ユーザーアイコン
お題:小説の中の豪雪 制限時間:15分 読者:417 人 文字数:463字

燃えあがる北極 ※未完

 寒い日には南国の物語を、暑い日には北国の物語を読みたいと思う。それはごく自然な願望だ。燃え上がる図書館の階段を上へ上へと登りながら、わたしは壁面書架に並ぶ本たちの背を撫でていった。もしかすると人生最後の一冊になるかもしれないのだから、最高の偶然が必要だ。容易に決めてはならないし、決め損なってもいけない。この階段もいつまで持ちこたえるか。次の瞬間にも支柱が折れて、私諸ともがらがらと、火の中へ落ちてゆくかもしれないのだ。一階から三階はすべて火に包まれている。出口に辿りつくことはできない。四階の窓から飛び降りたとして骨折死が関の山だ。
「火口みたいだなあ」
 わたしはぼやいた。急激な温度差に育まれた上昇気流が階段に渦巻いていた。手のひらも、背中も、額も、髪も、べったりと汗をかいて気持ちが悪い。どんな夏もここまでひどくはない。
 ふと遠ざかる意識の間に、シャーベットを、とわたしは夢見た。とびきり冷たいシャーベットがいい。わたしは指先に目を向ける。その指が触れている本を、タイトルも確認せずに抜き取る。それが正しいs

作者にコメント

似た条件の即興小説


ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:小説の中の豪雪 制限時間:15分 読者:175 人 文字数:752字
暑い時に「暑い」と言うと余計暑くなる、と言うけれど。だからと言って「寒い」と言えば涼しくなるかと言われたら、もちろんそんなわけがなくて。それでも少しでも涼しさを 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:紅森がらす お題:小説の中の豪雪 必須要素:お湯 制限時間:15分 読者:249 人 文字数:522字
涼しくなる小説、を頼んでおいて、てっきりホラーでもおすすめしてもらえるかと思ったら、「冬」というシンプルなタイトルの小説を貸してもらえた。秋から始まったその物語 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:もき お題:腐ったデザイナー 制限時間:15分 読者:5 人 文字数:749字
まったくどいつもこいつも使い物にならない馬鹿ばかりだと、イライラしながら俺はオフィス街の一端にあるベンチに腰掛け、先ほど買ったばかりのサンドイッチを食っている 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:日ノ宮理李@ひよよんとかなみの子ども お題:腐ったデザイナー 制限時間:15分 読者:6 人 文字数:834字
色とりどりの世界がこの世。 一番綺麗だというのは、自分の血。流すのは簡単、でも痛い。少しずつ少しずつ針を通して、やっと出てくる。 もっとバッサリと切ってしまえ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:戦争と修道女 制限時間:15分 読者:2 人 文字数:392字
荒れ果てた草原の中に一人の純白い身を包んだ乙女が立っていた。どこまでも荒原は続く。かつてここには人々がたくさん住んでいた。今ではその純白の乙女がただ一人佇むの 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:俺の駄作 制限時間:15分 読者:14 人 文字数:1192字
「駄作ですが、どうぞ読んでください」 とんでもない文面で来たな、と俺はSNSの画面を見て唸った。 この短文投稿SNSでは、ハッシュタグをつけて素人のWEB小説を 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:破死竜 お題:打算的な解散 制限時間:15分 読者:11 人 文字数:391字
追い詰めた、と思った。 止めをさせる、と思った。 それが、隙だった。 委任状は集めた、出席株主の数も去年と変わらない。 勝てる。 議案は、賛成多数で可決される 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:にい お題:イギリス式の人体 制限時間:15分 読者:15 人 文字数:918字
本来ヘソがあるべきところあたりにネジがある。マイナスかプラスかと言えばもちろんプラスだ。漫画に出てくるみたいなヘソが金属になって腹に埋まっているみたいな見た目 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ウルス(文芸部アカ) お題:おいでよつるつる 制限時間:15分 読者:9 人 文字数:609字
「おニイさん、オイデ、オイデ」 フィリピンあたりの訛りでそう呼び止められたのは、都心の繁華街の一角。 この辺り、客引きは禁止の条例があるはずだが、ちょいと裏通り 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:あにぃぃ お題:犯人は衝撃 制限時間:15分 読者:9 人 文字数:625字
私は三十二才で、これまでに三度の誘拐と、交通事故が五回、銀行強盗に遭遇したことが二回、それぞれ死んだとして十回の死亡を経験している。十回の死亡を経験、などと言う 〈続きを読む〉

の即興 小説


ユーザーアイコン
作者: お題:黒い家事 制限時間:15分 読者:8 人 文字数:662字
ここではない世界のどこかには、家も壁も道も服も何もかも、満月のような真っ白に染め抜いた町があるのだという。その話を聞いたとき、聴衆の私たちは朗らかに大笑いした 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者: お題:傷だらけの紳士 制限時間:15分 読者:14 人 文字数:357字
世知辛いことではあるが、天上の神々にもヒエラルキーがある。 その地位は、司るものによってそれとなく決定され、人間にとって重大と見なされている概念を司る神々は上 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者: お題:求めていたのは液体 制限時間:15分 読者:67 人 文字数:674字
人間たちは知らないことだけれど、南極には雪の女王が住んでいる。 彼女は、童話に語られるとおりに美しく、童話に語られるとおりに孤高で、そして童話に語られたのと 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者: お題:ワイルドなライオン 制限時間:15分 読者:53 人 文字数:333字
それは季節性の流行病のように、一年に二度ほどやってくる。 とてつもなく凶暴な、誰彼構わず当たり散らし、暴言を吐き、目につくもの全てを片端から壊してしまう、どう 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者: お題:初めての娼婦 制限時間:15分 読者:61 人 文字数:158字
私の身体を通り抜けたものは、快楽の代わりに忘却を得る。 どんな記憶も望むままに忘れられる。忘れてしまいところだけを的確に、覚えておきたいところには傷一つ付けず 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者: お題:おいでよ食器 制限時間:15分 読者:53 人 文字数:260字
小さな博物館の常設展、その片隅、観光客もよほどの暇人でなければ立ち寄ることがないようなマイナーな区画が、彼女のお気に入りだ。考え事をしたいときなど、休日の朝か 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者: お題:壊れかけのもこもこ 制限時間:15分 読者:94 人 文字数:525字
毛布は良い。何故って、毛布は壊れようがないから。 その絶対的な真理を、ひとは、おそらく生後数ヶ月ごろには、無意識のうちに悟っているのだろう。子供がお気に入りの 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者: お題:1000のぬくもり 制限時間:15分 読者:79 人 文字数:712字
「終末医療の一貫として」というお題目が無ければ使うことを許されないその医療魔法は、遠い昔の民話を依り代にしていた。一羽一羽が強力な麻酔と鎮静作用を持つ、甘い砂 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者: お題:近いお尻 制限時間:15分 読者:119 人 文字数:900字
死者の戻ってくる日、という風習は世界のあちらこちらにある。 東の島国では彼らの送迎まで用意するというし、西の大陸には気が触れるほどの鮮やかな色彩で彼らの帰還を 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者: お題:刹那のコウモリ 制限時間:15分 読者:134 人 文字数:606字
一秒間の変身能力を手に入れた。 たった一秒。一日の内、たった一秒だけ、私はコウモリに変身できる。 数十冊の魔道書を読破し、怪しげな薬にいくつも手を出し、それこ 〈続きを読む〉