お題:昔の誤解 必須要素:テレビ 制限時間:2時間 読者:259 人 文字数:1400字

ご飯星人現る



 昔、私はテレビでこんなことを知った記憶がある。
 ご飯はオリゴ糖を含むため、腸内環境改善するのに適している、と。
 それを信じた私は、毎日ご飯を欠かさず食べたものだ。
 尤も、それは間違いだったことを知ると、ご飯を食べなくなってしまったが。



 そして今現在、私は宇宙船の中にいる。
 これは揶揄でもなく、ジャンルがSFであるわけでもなく、2016年現代の私の身に起こっていることだ。
 まぁオカルト的に言えば、UFOに攫われた、とでも言うのだろうか。
 私を攫った宇宙人は有り体に言ってしまえば、ご飯粒に似ていた。
 それで私は、ご飯を食べなくなった罰なのだろうかと思ったわけだ。



 私は手術台と思しき台に、小人の国のガリバーの如く縛り付けられていた。手足の自由はないが、幸い口は自由なので何かモノを言うことはできる。
「あのー……私に対して、何か用でもあるのでしょうか?」
 私はそう叫ぶと、私を攫った宇宙人――暫定名称としてご飯星人――たちは、何かガヤガヤとどやし始めた。
 ご飯星人の言語が日本語ではないのか、ご飯星人の声が小さいのか、複数人で喋っているのか、私にはご飯星人の言葉を聞き取ることができない。
「あの……聞き取れないので、代表が大きな声かつ、日本語で喋ってもらえないでしょうか?」
 やけくそ気味に、私はご飯星人に私が聞き取れるように促した。
 すると、一人(一粒?)のご飯星人が私の前に出てくる。そのご飯星人は私の期待通り?に大きな声かつ日本語で喋り始めた。
「このような手荒な歓迎を申し訳なく思う。だが、危害を加える意図はないので安心して欲しい。」
「私に何の用がありますか?できれば手早く済ましたら、速やかに家に帰って真田丸を見たいのですけど……」
 今何時くらいなのだろう?18時のメロディーチャイムが鳴ったから、時間的猶予は少ないはずだ。
「私たちは、人類の体内に潜入し、調査したい。故に貴方には是非とも協力して欲しい。」
「つまり私の身体の中に入れて欲しい、と?」
「そうだ。」
 ああ、道理で口が自由なのは、口から体内に潜入するつもりだったのか。
「本当に危害を加える意図はないですか?」
「そうだ。」
「なら、まぁいいかな。」
 そんなわけで、ご飯星人は私の体内に入ることになった。
「あー予め言っておきますけど、塞がれている道……気道っていうんですけど、そこには入らないでくださいね。そこ異物が入ると私の身体に悪影響があるんで。」
 と注意をしつつ、私は口を大きく開けて彼らを招き入れる。
 百人(百粒?)くらいのご飯星人が私の口から体内へ潜入していった。私は彼らを噛まないように吐き気を抑えつつ、嚥下して体内へ入れさせる。味は……噛み続けた甘いご飯の味がした。
 そして、彼らを体内に入れたまま、私は無事に家に帰ってきた。真田丸は既に終わっていた……。



 その後こうして普通に食事をして、下から出しているが、そこに彼らの姿はない。
 私の体調にも変化がないということは、彼らは上手く潜入できているようだ。
 おそらく私の腸内か、あるいはそこから血管に侵入したか……私に把握するすべはない。
 時が来ればまた宇宙船に行って、私の体内から脱出するということであるから、その時に聞こう。
 私はベットに入り、微睡みに身を任せた……。
作者にコメント

