お題:小説の中の豪雪 必須要素:お湯 制限時間:15分 読者:242 人 文字数:522字

小説「冬」
涼しくなる小説、を頼んでおいて、てっきりホラーでもおすすめしてもらえるかと思ったら、「冬」というシンプルなタイトルの小説を貸してもらえた。秋から始まったその物語の舞台は、ページをめくるにつれて段々寒さが深まっていき、実際に身が震えてくるようだった。
正直面白い内容ではなかったのだが、そのつまらなさがかえってもの寂しさを覚えて心地よかった。
しかし、手がかじかんでうっかりページを飛ばしてしまった。すると一気にびゅう、びゅうと風が吹き付け、冷え込んだ。真っ白なページが幾枚もどこまでもめくれていく。既に文字は追えていない。まるで、猛吹雪の中にいるようだった。
手探りで小説の続きを探すしかない。銀世界に足を踏み入れる。
「文章やーい、物語やーい」
そんな調子で歩いていると、雪まみれの登場人物が現れた。名前は覚えていないが彼は湯気の立ったやかんを持っていた。
「雪の下に埋まっとるんだろ。これ、使んな」
「おお、これはありがたい」
やかんを受け取り、お湯を振り掛けると……、

本が水浸しになっていた。あーあ、借り物なのに。
そう思って表紙を閉じて再度開いてみると、味噌ラーメンのような香ばしさが広がった。
冬といえば味噌ラーメンかもしれない。
作者にコメント

似た条件の即興小説


ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:小説の中の豪雪 制限時間:15分 読者:169 人 文字数:752字
暑い時に「暑い」と言うと余計暑くなる、と言うけれど。だからと言って「寒い」と言えば涼しくなるかと言われたら、もちろんそんなわけがなくて。それでも少しでも涼しさを 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者: お題:小説の中の豪雪 制限時間:15分 読者:388 人 文字数:463字
寒い日には南国の物語を、暑い日には北国の物語を読みたいと思う。それはごく自然な願望だ。燃え上がる図書館の階段を上へ上へと登りながら、わたしは壁面書架に並ぶ本た 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:和委志千雅 お題:すごい別居 必須要素:お湯 制限時間:15分 読者:20 人 文字数:1038字
山に住んでいると、不便じゃないですか?的なことをよく聞かれる。山って言っても道通ってるし、道沿いだし。アスファルトの。車があれば、町まで買い物行けるし。たまにア 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雨種 お題:やば、恨み 必須要素:お湯 制限時間:15分 読者:32 人 文字数:563字
「お湯、沸かしておいたからね」 そう母が言う声に私は「ありがとう」と返す。鋼の心で暖かなこたつから這い出て、床冷えするキッチンへと向かった。体の芯まで凍えそうな 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:名付けるならばそれはカップル 必須要素:お湯 制限時間:15分 読者:45 人 文字数:596字
にゃーん。おきて。にゃーん。たしかにねこの声なのに,確かにいま「おきて」と聞こえた気がする。時計は4時30分。昨日は飲み会だったので,まだ眠い。眠い。ねむ。。。 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
作者:⊂(( 禁 x 酒 ))⊃ お題:愛すべき液体 必須要素:お湯 制限時間:15分 読者:58 人 文字数:846字
愛すべき液体。それはお湯である。 と。彼女はいった。 彼女の趣味が温泉巡りだったからかもしれない。 彼女の主食はカップラーメンだったからかもしれない。 彼女の 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:和委志千雅 お題:調和した何でも屋 必須要素:お湯 制限時間:15分 読者:60 人 文字数:771字
電車で行かなくてはいけない場所の人に依頼を受けて、現地に行ってみると、そこは思いのほかすでに涼し気で、都心のあたりとはずいぶんと違った。「涼し!」木々もすでに真 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:イっヌ・サイケデリっコ お題:私と僕 必須要素:お湯 制限時間:15分 読者:103 人 文字数:1048字
少し冷えたね、と言って君はティーカップを持ってきて僕の目の前に差し出した。湯気の隙間から、君の笑顔が見え隠れする。 君は、そうだね、と言ってメガネをクイっと人 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:i お題:無意識の夕飯 必須要素:お湯 制限時間:15分 読者:76 人 文字数:652字
歳をとるにつれ、ご飯というものの存在が小さくなっていくように感じる。小さな頃、毎日のように今日の夜ごはんはなに、と聞いていたはずなのに、今の私ときたら、書類を片 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:振り向けばそこに情事 必須要素:お湯 制限時間:15分 読者:59 人 文字数:506字
天才生物教師の不器用な恋心があった。「2」彼は言った。由美子は彼を愛していたが、彼よりお湯の方が好きだった。なぜならお湯は体をあたためたてくれたり、美味しいお茶 〈続きを読む〉

