お題:愛、それは怒り 必須要素:ボーイズラブ 制限時間:30分 読者:228 人 文字数:893字
[削除]

盲信

無償の愛とかいう、そんなチープなものがおれは信じられなかった。おれはまだ大した人生を歩んできた訳じゃない。だが、その短い歩みの中でさえそう言った甘言に散々誑かされてきたし、これからもそうだとばかり思っていたからだ。だけど目の前の彼はどうだ。理由なんかない、だけど僕は君を信じる。僕を信じてくれ、愛しているんだと謳う。おれは恐怖さえ覚える心地でいつも彼を見ていた。何を言っているんだ、こいつは。全くおれと真逆な彼との会話はいつも、まるで宇宙人でも相手にしているかのようで、まったく分かり合えなかった。それでもなぜか、おれたちはいつだって互いの側にいた。ある時彼は屋根の上、星空の下2人きりで並んで座っている時(あるいは、寝転んで星を眺めていた時だったのかもしれなかった)にぽつりと呟いた。僕は僕の事が嫌いだよ。君も僕の事が嫌いだろう。ねえ、僕はね、僕は、本当は大したヤツじゃないんだよ。愛だなんて大層な事を抜かしているが、僕だって君が嫌いな汚い人間の1人だ。君が嫌だといって僕の愛を拒絶するのを知っていても、僕はそれでも君を離してなんかやれない。これだって僕の、薄汚いエゴだ。分かったろう?なあ、それでも君は僕の事を見てくれないのかい?ふざけるなと思った。散々おれの、今までの人生観をぶち壊しておいて、今更お前はおれと同じところまで落ちてこようとしているのか?ふざけるな。そんなのは絶対に許さない。おれに新しい世界を教えてくれたお前を、おれと一緒にするな。お前はもっと綺麗で崇高じゃなきゃいけないんだよ。つい腹を立てて怒鳴るおれを見て、彼はきょとんとしていた。「へえ、ああ、そう。そうか。僕は勘違いしていたみたいだ。僕は今たしかにほんとうの事を言ったけれど、それはきみの気を惹きたかったからなんだ。だけどそんなこと、今更必要なかったなんて。ああ、どうしよう。隠しておくつもりだった。綺麗なきみには汚い僕を見せるつもりなんか一生なかったのに。許してくれ、汚い僕をどうか許してくれないか」何をいってるんだ、やっぱりお前はどこか見当違いな事を言う。お前はまだこんなに綺麗に泣くじゃないか。

この作品をツイート

似た条件の即興小説


ユーザーアイコン
作者:若槻 お題:愛、それは怒り 必須要素:ボーイズラブ 制限時間:30分 読者:290 人 文字数:1401字
「こんなのありえない!」 突然叫び出したのは週刊の漫画誌を読んでいた妹の和美だ。ソファに寄りかかってテレビを見ていた沙耶香はびくりと体を跳ねさせカーペットの上で 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:三浦ものP(ゆーきち) お題:愛、それは怒り 必須要素:ボーイズラブ 制限時間:30分 読者:231 人 文字数:997字
※ちょっとだけ色々と注意 愛という形は様々なものである。僕と彼でも違うように、彼とその妹でも違うように、きれいに丸いものもあればひどくいびつなものもある。十人十 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者: お題:愛、それは怒り 制限時間:30分 読者:351 人 文字数:1063字
彼女の恐ろしさは常に国の内外に轟いていた。巨大な帝国を父から受け継ぎ、先祖代々の蓄えた財を一代で何倍にも増やしてみせた、優れた女帝だと誰もが言う。だが、そうや 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:鐘辺 完 お題:冬の新卒 必須要素:ボーイズラブ 制限時間:30分 読者:208 人 文字数:1497字
冬が卒業してしまった。 新卒でちゃんと就職したらしい。 夏がさらにのさばることになる。年間平均気温が異常に高くなる。新たに冬が入学してきてくれないと、温暖化ど 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:鶴川 お題:ナウい女の子 必須要素:ボーイズラブ 制限時間:30分 読者:287 人 文字数:1545字
夜をこうして歩くのはいつ以来のことだろう。以前はこうして深夜徘徊をしていたものだった。夜中になると精神がむず痒くなり、さしたる理由もなく外を歩いた。この辺りは人 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
作者:白いハエ お題:暴かれた春 必須要素:ボーイズラブ 制限時間:30分 読者:338 人 文字数:2418字
やあ、ついにやってきたね、とその豚は言った。あたりは見渡す限りの草原、大草原、巨大草原。この豚と俺なんて、航空写真で取ったら1ピクセルの色素にすらならないくら 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:勇者のお友達@☆20目押しガバり全一 お題:見知らぬ外側 必須要素:ボーイズラブ 制限時間:30分 読者:194 人 文字数:567字
何とも形容し難い、掴み所の無い不思議な声だった。「ねぇ、そこのおにーさん?」自分の事だと思わずに振り向かないでいると、そいつは今度俺のコートの袖を引っ張りながら 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:愚人凡骨スカルマン@小説家になろう お題:禁断の食卓 必須要素:ボーイズラブ 制限時間:30分 読者:306 人 文字数:1041字
雨降る静かな月の夜。中性的な容姿をした彼は一般的な住居に住まいながらも、普通の家とはかなり不釣り合いな純白のテーブルクロスを大きなテーブルに敷き直していた。白魚 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:カラアゲ@村崎 お題:腐った妹 必須要素:ボーイズラブ 制限時間:30分 読者:303 人 文字数:1202字
「なあ高岡、ちょっと相談があるんだ」下校途中、友人の平野淳がこう話を切り出した。俺の名前は高岡秀喜。淳とは今年の四月に高校二年になってから知り合った。最初のうち 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:なのかまど お題:残念な家 必須要素:ボーイズラブ 制限時間:30分 読者:227 人 文字数:1372字
二階のA室を借りている羽高さんは、現在出張中の3歳年上のサラリーマンの恋人と電話中。同じく二階に住んでいるB室の久内くんは、片想い中のクラスメートに送るメールの 〈続きを読む〉

