お題:商業的な海 制限時間:30分 読者:68 人 文字数:1101字
[削除]

ウミ
火の玉のような太陽が海に沈んでゆく

今日は雲一つないきれいな空

耳には波の音しか届いてこない

俺は目の前にあるものがなんであるかを理解することができなかった

それは大きな鉄の塊であることで間違いはない

これは何であろう

俺は悩んだ

しかし悩んだところでこれが何であるかなどわかるはずもない

おばあちゃんに聞いてみよう

俺には一緒に暮らしている大叔母がいる。

母と妹とおばあちゃんの三人暮らしをしている

父はトウキョウというところで俺たちを食わせていくために仕事をしているらしい

その父のおかげで毎日めしを食えるのである

家に着くなりおばあちゃんの部屋に駆け足で向かった

あの黒い鉄の塊がなんであるのか気になってしょうがない

 おばぁちゃんは畳の上に座り編み物を編んでいる

おばぁ、うみさでっかい黒い塊があった、あればなんだ?


 おばぁちゃんは開いているか閉じているかわからない目を驚いたように開き

たかし、ウミに行ったのかい、近づいてはならんとあれほどいったろうに

 確かに小さいころから何度も注意されてきた、だがあの太陽が沈むところを見るのは
最近できた楽しみでもあった

おばぁ、あとでなんど叱られてもいい、だけど先に黒い塊のことおしえてくれ

 おばぁちゃんは少し考えたあと顔を上げ

たかし、そいだけじゃわからんね、どんなかたちをしよっとったか?

 どうやら、答えてくれそうだ、俺はあの大きな黒い塊のことを思い浮かべ

3本足が上向きに生えとって、上に穴があいておった

 おばぁちゃんは遠い目をしながら

いかりかもしれんねぇ

 いかりとは何であろうか、聞いたこともない

いかりはねぇ、フネという海に出るための乗りものがあってそれの一部であったものなんだよ

 また新しい単語が出てきた、フネとはなんであろうか

フネ?それは海に出て何をするものなんだ?

 笑いながら答えた

フネは海に浮かびながら移動する乗り物でねぇ

 海の上に浮かぶなんて狂気の沙汰である、死にたいのだろうか?

昔はね自由に海に出ることができたんさ、いまとはちがってね

自由に出て、魚を取ったり、旅行を行うものもいた

海は今と違って自由に入ることもできたんだよ

海に入るなんて狂気の沙汰だとんでもない

今の海にはいったら何からなにまで調べあげられてしまうような海ではなかったんよ

昔の海は魚がタグ付けで管理されていなく、海に触れただけで憲兵が飛んでくることもない

水が無限にあったんだよ

今の地球は海が7分の1しかないのと違ってね

逆だったのさ



この作品をツイート

似た条件の即興小説


ユーザーアイコン
作者: お題:商業的な海 制限時間:15分 読者:326 人 文字数:493字
遠い未来、水は密漁の対象となった。 数光年の距離を隔てて宇宙に散らばる地球移民の子孫たちが、こぞって母星の水を欲したためだった。人工的に生成した水分では駄目な 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:りゅーちゃそ お題:商業的な海 制限時間:15分 読者:108 人 文字数:487字
海は空に言いました「お前のような真っ赤が欲しい」と。夕暮れ時。浜辺で遊ぶ子どもたちが母の呼び声で帰路を走る頃。海は空の真っ赤を欲しがっていました。「俺はお前のま 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者: お題:メジャーな墓 制限時間:30分 読者:16 人 文字数:1222字
空は青い。空気はじわじわと迫ってくる。蜃気楼のような空気が震えている様子も見える。ただ僕は汗をかきながら、空を見ている。夏だ。大嫌いなこの季節がやってきた。蝉が 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:みぺこ お題:ぐちゃぐちゃの処刑人 制限時間:30分 読者:19 人 文字数:325字
白銀の光を残して刃が駆ける。 街を埋め尽くす異形の群れ。高層ビルを臨む空からは奇怪な体躯の鳥が。路地裏からは目を血走らせ、六の手足を生やした狼が。灯りを失った 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:つきもぐら お題:戦争と貯金 制限時間:30分 読者:8 人 文字数:1172字
戦争と貯金にはお金の使い方で対照的でありながら連関している気配がする。我々の貯金は銀行によって運用されるが、最終的にどこで使われているのだろう。日本の国債はア 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
作者:つきもぐら お題:戦争と貯金 制限時間:30分 読者:17 人 文字数:1353字
さきほどグーグルクロームが停止し、書き終わりかけた文章は終了間際に消失した。PC上で作文するものにとっては必ず経験する絶望感に襲われるが、即興小説は停止を許さ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:mas お題:意外!それはハゲ 制限時間:30分 読者:6 人 文字数:508字
小野頭通りの天気は、このところ雨が続き、ダンスパーティに遅れそうな小鳥の急ぎ足のような音を盛んに響かせていた。車の上げる水しぶきの音は世界の終わりを告げるために 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:つきもぐら お題:かゆくなる火 制限時間:30分 読者:9 人 文字数:1201字
焚火を見ているとFは痒くなってきた。一年間のうちに自分が作ったものや書いたものを集めて燃やす儀式が執り行われれている。それは毛糸で編まれた人形だったりセーター 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:気向行夫 お題:鋭いボーイズ 制限時間:30分 読者:6 人 文字数:345字
エイタは高校生である。 登校すると友人のシンジが声を掛けてきた。「おはー」 気の抜けた返事だ。 寝ぼけているのではなく、こいつはいつもこんな感じだ。「エイタは 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:おん お題:阿修羅宗教 制限時間:30分 読者:12 人 文字数:608字
「……なんのために、そんなことをしないといけないんだ」 どうしてそれがお前じゃないといけないんだ、と幼なじみは苦しそうな顔で僕を見る。「……」 でも僕は彼に説明 〈続きを読む〉

