-shosetsu.com/novel.php?id=367579
作者にコメント

似た条件の即興小説


ユーザーアイコン
作者:Aruco お題:運命の監禁 制限時間:30分 読者:9 人 文字数:1542字
目が覚めると、いつもの白い壁。仄暗く少し青みがかった色に染まっていて、まるで深海の底にいるようだとぼんやりと万里は思った。時計は無いのでわからない。必要ないな、 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:♪エリ♪ お題:思い出の屍 制限時間:30分 読者:18 人 文字数:1006字
登場人物はノンフィクションです。名前は変えてます。話はフィクションです。(そもそも、ノンフィクションで死ネタっていいのかな?って少しは思ってる。 思ってるけど一 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:真面目勇悟@即興小説 お題:彼が愛した心 制限時間:30分 読者:8 人 文字数:1147字
木々の隙間からこぼれ落ちる木漏れ日がまだらに地面を彩る。彼は読みかけていたページを丁寧にめくった後、金細工のしおりを挟み本を閉じた。この時代に住む懐古主義者や自 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:砂糖指輪 お題:傷だらけの夜 制限時間:30分 読者:16 人 文字数:1490字
もう泣きたい。こんなに、悲しいのに涙がでないなんて体っておかしい。 この前深夜にみた動物ドキュメンタリーだったらバカみたいに泣けたのになんなんだろ。 さっきフ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:砂糖指輪 お題:真実の光景 制限時間:30分 読者:14 人 文字数:919字
夢から覚める、引き上げられるような感覚。頬に触るのは誰だろう。少しかさついていて硬いが、とても暖かい。自分はこの手知っている「ルイス」 そう想う相手を呼びなが 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:ぐちゃぐちゃのもこもこ 制限時間:30分 読者:9 人 文字数:840字
「ねぇ、ぐちゃぐちゃのもこもこって何?」バンと大きな音をたてて自室の扉が開く。入ってきたのはトラブルメーカーである我が妹、優理だ。これまでも数々の面倒事を起こし 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:飢えた父 制限時間:30分 読者:37 人 文字数:837字
おとうさんはとてもがんばりやさんです。わたしがしょうがっこうにいくよりいっつもまえにかいしゃにいっています。おとうさんがかえってくるのはいつもわたしがねたあと 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:さとう お題:飢えた父 制限時間:30分 読者:7 人 文字数:327字
私はその音を気にも留めずにいたのだ。私はその日、いつもの通り自室にいた。友達と遊んでいた。時計は昼頃を指していた。ぬるい時間だけがそこにあった。一階から食器が割 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:快特・尾瀬みさき行 お題:知らぬ間の銀行 制限時間:30分 読者:49 人 文字数:1343字
「これ預かっといて」 佐倉は今月も財布から一万円札三枚を取り出して、裸のまま俺の手に握らせる。俺は手に持ったリュックのファスナーを開き、その中に納まったお菓子の 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:トゥーディー お題:近い不動産 制限時間:30分 読者:14 人 文字数:1282字
私は毎日、近所の安アパートに通っている。部屋はワンルームで、古びた外見の建物だ。通っているといってもそこに住んでいる訳ではない。そういうと何か、不倫や内縁の妻と 〈続きを読む〉

リケリケ@陰龍も一本釣りの即興 小説


ユーザーアイコン
作者:リケリケ@陰龍も一本釣り お題:3月の春雨 必須要素:警察 制限時間:4時間 読者:177 人 文字数:2253字
「住宅街に出没していたニジウメロカバ、捕獲!」 それは三月のピンクの春雨は降りしきる頃であっただろうか? 警官がニジウメロカバを確保していた光景を見たのは。 そ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:リケリケ@陰龍も一本釣り お題:めっちゃ電車 制限時間:2時間 読者:245 人 文字数:140字
ガタンゴトン、ガタンゴトン……私は驚いた。電車に乗っているモノたちが人間ではなかったからだ。プオン!それは、甲高い空気音を発した。電車の中に乗っていたのは……電 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:リケリケ@陰龍も一本釣り お題:思い出の妻 制限時間:4時間 読者:202 人 文字数:500字
「はぁ……はぁ…………。」 妻の介護に疲れた私は、ソファーに深く腰掛ける。 ふと、私は傍に置かれていた写真立てを眺めていた。 写真立てには、若かりし頃の私と妻が 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:リケリケ@陰龍も一本釣り お題:私のお嬢様 制限時間:30分 読者:226 人 文字数:659字
「はぁ……はぁ……もうダメ…………」 お嬢様は弱音を吐いた。「その程度で弱音を吐くのでは、1stステージすら乗り越えられませんよ?」 そんなお嬢様に私は叱咤を与 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:リケリケ@陰龍も一本釣り お題:狡猾な整形 必須要素:TOEFL 制限時間:2時間 読者:239 人 文字数:1570字
私は窓の方を見やる。 酸性雨の降る暗い都市のどん底に、手術したばかりで包帯ぐるぐる巻きの私の姿が映っている。「よう。調子はどうだ? 痛いところはないかな?」 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:リケリケ@陰龍も一本釣り お題:限りなく透明に近いいたずら 必須要素:東京 制限時間:2時間 読者:229 人 文字数:1666字
「今日はこのスケボーを借りてきたぞー。」 僕は店から借用してきたスケボーに乗りながら、相方のもとに戻ってくる。「借りてきたんじゃなくって、盗んできたんだろ?」「 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:リケリケ@陰龍も一本釣り お題:昔の誤解 必須要素:テレビ 制限時間:2時間 読者:203 人 文字数:1400字
* 昔、私はテレビでこんなことを知った記憶がある。 ご飯はオリゴ糖を含むため、腸内環境改善するのに適している、と。 それを信じた私は、毎日ご飯を欠かさず食べたも 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:リケリケ@陰龍も一本釣り お題:悲観的な犬 制限時間:15分 読者:257 人 文字数:148字
――アオオオオン……アオオオオン………… 犬の遠吠えが聞こえる。飼い主に戻ってきてほしいと嘆願しているのであろう。 だが、その言葉なき嘆願は聞き入れられること 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:リケリケ@陰龍も一本釣り お題:オチは秋 制限時間:15分 読者:188 人 文字数:57字
冬に種まき、 春になって芽が芽吹き、 夏になって花が咲き、 秋になって実が採れる。 これってな~んだ? 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:リケリケ@陰龍も一本釣り お題:激しい税理士 制限時間:15分 読者:211 人 文字数:80字
えーと、失礼します。こちら税理士です。 そちらの企業では脱税の疑いがあるのでやって来ました。 容赦はしませんよ?(社長にロックをかけながら、問いかける) 〈続きを読む〉