お題:小説の中の豪雪 制限時間:15分 読者:169 人 文字数:752字
[削除]

間違った解決策 ※未完
暑い時に「暑い」と言うと余計暑くなる、と言うけれど。
だからと言って「寒い」と言えば涼しくなるかと言われたら、もちろんそんなわけがなくて。
それでも少しでも涼しさを求めて、私は寒さに触れることにした。
クリスマスソングを流す、寒色の服を着てみる、スマートフォンのホーム画面を雪だるまの写真にしてみる。などなど。
そんなことやってないでとっととエアコンつけろって?
ははは。
壊れたんだよ! できるんなら最初からやっとるわ!
電気屋さんが助けに来てくれるまであと一日。
この猛暑に大忙しらしい。
扇風機でも買ってみるかと思っても、この炎天下に外出する気なんてまったく起きない。
仕方なく、仕方なく思いつく限りの寒さ体験をしているのだ。
ああ、暑い。
ごろんと寝転がるとフローリングがほんのり冷たくてくっついてみるが、ものの数秒でじわじわと汗がにじみ出てきた。
しかたなくごろんごろん、と場所を変えて同じ行動に終始する。
「あ」
部屋の隅まで転がったとき、本棚の中の一冊が目に入った。
真っ白な装丁で一際目立つそれを取り出してみる。
表紙をめくって文字を追う。
これも寒さ対策だ、と読み進めてみる。
それは冬の山村の話だった。
ある地方の昔話を由縁としたミステリーで、おどろおどろしい文体が特徴的、らしい。
らしいというのは、ちゃんと読んだことがないからだ。
昔好きだった人がこの作家のファンだったのだ。
けなげにも恋する私が話すきっかけを作ろうとそのとき出たばかりの新作を買ったのだ。
残念ながらその本を買った帰りに、彼が女の子とデートをしている姿を見つけてしまって、そのまま読まずに本棚に放り込んだ。
ああ、悲しき思い出。
だがもうその悲しみも今ではすっかり消え失せて、私にとってはもはやこれはただの本。
この作品をツイート

似た条件の即興小説


ユーザーアイコン
作者: お題:小説の中の豪雪 制限時間:15分 読者:388 人 文字数:463字
寒い日には南国の物語を、暑い日には北国の物語を読みたいと思う。それはごく自然な願望だ。燃え上がる図書館の階段を上へ上へと登りながら、わたしは壁面書架に並ぶ本た 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:紅森がらす お題:小説の中の豪雪 必須要素:お湯 制限時間:15分 読者:241 人 文字数:522字
涼しくなる小説、を頼んでおいて、てっきりホラーでもおすすめしてもらえるかと思ったら、「冬」というシンプルなタイトルの小説を貸してもらえた。秋から始まったその物語 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:砂猫 お題:いわゆる暴走 制限時間:15分 読者:6 人 文字数:915字
はじめのうち何が起こったのかわからなかった。ぼくを含めたクラス全員、全員、口をぽかんと開けて状況を見つめているだけだった。とてつもないことが起こっている、という 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:あにぃぃ お題:打算的な希望 制限時間:15分 読者:6 人 文字数:851字
「これ言ったの、お前だけだから」そう言われて頬を染める私は、きっと愚かで可哀想なんだろう。そして自分を可哀想と思うのは、きっと悲劇のヒロインぶって・・・・・・と 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:白風水雪 お題:愛すべきバラン 制限時間:15分 読者:8 人 文字数:833字
僕は、ふらりと居酒屋に立ち寄った。 取引相手先からの帰りだ。もう日はとっくに暮れている。 最寄りの駅で電車に乗らなければならないのだが、家に着いたら、シャワー 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
断罪 ※未完
作者:えむろ お題:10の処刑人 制限時間:15分 読者:10 人 文字数:522字
誰しもが聖人ではない。あるいは偉大な聖人として多くの群衆から崇められる聖人であっても、多かれ少なかれ罪を犯し、それを心に抱えながら人は生きている。しかし、その 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
レメ ※未完
作者:サトT お題:団地妻の液体 制限時間:15分 読者:8 人 文字数:550字
これから突入する。いいか、三秒後だ。 その言葉にそれぞれがうなずく。 さん、にい、いち。 男は扉を突き破り、内部へと侵入を図る。 「ポルマトの自警団だ! 直ち 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:サトT お題:バイオ心 制限時間:15分 読者:18 人 文字数:535字
それは今朝、突如として起こった。ベッドの上で深い眠りについていた僕は飛び起きた。心臓に激痛が走ったのだった。休日だというのにこんな早朝に起こされるのは不愉快な 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
王子様 ※未完
作者:ビビリ お題:暴かれた王子 制限時間:15分 読者:6 人 文字数:529字
女子高 演劇部の王子 透けるようなきれいな黒髪のショートヘア、切れ長の目もと、健康的なきめの細かい肌、長い手足。桜の花も散りかけの頃、ローファーのかかとを鳴らし 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:unique お題:猫の衝撃 制限時間:15分 読者:9 人 文字数:518字
懲役700年。 私が言い渡された判決だ。 人間の平均寿命が80年程度だとすると相当なものだ。 どれだけ経ったのだろう――。 静かな牢獄。 ある日を境に受刑者ど 〈続きを読む〉