紅森がらすの即興 小説


ユーザーアイコン
作者:紅森がらす お題:イタリア式の花 制限時間:15分 読者:19 人 文字数:346字
イタリア帰りの息子は、すっかり軟派な軟弱男になっていた。色男、とはどうも呼びたくない。道で見知らぬ女性に道を聞くと思いきや一輪の花を手品のように出現させ、突如デ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:紅森がらす お題:ねじれた囚人 制限時間:15分 読者:22 人 文字数:323字
目の前にはいつも固く冷たく閉ざした鉄格子、外には看守の姿も見えない。私は意を決して身を捩り始めた。関節外して数十年、この技術であらゆる家に空き巣に忍び込んでいる 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:紅森がらす お題:くだらない世界 必須要素:オリーブオイル 制限時間:15分 読者:286 人 文字数:323字
ピピとミミは目まぐるしく動く絵を見つけた。最初は他の星から来た宇宙船の窓かとも思ったが、こちらに一向に反応しないので、絵であるという結論に至った。絵は星の周期と 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:紅森がらす お題:調和したゴリラ 必須要素:ヨーヨー 制限時間:1時間 読者:396 人 文字数:1401字 評価:0人
百瀬太郎はなんか桃太郎みたいな名前だという理由で、鬼退治に出かけることになった。何故自分がと思う百瀬だったが、おばあさんにみたらし団子を渡されてしまったので、出 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:紅森がらす お題:遅すぎた心 制限時間:15分 読者:410 人 文字数:378字
時計を見ると、既に3時を回っていた。俺は急いで飛び起きて着の身着のまま家を飛び出した。結局告白出来なかった彼女は今日、旅立つ。Suicaが無いのでポケットに手を 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:紅森がらす お題:うへへ、サッカー 必須要素:結婚相談所 制限時間:1時間 読者:284 人 文字数:1326字 評価:0人
おにぎりは海外ではライスボールって言うらしい。そんなことを授業で聞いたっけな、と思いながら私はまだ仄かに温かいごはんを手で転がし始めた。今日は彼氏の試合の日だ。 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:紅森がらす お題:打算的な血液 制限時間:15分 読者:371 人 文字数:398字
「ちょうど一日に一回くらいで固まるから、それを開けて飲むといい」彼女は爪で膝に出来たかさぶたを捲った。血の玉が盛り上がる。私はそれをなめとった。牙を立てずに飲む 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:紅森がらす お題:有名な殺人犯 必須要素:二号機 制限時間:1時間 読者:320 人 文字数:1421字 評価:1人
その男はミイラのようにガリガリに痩せていた。ぎょろりと大きな目玉だけがぎらぎらと探偵とその助手を見ている。「あの大量殺人鬼って言うから、もっと人の生き血を啜って 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:紅森がらす お題:最後のホテル 必須要素:この作品を自分の最高傑作にすること 制限時間:15分 読者:283 人 文字数:362字
目の前の二人はそのホテルに吸い込まれるようにして、消えた。私はカメラの画像を確認する。少し手がぶれたのか、二人の背中に何かもやのようなものが見えた。ひとまず依頼 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:紅森がらす お題:くだらない小説訓練 制限時間:15分 読者:382 人 文字数:370字
私はマイクを握り、親指の爪でスイッチを入れた。カチリ。軽くハウリング音がして、放送室はあなた達のいる広い世界と繋がる。「これは、訓練放送です」緊張で少しだけ声が 〈続きを読む〉