お題:計算ずくめの娼婦 制限時間:30分 読者:168 人 文字数:520字

不満足なあなたに♪

「あらあらうふふ。」

 ここにも娼婦だ。最近仕事から帰ろうとしていると、嫌でも娼婦が目につく。
 私はそそくさに立ち去ろうとする。

「あなた、最近不満じゃないのかしら?」

 何を言っている。俺には妻や子供がいる。性生活も順調だ。

「……本当に?」

 気が付くと私は娼婦たちに囲まれていた。淫乱な動きで私を惑わさせる。

「ねぇあなた…本当に満足してるの?」

 何を言っているんだ。私は……

「本当は不満に思っているんじゃないの?」

 今のままで……

「今すぐにでもやりたい、そう思っているんじゃないの?」

 十分……

「あら。口先は反抗的だけど、"ここ"は素直ね。」

 娼婦はそう言って、私の秘所に触れた。
 待ってましたと言わんばかりに、私の秘所は跳ね上がる。

「あ、あああああああ……」

 私は情けない叫びを上げてへたり込む。
 本当は不満だったのだ。
 妻は子育てに忙しくて、共に寝る時間もない。私自身も残業につぐ残業で忙しい。
 私は本当は娼婦たちの癒やしを求めていたのかもしれない……

「お一人様、お連れしま~す♪」

 私はうなだれたまま、娼婦たちに付いて行く

「サービス価格で提供するわね♪」
作者にコメント

似た条件の即興小説


ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:未熟な武器 制限時間:30分 読者:6 人 文字数:1580字
「カタールとかはどうだ?」ジャン・バーレルは壁に掛かったショートソードを眺めながら、娘に尋ねた。「お前はまだ小さいからね。大物は荷が勝ちすぎる」「そんな事ないわ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:相座 お題:うわ・・・私の年収、駄作 制限時間:30分 読者:10 人 文字数:921字
私は知らなかったのだけれど、上流階級の皆々様は年収を芸術作品になぞらえるらしい。「小さなものなら、ピカソの絵が買えるよ」「オークションで買った芥川の生原稿、あ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
メンテナンス ※未完
作者:はるちか お題:俺とロボット 制限時間:30分 読者:12 人 文字数:888字
ピンポンと間抜けなインターホンが鳴る。玄関へ行こうとするアンさんを引き留めて、俺が玄関へ行き扉を開けた。「よう、元気にしてたか」予想通りに時刻通りに、斎木がニコ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:tkmksi お題:弱い民話 制限時間:30分 読者:12 人 文字数:1326字
「それが、語り継がれてる伝承ってこと?」「うーん、伝承っていうよりも、民話に近いかな。教訓というか、そういうものが書かれているでしょ?」「ああ、確かにたぬきとか 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:新城理 お題:闇の母 制限時間:30分 読者:13 人 文字数:1536字
失踪した母が見付かったのは、家から歩いて一時間、山の中の池でだった。 池の傍に引きあげられ、白い布を顔にかぶせられた母の顔を見ながら、私はふいに、小さいころの 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
飲み込んだ黒 ※未完
作者:匿名さん お題:どす黒い熱帯魚 制限時間:30分 読者:5 人 文字数:965字
アミールは力なく泳いでいた。というのも、彼の恋人は重い病だったからだ。数日前から物をあまり食わなくなったかと思うと、みるみる元気もなくなっていくし、今日なぞ遂 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
※未完
作者:鮭り(スカイプかわったからDMくれ) お題:猫の愛人 制限時間:30分 読者:21 人 文字数:436字
マグカップを持ち上げ、インスタントコーヒーを飲む。やっぱり水で洗っただけでは、どうにも飲み口が気持ち悪いとような気がする。少し湿ったタオル地のハンカチの上にそ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:横林大々 お題:無意識の何でも屋 制限時間:30分 読者:11 人 文字数:1196字
「無意識の何でも屋だな」「なに、その評価」「言ってもないのに色々してくれて」「当たり前のことしてるだけ」「それがなかなかできないからすごいって話になるのよ」「そ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:黒いデマ 制限時間:30分 読者:4 人 文字数:520字
なぁ、あいつがが漏らした言葉は空中で行き場をなくして消えていった。何でこうなったのだろうか。どうしてこんなことに。いろんな自分が頭の中で会議を始める。…が、役に 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:横林大々 お題:スポーツのプロポーズ 制限時間:30分 読者:22 人 文字数:1614字
お題『スポーツのプロポーズ』+お題『時計台』時間『30分』――「さあ、始まりました。全日本プロポーズ男女混合クラス決勝。実況は私近藤が担当します。さて、実況席に 〈続きを読む〉

