お題:計算ずくめの娼婦 制限時間:30分 読者:195 人 文字数:520字

不満足なあなたに♪

「あらあらうふふ。」

 ここにも娼婦だ。最近仕事から帰ろうとしていると、嫌でも娼婦が目につく。
 私はそそくさに立ち去ろうとする。

「あなた、最近不満じゃないのかしら?」

 何を言っている。俺には妻や子供がいる。性生活も順調だ。

「……本当に?」

 気が付くと私は娼婦たちに囲まれていた。淫乱な動きで私を惑わさせる。

「ねぇあなた…本当に満足してるの?」

 何を言っているんだ。私は……

「本当は不満に思っているんじゃないの?」

 今のままで……

「今すぐにでもやりたい、そう思っているんじゃないの?」

 十分……

「あら。口先は反抗的だけど、"ここ"は素直ね。」

 娼婦はそう言って、私の秘所に触れた。
 待ってましたと言わんばかりに、私の秘所は跳ね上がる。

「あ、あああああああ……」

 私は情けない叫びを上げてへたり込む。
 本当は不満だったのだ。
 妻は子育てに忙しくて、共に寝る時間もない。私自身も残業につぐ残業で忙しい。
 私は本当は娼婦たちの癒やしを求めていたのかもしれない……

「お一人様、お連れしま~す♪」

 私はうなだれたまま、娼婦たちに付いて行く

「サービス価格で提供するわね♪」
作者にコメント

似た条件の即興小説


ユーザーアイコン
羽ばたく姿 ※未完
作者:匿名さん お題:理想的な鳥 制限時間:30分 読者:0 人 文字数:494字
「ねぇ、この礼拝堂のステンドグラスの模様は、なんで鳥がモチーフなの?」 1人の幼女は、そんな疑問を修道士に投げ掛けた。「孤児院で暮らす子ども達が、成長して社会に 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:akari お題:ゆるふわ愛され電車 制限時間:30分 読者:8 人 文字数:842字
愛してるはどうすれば伝わるのだろうか? 彼の耳元でずっと囁いていたけれど、結果を見れば彼には全く届いていなかったらしい。 もしかして、私の愛は……愛じゃない? 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:シーシュポス条件 お題:凛とした悲しみ 制限時間:30分 読者:6 人 文字数:528字
黒髪の長い髪を後ろに結ったきりっとした女性は今日の目的地へと向かいながら、あることを思い出していた。『じゃあ、行ってくるわ』 その何気ない挨拶が彼女の師匠の別 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:寒い交わり 制限時間:30分 読者:3 人 文字数:691字
ああ、君ここに来るのは初めてかい?そうかなら、ここが何故こんなになってしまったか話さないとな! そうあれは一年前の冬の日の出来事だ。その日はとても寒かった。ウ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
きっかけ ※未完
作者:匿名さん お題:男の性格 制限時間:30分 読者:4 人 文字数:939字
私はやることがなくて、西洋画家兼小説作家になった。この手の職業は皆が憧れるものだ。 住んでいるところが海沿いなので、都会に出たときだけになるが、稀に、弟子にし 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
作者:akari お題:スポーツの土地 制限時間:30分 読者:6 人 文字数:755字
(ついにこの日が来てしまった……) 僕は今、一人で頭を抱えている。目の前には一枚の申請書。一カ所の記入欄のみが記載されたそれは、全国民が提出を義務づけられている 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:暴かれた電話 制限時間:30分 読者:2 人 文字数:777字
『正面から見ろ。目を逸らすな。世界一美しい宝石を前にしても、この世のものとは思えないような美しい娼婦を前にしても目を奪われるてはいけない』 石碑に浮かんだ文字な 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:あじさいすきお お題:昔の朝飯 制限時間:30分 読者:19 人 文字数:573字
細い指先でつまんだ茄子の漬物をひらひらと弄びながら、静香は言った。「翔太はさぁ、どうやったら茄子を食べてくれるのかなぁ」 静香はそれを口に放り込むと、奥歯でゆ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:絹糸 お題:3月の小説練習 制限時間:30分 読者:18 人 文字数:1174字
「卒業式ってなんで練習するんだと思う?」隣の藤倉がぼやく。俺だってわかんねぇよ。こんなに寒い体育館でぼんやり突っ立ってるのが好きなやつなんてそうそういないだろ。 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
貴族の宿命 ※未完
作者:匿名さん お題:ひねくれた神様 制限時間:30分 読者:2 人 文字数:545字
ジョーヌ家では、毎週日曜日の朝は教会に行くことになっている。「ねぇ、執事、神様でもひねくれることってあるのかしら」 令嬢であるミモザのこの質問に、執事は彼女の 〈続きを読む〉

