お題:熱い夏休み 必須要素: 制限時間:15分 読者:297 人 文字数:361字

昔乗ってた車
初めて車を買ったときのことである。中古で買った。とても大切にしていた。思い出の車だ。
 でも、その車はクーラーをつけると温風が出て来る。だから、夏はクーラーがつけられない。
 車の上から水をぶっかけて、窓をあけて走行する。
 夏の海岸線を走るときは景色が美しくて爽快だが、高熱で頭がくらくらする。
 それでも、乗っていて楽しかった。
 その車とのお別れは突然来た。後ろからバイクで追突されて、追突したほうが、うるさく文句
言ってきて、保険屋さんに言ってくれと何ど言っても毎日電話してきて、文句を言い続けるので、
うんざりした。保険会社の人があまりに悪質であるとして対処してくれたおかげで、
一応解決したが、それ以降、車がイヤになって、以後、一切車を運転しなくなった。
 でも、今でもあの車に乗っていた時期は楽しい思い出。
作者にコメント

似た条件の即興小説


ユーザーアイコン
隣の席の ※未完
作者:はろー お題:熱い夏休み 必須要素:スキンケア 制限時間:15分 読者:187 人 文字数:76字
熱い夏休みを終えると、クラスにはバケモノがいた。そのバケモノは俺の隣の席に座っていた。そよぎさんが座るはずの席には、顔中の毛という毛がトゲになった 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
砂漠歩き ※未完
作者:ぽつタイプライター お題:熱い夏休み 制限時間:15分 読者:217 人 文字数:576字
「砂漠にある植物ってのはさ、やっぱり、熱に強いんだろうな?」 ウィーフはサボテンの葉を折り、喉に水分を転がし込む。潤っているのかどうかはよくわからなかった。同じ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:かつみ お題:熱い夏休み 制限時間:30分 読者:373 人 文字数:740字
ミンミンと五月蝿い蝉の声、プールではしゃぐ小学生のざわめき、木陰で休む営業マン、季節など関係なく行き交う自動車、エトセトラ。なんてことはないとある夏休みの1日。 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:遊優 お題:熱い夏休み 制限時間:30分 読者:781 人 文字数:2220字
※流血注意!熱い夏休み中。暑いんじゃない。暑熱いんだ。「そうだ、そうやって、みんな燃えてしまえばいい!」これは、ある夏の日の、ある少年の物語である。【僕の王国】 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
未完 ※未完
作者: お題:熱い夏休み 制限時間:30分 読者:345 人 文字数:1237字
バナナの葉で魚を蒸すと旨い。ちょっと気取った白ワインにも合うし、蓮の葉に変えれば日本酒にも合う。 じゃあ、こうして熱帯夜に布団にくるまっている僕のような人間が 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
作者:きか@嫁ッ!愛でずにはいられない! お題:熱い夏休み 制限時間:30分 読者:427 人 文字数:2126字
世界中が騒ぎ立てる自然破壊、温暖化の社会現象。年々気温は右肩上がりで今年もまたうだるような暑さだが相変わらず世界は何もせず環境破壊を続けている。築数十年のボロア 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:あおみす(メイン盾) お題:熱い夏休み 必須要素:ニュース 制限時間:30分 読者:500 人 文字数:1711字
「本日の夜をもって、地球が滅亡することが判明いたしました」高校最後の夏休み。記念すべき日を俺は衝撃的なニュースとともに幕を開けた。「今日で地球が滅亡」そんなどっ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:しかげあめじるしさん:) お題:熱い夏休み 制限時間:30分 読者:505 人 文字数:592字
じわりと湿気を伴う熱気が肌を包み、肌を玉のような汗が伝う。 ぼたぼたと汗が垂れ、アスファルトに汗が触れる。と、その汗が耳障りな音を立てて蒸発した。 世界はちょ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ありのままのレストナ お題:熱い夏休み 制限時間:30分 読者:419 人 文字数:873字
テレビに映っているニュースキャスターが、頼んでもいないのに今日の気温を教えてくれた。 三十七度。猛暑である。 俺はそれを他人事のように眺めていた。特に外に出る 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:熱い夏休み 制限時間:30分 読者:531 人 文字数:1841字
とある町に、一つの噂があった。それを真実と呼ぶ人もいれば、それを都市伝説と括る人間まで、様々な人間に語り継がれている、ほんの小さい、誰でも知っている噂が。 ほ 〈続きを読む〉