匿名さんの即興 小説


ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:過去の何でも屋 必須要素:一人称 制限時間:1時間 読者:1 人 文字数:510字
大金が手に入った。それもケタがおかしいほどである。なので今は後の人生を大金で過ごしている。幸せかと言われれば、そうは思わないが安全安心なのでプラマイゼロだ。なぜ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:昼のサーブ 制限時間:15分 読者:1 人 文字数:672字
ポーン、ポーンとボールが跳音が響く。テニスコートにいるのは二人だけだ。それもそうだろう。今は別に部活の時間ではなく昼休みだ。そうでなくとも、こんなセミが割れるよ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:肌寒い深夜 制限時間:15分 読者:1 人 文字数:435字
いつも見ている番組を知らせるアラームが鳴る。それは明日が今日となる時間だ。「あぁあ、やっちゃった」 けれど、その日はいつもと違っておうちじゃなくて、何年ぶりか 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
※未完
作者:匿名さん お題:希望の沈黙 制限時間:15分 読者:1 人 文字数:224字
人目に付かないだろうと選んだ校舎裏は、下校時刻を過ぎていることもあり、想像より寂しく感じた。これからの事を考えると胸がつっかえうまく息ができない。 これじゃい 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:すごい駄作 制限時間:15分 読者:3 人 文字数:749字
今、地中から顔を出したのはモグラだ。土の中にも三年。このモグラの寿命は三年だったはずだ。ということを僕が知っているのは僕が生物学者であるから、ではなく、僕には 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:魅惑の母 制限時間:15分 読者:3 人 文字数:288字
母親というものにすごく憧れていた。 私は母子家庭で育ったというのもあり、母は母親役はもちろん、父親役もこなしてくれた。母親はこんなに強いんだなと思ったのはこれ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:淡い、と彼は言った 制限時間:15分 読者:7 人 文字数:454字
どこかで轟音が鳴り響く。「始まったか……」 草むらの陰で作戦遂行の命を待つ男は、悲しげな声でそうつぶやく。 止まらない無線。静まらない荒野。終わらない戦争ーー 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:明日の列車 必須要素:とんかつ 制限時間:30分 読者:1 人 文字数:479字
明日は月曜。僕らのかいせん日。僕の家族はいつもよりちょっとだけ早く寝る。明日からのたたかいに備えるのだ。明日の朝、太陽が昇ったら僕らはたたかいの準備をする。お父 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:純白の嫉妬 必須要素:複雑なストーリー展開 制限時間:1時間 読者:4 人 文字数:551字
二人が付き合った。その日の夕方に下駄箱で幸せそうな二人に聞いた。告白は親友からだった。相談をよく聞いていたので経緯も、告白の詳細も、何もかも知っていた。報告は二 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:うわ・・・私の年収、発言 制限時間:15分 読者:1 人 文字数:518字
ある日相談を受けた。後輩の女の子だ。どうやら恋愛相談のようだ。「どうかしたの?」あまり話をしそうになかったのだこちらから聞いてみた。「実は…私付き合っている人 〈続きを読む〉