お題:くさいお茶 制限時間:15分 読者:119 人 文字数:53字

臭いお茶
 うっ……!
 この臭い……まさか……

 _人人人人人人_
 > 臭いお茶 <
  ̄Y^Y^Y^Y^Y ̄
作者にコメント

似た条件の即興小説


ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:記憶の私 制限時間:15分 読者:2 人 文字数:357字
「○○、元気してた?」 そう笑いかけてきた人物に見覚えがなくて首を傾げた。ああ、そうだった、とその人は続けた。「記憶喪失だっけ。自分の名前さえ覚えてないんだから 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:かたぎり お題:2つのホテル 制限時間:15分 読者:5 人 文字数:323字
藤は地元で有名な大金持ちだプライベートで既に2つのホテルを所有していたそして贅沢の限りを味わうべく一つのホテルで寝て途中で起きてまたもう一つのホテルでも寝るとい 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:夢路 お題:空前絶後のコンサルタント 制限時間:15分 読者:10 人 文字数:277字
ビジネスに失敗して多額の借金を抱えてしまった。連日ヤクザに追われ、眠れぬ夜を過ごしているところ、一人の男と出会った。 男は自らをカイムと名乗り、大量の金を稼げ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
pc ※未完
作者:まどろみ#ゆ お題:メジャーなパソコン 制限時間:15分 読者:6 人 文字数:190字
パーソナルコンピュータ、通称パソコン。いつの日か私たちの生活に根付き、繁栄した。彼らは私たちを拘束する。時に数十時間、取り憑いて両手を多忙にさせるのだ。彼らは 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:死にぞこないの動揺 制限時間:15分 読者:9 人 文字数:1196字
我が家の近所には「自殺マンション」と呼ばれている場所がある。 15階建てのマンションで、その物騒なあだ名の通り、飛び降り自殺が非常に多い。 まあ、「非常に多い 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
作者:川ノ上 お題:反逆のヒーロー 制限時間:15分 読者:8 人 文字数:794字
こんなの間違っている。そう叫びたかったのに声が出ない。ここには真実を知る人がたくさんいる。誰が悪いのかなどみんな知っているのに、誰一人として真実を語ろうとしない 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:にい お題:純白の山 制限時間:15分 読者:10 人 文字数:806字
どうせお前のことだから菓子作りなど失敗するに決まっている、とハナから決めつけてきた兄を見返してやるために、さっそく料理本を山ほど買ってきた。料理本には懇切丁寧 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:森山 風雪 お題:不幸な暴力 制限時間:15分 読者:6 人 文字数:489字
彼の子供の頃からの夢は、世界を救うヒーローになることであった。憎き悪をやっつけ、皆を助ける――そんなヒーローに。十代も半ばに差し掛かった頃、彼は突然勇者に選ばれ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:ドイツ式の弁護士 制限時間:15分 読者:1 人 文字数:282字
そう、私が新米の頃ドイツ式の弁護士と名乗っていたやつがいた。そいつは生粋の日本人でドイツにいったことがあるわけでもない。本当によくわからないやつだったんだ。 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
習作77 ※未完
作者:夢路 お題:今度の武器 制限時間:15分 読者:12 人 文字数:495字
重い宝箱の蓋が開く。 その中にあったのはただならぬ雰囲気をしたためた日本刀だった。 手にとって、鞘から刃を少し抜いてみる。 氷のように冷たく、美しい波紋が覗い 〈続きを読む〉

煉獄に沈みつつあるリケリケの即興 小説


ユーザーアイコン
作者:煉獄に沈みつつあるリケリケ お題:3月の春雨 必須要素:警察 制限時間:4時間 読者:219 人 文字数:2253字
「住宅街に出没していたニジウメロカバ、捕獲!」 それは三月のピンクの春雨は降りしきる頃であっただろうか? 警官がニジウメロカバを確保していた光景を見たのは。 そ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:煉獄に沈みつつあるリケリケ お題:めっちゃ電車 制限時間:2時間 読者:275 人 文字数:140字
ガタンゴトン、ガタンゴトン……私は驚いた。電車に乗っているモノたちが人間ではなかったからだ。プオン!それは、甲高い空気音を発した。電車の中に乗っていたのは……電 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:煉獄に沈みつつあるリケリケ お題:思い出の妻 制限時間:4時間 読者:238 人 文字数:500字
「はぁ……はぁ…………。」 妻の介護に疲れた私は、ソファーに深く腰掛ける。 ふと、私は傍に置かれていた写真立てを眺めていた。 写真立てには、若かりし頃の私と妻が 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:煉獄に沈みつつあるリケリケ お題:私のお嬢様 制限時間:30分 読者:258 人 文字数:659字
「はぁ……はぁ……もうダメ…………」 お嬢様は弱音を吐いた。「その程度で弱音を吐くのでは、1stステージすら乗り越えられませんよ?」 そんなお嬢様に私は叱咤を与 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:煉獄に沈みつつあるリケリケ お題:狡猾な整形 必須要素:TOEFL 制限時間:2時間 読者:278 人 文字数:1570字
私は窓の方を見やる。 酸性雨の降る暗い都市のどん底に、手術したばかりで包帯ぐるぐる巻きの私の姿が映っている。「よう。調子はどうだ? 痛いところはないかな?」 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:煉獄に沈みつつあるリケリケ お題:限りなく透明に近いいたずら 必須要素:東京 制限時間:2時間 読者:260 人 文字数:1666字
「今日はこのスケボーを借りてきたぞー。」 僕は店から借用してきたスケボーに乗りながら、相方のもとに戻ってくる。「借りてきたんじゃなくって、盗んできたんだろ?」「 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:煉獄に沈みつつあるリケリケ お題:昔の誤解 必須要素:テレビ 制限時間:2時間 読者:270 人 文字数:1400字
* 昔、私はテレビでこんなことを知った記憶がある。 ご飯はオリゴ糖を含むため、腸内環境改善するのに適している、と。 それを信じた私は、毎日ご飯を欠かさず食べたも 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:煉獄に沈みつつあるリケリケ お題:悲観的な犬 制限時間:15分 読者:292 人 文字数:148字
――アオオオオン……アオオオオン………… 犬の遠吠えが聞こえる。飼い主に戻ってきてほしいと嘆願しているのであろう。 だが、その言葉なき嘆願は聞き入れられること 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:煉獄に沈みつつあるリケリケ お題:オチは秋 制限時間:15分 読者:221 人 文字数:57字
冬に種まき、 春になって芽が芽吹き、 夏になって花が咲き、 秋になって実が採れる。 これってな~んだ? 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:煉獄に沈みつつあるリケリケ お題:激しい税理士 制限時間:15分 読者:261 人 文字数:80字
えーと、失礼します。こちら税理士です。 そちらの企業では脱税の疑いがあるのでやって来ました。 容赦はしませんよ?(社長にロックをかけながら、問いかける) 〈続きを読む〉