ユーザーアイコン
お題:昼間のパラダイス 制限時間:15分 読者:320 人 文字数:557字

昼の光から逃れるために
 天国の片隅には秘密のプラネタリウムがある。

 小ぶりなテントの中に設えられた座席の数は六つ、上映回ごとにいつもあっという間に満席になる。オープンするのは太陽が出ている間だけだ。夜明けと共にテントの入り口は開き、日没と共に閉じる。空に星が灯りはじめる頃には、テントの姿は跡形もなく消えてしまう。

 天井に投影されるのは、私たちには見られない星空である。
 天国の季節は、地球のそれとは少し勝手が違うのだが――冬に夏の星座を、夏に冬の星座を映すのと同じように、テントには遠い星空が現れる。

 わたしたちは、黙ってその星空を見つめる。言葉を交わす者はいない。そもそも、誰かと連れ添って来る者など、いない。誰もがひとりきりでやってくる。上映の間、隣に座るのは、必ず赤の他人だ。それでも何回か訪れている内に、同じ常連の顔見知りはできる。それでも、会話はしない。挨拶もしない。目があったときの、反射的な会釈が精々といったところ。
 テントの主も、何も喋らない。わたしたちから入場料を集め、プラネタリウムのスイッチを入れたあとは、上映が終わるまでずっと黙っている。解説の音声も、もちろんない。必要がない。わたしたちは、永遠に見ることが叶わないこれらの星座について熟知しているから。


 それは地獄から見る星空なのだ。
作者にコメント

似た条件の即興小説


ユーザーアイコン
作者:あにぃぃ お題:元気な彼方 制限時間:15分 読者:4 人 文字数:582字
「悲しいことがあったら、遠くを見るんです」彼は笑ってどこか遠くを見つめ、私に言った。静かにそっと、涙を流していたのだった。泣くほどのことがあったのかと私は聞こう 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:にい お題:楽しい靴 制限時間:15分 読者:8 人 文字数:762字
娘が泣きべそをかきながら学校から帰ってきて、部屋に閉じこもったまま出てこない。妻と一緒になって心配していたのだが、そっと「夕飯ハンバーグだよ」と声をかけるとす 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:水床海老 お題:黒い妹 制限時間:15分 読者:9 人 文字数:889字
朝起きたら、妹が真っ黒になっていた。 比喩ではない。日焼けした、などという生ぬるいものでもない。文字通り真っ黒になっていた。 しかし、朝食の場を囲んでいる母も 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:鈴木良尚 お題:大好きなピアニスト 制限時間:15分 読者:10 人 文字数:662字
好き嫌い、得意不得意。そういったものはあまり考えないようにしていた。仕事をしていく上でそういったものは不利益でしかない、という思いがあったからだ。そしていつしか 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:桜エビ お題:夏の殺人 制限時間:15分 読者:14 人 文字数:503字
なんでこんなことをしたのか、俺は正直この瞬間でも言葉で説明することは出来ないただ、こうあるべきだと思ったからこそ願いを聞き入れた。夏祭りの日、どうせ何も無いだろ 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
作者:ダツ=D・U=脱衣拳 お題:夏の殺人 制限時間:15分 読者:10 人 文字数:1047字
夏は楽しいことばかりだ。朝早く起きればプールに行き、昼もどこかへ遊びに行き、夜は花火をやればいい。そんな最高の季節であることには間違いない。 ただ、それでも嫌 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:夏の殺人 制限時間:15分 読者:1 人 文字数:356字
「ミーン ミーン・・・」。暑い暑い日、セミが鳴いていた。私は森にいた。川の音がしたので、奥に進むと、・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ダツ=D・U=脱衣拳 お題:わたしの好きな団欒 制限時間:15分 読者:8 人 文字数:820字
ぼーっとした顔で月を見ている男が一人いる。左手はベランダの手すりにかけて、右手にはガラスの空コップを持っている。月見酒といえば格好がつくのだろうが、なにせ私た 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:自分のことを日ノ宮と思ってる一般人 お題:ありきたりなヒロイン 制限時間:15分 読者:11 人 文字数:1049字
「さぁ私と結婚しなさい!」 転校生は自信ありげに自己紹介をした。自己紹介? 事故紹介だな。「あの……自己紹介をお願いします」 あぁ担任が困り果ててきた。「聞いて 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:破死竜 お題:愛と死の何か 制限時間:15分 読者:5 人 文字数:945字
「何かって?」 「何かは、何かです!」 白死館で殺人事件が起きた。 「そもそも、そななん名前のところに、行くかー、フツー?」 「事情があったんですよ、きっと」 〈続きを読む〉

の即興 小説


ユーザーアイコン
作者: お題:求めていたのは液体 制限時間:15分 読者:39 人 文字数:674字
人間たちは知らないことだけれど、南極には雪の女王が住んでいる。 彼女は、童話に語られるとおりに美しく、童話に語られるとおりに孤高で、そして童話に語られたのと 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者: お題:ワイルドなライオン 制限時間:15分 読者:32 人 文字数:333字
それは季節性の流行病のように、一年に二度ほどやってくる。 とてつもなく凶暴な、誰彼構わず当たり散らし、暴言を吐き、目につくもの全てを片端から壊してしまう、どう 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者: お題:初めての娼婦 制限時間:15分 読者:40 人 文字数:158字
私の身体を通り抜けたものは、快楽の代わりに忘却を得る。 どんな記憶も望むままに忘れられる。忘れてしまいところだけを的確に、覚えておきたいところには傷一つ付けず 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者: お題:おいでよ食器 制限時間:15分 読者:36 人 文字数:260字
小さな博物館の常設展、その片隅、観光客もよほどの暇人でなければ立ち寄ることがないようなマイナーな区画が、彼女のお気に入りだ。考え事をしたいときなど、休日の朝か 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者: お題:壊れかけのもこもこ 制限時間:15分 読者:71 人 文字数:525字
毛布は良い。何故って、毛布は壊れようがないから。 その絶対的な真理を、ひとは、おそらく生後数ヶ月ごろには、無意識のうちに悟っているのだろう。子供がお気に入りの 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者: お題:1000のぬくもり 制限時間:15分 読者:61 人 文字数:712字
「終末医療の一貫として」というお題目が無ければ使うことを許されないその医療魔法は、遠い昔の民話を依り代にしていた。一羽一羽が強力な麻酔と鎮静作用を持つ、甘い砂 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者: お題:近いお尻 制限時間:15分 読者:98 人 文字数:900字
死者の戻ってくる日、という風習は世界のあちらこちらにある。 東の島国では彼らの送迎まで用意するというし、西の大陸には気が触れるほどの鮮やかな色彩で彼らの帰還を 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者: お題:刹那のコウモリ 制限時間:15分 読者:112 人 文字数:606字
一秒間の変身能力を手に入れた。 たった一秒。一日の内、たった一秒だけ、私はコウモリに変身できる。 数十冊の魔道書を読破し、怪しげな薬にいくつも手を出し、それこ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者: お題:女の海辺 制限時間:15分 読者:108 人 文字数:798字
人魚の子を身篭った。 孤独な身の上、それも自営業だったので、誰にも説明を求められはしなかったが、切実な問題として、産むのに良い場所がなかった。人間の病院には掛 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者: お題:暗い心 制限時間:15分 読者:109 人 文字数:758字
火傷だらけの鬼がひとり、森を歩いてゆく。 その晩は新月で、鬼にとって幸いなことに、今にも雨を降らしそうな厚い雲が夜空をみっしりと埋めていた。風も重く、優しく、 〈続きを読む〉