楠乃小玉@『織田信長と岩室長門守』発売中の即興 小説


ユーザーアイコン
作者:楠乃小玉@『織田信長と岩室長門守』発売中 お題:ちっちゃな惑星 必須要素:ペペロンチーノ 制限時間:15分 読者:332 人 文字数:116字
ペペロンチーノの冷凍食品を買ってきた。お弁当用に小さく小分けされて、マルくまるまってわけられている。レンジでチンして食べる。まるで、小惑星がつらなっている天の川 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:楠乃小玉@『織田信長と岩室長門守』発売中 お題:ちっちゃな惑星 必須要素:ペペロンチーノ 制限時間:15分 読者:355 人 文字数:113字
長い間、ペペロンチーノが食べず嫌いだった。なんか、マカロニ風で胸に持つんじゃないかとおもっていた。ひつこいというか。でも、実際食べてみると、すごく美味しかった。 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:楠乃小玉@『織田信長と岩室長門守』発売中 お題:昨日食べた理由 必須要素:靴の中敷 制限時間:15分 読者:297 人 文字数:182字
ゼラチン質がすきである。なんかこう、あのぷるんぷるんとしたやつ。昔、テレビ番組で靴を食べられるか実験していた。圧力鍋で煮込んで、ぷりんぷるんにしたやつ。あれがお 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:楠乃小玉@『織田信長と岩室長門守』発売中 お題:コーヒーと宗教 必須要素:ゴルゴンゾーラ 制限時間:15分 読者:330 人 文字数:145字
ある人が、コーヒーと宗教は同じものだといった。なぜ?俺はそう聞いた。だって、中毒性があるだろ?その人は言った。じゃあ、俺にとってのゴルゴンゾーラみたいなもんだな 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:楠乃小玉@『織田信長と岩室長門守』発売中 お題:熱い夏休み 必須要素: 制限時間:15分 読者:297 人 文字数:361字
初めて車を買ったときのことである。中古で買った。とても大切にしていた。思い出の車だ。 でも、その車はクーラーをつけると温風が出て来る。だから、夏はクーラーがつけ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:楠乃小玉@『織田信長と岩室長門守』発売中 お題:闇の弁当 必須要素:ひょっとこ 制限時間:15分 読者:338 人 文字数:162字
ひょっとこは別名火男といい火の精霊であるという言い伝えがある。 その一方、タジカラオノミコトの化身で力持ちであるという説もある。 火の精霊だったとしたら、お弁当 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:楠乃小玉@『織田信長と岩室長門守』発売中 お題:彼女の母 必須要素:レモン 制限時間:15分 読者:340 人 文字数:203字
彼女の母親は檸檬を見ると胸がときめくという。 それは彼女の母が女学生の頃、あこがれていた先輩が丸善という書店によく通っており、 熱心に本を本でいたためだという。 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:楠乃小玉@『織田信長と岩室長門守』発売中 お題:天才の栄光 必須要素:自動車保険 制限時間:15分 読者:335 人 文字数:160字
コマーシャルでアヒルをトレードマークにしている保険会社がある。この保険会社はガンで父を亡くし、その時多額の費用がかかったことから医療保険をはじめることとなる。そ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:楠乃小玉@『織田信長と岩室長門守』発売中 お題:捨てられた風 必須要素:ブラウザはなるべくGoogleChromeを使用してくださいまじで。 制限時間:15分 読者:340 人 文字数:258字
静岡ではお茶畑の霜よけの扇風機がある。一面に広がるお茶畑の上に鉄製の扇風機がある。霜がおりそうな日はそれをフル回転させて霜をよける。 しかし、最近は宅地造成され 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:楠乃小玉@『織田信長と岩室長門守』発売中 お題:悲観的な星 必須要素:眼球 制限時間:15分 読者:366 人 文字数:280字
いつも星空を見ていた。新しい星を見つけて自分の名前をつけるのが夢なのだ。そして、いつも星を観察して新星がないか観察していた。ある日、天体望遠鏡で夜空を眺めている 〈続きを読む〉