煉獄に沈みつつあるリケリケの即興 小説


ユーザーアイコン
作者:煉獄に沈みつつあるリケリケ お題:3月の春雨 必須要素:警察 制限時間:4時間 読者:233 人 文字数:2253字
「住宅街に出没していたニジウメロカバ、捕獲!」 それは三月のピンクの春雨は降りしきる頃であっただろうか? 警官がニジウメロカバを確保していた光景を見たのは。 そ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:煉獄に沈みつつあるリケリケ お題:めっちゃ電車 制限時間:2時間 読者:291 人 文字数:140字
ガタンゴトン、ガタンゴトン……私は驚いた。電車に乗っているモノたちが人間ではなかったからだ。プオン!それは、甲高い空気音を発した。電車の中に乗っていたのは……電 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:煉獄に沈みつつあるリケリケ お題:思い出の妻 制限時間:4時間 読者:256 人 文字数:500字
「はぁ……はぁ…………。」 妻の介護に疲れた私は、ソファーに深く腰掛ける。 ふと、私は傍に置かれていた写真立てを眺めていた。 写真立てには、若かりし頃の私と妻が 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:煉獄に沈みつつあるリケリケ お題:私のお嬢様 制限時間:30分 読者:277 人 文字数:659字
「はぁ……はぁ……もうダメ…………」 お嬢様は弱音を吐いた。「その程度で弱音を吐くのでは、1stステージすら乗り越えられませんよ?」 そんなお嬢様に私は叱咤を与 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:煉獄に沈みつつあるリケリケ お題:狡猾な整形 必須要素:TOEFL 制限時間:2時間 読者:294 人 文字数:1570字
私は窓の方を見やる。 酸性雨の降る暗い都市のどん底に、手術したばかりで包帯ぐるぐる巻きの私の姿が映っている。「よう。調子はどうだ? 痛いところはないかな?」 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:煉獄に沈みつつあるリケリケ お題:限りなく透明に近いいたずら 必須要素:東京 制限時間:2時間 読者:278 人 文字数:1666字
「今日はこのスケボーを借りてきたぞー。」 僕は店から借用してきたスケボーに乗りながら、相方のもとに戻ってくる。「借りてきたんじゃなくって、盗んできたんだろ?」「 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:煉獄に沈みつつあるリケリケ お題:昔の誤解 必須要素:テレビ 制限時間:2時間 読者:284 人 文字数:1400字
* 昔、私はテレビでこんなことを知った記憶がある。 ご飯はオリゴ糖を含むため、腸内環境改善するのに適している、と。 それを信じた私は、毎日ご飯を欠かさず食べたも 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:煉獄に沈みつつあるリケリケ お題:悲観的な犬 制限時間:15分 読者:306 人 文字数:148字
――アオオオオン……アオオオオン………… 犬の遠吠えが聞こえる。飼い主に戻ってきてほしいと嘆願しているのであろう。 だが、その言葉なき嘆願は聞き入れられること 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:煉獄に沈みつつあるリケリケ お題:オチは秋 制限時間:15分 読者:237 人 文字数:57字
冬に種まき、 春になって芽が芽吹き、 夏になって花が咲き、 秋になって実が採れる。 これってな~んだ? 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:煉獄に沈みつつあるリケリケ お題:激しい税理士 制限時間:15分 読者:274 人 文字数:80字
えーと、失礼します。こちら税理士です。 そちらの企業では脱税の疑いがあるのでやって来ました。 容赦はしませんよ?(社長にロックをかけながら、問いかける) 〈続きを読む〉