煉獄に沈みつつあるリケリケの即興 小説


ユーザーアイコン
作者:煉獄に沈みつつあるリケリケ お題:3月の春雨 必須要素:警察 制限時間:4時間 読者:208 人 文字数:2253字
「住宅街に出没していたニジウメロカバ、捕獲!」 それは三月のピンクの春雨は降りしきる頃であっただろうか? 警官がニジウメロカバを確保していた光景を見たのは。 そ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:煉獄に沈みつつあるリケリケ お題:めっちゃ電車 制限時間:2時間 読者:265 人 文字数:140字
ガタンゴトン、ガタンゴトン……私は驚いた。電車に乗っているモノたちが人間ではなかったからだ。プオン!それは、甲高い空気音を発した。電車の中に乗っていたのは……電 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:煉獄に沈みつつあるリケリケ お題:思い出の妻 制限時間:4時間 読者:227 人 文字数:500字
「はぁ……はぁ…………。」 妻の介護に疲れた私は、ソファーに深く腰掛ける。 ふと、私は傍に置かれていた写真立てを眺めていた。 写真立てには、若かりし頃の私と妻が 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:煉獄に沈みつつあるリケリケ お題:私のお嬢様 制限時間:30分 読者:249 人 文字数:659字
「はぁ……はぁ……もうダメ…………」 お嬢様は弱音を吐いた。「その程度で弱音を吐くのでは、1stステージすら乗り越えられませんよ?」 そんなお嬢様に私は叱咤を与 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:煉獄に沈みつつあるリケリケ お題:狡猾な整形 必須要素:TOEFL 制限時間:2時間 読者:269 人 文字数:1570字
私は窓の方を見やる。 酸性雨の降る暗い都市のどん底に、手術したばかりで包帯ぐるぐる巻きの私の姿が映っている。「よう。調子はどうだ? 痛いところはないかな?」 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:煉獄に沈みつつあるリケリケ お題:限りなく透明に近いいたずら 必須要素:東京 制限時間:2時間 読者:253 人 文字数:1666字
「今日はこのスケボーを借りてきたぞー。」 僕は店から借用してきたスケボーに乗りながら、相方のもとに戻ってくる。「借りてきたんじゃなくって、盗んできたんだろ?」「 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:煉獄に沈みつつあるリケリケ お題:昔の誤解 必須要素:テレビ 制限時間:2時間 読者:257 人 文字数:1400字
* 昔、私はテレビでこんなことを知った記憶がある。 ご飯はオリゴ糖を含むため、腸内環境改善するのに適している、と。 それを信じた私は、毎日ご飯を欠かさず食べたも 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:煉獄に沈みつつあるリケリケ お題:悲観的な犬 制限時間:15分 読者:282 人 文字数:148字
――アオオオオン……アオオオオン………… 犬の遠吠えが聞こえる。飼い主に戻ってきてほしいと嘆願しているのであろう。 だが、その言葉なき嘆願は聞き入れられること 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:煉獄に沈みつつあるリケリケ お題:オチは秋 制限時間:15分 読者:209 人 文字数:57字
冬に種まき、 春になって芽が芽吹き、 夏になって花が咲き、 秋になって実が採れる。 これってな~んだ? 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:煉獄に沈みつつあるリケリケ お題:激しい税理士 制限時間:15分 読者:250 人 文字数:80字
えーと、失礼します。こちら税理士です。 そちらの企業では脱税の疑いがあるのでやって来ました。 容赦はしませんよ?(社長にロックをかけながら、問いかける) 〈続きを読む〉