お題:フハハハハ!それは猫 制限時間:4時間 読者:414 人 文字数:4846字

猫も食わない
神様。
里奈ちゃんはアタシのことが本当に好きなんでしょうか。
「なにいってんのバカップルのくせに」
心底ばからしそうにハナちゃんはパフェをほおばる。白いクリームと赤いイチゴのやつ。ちなみにふたつめ。ハナちゃん曰く、生クリームは別腹、らしい。前に天高くもられたパフェを三つ平らげて、隣に座っていたサトルくんの胃をもたれさせていた。そのときも隣に里奈ちゃんがいたな、なんて思ってまたため息が出た。
「だって最近つれないし」
「いつもじゃない?」
「そんなことないわよ! そんなところも好きだけど!」
そう、最近里奈ちゃんはつれない。いつもつれない、と言われてしまえばそれまでだけれど。最近一緒に帰ってくれない、とか。おやすみの日も一緒にいてくれない、とか。
「浮気? ねえ浮気? 浮気よねこれ? どうしようハナちゃん?」
「どうしようもないねえ」
「アタシの何が不満だっていうのよ!」
「そういうところじゃない?」
ふたつめのパフェを平らげ、メニューを開きながらハナちゃんは言う。完全に心ここにあらず。ちゃんと聞いてよ! と言うと聞いてる聞いてる、といいながら店員さんの呼び出しボタンを押した。次は抹茶パフェらしい。顔のいいウェイターさんを見送ってから、そのやわらかいほっぺたをひっぱった。
「いひゃひゃ」
「そういうところってどういうところか、ちょっとお姉ちゃんに教えてみなさいハ~ナちゃん?」
「おねえちゃんっていうかオネエっていうか、あ、いひゃひゃやめへふらひゃい」
離してあげると、ハナちゃんはふわふわのほっぺたをかばうように手で押さえた。ファンデーションとチークの乗った、女の子のような頬。その様子を見ながら、ああ里奈ちゃんに会いたい、なんて思ってしまう。恋愛より友情のほうが大事、みたいなひともいるけれど、アタシは絶対に恋愛のためにすべて投げ出してしまうタイプだわ。
里奈ちゃんは、どうだろう。確実にわたしと同じタイプでは、ない。友情でも、ない気がする。自己中心的とは違う気もするけど、里奈ちゃんの世界の中心は、確実に里奈ちゃん本人だもの。
「そういうところ、ってそういうところよ」
ちょっとふてくされたような表情で、ハナちゃんは言う。
「アンちゃんはもっと里奈ちゃんのことを信用してあげてもいいんじゃない?」
「……どういうこと?」
「里奈ちゃんは里奈ちゃんなりに、アンちゃんのこと好きだと思うよ、って話。アンちゃんったらすぐ浮気だなんだって騒ぐんだもん。ねえサトル?」
ハナちゃんが、テーブルの隣に立ったウェイターを見上げる。抹茶パフェをお盆に乗せたサトルくんが、えっ、と肩をはねさせた。
「俺にふるの? 抹茶パフェおまたせしました」
「このあいだもプリンいっしょに食べてただけで大騒ぎになったじゃない」
「だって……」
だって、本当に不安になったんだもの。ハナちゃんだって見た目は美少女だけど股間には男のものがついてるれっきとした男性だし。しかもその隣には、バイトするだけでその店の売り上げをあげてしまうレベルのイケメン・サトルくんがいる。
対してアタシになにがあるっていうの。背は高い。でもそれくらいで、しかもこんなんだ。
美男美女(一見)は、あっサトル、サトルも参加しよ。ほらどうぞ。いや俺バイト中だし。注文はサトルくんでお願いします!。却下。なんてバカップルを見せつけてくる。実際ふたりは付き合ってないんだから、そんなのアタシの思い込みなんだけど。
でも、でも。
「……アンちゃん?」
バカップルを中断して、ハナちゃんがアタシを覗き込んでくる。揺れてる視界の隅で、サトルくんが戸惑ったのがかろうじて見えた。ぽろり、と涙が頬を転げ落ちていく感覚に慌てて顔を覆う。ブサイクが泣いたって一銭にもならない。
思い込みかもしれない。でもどうしたってとまらない。困ったように頭を撫でてくれるハナちゃんの、それでもやっぱり男の子の手に、また涙があふれた。
「アタシ、みちゃったの。里奈ちゃんが、学部も違う知らない男とおしゃべりしてるとこ」
「でも、それは」
「笑顔だったの。すごく」
その時の里奈ちゃん、恋しちゃうくらい、かわいい笑顔だったの。


