お題:苦し紛れの会話 制限時間:15分 読者:498 人 文字数:1368字

冷え切ったこの世界で
[ジャンル:ファンタジー]
[お題:苦しまぎれの会話]
  
 間もなく私は呼吸を停止するのだろう。
 
 
 ふぅ、っと息を吐く。それは白いもやとなって、虚空に消える。石畳の冷たさが下半身に堪えるが、なにせ自力で移動ができないものだから、この冷たさより逃れる術はない。ただただ、肢体を重量のなすがままに脱力し、放り、それらに身を任せるより他はない。
 
 人々が賑わうこの大通り。誰も私を気にかけたりはしない。なにせそこから少し外れた、逆光になって見えにくい裏路地で、私はその身を横たえているのだから。
 このまま誰にも気づかれずに死んでいくんだろうか。体から、腹部の痛みと伴って容赦なく滲み出て行く赤い暖かいものをそっと手で抑えてみるが、止まる兆候は一切見られなかった。麻で出来た手袋に、赤がにじむ。

 止血はできそうになかった。自力でもう指一本すら動かせやしないのだから、それも当然か。
 諦めて辞世の句でも詠もうか、と思うけれど、それを聞き届けてくれる人は誰もいやしなかった。
 
 
 私は暗殺家業をしていた。金銭を得るために、私は物心ついた頃から、盗み、強盗、死体を漁ってものはぎをするなど、手段を選ばずに生きていた。全ては、食べるため、生きていくために。
 いつだって一人だった。今のこの町のように、冷え切って、いつもピリピリとした空気をまとっていた。一人だから、弱音もワガママも、吐いたことなんてなかった。聞いてくれる人がいなければ、そんなもの、無意味だ。
 そして、人買いに拾われ、売られ、今の組織に所属して、殺しを教えられて、今に至る、のだが。

 私は、今日、失敗した。
 
 目標があんな腕のたつ、それも気配をたつことに優れた護衛を雇っていたなんて計算外だ。自分の力量ではとうてい及ぶまい、と即座に理解できた、が、任務が達成できなければ、どのみち私は、飢えるか、殺されるか、どちらかで死ぬことになる。失敗はすなわち、任務での死か、組織から与えられる死、どちらか。成功だけを積み上げて、私は生きていた。失敗したものはそうして、みんな死んでいったのだから。
 どんな状態になろうと、目標は殺さなくてはいけなかった。が、もちろんそれは阻まれた。私はこうして咄嗟に逃げ延びたが、トドメこそ刺されなかったものの、もう時間の問題だろう。
 刀傷が、今、酷く痛む。

 段々、四肢の力が抜けてきた。
 
 ああ、死ぬのか、と思うと、諦念と同時に、何か開放感のようなものを味わう。もう、殺したくない人を殺さなくていい。そう、自分自身さえも。ずっとずっと、しなきゃいけないだけだっただけで、殺しも盗みも死体あさりも、全部全部、いやだった。ずっと、嫌だったの。

 腹部を抑えていた手を、床に置く。そして、最期に空を目に焼き付けようと視線を上にあげた、時だった。

「だいじょうぶか?」

 私を切った、目標の護衛だった。
 私は、息がうまくできず、何も話せやしなかった。敵とはいえ、最期なんだから、素直な自分の心境を話してみたかっただ、それは叶わないみたいだ。

