お題:計算ずくめの娼婦 制限時間:30分 読者:158 人 文字数:520字

不満足なあなたに♪

「あらあらうふふ。」

 ここにも娼婦だ。最近仕事から帰ろうとしていると、嫌でも娼婦が目につく。
 私はそそくさに立ち去ろうとする。

「あなた、最近不満じゃないのかしら?」

 何を言っている。俺には妻や子供がいる。性生活も順調だ。

「……本当に?」

 気が付くと私は娼婦たちに囲まれていた。淫乱な動きで私を惑わさせる。

「ねぇあなた…本当に満足してるの?」

 何を言っているんだ。私は……

「本当は不満に思っているんじゃないの?」

 今のままで……

「今すぐにでもやりたい、そう思っているんじゃないの?」

 十分……

「あら。口先は反抗的だけど、"ここ"は素直ね。」

 娼婦はそう言って、私の秘所に触れた。
 待ってましたと言わんばかりに、私の秘所は跳ね上がる。

「あ、あああああああ……」

 私は情けない叫びを上げてへたり込む。
 本当は不満だったのだ。
 妻は子育てに忙しくて、共に寝る時間もない。私自身も残業につぐ残業で忙しい。
 私は本当は娼婦たちの癒やしを求めていたのかもしれない……

「お一人様、お連れしま~す♪」

 私はうなだれたまま、娼婦たちに付いて行く

「サービス価格で提供するわね♪」
作者にコメント

似た条件の即興小説


ユーザーアイコン
凡夫A ※未完
作者:谷川えつ子 お題:めっちゃ凡人 制限時間:30分 読者:8 人 文字数:1622字
Aの人生を語ろうと思えば三行で終わってしまう。何の変哲もない量産団地の一角にこれまた何の変哲もない両親のもとに生まれた。そのまま幼稚園、小中高と通っている。た 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
7月28日 ※未完
作者:匿名さん お題:苦し紛れの夏休み 制限時間:30分 読者:3 人 文字数:1052字
午前7時半。スマートホンが定刻を告げる。私は体に半ば巻き付いたタオルケットを剥がして体を起こす。すこしだけ空かした窓からは朝日が差し込み、すでに気の早いセミた 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:彼方@アイコン模索中 お題:楽観的な薔薇 制限時間:30分 読者:19 人 文字数:635字
その人の家の家の庭にはバラが咲いていた。その花の色は思ったよりとても血の色に似ていて、トゲは鋭く白く光っていた。お母さんが好きで手入れしているの、と彼女は教え 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:流浪野 お題:彼女の平和 制限時間:30分 読者:5 人 文字数:813字
世界樹の女神はかつて天秤の両端に等しく大樹を乗せ、片方だけが重くならぬよう一つずつ生き物を足した。そうして最後に人間が乗せられたが、人はたびたび女神との盟約を犯 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:彼方@アイコン模索中 お題:急な感覚 制限時間:30分 読者:16 人 文字数:626字
そのとき僕たちは、ただ、ゲームをしていただけだった。特定の場所を、自分の陣営の色に染め上げる、現実世界を利用したゲーム。そのイベントに、僕たちは参加していた。そ 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
作者:彼方@アイコン模索中 お題:僕と絵画 制限時間:30分 読者:18 人 文字数:494字
いつの間にか、鉛筆か炭の音しか聞こえなくなった。波の入った紙に4Bを走らせて、一度深呼吸をする。相変わらず脚が安定しない丸椅子に手を置いて、一度あたりを見回す。 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
後押し ※未完
作者:蒼井やまと お題:危ない借金 制限時間:30分 読者:7 人 文字数:495字
言うまでもないことではあるが、借金は危険だ。 金は貨幣経済というヒエラルキーの頂点に座する、いわば顕在化した権力。ちょっと前まで俺たちの社会で物を言わせていた 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:流浪野 お題:彼女と誤解 制限時間:30分 読者:8 人 文字数:739字
林檎は赤で、葡萄は紫。普遍的な目を持つことだけが取り柄の十七歳が、白くもないものが白く見えてしまう、そんな魔法のような錯覚を覚えたのは熱で霞む街並みから遠く離れ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:春木のん お題:混沌の食卓 制限時間:30分 読者:22 人 文字数:733字
少しずつ、物の区別がつかなくなっている自覚があった。 鉛筆をかじってみたり、サンダルを植木鉢に植えてみたり、ベッドの下で寝てみたり。 自分ではわかっているつも 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:FRIDAY@小説家になろう お題:近い昼下がり 制限時間:30分 読者:19 人 文字数:1782字
一日で最も気温が高くなるのは午後二時である、というのは小学校で学んだ知識だ。三つ子の魂百まで、という話ではないが、そんなちょっとしたことばかり妙に覚えている。 〈続きを読む〉

