お題:商業的な海 制限時間:30分 読者:87 人 文字数:1492字
[削除]

サンマ
 海の世界。というと何を思い浮かべるだろうか。
 イルカ、クジラ? 海の生物だったり、漁業だろうか。
 まぁ、色んなものが思い浮かぶと思う。
 まぁ仕事ってのは大変だ。
「オイ! 新入りィ! ボヤッとするんじゃねぇぞ!」
「ういっす! おやっさん!」
 こんな風に怒鳴られてたりすることもある。
 でもな、いいこともあったりするんだ。まぁ聞いてくれ。
 今の俺の身体は大海の上にあった。
 もう少し正確に言うと、とある漁船の上だった。
 朝の午前七時。
 出発したのは午前五時ぐらいだっただろうか。
 ともかく。
 俺はこの漁船、五郎丸の上で船長のおやっさん、立垣さんの指示に従って、サンマ漁に励んでいた。
 まさしく、商業的な海。
「くんぞぉおおおおお!」
 船灯近くに置かれているリールが一気に周り、漁網が船板の上にずっしりと広がっていく。
 かかっているのは海藻だったり、藻であったり、様々だ。
 しかし少しすると、青白い鱗を蝶のように弾かせて、サンマがかかる。
 これが俺たちの宝であり、命綱だ。
「……ふぅ、これぐらいかぁ……」
 やがて漁網がすべて引き終わり、おやっさんは息をつく。
「おう、小僧一杯やるか?」
 おやっさんは先程までの厳つい表情を潜め、柔和な笑顔を浮かべると言った。
「はい!」
 何も一杯やるというのは、酒のことではない。
 飯だ。
 おやっさんは一尾のサンマを手で掴むと、置いてあったまな板の上に載せた。
「へっへっ、活きがいいねぇ」
 腹部に包丁を当てながら、まだおやっさんの手の中で跳ねるサンマ。
「それじゃ、今日も海に感謝してっと……」
 おやっさんはそう言って、一気に腹部に当てた包丁を押し込み、サンマを捌き始めた。
 まな板の上には血液が垂れ落ちる。
 俺も最初こそは生きている魚を捌く光景に目を点にして驚いたものだったが、今となってはサンマがとあるものに見える。
 それは……。
 おやっさんはサンマを綺麗に身だけにすると、一口大に身を斬っていく。
 刺し身だった。
 おやっさんはその青色と桃色のコントラストが、食欲を激しく激しく呼び起こす刺し身を皿に並べていく。
「……ごくっ」
 本来サンマと言えば焼きサンマというのがメジャーだと思うが、俺が推したいのはこれだ。
「ふっ、うれっしそうな顔しやがってよー、オラ、米だ!」
 まだ肌寒い風が吹く船上で、ほかほかと湯気が上がっている白米を手渡される。
「おめぇはこれをくれてやんねぇと仕事の一つも覚えなかったからなぁ……」
「ははっ、申し訳ねぇです」
 俺はそう言って、先ほどまでバネのように跳ねて、活きの良かったサンマの刺し身に醤油を差して、わさびをのっける。
 そして、豪快に。
 米と刺し身を口内に放り投げる。
 その瞬間、広がったのは。
 程よい脂の甘い味と、若干の磯臭さ。それが米のでんぷんに含まれる甘みによって、混ぜ合わさり、形容のし難い美味みを、頬肉に、舌に、胃袋に届けてくれる。
「……おやっさん、最高です……っ!」
「ガハハハっ、そうかい! まぁいい、俺もいただくとしようかね」
 そういっておやっさんは、俺と肩を並べて食事をする。

 漁師っていうと、イメージ的には3K仕事だなんて言われる。
 でも、でもだ。
 こんな風に暖かい海を知ることもできる。
 おやっさんお手製の暖かい漁師飯を食いながら、馬鹿話で大笑いする。
 俺の海はやっぱこれだ。
 そして、俺とおやっさんは同時に手を合わせる。
 ごちそうさま、と。
 ……仕事も、悪くないと思える、そんな一時だった。
この作品をツイート