***


「なにこの展開」
バイトあがりにスマホをみたら、通知がものすごいことになっていた。要約してどこどこの喫茶店にいるから今すぐ来いという連絡。それだけなら、存在しない所用でお断りするんだけど、それがハナちゃんだけじゃなくあのサトルくんからもきていたので、何があったのかと駆けつけた。グッバイわたしと野良猫ちゃんのラブラブタイム。なんて、最近仲良くしている黒猫ちゃんのことを考えながら駆けつけた喫茶店には、しくしく泣いてる安吾と、ちょっと不機嫌なハナちゃんと、空になった五つのパフェグラスが待っていた。
「おまたせしました」
と言って、ウェイター姿のサトルくんまでもが、バナナの乗ったパフェを持ってやってきた。イケメンのウェイター姿だ。眼福。そしてすれ違いざまに小声で「がんばって」と言われた。イケメンにがんばってとか言われたらがんばっちゃうよね。なにをがんばれっていうんだろうこの喫茶店で。
「で、何?」
「浮気調査をします」
浮気調査って面と向かってされるものだったっけ。
まあ座りなさい、と言われたので、泣いている安吾の隣に座る。安吾が泣くことはめったにない。だから少し、いやだいぶ、不安な気持ちになる。三か月に一回は浮気を疑われているけど(もちろんそれが事実だったことは一度もない)、泣いていたことなんてあっただろうか。
「単刀直入に聞くけど、里奈ちゃん浮気してる?」
「してないよ」
「うん、でもね、アンちゃんがね、浮気してるとこみたって」
「それ今のところ十割勘違いだけど……、うん、どういうとこ?」
ハナちゃんは裁判官のような顔をして、安吾に発言を促す。安吾は鼻をすすりながら、ぐずぐすと発言する。
「……里奈ちゃんが、しらない男としゃべってたとこ」
「そらしゃべるよ共学なんだから」
「アンちゃん、どんなとこみたの?」
「共通棟のとこ……お庭になってる、とこで」
共通棟、は、その名の通りいろんな学部の生徒がごったがえす人種のるつぼみたいなところだ。一般教養の授業を受けるところ。うちの大学は総合大学を名乗っているので、そりゃあもういろんな人がいる。お庭となると、あちらこちらで弁当を広げていたりカップルがいちゃついていたり、ごはんを貰えると知っている野良猫がそこかしこでくつろいでいたりもする。
もちろん、わたしもそこでくつろいだりパンをたべたりする。同じ授業をとっている友達と談笑したりもする。でもわたしの交友関係は大概安吾に把握されているので、しらない男、というと心当たりがない。
「思い当たる?」
「うーん……正直全然……。そのときわたしどんな感じだった?」
「笑ってた……すごいかわいく笑ってた。すごく……」
そういって当日を思い出したのか、安吾がまた目を潤ませる。なんか褒められてるんだか、なんなんだか。普段なら恥ずかしさのあまり距離を置くところなんだけど、状況が状況なので追及する。
「笑ってたの。どんな感じに?」
「かわいく……」
「いやそこは聞いてないんだけど。爆笑?」
「ううん、なんか、こう、ふわっと」
「ふわっと? 会話の流れで笑ったとかじゃなくて?」
「うん。男の顔は見えなかったの。里奈ちゃんがベンチに座ってるとこに、お、男が駆け寄っていって、りなちゃんが、わ、わらっ……」
「ああんもう、アンちゃん泣かないで」
「男と里奈ちゃん、すごい至近距離まで近づいたの! もう我慢できなくて、アタシ、アタシ…!!」
「わたしがベンチに座ってるとこに……?」
ふと。わたしは頭の隅に心当たりをみつけた。わたしがベンチに座っているところに、駆け寄ってきた男。その一瞬前。
「猫だよそれ!」
「猫じゃないわよ! 人間だった!」
「違うそういうことじゃない!」
でもわかった、あのときか。ああすっきりした! やっぱり断じて浮気じゃない。
「え!? まってちょっとどういうこと? 里奈ちゃん猫と浮気したの?」
すっかり混乱したハナちゃんが言う。それはちょっと当たってるかもしれなかった。
「えっと、安吾とハナちゃんはさ、猫飼くん知らない?」
「ああ、あの、入学式に猫連れてきたって伝説の」
「そうそう。何学部だったか忘れちゃったし、良く考えたら本名も知らないし、わたしもそのとき初めて会話したんだけど。その日も飼い猫が大学まできちゃったんだって」
その日、わたしは日向ぼっこを楽しんでいた。やわらかい日差しが気持ちの良い日。なんで共通棟の庭にいたって、ベンチに腰かけたわたしの膝には猫が陣取っていたからだ。
「その猫が猫飼くんの猫?」
「ううん、それは野良猫」
このまま寝そう、なんて思いながら、膝の上の黒猫の背を撫でていた。そのわたしの足元に、にゃあん、と白と茶色のもようの猫がすり寄ってきた。大学にいついた野良猫かな? と思ったけれど、その子には首輪が付いている。そしてその子は、わたしの隣にぴょんと飛び乗って、膝の上の黒猫ににゃうにゃうと何かを訴えた。
「その描写必要?」
「かわいかったからいるかなって思って。いらないなら省くよ」
「……かわいいって言ってる里奈ちゃんがかわいいから続けて……」
「元気そうねアンちゃん」
すると黒猫はぴょんとわたしの膝を飛び降り、白茶の猫はそれを見るや否やわたしの膝に座り込んだ。なんだろう、わたしは猫の椅子になってしまったんだろうか。言葉に言い表せない至福を感じながら、わたしはその白茶の背中をなでなでしていた。
「そしたら猫飼くんが走ってきたの」
「本当に要らなかったねさっきの描写」
猫飼くんはわたしの前に立って、アムさん探したよ、と言った。アムさん、というのが、白茶ちゃんの名前らしかった。アムさんはわたしの膝でくああっとあくびをして、猫飼くんの言葉をしかとした。無視された猫飼くんは困ったように眉をさげて、そこで初めてわたしの存在に気が付いたみたいに目を見開いた。戸惑った顔のまま、猫飼くんはわたしに一歩近づいて、アムさんはそれを一瞥してわたしにすり寄った。もっと撫でて、と言うように。
「それがもうなんというかめちゃくちゃかわいくて、つい笑っちゃったよね」
わたしはアムさんを抱え上げて、この猫飼ってるの、と聞いた。猫飼くんはぼそぼそと、同居人が飼ってる、と答えた。「だからアムさんは、俺をヒエラルキーの最下層に置いてるんだよね」と言って、ちょっと情けない顔をした。まあその辺は、本当にこの話に関係ないか。
「だから浮気じゃないよ。会話しただけ」
「笑顔になったのも」
「アムさんかわいくてね……美猫だった……」
丁寧にケアされているんだろう、きれいな毛並みの猫。女王様みたいなわがままも、そうふるまえるのは、ヒエラルキーとかじゃなくて飼い主の愛を感じてるんだろうな、とか考えてしまう。見知らぬ女の膝を占拠してるのが、人に愛されてる証拠だ。黒猫ちゃんを手懐けるまで時間がかかったわたしが言うんだから間違いない。
「うっとりしてる里奈ちゃんもかわいい……」
「そうなの、かわいい猫だったの……アムさんちゃんこないだも同じベンチにいたから、今度は安吾も見においでよ」
「行く! うれしい、最近里奈ちゃんかまってくれなかったから……」
「最近ね、猫と遊ぶのにハマってるの。黒い野良なんだけど」
「里奈ちゃん、ちょっと待って。安吾と里奈ちゃんに言いたいことがあるの。いい?」
ハナちゃんはすごく真剣な顔をして、わたしたちをみた。あまりに真面目な顔だったので、わたしは口をつぐんだ。ハナちゃんはしびれを切らしたように叫んだ。
「やっぱりバカップルじゃんか!」
作者にコメント

