お題:商業的な海 制限時間:30分 読者:65 人 文字数:1101字
[削除]

ウミ
火の玉のような太陽が海に沈んでゆく

今日は雲一つないきれいな空

耳には波の音しか届いてこない

俺は目の前にあるものがなんであるかを理解することができなかった

それは大きな鉄の塊であることで間違いはない

これは何であろう

俺は悩んだ

しかし悩んだところでこれが何であるかなどわかるはずもない

おばあちゃんに聞いてみよう

俺には一緒に暮らしている大叔母がいる。

母と妹とおばあちゃんの三人暮らしをしている

父はトウキョウというところで俺たちを食わせていくために仕事をしているらしい

その父のおかげで毎日めしを食えるのである

家に着くなりおばあちゃんの部屋に駆け足で向かった

あの黒い鉄の塊がなんであるのか気になってしょうがない

 おばぁちゃんは畳の上に座り編み物を編んでいる

おばぁ、うみさでっかい黒い塊があった、あればなんだ?


 おばぁちゃんは開いているか閉じているかわからない目を驚いたように開き

たかし、ウミに行ったのかい、近づいてはならんとあれほどいったろうに

 確かに小さいころから何度も注意されてきた、だがあの太陽が沈むところを見るのは
最近できた楽しみでもあった

おばぁ、あとでなんど叱られてもいい、だけど先に黒い塊のことおしえてくれ

 おばぁちゃんは少し考えたあと顔を上げ

たかし、そいだけじゃわからんね、どんなかたちをしよっとったか?

 どうやら、答えてくれそうだ、俺はあの大きな黒い塊のことを思い浮かべ

3本足が上向きに生えとって、上に穴があいておった

 おばぁちゃんは遠い目をしながら

いかりかもしれんねぇ

 いかりとは何であろうか、聞いたこともない

いかりはねぇ、フネという海に出るための乗りものがあってそれの一部であったものなんだよ

 また新しい単語が出てきた、フネとはなんであろうか

フネ?それは海に出て何をするものなんだ?

 笑いながら答えた

フネは海に浮かびながら移動する乗り物でねぇ

 海の上に浮かぶなんて狂気の沙汰である、死にたいのだろうか?

昔はね自由に海に出ることができたんさ、いまとはちがってね

自由に出て、魚を取ったり、旅行を行うものもいた

海は今と違って自由に入ることもできたんだよ

海に入るなんて狂気の沙汰だとんでもない

今の海にはいったら何からなにまで調べあげられてしまうような海ではなかったんよ

昔の海は魚がタグ付けで管理されていなく、海に触れただけで憲兵が飛んでくることもない

水が無限にあったんだよ

今の地球は海が7分の1しかないのと違ってね

逆だったのさ



この作品をツイート

似た条件の即興小説


ユーザーアイコン
作者: お題:商業的な海 制限時間:15分 読者:313 人 文字数:493字
遠い未来、水は密漁の対象となった。 数光年の距離を隔てて宇宙に散らばる地球移民の子孫たちが、こぞって母星の水を欲したためだった。人工的に生成した水分では駄目な 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:りゅーちゃそ お題:商業的な海 制限時間:15分 読者:97 人 文字数:487字
海は空に言いました「お前のような真っ赤が欲しい」と。夕暮れ時。浜辺で遊ぶ子どもたちが母の呼び声で帰路を走る頃。海は空の真っ赤を欲しがっていました。「俺はお前のま 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:絹糸 お題:3月の小説練習 制限時間:30分 読者:15 人 文字数:1174字
「卒業式ってなんで練習するんだと思う?」隣の藤倉がぼやく。俺だってわかんねぇよ。こんなに寒い体育館でぼんやり突っ立ってるのが好きなやつなんてそうそういないだろ。 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
童話の再現 ※未完
作者:akari お題:ちっちゃなぬくもり 制限時間:30分 読者:16 人 文字数:679字
全てを捨ててここに来た。 家を捨てた。家族を捨てた。名前を捨てた。しがらみの一切を捨て去った。 身一つとなった私。そんな私には試したいことがあった。 ポケット 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:akari お題:当たり前の哀れみ 制限時間:30分 読者:9 人 文字数:1076字
目の前に子犬がいる。小さな段ボール、その中に彼はぽつんと座っている。 とても愛らしい外見だ。おまけに何かを懇願するような視線を私に向けている。「弱ったな……」 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
元気な祖母 ※未完
作者:しとお お題:元気な祖母 制限時間:30分 読者:39 人 文字数:1663字
まあ、別に大した問題ではなかったんだ。「…またその恰好で行くの?」「……」”いつも通り”の俺を着て、いつも通り学校に向かう朝。腫れ物に触るように、たった一言それ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者: お題:とんでもない風邪 制限時間:30分 読者:23 人 文字数:767字
声がほとんど出ない。頭もぼーっとする。あなたの風邪はどこから?全部だよ全部。某風邪薬のキャッチフレーズを思い浮かべながら、1人ツッコミをする。看病してくれる人間 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:akari お題:プロの転職 制限時間:30分 読者:9 人 文字数:665字
私は幾度となく職を転々としている。 営業マン、事務員、秘書、編集者、エンジニア、ウェイター、コック、パイロット。 挙げればきりがないが、そのどれもで私は確固と 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:♪エリ♪ お題:冷たい目 制限時間:30分 読者:16 人 文字数:608字
「うわ、また学校に来た」「ホント、マジで来るなって感じ」「○ね」「・・・・・」なんでそんな冷たい目で見るの?嫌いなら、私を見なければいいのに。嫌いなら、視界に私 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
ツユクサの影 ※未完
作者:はるちか お題:平和とデマ 制限時間:30分 読者:14 人 文字数:993字
うっすらとレンズの曇っているゴーグルをかけていても、その巨大な建造物は気になった。私は自転車のペダルを漕いでいた足を地面につけて立ち止まり、ゴーグルを首元へ外す 〈続きを読む〉

