お題:商業的な海 制限時間:30分 読者:72 人 文字数:1101字
[削除]

ウミ
火の玉のような太陽が海に沈んでゆく

今日は雲一つないきれいな空

耳には波の音しか届いてこない

俺は目の前にあるものがなんであるかを理解することができなかった

それは大きな鉄の塊であることで間違いはない

これは何であろう

俺は悩んだ

しかし悩んだところでこれが何であるかなどわかるはずもない

おばあちゃんに聞いてみよう

俺には一緒に暮らしている大叔母がいる。

母と妹とおばあちゃんの三人暮らしをしている

父はトウキョウというところで俺たちを食わせていくために仕事をしているらしい

その父のおかげで毎日めしを食えるのである

家に着くなりおばあちゃんの部屋に駆け足で向かった

あの黒い鉄の塊がなんであるのか気になってしょうがない

 おばぁちゃんは畳の上に座り編み物を編んでいる

おばぁ、うみさでっかい黒い塊があった、あればなんだ?


 おばぁちゃんは開いているか閉じているかわからない目を驚いたように開き

たかし、ウミに行ったのかい、近づいてはならんとあれほどいったろうに

 確かに小さいころから何度も注意されてきた、だがあの太陽が沈むところを見るのは
最近できた楽しみでもあった

おばぁ、あとでなんど叱られてもいい、だけど先に黒い塊のことおしえてくれ

 おばぁちゃんは少し考えたあと顔を上げ

たかし、そいだけじゃわからんね、どんなかたちをしよっとったか?

 どうやら、答えてくれそうだ、俺はあの大きな黒い塊のことを思い浮かべ

3本足が上向きに生えとって、上に穴があいておった

 おばぁちゃんは遠い目をしながら

いかりかもしれんねぇ

 いかりとは何であろうか、聞いたこともない

いかりはねぇ、フネという海に出るための乗りものがあってそれの一部であったものなんだよ

 また新しい単語が出てきた、フネとはなんであろうか

フネ?それは海に出て何をするものなんだ?

 笑いながら答えた

フネは海に浮かびながら移動する乗り物でねぇ

 海の上に浮かぶなんて狂気の沙汰である、死にたいのだろうか?

昔はね自由に海に出ることができたんさ、いまとはちがってね

自由に出て、魚を取ったり、旅行を行うものもいた

海は今と違って自由に入ることもできたんだよ

海に入るなんて狂気の沙汰だとんでもない

今の海にはいったら何からなにまで調べあげられてしまうような海ではなかったんよ

昔の海は魚がタグ付けで管理されていなく、海に触れただけで憲兵が飛んでくることもない

水が無限にあったんだよ

今の地球は海が7分の1しかないのと違ってね

逆だったのさ



この作品をツイート

似た条件の即興小説


ユーザーアイコン
作者: お題:商業的な海 制限時間:15分 読者:334 人 文字数:493字
遠い未来、水は密漁の対象となった。 数光年の距離を隔てて宇宙に散らばる地球移民の子孫たちが、こぞって母星の水を欲したためだった。人工的に生成した水分では駄目な 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:りゅーちゃそ お題:商業的な海 制限時間:15分 読者:113 人 文字数:487字
海は空に言いました「お前のような真っ赤が欲しい」と。夕暮れ時。浜辺で遊ぶ子どもたちが母の呼び声で帰路を走る頃。海は空の真っ赤を欲しがっていました。「俺はお前のま 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ふぁいとー お題:フニャフニャの艦隊 制限時間:30分 読者:11 人 文字数:843字
フライングギガントスライム。それらは群れで行動し、人々から空飛ぶ艦隊と呼ばれ恐れられていた。そんなスライムの群れが今、人類の生存域であるサピエンス大陸に上陸し 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ふぁいとー お題:綺麗な快楽 制限時間:30分 読者:10 人 文字数:1017字
一人暮らしであるサラリーマンの太郎は黄砂が舞っている中帰宅した。服や靴にはもちろん肌や目、果てはマスクの中まで黄砂が侵入している。今すぐ洗いたい。全身を今すぐ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:鯛焼さとかず お題:素晴らしい殺人犯 制限時間:30分 読者:9 人 文字数:1064字
今年の冬は例年よりも寒いらしい。それはG-20区も例外ではなく、またバレンタイン当日も例外ではなかった。「おい、吸血鬼。テメェ早くそこをどけ」 厚手のコートを 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
作者:ふぁいとー お題:絶望的な人体 制限時間:30分 読者:13 人 文字数:1111字
登校中。今日はやけに周りが騒がしい。何があったんだろうか。少し耳を傾けてみる。「見て、あの人。超スタイル良くない?」「ほんとだ。これ以上ないほどスタイルがいい 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:岩ヶ辺香衣 お題:凛とした話 制限時間:30分 読者:14 人 文字数:1365字
探偵の助手として、悪霊の家なんかを探しに来たのが間違いだった。 自分の背中で、背後にあった窓ガラスを粉々に粉砕しながら、頭によぎったのはそんな言葉だった。 そ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:淡いひと お題:どうあがいても暗殺者 制限時間:30分 読者:21 人 文字数:478字
17歳。それはあまりにも中途半端だ。子供とは言われたくない。しかし大人と言うにはまだ未熟だった。それでも俺らは大人になりたがった。覚えたての煙草の、苦い煙に噎せ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:鐘辺 完 お題:すごい視力 制限時間:30分 読者:17 人 文字数:1317字
「次のかたどうぞ」「視力が──」「うちは眼科ではなくてカウンセリング専門なので」「わかってます。一見さんお断りで紹介がないと来れない特殊な、特に資格も持ってない 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:りぜ お題:彼女の高給取り 制限時間:30分 読者:11 人 文字数:1443字
社会人になって3年目。何事も3年続ければ変わるとはよくいったもので、ようやく仕事にも慣れてきた。働き出して一番嬉しいことは、彼女とデートをするときに支払ってあ 〈続きを読む〉