似た条件の即興小説


ユーザーアイコン
作者: お題:商業的な海 制限時間:15分 読者:334 人 文字数:493字
遠い未来、水は密漁の対象となった。 数光年の距離を隔てて宇宙に散らばる地球移民の子孫たちが、こぞって母星の水を欲したためだった。人工的に生成した水分では駄目な 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:りゅーちゃそ お題:商業的な海 制限時間:15分 読者:113 人 文字数:487字
海は空に言いました「お前のような真っ赤が欲しい」と。夕暮れ時。浜辺で遊ぶ子どもたちが母の呼び声で帰路を走る頃。海は空の真っ赤を欲しがっていました。「俺はお前のま 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ふぁいとー お題:フニャフニャの艦隊 制限時間:30分 読者:11 人 文字数:843字
フライングギガントスライム。それらは群れで行動し、人々から空飛ぶ艦隊と呼ばれ恐れられていた。そんなスライムの群れが今、人類の生存域であるサピエンス大陸に上陸し 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ふぁいとー お題:綺麗な快楽 制限時間:30分 読者:10 人 文字数:1017字
一人暮らしであるサラリーマンの太郎は黄砂が舞っている中帰宅した。服や靴にはもちろん肌や目、果てはマスクの中まで黄砂が侵入している。今すぐ洗いたい。全身を今すぐ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:鯛焼さとかず お題:素晴らしい殺人犯 制限時間:30分 読者:9 人 文字数:1064字
今年の冬は例年よりも寒いらしい。それはG-20区も例外ではなく、またバレンタイン当日も例外ではなかった。「おい、吸血鬼。テメェ早くそこをどけ」 厚手のコートを 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
作者:ふぁいとー お題:絶望的な人体 制限時間:30分 読者:13 人 文字数:1111字
登校中。今日はやけに周りが騒がしい。何があったんだろうか。少し耳を傾けてみる。「見て、あの人。超スタイル良くない?」「ほんとだ。これ以上ないほどスタイルがいい 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:岩ヶ辺香衣 お題:凛とした話 制限時間:30分 読者:14 人 文字数:1365字
探偵の助手として、悪霊の家なんかを探しに来たのが間違いだった。 自分の背中で、背後にあった窓ガラスを粉々に粉砕しながら、頭によぎったのはそんな言葉だった。 そ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:淡いひと お題:どうあがいても暗殺者 制限時間:30分 読者:21 人 文字数:478字
17歳。それはあまりにも中途半端だ。子供とは言われたくない。しかし大人と言うにはまだ未熟だった。それでも俺らは大人になりたがった。覚えたての煙草の、苦い煙に噎せ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:鐘辺 完 お題:すごい視力 制限時間:30分 読者:17 人 文字数:1317字
「次のかたどうぞ」「視力が──」「うちは眼科ではなくてカウンセリング専門なので」「わかってます。一見さんお断りで紹介がないと来れない特殊な、特に資格も持ってない 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:りぜ お題:彼女の高給取り 制限時間:30分 読者:11 人 文字数:1443字
社会人になって3年目。何事も3年続ければ変わるとはよくいったもので、ようやく仕事にも慣れてきた。働き出して一番嬉しいことは、彼女とデートをするときに支払ってあ 〈続きを読む〉

匿名さんの即興 小説


ユーザーアイコン
※未完
作者:匿名さん お題:オチは姉妹 必須要素:ピスタチオ 制限時間:15分 読者:4 人 文字数:1字

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:永遠の血液 制限時間:15分 読者:1 人 文字数:300字
白浜に引き出された男は来たる時を待っていた。白装束に身を包み、読み上げられる書状。「罪状。人魚の血を飲んだと触れ回り、数多の人々から金品を詐取したこと。これによ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:永遠の血液 必須要素:主人公が人を○す 制限時間:15分 読者:0 人 文字数:535字
やってしまった‥‥。鋭い刃に着いた血液は、俺がしてしまったことの重大さを物語っていた。あたり一帯に鉄の匂いが漂い、薄暗い空気の中で、俺はただ呆然と目の前のそれを 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:腐った殺し屋 制限時間:15分 読者:3 人 文字数:507字
僕は人を殺したことがない。 僕は善良な一般市民だ。法律で裁かれたことがないという点では。普通の家庭で、普通の大学に入って、普通に就活をした。 僕は、殺し屋だ。 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:誰かと食卓 必須要素:SF 制限時間:15分 読者:4 人 文字数:653字
「どうしたんだい?食べないのかい?」隣の席のうしくんが微笑みながら言う。えずくのを抑えながら、どうにも食欲がわかなくってね、絞り出す。向かいのとりさんの皿には、 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
お運び祭り ※未完
作者:匿名さん お題:ありきたりな男祭り! 制限時間:15分 読者:3 人 文字数:392字
筋肉と筋肉がぶつかり合い、迸る汗が宙を舞って陽光を反射する。「わぁっしょい!」「わっしょい!」と音頭に合わせて気勢を上げるのは半裸の男達だ。 鍛え上げた筋肉を 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:でかい病気 制限時間:2時間 読者:6 人 文字数:495字
この病気は、全部あいつのせい。誰が何と言おうと、絶対に私は悪くない。身体中が熱いのも、甘い妄想で頭が破裂しそうなのも、こんなに胸がジクジクするのも、その胸をかき 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
憎しみの私 ※未完
作者:匿名さん お題:わたしの嫌いな私 制限時間:30分 読者:6 人 文字数:501字
わたしの嫌いな私。そんなもの数えきれないほどある。声の小さな私。おどおどした私。見た目の気持ち悪い私。とにかくいっぱいいる。私はちょっと嫌なことがあった時、そ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
※未完
作者:匿名さん お題:うるさいギャグ 制限時間:15分 読者:4 人 文字数:462字
おかんは湯を沸かしていた。てきぱき皿を洗ってると思ったらお気に入りのジュリーを流しながらバランスボールだ。万年変わらないその体型の何を変えようと言うのだろうか。 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:永遠の小説 制限時間:15分 読者:5 人 文字数:506字
その部屋の主はいつも本を読んでいる。 学校の教室ほどの広さのその部屋は、壁一面が本棚で覆われ、陽の光が入ってくる場所もない。背表紙が焼けないから好都合だよ、と 〈続きを読む〉