お題:私のお嬢様 制限時間:30分 読者:141 人 文字数:659字

お嬢様の挑戦 セバスチャン視点
「はぁ……はぁ……もうダメ…………」
 お嬢様は弱音を吐いた。
「その程度で弱音を吐くのでは、1stステージすら乗り越えられませんよ?」
 そんなお嬢様に私は叱咤を与える。
「とはいえ、先ほどの動きは中々でしたよお嬢様。それを身体で覚えるために、もう一度やりましょう。」
「ひぇぇ……」
 私は嫌がるお嬢様を無理矢理連れて行く。全てはあのS○S○K○の為に。



「ねぇ。今までやってきた練習、無駄にはなってないよね。」
 お嬢様はふと呟く。
「それは今回のS○S○K○での活躍で、わかります。」
「『無駄にはならない』って答えてくれないのね……」
「お嬢様、お時間でございます。」
 私はお嬢様の問に答えなかった。開始時間が迫っていたのは事実だったが、何か気遣いを書けるようなことを言っておくべきだっただろうか?
「うんわかっているわ……でも……」
「でも……とは何ですか?何か躊躇っているところがおありでも?」
 少しの沈黙が流れる。こんなところで足止めするわけにもいかないのだ。お嬢様にはS○S○K○に出場してもらわねば。
「皆さんがお嬢様を待っていますよ。さあ、行きましょう。」
 お嬢様は覚悟を決めたのか、腰を上げる。
「大丈夫。お嬢様ならきっとやれます。」
 私のせめてもの励ましの言葉に、お嬢様は小さいながらも感謝してくれました。
「……ありがとう。」
 行くのです。あの、光の向こうへ。



 その後:http://sokkyo-shosetsu.com/novel.php?id=367579
作者にコメント

似た条件の即興小説


ユーザーアイコン
才能と感傷 ※未完
作者:らび お題:自分の中の娼婦 制限時間:30分 読者:13 人 文字数:1252字
父さんが亡くなった。何の変哲もない会社員だったのに、車に轢かれてするりと逝ってしまった。お金に困るとかいうことはないし、もう親元を離れて長かったから、悲しいと 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:純粋な豪雪 制限時間:30分 読者:5 人 文字数:462字
「ひー降ったなー」「降りましたね」「久々の雪が豪雪とはな」「自然の力に驚きです」 肩をすくめると、雪下ろしの仕方なんて忘れちまったよ、とぼやくのが聞こえた。 こ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:朝のぺろぺろ 制限時間:30分 読者:2 人 文字数:367字
朝僕は彼女を揺り起こす。「起きて」と何度も声をかける。彼女からの応えはない。何度声をかけてもそれは変わらない。何故ならそれは……2年前。彼女は僕の意識の中の人に 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
母に会いに… ※未完
作者:オイスター お題:少年の大雪 制限時間:30分 読者:6 人 文字数:632字
3時間目の休み時間、今日は朝から雪だったが急に勢いよく降るようになってきた。「うわー、すごい降ってるよ。これは休校になる可能性もあるかな?かなッ!」クラスメイト 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:無意識の映画館 制限時間:30分 読者:3 人 文字数:535字
無意識に何かをしているということは、記憶に留めず何かしているということだ。思い返してみても、自分が何をやっていたのかわからない。思い出せない。 数日前に友人が 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
作者:蒼井ヤマト お題:とてつもない性格 制限時間:30分 読者:16 人 文字数:852字
人並みに生きるということは難しい。それは僕が十数年という短い人生の中で学んだ、たった一つの真理だ。例えば人の善意を受け取った時。にこやかに、さわやかに「ありがと 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:さっちー@即興小説 お題:くさい星 制限時間:30分 読者:11 人 文字数:884字
「ねぇねぇおじいちゃん!何かお話,してー!」そういって駆け寄ってきたのは私の孫だった.今年で確か6つだったはずだ.そろそろ学校に行く年だなぁなんて事を,ばあさん 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:真紅の怒りをまといし耳 制限時間:30分 読者:8 人 文字数:1211字
戦闘が激しさを増す中で、『ボクっ娘』は対峙する相手に対してある違和感を覚えていた。「フッ、闇の力には勝てぬだろう?」 生半可な攻撃を寄せ付けない強力な防御性能 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:春の旅行 制限時間:30分 読者:8 人 文字数:1031字
いくら映像やら写真やらで知識として知ってはいても、いざ実物を目の前にすると特有の新鮮な感覚を得るものだが、それを僕は今実際に味わっている。「ホントに一両なんだ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:うわ・・・私の年収、春 制限時間:30分 読者:6 人 文字数:366字
この春で、私はこの会社で働き始めてウン十年になる。ウン十年になるのだが、給料が初任給からあまり上がっていない気がする。結婚して、産休・育休はとったけれど他はず 〈続きを読む〉