匿名さんの即興 小説


ユーザーアイコン
※未完
作者:匿名さん お題:かゆくなる消しゴム 制限時間:15分 読者:3 人 文字数:592字
走り出した。ビチャビチャと海水で服が濡れて重くなっていく。果てもないような地平線でかつて彼女が海岸で笑っていた。今では、ただの海でしかない。ここからずっと行けば 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:最後の博物館 制限時間:15分 読者:2 人 文字数:494字
小さな頃から通っていた、大事な大事な思い出の場所。 最初は両親と一緒に行った。 初めて来た場所、初めて見る物に興奮が冷めなかったのをよく覚えている。 子供の時 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:神の喜劇 制限時間:15分 読者:5 人 文字数:312字
こと、とチェス盤に駒が置かれた。それを見ていた男がふーと息を吐いた。「また、手に詰まった」「ふふふ、じゃあまた交換条件が発動かい?」 交換条件。それは互いに手 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
愛犬の最後 ※未完
作者:匿名さん お題:死にかけの尿 制限時間:15分 読者:4 人 文字数:592字
大島良彦は四十年勤務した会社を三月に定年退職した。再雇用で六十五歳まで働くこともできたのだが、ひとまず区切りをつけて自由な身になりたいと考えたのだ。やりたいこと 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:東京の探偵 制限時間:30分 読者:7 人 文字数:1254字
「ここで僕の推理、聞いてくれませんか?」部屋の真ん中辺りを歩きながら探偵はにっこりと笑う。その推理は確実で、忠実で、繊細。だからこそその答えが導かれる。皆は彼を 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:君と僕 制限時間:2時間 読者:1 人 文字数:2005字
君と僕が出会ったとき、僕の家の庭にはシオンが咲いていた。母が大事にしていた庭に亡くなった父がせっせと侵食するように植えたものだった。それは両親を亡くした僕にと 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:奇妙な恋 制限時間:15分 読者:5 人 文字数:893字
ああ美しい。私は今日もあの方の虜である。彼はそこら辺の男たちとは見た目が段違いで、声だっていい。性格も優しくて、頭もいい。売れっ子アイドルであるから、私だけの彼 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:永遠の経歴 必須要素:人間使用不可 制限時間:15分 読者:1 人 文字数:564字
皆は知っているだろうか?人は経歴によって全てが終わってしまう事を。そして今、僕もこの経歴によって人間使用不可という罪を課せられる。ひどい話だ。僕の頭に被せられ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:マンネリな川 制限時間:30分 読者:5 人 文字数:1373字
あるところに川がありました見た目はごく普通だけど、実はこの川の中には肉食な魚がたくさんいるらしい少し濁っていてどのくらいの深さなのかは見当もつかないそんな川に散 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
東京地下洞窟 ※未完
作者:匿名さん お題:東京洞窟 制限時間:15分 読者:3 人 文字数:260字
東京地下洞窟を知っているか?張り巡らされた地下鉄トンネルよりも遙か下に、ぽっかりと空いた大穴だ。まさに空虚としか言いようのない、黒インクのように暗い穴の淵に立つ 〈続きを読む〉