匿名さんの即興 小説


ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:禁断の儀式 必須要素:美容整形 制限時間:30分 読者:4 人 文字数:548字
魔物が跋扈している森の奥深くにその塔はあった。 魔女が住んでいると言われているその塔は、付近の国の民の間では「魔女の塔」と呼ばれ、なんでも願いを叶えてくれる魔 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
記録にない唇 ※未完
作者:匿名さん お題:記録にない唇 制限時間:15分 読者:4 人 文字数:908字
朝、目が覚める。体を触って、起きたことを確かめて。ああ、また。長く眠っていたみたいだ。ーー僕は生まれつき脳に障害があり、24時間、一日分しか物事を覚えておくこと 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:安全な善意 必須要素:800字以内 制限時間:15分 読者:1 人 文字数:860字
純愛にはピザが欠かせない。 男女の関係とはピザに始まりチリソースに終わる。 真っ赤なルージュのような香辛料的ソースに別れを予感し涙した人も多いだろう。 それく 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:俺と結婚 制限時間:15分 読者:2 人 文字数:388字
「俺と結婚してくれ」「はい…♡♡♡」そうして私たちは結ばれた。やがて子供が生まれ、成長し、大人になって、巣立っていった。老夫婦になってからも、私たちはラブラブな 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:求めていたのは本 制限時間:15分 読者:1 人 文字数:537字
その本を思い出すことは、いつも私をときめかせた。亡くなった王子様の幽霊が、何故か主人公にだけ見えるようになっちゃって、王子の死後不和になった騎士団の仲を取り持っ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
貴族の宿命 ※未完
作者:匿名さん お題:ひねくれた神様 制限時間:30分 読者:1 人 文字数:545字
ジョーヌ家では、毎週日曜日の朝は教会に行くことになっている。「ねぇ、執事、神様でもひねくれることってあるのかしら」 令嬢であるミモザのこの質問に、執事は彼女の 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:知らぬ間の男祭り! 制限時間:15分 読者:8 人 文字数:857字
「お前も来るよな? この男根祭りに」 そう言って、一枚のチラシを彼は僕の目の前に突き出す。 眼前に広がるは、屈強な肉体を持った裸の男達がまわし一丁で神輿を担いで 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
穏やかな恋 ※未完
作者:匿名さん お題:穏やかな愛 必須要素:ラジオ 制限時間:15分 読者:2 人 文字数:500字
朝。私はいつものように起床する。いつものように服を着替えて、いつものように歯を磨いて、いつものようにラジオをつける。そしていつものように朝ごはんを作って食べるの 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:ぐふふ、殺し 制限時間:15分 読者:9 人 文字数:284字
深夜、寝静まった住宅街に、くぐもった笑い声と微かな血生臭さが漂っている。ぴちゃ…ぴちゃ…と聞こえる音は他でもない「それ」を明らかに指し示している。ブランコの軋み 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
非日常BL ※未完
作者:匿名さん お題:同性愛の水 制限時間:15分 読者:5 人 文字数:402字
金曜日、俺はジュウゴの家にいた。ジュウゴは後ろから俺に抱きついてきている。「離せったら」「いいじゃんもうちょっとだけ」「いいも何もあるか!」「ケチ」後ろからスリ 〈続きを読む〉