似た条件の即興小説


ユーザーアイコン
作者:桐十 お題:フハハハハ!それは猫 制限時間:4時間 読者:269 人 文字数:3494字
平凡な昼下がり。いつものように窓から入ってくる光の量を本が傷まないように調節しながら、飴宿紘は欠伸を一つ噛み砕いた。寂れた裏路地にある古書店、そんな場所に訪れる 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:フハハハハ!それは猫 制限時間:4時間 読者:270 人 文字数:627字
「…え。」意味わかんない。「面白いと思うよー!やろ!」面白いって何が。「ほら、おいで!」「…っ。ちょ、ちょっと…。」触らないで、全身にむしずがはしる。「…った~ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:なないろサイダー お題:フハハハハ!それは猫 制限時間:1時間 読者:80 人 文字数:1623字
「ゆうしゃへ」とたどたどしい文字で書かれたそれは、やっとのことでそう読めた。勇者は手紙から視線を外すと、そっと正面を見やる。そこには魔王の使いが恭しく立っていて 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ぐちぐちいってる誰かさん お題:フハハハハ!それは猫 制限時間:30分 読者:262 人 文字数:385字
な、なんだこの愛らしすぎる生き物は!もふもふした毛並と、すこし吊り上ったのきれいな瞳、しっぽはピーンとたっていてよたよたとこちらへ歩いてくる姿は万人を魅了するだ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:鋼㋨柚酉 お題:蓋然性のあるお天気雨 制限時間:4時間 読者:5 人 文字数:2862字
「この地域一帯では、もう何年も雨が降っていないのです」 エルダーは蓄えた白髭を撫でながら、長い年月を経て刻まれた皺をより深くする。 すっかり衰えてやせ細った体 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
作者:唯@創作垢 お題:帝王のおっさん 制限時間:4時間 読者:6 人 文字数:5250字
《中編より》 荷車を引きながら、森を抜けて道へと出る。杭の内側に入るだけでそこを外れたのがはるか昔のように感じた。実際は大した時間は経っていないけど、集中と緊張 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:唯@創作垢 お題:帝王のおっさん 制限時間:4時間 読者:11 人 文字数:12331字
《前編より》 一番近い危険区域は王の都へと引かれている水路の保守整備を行なう地点の近くにある洞窟だという。王の都の東側の森の中に位置し、普段は通路近くの地表に穴 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:唯@創作垢 お題:帝王のおっさん 制限時間:4時間 読者:13 人 文字数:14102字
砂漠の中ほどで二つ目の水筒に切り替え、それは王の都の直前で尽きてしまった。不満を訴える腹はなかなか泣き止まず、隙があれば声を上げている。ただ真剣に歩き続けてい 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:星蘭 お題:斬新な映画館 制限時間:4時間 読者:27 人 文字数:5020字
ゆっくりと、眼を開いた。ずきずきと頭が痛む。一体何が起きたのか、自分は何故眠っていたのか、理解出来ない。此処は何処だ、とルカは視線を周囲に巡らせた。見慣れた景色 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:モミジノアトリエ お題:赤いぬめぬめ 制限時間:4時間 読者:36 人 文字数:565字
気付けばいつも本を読んでいる。本の頁はいつまで経っても尽きることはなく、薄い紙片をめくりすぎたせいで、右手の人差し指と親指の先の感覚はほとんど残っていない。真白 〈続きを読む〉

