お題:愛すべき父 制限時間:15分 読者:206 人 文字数:244字

過激派 ※未完
 オーファーザー、今日も不届きものを連れてまいりました。かれらは外科医と人道主義者です。かれらが今日まで人間を生き延びさせていたものです。人間は猫の上で跳ねるダニであります。そして、オーファーザー、あなたを殺そうとするヒフ癌でございます。かれらをいったいどのように致しましょうか。なんでもおっしゃってくださいませ、ファーザー。
 目を覚ますと見知らぬ家の裏庭のようなところだった。手足を縛られていた。そしてそれは隣に横たわっている白衣の男も同じようだった。我々をこんな目に合わせた兆本にん
作者にコメント

似た条件の即興小説


ユーザーアイコン
作者:レンga★TRPG専用 お題:愛すべき父 制限時間:15分 読者:204 人 文字数:671字
私の本当の父親がオークだと聞かされた時、まず真っ先に“ありえない”という言葉が脳内を鋭く鮮烈に反響した。それは、それが「嫌だ!」だとか、「どうして今まで黙って 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:トキ お題:愛すべき父 必須要素:クリスマス 制限時間:15分 読者:181 人 文字数:954字
聖なる夜、星降る夜。 夜空には星が輝き、深々と雪が降る。 12月14日、クリスマス。「なのに私は今日も仕事、と」 キーボートを叩くように打ち、愚痴が溢れる。 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:あにぃぃ お題:メジャーな彼氏 制限時間:15分 読者:5 人 文字数:764字
何となく、私は一人でいいと思う。いや、一人でも良かったのかもしれないと思っている。そう思っているだけで、実際は愛する彼がいて、恐らく何事もなければこのままいずれ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:俺は病気 制限時間:15分 読者:4 人 文字数:448字
朝、目がさめると、壁が目の前にあった。 いや、壁ではない。少し視線を動かしてみると電気が付いている。寝ぼけた頭でもわかる。これは天井だ。 はっきりと目が覚めて 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
不器用な嘘 ※未完
作者:谷矢チカフミ お題:賢い嘘 制限時間:15分 読者:10 人 文字数:446字
不審そうな視線に笑顔を返せば、結局は誰も口出しをしない。忠義だの恩だのと言う者達は、主のお気に入りである参謀の私に口出しは出来ない。笑いながらお決まりの言葉を 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
作者: お題:最弱のサラリーマン 制限時間:15分 読者:8 人 文字数:1071字
静まり返った街中を、レールを軋ませながら電車が走り抜ける。酒で酔って寝ている人、大声で喋る化粧の濃い女性、疲れ切った顔で携帯を見るサラリーマンの群れ。私もその中 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
トラブル回避 ※未完
作者:にい お題:弱いゴリラ 制限時間:15分 読者:13 人 文字数:886字
真正面から歩いてくる男と目が合ったとき、喧嘩をふっかけられると直感した。血に飢えているやつは目でわかる。そして大体、野獣のような顔つきをしている。幅の狭い道だ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:弱いゴリラ 制限時間:15分 読者:5 人 文字数:396字
威嚇された一頭のゴリラがすくみ上って、こちらに向かってきた。「今回も、失敗ですね」「うーん、ちゃんと自分を主張できれば、他のゴリラに引けは取らないはずなんだけ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:茂吉 お題:猫の窓 制限時間:15分 読者:7 人 文字数:435字
「なんで猫が家の中にいるんだ?」 愛猫で、さぼトラのペレが絨毯の上に座って、蒼い目をこちらに向けている。家の中には決して入れないようにしていた。室内が汚れること 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
信頼の価格 ※未完
作者:匿名さん お題:高い税理士 制限時間:15分 読者:4 人 文字数:370字
誰かが言った。「同じ仕事を頼むなら安いほうにするよ。」別の誰かが言った。「そんな金額、払えるか!」そんな言葉を何度聞いただろうか。高い税理士。それが俺の世間での 〈続きを読む〉

鮭り@discord始めたの即興 小説


ユーザーアイコン
※未完
作者:鮭り@discord始めた お題:ぐちゃぐちゃの投資 制限時間:30分 読者:65 人 文字数:482字
「とにかく、三万余計にかかるから、明日の昼間のうちにお願いします」 そう言って電話を切った。それから、ふたたびお金の計算に戻った。補講費が二万、水道代が三千円 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
※未完
作者:鮭り@discord始めた お題:猫の愛人 制限時間:30分 読者:64 人 文字数:436字
マグカップを持ち上げ、インスタントコーヒーを飲む。やっぱり水で洗っただけでは、どうにも飲み口が気持ち悪いとような気がする。少し湿ったタオル地のハンカチの上にそ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
※未完
作者:鮭り@discord始めた お題:不屈の伝承 制限時間:30分 読者:88 人 文字数:369字
夕刻、フォレスト・ケージは夢を見た。 かがり火ひとつない湖岸の砂浜、さざ波の中に横たわった。彼の体のほとんどはもう水の中にあったが、そのさざ波は彼を攫い流そう 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
癖のある人 ※未完
作者:鮭り@discord始めた お題:絶望的な模倣犯 制限時間:30分 読者:140 人 文字数:374字
石狩五郎は左手を包帯でぐるぐる巻きにし、その上に大きな氷袋を乗せられた状態で、病院のベッドに寝ていた。私が病室に入ってくるのに気がつくと、イテッ、イテッと言い 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
無題 ※未完
作者:鮭り@discord始めた お題:素朴な眠り 制限時間:30分 読者:107 人 文字数:244字
管理人室の中は相変わらず寒い。ヒーターがひとつ置いてあったが、それはおれの足ばかり熱いぐらい暖める。上着はあまり役立っていない。父が家から持ってきてくれたチャ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:鮭り@discord始めた お題:オレだよオレ、町 制限時間:30分 読者:181 人 文字数:449字
モノレールはその駅で停車した。終着点であるその駅で乗り降りをするものは、唯一の乗客である男のみであった。男はモノレールのドアが開いて、ほんものの陽の光が入り込 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
君のせい ※未完
作者:鮭り@discord始めた お題:僕の撃沈 制限時間:30分 読者:182 人 文字数:516字
どんよりとした眠りの泥沼の仲から持ち上がってくるように、僕は目覚めた。目覚めて既になにかにうんざりしている僕に呼応してか、空は既に薄暗い。陽が半分落ちかけてい 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
化粧 ※未完
作者:鮭り@discord始めた お題:僕の好きな諦め 制限時間:30分 読者:143 人 文字数:451字
高架下をくぐり抜けて飲み屋街の方に歩いていくと、遠くに白地に緑の明朝体で「辰美古書店」とあるのを見つけた。僕は吸い寄せられるようにその店に向かって歩いた。少し 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
落ちる夢 ※未完
作者:鮭り@discord始めた お題:見憶えのある夢 制限時間:30分 読者:164 人 文字数:597字
みしりと、体が重力に引かれる感覚によって、男は目覚めた。男が自身のもつ重力によって叩きつけられたところは、いつも寝ている万年床であった。またあの夢か。男はすっ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:鮭り@discord始めた お題:茶色い雑踏 制限時間:30分 読者:151 人 文字数:547字
つまり、雑踏とは本来人ごみのことである。だがもし、きみが「雑踏」と聞いて、ウン人ごみのことだよなと、そう思うことが出来ないとしたらだ。特に今日のように「茶色い 〈続きを読む〉