リケリケ@陰龍も一本釣りの即興 小説


ユーザーアイコン
作者:リケリケ@陰龍も一本釣り お題:3月の春雨 必須要素:警察 制限時間:4時間 読者:105 人 文字数:2253字
「住宅街に出没していたニジウメロカバ、捕獲!」 それは三月のピンクの春雨は降りしきる頃であっただろうか? 警官がニジウメロカバを確保していた光景を見たのは。 そ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:リケリケ@陰龍も一本釣り お題:めっちゃ電車 制限時間:2時間 読者:156 人 文字数:140字
ガタンゴトン、ガタンゴトン……私は驚いた。電車に乗っているモノたちが人間ではなかったからだ。プオン!それは、甲高い空気音を発した。電車の中に乗っていたのは……電 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:リケリケ@陰龍も一本釣り お題:思い出の妻 制限時間:4時間 読者:123 人 文字数:500字
「はぁ……はぁ…………。」 妻の介護に疲れた私は、ソファーに深く腰掛ける。 ふと、私は傍に置かれていた写真立てを眺めていた。 写真立てには、若かりし頃の私と妻が 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:リケリケ@陰龍も一本釣り お題:私のお嬢様 制限時間:30分 読者:141 人 文字数:659字
「はぁ……はぁ……もうダメ…………」 お嬢様は弱音を吐いた。「その程度で弱音を吐くのでは、1stステージすら乗り越えられませんよ?」 そんなお嬢様に私は叱咤を与 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:リケリケ@陰龍も一本釣り お題:狡猾な整形 必須要素:TOEFL 制限時間:2時間 読者:145 人 文字数:1570字
私は窓の方を見やる。 酸性雨の降る暗い都市のどん底に、手術したばかりで包帯ぐるぐる巻きの私の姿が映っている。「よう。調子はどうだ? 痛いところはないかな?」 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:リケリケ@陰龍も一本釣り お題:限りなく透明に近いいたずら 必須要素:東京 制限時間:2時間 読者:137 人 文字数:1666字
「今日はこのスケボーを借りてきたぞー。」 僕は店から借用してきたスケボーに乗りながら、相方のもとに戻ってくる。「借りてきたんじゃなくって、盗んできたんだろ?」「 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:リケリケ@陰龍も一本釣り お題:昔の誤解 必須要素:テレビ 制限時間:2時間 読者:132 人 文字数:1400字
* 昔、私はテレビでこんなことを知った記憶がある。 ご飯はオリゴ糖を含むため、腸内環境改善するのに適している、と。 それを信じた私は、毎日ご飯を欠かさず食べたも 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:リケリケ@陰龍も一本釣り お題:悲観的な犬 制限時間:15分 読者:163 人 文字数:148字
――アオオオオン……アオオオオン………… 犬の遠吠えが聞こえる。飼い主に戻ってきてほしいと嘆願しているのであろう。 だが、その言葉なき嘆願は聞き入れられること 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:リケリケ@陰龍も一本釣り お題:オチは秋 制限時間:15分 読者:98 人 文字数:57字
冬に種まき、 春になって芽が芽吹き、 夏になって花が咲き、 秋になって実が採れる。 これってな~んだ? 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:リケリケ@陰龍も一本釣り お題:激しい税理士 制限時間:15分 読者:131 人 文字数:80字
えーと、失礼します。こちら税理士です。 そちらの企業では脱税の疑いがあるのでやって来ました。 容赦はしませんよ?(社長にロックをかけながら、問いかける) 〈続きを読む〉