匿名さんの即興 小説


ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:免れた性格 制限時間:1時間 読者:5 人 文字数:1437字
僕の住んでる町は日本人の誰が見ても全ての人が口を揃えて、ど田舎と答えるだろう。この頃コンビニという建物が、都会には少し歩けばすぐ見つかり、そこで必要なものを買い 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
私の湖 ※未完
作者:匿名さん お題:最後の湖 必須要素:扇風機 制限時間:15分 読者:6 人 文字数:502字
私の見たかった湖はここにある。あの人はそう言って、私の目を覗き込むと満足そうに微笑んで、この世を去った。おいで、いずみ。今日は絵本を読もうか。果てのない旅に出た 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:思い出の夜 必須要素:鬼コーチ 制限時間:30分 読者:7 人 文字数:857字
夏になると思い出す。特にこんなにも蒸し暑い夜になると尚更。数年前の出来事だというのに、今もなお記憶の中で鮮やかに咲き続けて、忘れることができない。私の部活には有 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
フラット ※未完
作者:匿名さん お題:恥ずかしいロボット 制限時間:30分 読者:1 人 文字数:589字
まっ白な、工場の無菌室。最上級の清潔さが保たれたその部屋に、一体のロボットが安置されている。「……またか」 宮里は何度目ともしれないため息を漏らす。 他のロボ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:恋の闇 制限時間:15分 読者:0 人 文字数:252字
恋恋恋恋恋恋恋恋恋恋恋恋恋恋恋恋恋恋恋恋恋恋恋恋恋恋恋恋恋恋恋恋恋恋恋恋恋恋恋恋恋恋恋恋恋恋恋恋恋恋恋恋恋恋恋恋恋恋恋恋恋恋恋恋恋恋恋恋恋恋恋恋恋恋恋恋恋恋恋恋 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:人妻の吐息 制限時間:1時間 読者:0 人 文字数:1068字
雪がはらはらと舞い落ちていく。もう季節は12月。寒くて寒くてしょうがない。私は仕事を終え、缶コーヒーを飲みながら人を待っていた。指定された場所が公園。本当は暖か 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
屋根裏 ※未完
作者:匿名さん お題:トカゲの悲劇 制限時間:15分 読者:1 人 文字数:691字
この家に住み着いてから、今日でちょうど2年が過ぎようとしている。家、と言ってはみたが、実際に俺が住んでいるのはホコリにまみれた、薄暗い屋根裏部屋だ。そこで2年 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
火の元商事 ※未完
作者:匿名さん お題:騙された川 制限時間:30分 読者:1 人 文字数:404字
「本当によいんですか?」「ええ、私共も子供が大好きでしてね。是非とも協力させていただきたい」 柔和な笑みを浮かべる社長。初めて顔を合わせた時は警戒心を抱いたが、 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
乾ガラス ※未完
作者:匿名さん お題:早い妄想 制限時間:15分 読者:5 人 文字数:299字
四畳半のこの部屋は、どこかの熱帯雨林の様に湿り気を帯びていた。実際に熱帯雨林に行ったことがあるわけではないが、そう感じた。 こんな日は、酷く諧謔的になる。 カ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:阿修羅抜け毛 制限時間:15分 読者:2 人 文字数:283字
妻が「もう耐えられない」出て行ってしまった。もうすぐ銀婚式で、お祝い用に高級レストランだって予約したのに。 彼女が一体何に「もう耐えられない」と言ったのか、な 〈続きを読む〉