「……手当をする。連れて行くぞ」

 彼は、私を背負った。彼はどうやら、私の本当の気持ちが分かったらしかった。
「お前は昔の俺とおんなじなんだよ」
 彼は、笑った。
作者にコメント

似た条件の即興小説


ユーザーアイコン
作者:不璽王 お題:苦し紛れの会話 必須要素:からあげ 制限時間:15分 読者:276 人 文字数:556字
背負うた子に食わせるママがのうてのう、せぇないからびっこひきひき林の中に入ってっちゃんじゃぁ。まぁだ秋が終わったところやさぁて、なんやら口に入れるもんのひとぉつ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:藍さん お題:難しい天才 制限時間:15分 読者:11 人 文字数:611字
僕には色覚がない皆が綺麗な赤色と言っても、僕には灰色にしか見えないし、新緑の綺麗な緑と言っても、暗い灰色としか見えない昔は、他と同じでないということに不満を覚え 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:こうきょう お題:ひねくれた極刑 制限時間:15分 読者:12 人 文字数:624字
広辞苑によると極刑とはこの上なく重い刑罰、死刑である。私は無期懲役で刑務所に入れられている元銀行強盗だ。働くのが嫌で、楽して金を稼ぎたいと考え、銀行強盗を思いつ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:reon お題:意外な冬 制限時間:15分 読者:13 人 文字数:493字
シンシンと雪が降っている。暗い空から落ちてくる白い粒を、窓越しに眺めながら吐息を吐いた。「まさか降るなんてなあ……」つぶやいてカレンダーを見る。日めくりカレンダ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:紅月シオン@榛時フレンズ お題:秋のしきたり 制限時間:15分 読者:13 人 文字数:628字
一つ 紅葉を散らかすことなかれ一つ 栗を焼くことなかれ一つ 自然に敬意を払う事を忘れることなかれ我が家に代々伝わる秋のしきたりだいくつか「いや、おかしいでしょ」 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
作者:雪原いさご お題:団地妻の映画館 制限時間:15分 読者:12 人 文字数:420字
昔聞いた。ここの駐車場が陽光を酷く跳ね返すのは、コンクリートに花崗岩を砕いたものがふんだんに含まれているからだと。コンクリートだったかな、いや、表面を覆っている 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:佐々木 お題:団地妻の映画館 制限時間:15分 読者:9 人 文字数:594字
チケットを購入して、入場口まで行って止められた。どうやらまだ時間が早かったようだ。「やることないのよね、映画館って」入場開始まで十分少し。それまで一人。私は時間 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:日ノ宮理李@ハナモモと美弥花 お題:団地妻の映画館 制限時間:15分 読者:12 人 文字数:844字
育児に疲れた主婦たちの心を癒やすため、負担を減らすために新たなマンションが建設された。 そこはまさに病院、保育園、幼稚園とまさに何かが起こる時行動にすぐに調整 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:コーヒーと動揺 制限時間:15分 読者:11 人 文字数:1036字
わたしがマネージャーをしているアイドルグループ「あるこ☆晴レーノ」のセンター・リリアンは、非常にプライドが高い。 何も汚れ仕事のようなことを嫌がる、というわけ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:12月の仕事 制限時間:15分 読者:25 人 文字数:495字
今日も今日とて終わらない量の仕事に追われながら一日を過ごす。ふと作業中のPCの画面端を見遣ると時刻は21:57。後輩のミスで取引先へ走り、上司にはこっぴどく叱ら 〈続きを読む〉

幾山アカリの即興 小説


ユーザーアイコン
作者:幾山アカリ お題:阿修羅探偵 制限時間:15分 読者:589 人 文字数:1678字
[ジャンル:現代?] 阿修羅という単語がある。 仏教やインド神話、様々な場所に出てくる単語だが、元来は神の一人の扱いであった。 しかし、徐々に「神に敵対するもの 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:幾山アカリ お題:生かされた運命 制限時間:15分 読者:547 人 文字数:1608字
[ジャンル:ファンタジー?] 生きている人間が、生き残った人間がするべきこととはなんだろうか。 僕は、焼け野原の中心に立ち尽くして考えた。 僕は、よくある田舎の 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:幾山アカリ お題:いわゆる悪魔 制限時間:15分 読者:495 人 文字数:1656字
ジャンル:現代 さて、私の目の前にいるものはなんであろうか。 ……小学生の頃から、おまじないなどには興味があり、すきあらばそういったことにチャレンジしてきていた 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:幾山アカリ お題:純粋な夕飯 制限時間:15分 読者:788 人 文字数:1759字
ジャンル:現在 こんな異常な状況は、初めてだった。 そして、こんなにもマトモな食事は、久しぶりだった。----------------------------- 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:幾山アカリ お題:魅惑の冤罪 制限時間:15分 読者:654 人 文字数:1656字
ジャンル: 私は罪を侵してなどいない。 燃えるような民衆の瞳、眼差しの集まるその頂点で、私は一人、佇んでいた。 私の後ろには十字架がある。 それは私の体を縛り付 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:幾山アカリ お題:可愛い町 制限時間:15分 読者:1001 人 文字数:1889字
[ジャンル:ファンタジー] そこは、甘い町。 屋根はチョコレート、扉は砂糖菓子。 庭に生えている木はマシュマロで、その幹は飴でできている。 もちろんグミの実だっ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:幾山アカリ お題:誰かのつるつる 制限時間:1時間 読者:782 人 文字数:6395字
[ジャンル:ファンタジー] 私は冒険者だ。 世界中の遺跡や魔物が棲むという危険な洞窟、様々な場所を行き来してお宝を手にしてそれを売買することを生業としている。 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:幾山アカリ お題:君とクレジットカード 必須要素:文学フリマ 制限時間:15分 読者:739 人 文字数:1824字
[ジャンル:現代] 使っても使っても、現金がなくならない。 そんな錯覚を覚えていた。 そんなわけがないのに、私はクレジットカードというものの罠にすっかりハマって 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:幾山アカリ お題:思い出の雑踏 必須要素:文学フリマ 制限時間:15分 読者:803 人 文字数:1792字
[ジャンル:現代] 懐かしい思いを噛み締めながら、私は雑踏を歩く。 周りの人々は一様に、多少の差はあれどにこやかな笑顔だった。 手にわたあめを持ってはしゃぐ子供 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:幾山アカリ お題:今度の電撃 制限時間:15分 読者:997 人 文字数:1656字
[ジャンル:現代] ライトノベルという単語が出来たのはいつの頃だっただろうか。 それまで小説というのは小説という単語以外は存在しておらず、コラムだとか社説だとか 〈続きを読む〉