お題:悲観的な犬 制限時間:15分 読者:257 人 文字数:148字

紐に繋がれたままの犬
 ――アオオオオン……アオオオオン…………
 犬の遠吠えが聞こえる。飼い主に戻ってきてほしいと嘆願しているのであろう。
 だが、その言葉なき嘆願は聞き入れられることはない。
 なぜなら、人のみに感染するパンデミックによって、人はみな死に絶えたからだ。
 繋がれたままの犬は今日もまた、待ち続ける。
作者にコメント

似た条件の即興小説


ユーザーアイコン
作者:無力 お題:悲観的な犬 制限時間:15分 読者:192 人 文字数:733字
ハローハロー、聞こえますか。ぼくがだれか解りますか。…ああ、そうですか、いいんです、ぼくはあなたにとってはその程度で存在でしょう、それくらいは理解しています。で 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
犬(適当) ※未完
作者:パジャ@デッサンの鬼 お題:悲観的な犬 必須要素:FX 制限時間:15分 読者:210 人 文字数:388字
僕の家の庭にはボロっちい犬小屋がある。お父さんが子供のころからあるらしく、ペンキはすっかり剥がれ、木は虫に喰われたように朽ちている。以前何匹かそこで犬を飼ってい 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:悲観的な犬 必須要素:FX 制限時間:15分 読者:203 人 文字数:385字
悲観的な犬が真理だとして我々はもしかしなくとも態度を改めねばなるまい我々はとかく積極的なものに心を奪われるどうして悲観的で在ることが真理から遠いと言えよう結局は 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:鈴木良尚 お題:悲観的な犬 必須要素:FX 制限時間:15分 読者:212 人 文字数:672字
この家に来てからどれだけ時間が経ったろう。箱に入れられ、道に放置されていた僕を拾ってくれ、この家にやってきた。もう5年は立っているのではないだろうか。この家もず 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:悲観的な犬 必須要素:FX 制限時間:15分 読者:217 人 文字数:261字
ある街の特に賑わっているわけではない区画を、私は歩いていた。表の通りは賑わっているが、一本裏に入れ昼も薄暗い、そんな場所で一匹の犬を見た。正確には、犬だったもの 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
作者:tomogata お題:赤い父 制限時間:15分 読者:6 人 文字数:465字
その男は常に赤い衣を身につけていた。家にいるときは常に赤い寝巻きで過ごし、外出するときは赤のガウンと赤のズボンに着替える。そして白い大きな袋にたくさんのプレゼン 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
放課後デート ※未完
作者:砂糖指輪 お題:馬鹿な彼女 制限時間:15分 読者:11 人 文字数:599字
「葵ってさぁ、好きな曲とかってある?」 お腹がすいたとごねる彼女をつれて入ったらマックで、僕はポテトで彼女はハンバーガーを頼んだ。夕飯が入らなくなるよって言った 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:いしゅと お題:寒い祖父 制限時間:15分 読者:6 人 文字数:965字
祖父の訃報に接したのは、担当作家の締切に遅れた原稿を待ちながらイライラしている時だった。上京し、編集者として仕事に忙殺されて10年、一度も祖父に会いにいっていな 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
涙の味 ※未完
作者:akishinohonobu お題:早い味 制限時間:15分 読者:10 人 文字数:714字
速度が肝心だと何度も言い聞かせた。止まることはそれ敗北と知れ、とコーチが何度も言っていた。反芻する。リフレイン。繰り返す。鼓動は限界まで高まっていて、足はまるで 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
解散 ※未完
作者:匿名さん お題:男の解散 制限時間:15分 読者:2 人 文字数:605字
「もう、今日で辞めにしよう」 俺たち四人が帰路を歩いているとき、そう口を開いたのはタクトだった。 誰も返事はしなかった。いつかこんな日は来るだろう、そうずっと思 〈続きを読む〉

リケリケ@陰龍も一本釣りの即興 小説


ユーザーアイコン
作者:リケリケ@陰龍も一本釣り お題:3月の春雨 必須要素:警察 制限時間:4時間 読者:177 人 文字数:2253字
「住宅街に出没していたニジウメロカバ、捕獲!」 それは三月のピンクの春雨は降りしきる頃であっただろうか? 警官がニジウメロカバを確保していた光景を見たのは。 そ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:リケリケ@陰龍も一本釣り お題:めっちゃ電車 制限時間:2時間 読者:244 人 文字数:140字
ガタンゴトン、ガタンゴトン……私は驚いた。電車に乗っているモノたちが人間ではなかったからだ。プオン!それは、甲高い空気音を発した。電車の中に乗っていたのは……電 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:リケリケ@陰龍も一本釣り お題:思い出の妻 制限時間:4時間 読者:201 人 文字数:500字
「はぁ……はぁ…………。」 妻の介護に疲れた私は、ソファーに深く腰掛ける。 ふと、私は傍に置かれていた写真立てを眺めていた。 写真立てには、若かりし頃の私と妻が 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:リケリケ@陰龍も一本釣り お題:私のお嬢様 制限時間:30分 読者:225 人 文字数:659字
「はぁ……はぁ……もうダメ…………」 お嬢様は弱音を吐いた。「その程度で弱音を吐くのでは、1stステージすら乗り越えられませんよ?」 そんなお嬢様に私は叱咤を与 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:リケリケ@陰龍も一本釣り お題:狡猾な整形 必須要素:TOEFL 制限時間:2時間 読者:239 人 文字数:1570字
私は窓の方を見やる。 酸性雨の降る暗い都市のどん底に、手術したばかりで包帯ぐるぐる巻きの私の姿が映っている。「よう。調子はどうだ? 痛いところはないかな?」 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:リケリケ@陰龍も一本釣り お題:限りなく透明に近いいたずら 必須要素:東京 制限時間:2時間 読者:228 人 文字数:1666字
「今日はこのスケボーを借りてきたぞー。」 僕は店から借用してきたスケボーに乗りながら、相方のもとに戻ってくる。「借りてきたんじゃなくって、盗んできたんだろ?」「 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:リケリケ@陰龍も一本釣り お題:昔の誤解 必須要素:テレビ 制限時間:2時間 読者:203 人 文字数:1400字
* 昔、私はテレビでこんなことを知った記憶がある。 ご飯はオリゴ糖を含むため、腸内環境改善するのに適している、と。 それを信じた私は、毎日ご飯を欠かさず食べたも 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:リケリケ@陰龍も一本釣り お題:悲観的な犬 制限時間:15分 読者:257 人 文字数:148字
――アオオオオン……アオオオオン………… 犬の遠吠えが聞こえる。飼い主に戻ってきてほしいと嘆願しているのであろう。 だが、その言葉なき嘆願は聞き入れられること 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:リケリケ@陰龍も一本釣り お題:オチは秋 制限時間:15分 読者:188 人 文字数:57字
冬に種まき、 春になって芽が芽吹き、 夏になって花が咲き、 秋になって実が採れる。 これってな~んだ? 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:リケリケ@陰龍も一本釣り お題:激しい税理士 制限時間:15分 読者:211 人 文字数:80字
えーと、失礼します。こちら税理士です。 そちらの企業では脱税の疑いがあるのでやって来ました。 容赦はしませんよ?(社長にロックをかけながら、問いかける) 〈続きを読む〉