菜山あきらの即興 小説


ユーザーアイコン
作者:菜山あきら お題:刹那の運命 制限時間:4時間 読者:245 人 文字数:2837字
目があったのはほんの一瞬。「桜井、なんかあったの?」「んん、や」春の陽気はうららかに。ぴかぴかの制服をきた新入生たちが、柔らかな日差しの中こちらに向かってくる。 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:菜山あきら お題:難しい女の子 制限時間:4時間 読者:334 人 文字数:1718字
「お、んなのこに」なりたいんだけど、とやっとの思いで口に出すと、ふたりは目をぱちぱちと瞬かせた。季節は冬。バレンタイン目前。教室内の女の子も、あちこちで恋バナを 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:菜山あきら お題:ひねくれた悪役 制限時間:4時間 読者:305 人 文字数:2031字
大学で、「じゃあ俺今日バイトあるから、夜遅くなる」「わかってる」「ご飯残しといてね」「はいはい」なんて、家族のような会話をしたのが最後だった。夕方、五時四十五分 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:菜山あきら お題:でかい広告 制限時間:4時間 読者:311 人 文字数:2252字
年を越して七日。空を見上げると、そこに彼女の顔がある。端正な顔立ち。黒い髪。すっと、冷えるようなまなざし。浅倉透子。貼り出された彼女は、その黒髪と相対するまっし 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:菜山あきら お題:忘れたい事故 制限時間:4時間 読者:264 人 文字数:1057字
学校はつまらない。人間に生まれたのが間違いなのか、猿にでも生まれておけばよかったのか、とか。小学生のときはガキ大将だった。背はそんなに高くなかったけれど、声が大 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:菜山あきら お題:当たり前の伝承 制限時間:4時間 読者:340 人 文字数:1585字
男は口さみしい。「吸血鬼って知ってる?」「ん?」ソファに座った俺の膝を枕にしている遼太郎の頭を撫でる。遼太郎は、アクション映画をやっているテレビから俺に目をうつ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:菜山あきら お題:フハハハハ!それは猫 制限時間:4時間 読者:414 人 文字数:4846字
神様。里奈ちゃんはアタシのことが本当に好きなんでしょうか。「なにいってんのバカップルのくせに」心底ばからしそうにハナちゃんはパフェをほおばる。白いクリームと赤い 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:菜山あきら お題:黄金の小説合宿 制限時間:4時間 読者:351 人 文字数:2026字
中村と望月が、喧嘩してるなう。「……」「……」困った。隣で漫画を読んでいる葛城をみると、集中しているのか紫色の座布団にあぐらをかいたまま微動だにせず手元の紙を眺 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:菜山あきら お題:君と小説トレーニング 制限時間:4時間 読者:384 人 文字数:1470字
里奈ちゃんは小説を書く。里奈ちゃんは、恋人であるアタシといるときでも小説を書く。恋人同士で一つ屋根の下、一つの部屋の中ですることといえば決まっている、と思う。だ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:菜山あきら お題:漆黒の闇に包まれし体験 制限時間:4時間 読者:306 人 文字数:1519字
昔話をしてあげよう。僕がまだ駆け出しの吸血鬼だったころの話だ。……え? ああうん、駆け出しの。人間から吸血鬼になってまだ10年も経っていない時のことだよ。僕のそ 〈続きを読む〉