匿名さんの即興 小説


ユーザーアイコン
※未完
作者:匿名さん お題:オチは姉妹 必須要素:ピスタチオ 制限時間:15分 読者:4 人 文字数:1字

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:永遠の血液 制限時間:15分 読者:1 人 文字数:300字
白浜に引き出された男は来たる時を待っていた。白装束に身を包み、読み上げられる書状。「罪状。人魚の血を飲んだと触れ回り、数多の人々から金品を詐取したこと。これによ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:永遠の血液 必須要素:主人公が人を○す 制限時間:15分 読者:0 人 文字数:535字
やってしまった‥‥。鋭い刃に着いた血液は、俺がしてしまったことの重大さを物語っていた。あたり一帯に鉄の匂いが漂い、薄暗い空気の中で、俺はただ呆然と目の前のそれを 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:腐った殺し屋 制限時間:15分 読者:3 人 文字数:507字
僕は人を殺したことがない。 僕は善良な一般市民だ。法律で裁かれたことがないという点では。普通の家庭で、普通の大学に入って、普通に就活をした。 僕は、殺し屋だ。 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:誰かと食卓 必須要素:SF 制限時間:15分 読者:4 人 文字数:653字
「どうしたんだい?食べないのかい?」隣の席のうしくんが微笑みながら言う。えずくのを抑えながら、どうにも食欲がわかなくってね、絞り出す。向かいのとりさんの皿には、 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
お運び祭り ※未完
作者:匿名さん お題:ありきたりな男祭り! 制限時間:15分 読者:3 人 文字数:392字
筋肉と筋肉がぶつかり合い、迸る汗が宙を舞って陽光を反射する。「わぁっしょい!」「わっしょい!」と音頭に合わせて気勢を上げるのは半裸の男達だ。 鍛え上げた筋肉を 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:でかい病気 制限時間:2時間 読者:6 人 文字数:495字
この病気は、全部あいつのせい。誰が何と言おうと、絶対に私は悪くない。身体中が熱いのも、甘い妄想で頭が破裂しそうなのも、こんなに胸がジクジクするのも、その胸をかき 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
憎しみの私 ※未完
作者:匿名さん お題:わたしの嫌いな私 制限時間:30分 読者:6 人 文字数:501字
わたしの嫌いな私。そんなもの数えきれないほどある。声の小さな私。おどおどした私。見た目の気持ち悪い私。とにかくいっぱいいる。私はちょっと嫌なことがあった時、そ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
※未完
作者:匿名さん お題:うるさいギャグ 制限時間:15分 読者:4 人 文字数:462字
おかんは湯を沸かしていた。てきぱき皿を洗ってると思ったらお気に入りのジュリーを流しながらバランスボールだ。万年変わらないその体型の何を変えようと言うのだろうか。 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:永遠の小説 制限時間:15分 読者:5 人 文字数:506字
その部屋の主はいつも本を読んでいる。 学校の教室ほどの広さのその部屋は、壁一面が本棚で覆われ、陽の光が入ってくる場所もない。背表紙が焼けないから好都合だよ、と 〈続きを読む〉