リケリケ@陰龍も一本釣りの即興 小説


ユーザーアイコン
作者:リケリケ@陰龍も一本釣り お題:3月の春雨 必須要素:警察 制限時間:4時間 読者:169 人 文字数:2253字
「住宅街に出没していたニジウメロカバ、捕獲!」 それは三月のピンクの春雨は降りしきる頃であっただろうか? 警官がニジウメロカバを確保していた光景を見たのは。 そ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:リケリケ@陰龍も一本釣り お題:めっちゃ電車 制限時間:2時間 読者:236 人 文字数:140字
ガタンゴトン、ガタンゴトン……私は驚いた。電車に乗っているモノたちが人間ではなかったからだ。プオン!それは、甲高い空気音を発した。電車の中に乗っていたのは……電 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:リケリケ@陰龍も一本釣り お題:思い出の妻 制限時間:4時間 読者:190 人 文字数:500字
「はぁ……はぁ…………。」 妻の介護に疲れた私は、ソファーに深く腰掛ける。 ふと、私は傍に置かれていた写真立てを眺めていた。 写真立てには、若かりし頃の私と妻が 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:リケリケ@陰龍も一本釣り お題:私のお嬢様 制限時間:30分 読者:217 人 文字数:659字
「はぁ……はぁ……もうダメ…………」 お嬢様は弱音を吐いた。「その程度で弱音を吐くのでは、1stステージすら乗り越えられませんよ?」 そんなお嬢様に私は叱咤を与 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:リケリケ@陰龍も一本釣り お題:狡猾な整形 必須要素:TOEFL 制限時間:2時間 読者:229 人 文字数:1570字
私は窓の方を見やる。 酸性雨の降る暗い都市のどん底に、手術したばかりで包帯ぐるぐる巻きの私の姿が映っている。「よう。調子はどうだ? 痛いところはないかな?」 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:リケリケ@陰龍も一本釣り お題:限りなく透明に近いいたずら 必須要素:東京 制限時間:2時間 読者:215 人 文字数:1666字
「今日はこのスケボーを借りてきたぞー。」 僕は店から借用してきたスケボーに乗りながら、相方のもとに戻ってくる。「借りてきたんじゃなくって、盗んできたんだろ?」「 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:リケリケ@陰龍も一本釣り お題:昔の誤解 必須要素:テレビ 制限時間:2時間 読者:194 人 文字数:1400字
* 昔、私はテレビでこんなことを知った記憶がある。 ご飯はオリゴ糖を含むため、腸内環境改善するのに適している、と。 それを信じた私は、毎日ご飯を欠かさず食べたも 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:リケリケ@陰龍も一本釣り お題:悲観的な犬 制限時間:15分 読者:248 人 文字数:148字
――アオオオオン……アオオオオン………… 犬の遠吠えが聞こえる。飼い主に戻ってきてほしいと嘆願しているのであろう。 だが、その言葉なき嘆願は聞き入れられること 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:リケリケ@陰龍も一本釣り お題:オチは秋 制限時間:15分 読者:178 人 文字数:57字
冬に種まき、 春になって芽が芽吹き、 夏になって花が咲き、 秋になって実が採れる。 これってな~んだ? 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:リケリケ@陰龍も一本釣り お題:激しい税理士 制限時間:15分 読者:205 人 文字数:80字
えーと、失礼します。こちら税理士です。 そちらの企業では脱税の疑いがあるのでやって来ました。 容赦はしませんよ?(社長にロックをかけながら、問いかける) 〈続きを読む〉