似た条件の即興小説


ユーザーアイコン
作者:11011式 お題:昔の誤解 制限時間:15分 読者:127 人 文字数:878字
あらぬ誤解を受けている。 確かに宇宙人を倒したことを「伝えた」のは俺だ。偶然彼が宇宙人と戦っている現場に遭遇し、その一部始終を目撃したのは確かである。そして彼 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:しぇるてぃ お題:複雑な償い 必須要素:テレビ 制限時間:2時間 読者:173 人 文字数:1105字
泣くふりをするな、と父親に言われたことがある。あの時どうして悲しかったのかは覚えていないが、その言葉だけは私の体に染み込んだ。父親には私の表情が嘘っぽく見えた 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:(夢)Kk_ファミコンほすぃ_ お題:複雑な償い 必須要素:テレビ 制限時間:2時間 読者:191 人 文字数:852字
《ニュース速報です》 無機質のテレビから、流れる文字。 シーツを着こなした女性が、丁寧に告げる。《二日前の強盗の犯人は、十四歳の少女だったことが判明しました》 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:昼の探偵 必須要素:テレビ 制限時間:2時間 読者:144 人 文字数:807字
「…くぁっ」乾いた欠伸をすると、ブラインドから差し込む光が正午を告げていた。体が痛い。昨日の夜から事務所のソファーで寝てしまっていたようだ。ここ最近、面倒な案件 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:箱の中のコンサルタント 必須要素:テレビ 制限時間:2時間 読者:238 人 文字数:574字
かわいい、かわいい、ぼくの性欲コンサルタント。 布切れ紛いのをミニスカをひらひらさせて、ぼくの情欲をさそる性欲コンサルタント。ご本尊のようにわずかしか見えない 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:誰かの時計 必須要素:テレビ 制限時間:15分 読者:11 人 文字数:557字
「世界の時計」その店にはいろんな時計があった。赤い時計、青い時計、黄色い時計その時計たちは温厚な性格な店長と店員によって長年守り受け継がれてきた。世界の時計。そ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:小伏史央 お題:強いおっさん 必須要素:テレビ 制限時間:15分 読者:32 人 文字数:556字
髭を剃ってから、また髭を剃るまでの間ずっと働いていた。洗面台にいるとテレビの音が遠く聞こえる。 テレビのなかのおっさんに憧れていた。おっさんは強そうな髭をたく 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:Ammo_June お題:シンプルな僕 必須要素:テレビ 制限時間:15分 読者:63 人 文字数:1194字
テレビから映る砂嵐をじっと見つめているとき、人間は何を考えていると思う? どんなに考えてもわからないことが世の中にあると、僕は呆けてしまった妹の後ろ姿を見なが 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:むぢから お題:シンプルな僕 必須要素:テレビ 制限時間:15分 読者:74 人 文字数:881字
最初の僕は三次元感のまったくないデザインだった。でもタロウ君はまだ小さかったからその辺は難しい。頭は丸。身体は棒。手足も棒。関節はその時々で違う。サイズはおおむ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:和委志千雅 お題:恋のオチ 必須要素:テレビ 制限時間:15分 読者:87 人 文字数:1192字
昨今のテレビでは大体、いい話を放送している。まあ悪いっていうわけじゃないんだけども、それだけじゃないような気がしないでもない。それから恋の話、ドラマって言うか、 〈続きを読む〉

煉獄に沈みつつあるリケリケの即興 小説


ユーザーアイコン
作者:煉獄に沈みつつあるリケリケ お題:3月の春雨 必須要素:警察 制限時間:4時間 読者:209 人 文字数:2253字
「住宅街に出没していたニジウメロカバ、捕獲!」 それは三月のピンクの春雨は降りしきる頃であっただろうか? 警官がニジウメロカバを確保していた光景を見たのは。 そ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:煉獄に沈みつつあるリケリケ お題:めっちゃ電車 制限時間:2時間 読者:266 人 文字数:140字
ガタンゴトン、ガタンゴトン……私は驚いた。電車に乗っているモノたちが人間ではなかったからだ。プオン!それは、甲高い空気音を発した。電車の中に乗っていたのは……電 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:煉獄に沈みつつあるリケリケ お題:思い出の妻 制限時間:4時間 読者:228 人 文字数:500字
「はぁ……はぁ…………。」 妻の介護に疲れた私は、ソファーに深く腰掛ける。 ふと、私は傍に置かれていた写真立てを眺めていた。 写真立てには、若かりし頃の私と妻が 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:煉獄に沈みつつあるリケリケ お題:私のお嬢様 制限時間:30分 読者:250 人 文字数:659字
「はぁ……はぁ……もうダメ…………」 お嬢様は弱音を吐いた。「その程度で弱音を吐くのでは、1stステージすら乗り越えられませんよ?」 そんなお嬢様に私は叱咤を与 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:煉獄に沈みつつあるリケリケ お題:狡猾な整形 必須要素:TOEFL 制限時間:2時間 読者:270 人 文字数:1570字
私は窓の方を見やる。 酸性雨の降る暗い都市のどん底に、手術したばかりで包帯ぐるぐる巻きの私の姿が映っている。「よう。調子はどうだ? 痛いところはないかな?」 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:煉獄に沈みつつあるリケリケ お題:限りなく透明に近いいたずら 必須要素:東京 制限時間:2時間 読者:254 人 文字数:1666字
「今日はこのスケボーを借りてきたぞー。」 僕は店から借用してきたスケボーに乗りながら、相方のもとに戻ってくる。「借りてきたんじゃなくって、盗んできたんだろ?」「 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:煉獄に沈みつつあるリケリケ お題:昔の誤解 必須要素:テレビ 制限時間:2時間 読者:259 人 文字数:1400字
* 昔、私はテレビでこんなことを知った記憶がある。 ご飯はオリゴ糖を含むため、腸内環境改善するのに適している、と。 それを信じた私は、毎日ご飯を欠かさず食べたも 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:煉獄に沈みつつあるリケリケ お題:悲観的な犬 制限時間:15分 読者:283 人 文字数:148字
――アオオオオン……アオオオオン………… 犬の遠吠えが聞こえる。飼い主に戻ってきてほしいと嘆願しているのであろう。 だが、その言葉なき嘆願は聞き入れられること 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:煉獄に沈みつつあるリケリケ お題:オチは秋 制限時間:15分 読者:210 人 文字数:57字
冬に種まき、 春になって芽が芽吹き、 夏になって花が咲き、 秋になって実が採れる。 これってな~んだ? 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:煉獄に沈みつつあるリケリケ お題:激しい税理士 制限時間:15分 読者:252 人 文字数:80字
えーと、失礼します。こちら税理士です。 そちらの企業では脱税の疑いがあるのでやって来ました。 容赦はしませんよ?(社長にロックをかけながら、問いかける) 〈続きを読む〉