お題:運命の失踪 制限時間:15分 読者:206 人 文字数:299字

運命の ※未完

どこかに歩いていった二本の足が夢を見た
宇宙のようで作戦のよくできたサクサク
死出の羽衣にすがり付いた運命の失踪
マクロの一ミクロンの誤差を求められた
一撃不殺の曖昧模糊な殿堂入り
司会は死海で視界の歯科医に問いかける
天国染みた悪魔の地下
意味のない逆上がりの歌
シリンダーコミュニケーション

ざ ざ ざ

何処

消えてもらって嬉しい片言の時代錯誤
水のふりして固まるフリ
ぎこちない争いで音が鳴る
首を絞めた数を指おる死神に
何処?
何処にもいない?
でんぐり返しの世界
吸収的な人生と現し
執筆可能な分で相当効果
身分の紛失
霰の古い深紅の敷居
聞こえなくなる
小型笑顔が
作者にコメント

似た条件の即興小説


ユーザーアイコン
作者: お題:運命の失踪 制限時間:15分 読者:312 人 文字数:278字
千年の昔から聳え続けていた眠り姫の茨の城が、過日の地震でとうとう崩壊したので、僕らの国は空前の観光ブームに見舞われていた。近隣諸国からの純朴な観光客はもちろん 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:運命の失踪 制限時間:15分 読者:210 人 文字数:401字
時計の針をぐるぐると動かす。そうすると時間は逆戻りするはずもなく僕はただじっとその時計をみつめいた。こんなこと生まれてくる前から何度もあった気がする、例えば崖の 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:⭕秋牛/七宝明 お題:純粋な犯人 制限時間:15分 読者:11 人 文字数:706字
「父さん質問があるのだけれども。」姉ちゃんが怒った口調で父さんに詰め寄っていた。「私じゃないぞ。」「まだ何も言ってないでしょ。」即答した父さんに、姉ちゃんが鋭い 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:遠い恋愛 制限時間:15分 読者:12 人 文字数:1288字
遠距離恋愛というのは、常々成立しないと思っている。 恋人同士なら、傍にいないとダメなのだ。 そう言うと、わたしの彼は笑った。(心配しなくても大丈夫だって。君が 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:夢路 お題:遠い経歴 制限時間:15分 読者:4 人 文字数:473字
このバーの酒はうまいな。 ここで知り合ったのも何かのよしみだ。 一つ話でもしようじゃないか。何、ちょっとした小話だよ。 ある男の話だ。 そいつが生まれたのはあ 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
記録にない唇 ※未完
作者:匿名さん お題:記録にない唇 制限時間:15分 読者:4 人 文字数:908字
朝、目が覚める。体を触って、起きたことを確かめて。ああ、また。長く眠っていたみたいだ。ーー僕は生まれつき脳に障害があり、24時間、一日分しか物事を覚えておくこと 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:俺と結婚 制限時間:15分 読者:2 人 文字数:388字
「俺と結婚してくれ」「はい…♡♡♡」そうして私たちは結ばれた。やがて子供が生まれ、成長し、大人になって、巣立っていった。老夫婦になってからも、私たちはラブラブな 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:求めていたのは本 制限時間:15分 読者:2 人 文字数:537字
その本を思い出すことは、いつも私をときめかせた。亡くなった王子様の幽霊が、何故か主人公にだけ見えるようになっちゃって、王子の死後不和になった騎士団の仲を取り持っ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者: お題:安全な御曹司 制限時間:15分 読者:17 人 文字数:545字
*お題ガン無視 西暦2050年。 人類は『ロボット三原則』をベースに完璧な論理体系の元に自律行動するロボットを作り上げた。彼らは大いに活躍した。全自動式洗濯機の 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:いしゅと お題:頭の中の経験 制限時間:15分 読者:14 人 文字数:940字
私はアンドロイドだ。マスターが、かつての恋人を模して作った。その恋人は、不幸にも交通事故で亡くなってしまった。彼女を深く愛していたマスターは、嘆き悲しみながら、 〈続きを読む〉

減塩にぼしの即興 小説


ユーザーアイコン
勇敢な希望 ※未完
作者:減塩にぼし お題:勇敢な希望 制限時間:15分 読者:25 人 文字数:387字
「私に剣をいただけないでしょうか」かつて軍に服していたが退役、その後悪徳の限りを尽くした千鳥という名の男は跪いた。勤続二十年を超えた玄人の刑務官はその訴えかけ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
純白の階段 ※未完
作者:減塩にぼし お題:純白の階段 制限時間:15分 読者:25 人 文字数:581字
私の母親の実家は田舎で、天気予報の「一部地域を除いて」に該当する、県境の山間にある村だった。お盆になると御墓参りに行き、1日だけ泊まるのが毎年恒例の行事で、そ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
突然の奈落 ※未完
作者:減塩にぼし お題:突然の奈落 制限時間:15分 読者:22 人 文字数:539字
幸せな体験をした後に、その反動で深い深い闇に落ちる。昼に人と会い、さんざん楽しんで泥のように寝床に入ったはずがいつの間にか奈落に落ちている。仕事がうまく回らず 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
光の日 ※未完
作者:減塩にぼし お題:運命の成熟 制限時間:30分 読者:51 人 文字数:935字
今度開催される蚤の市で出品予定のパラコードブレスレットを作り終え、紅茶を飲もうとテーブルを離れる。何か不思議な予感がし、戸棚の上にしまってあったセカンドフラッ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:減塩にぼし お題:大きな同情 制限時間:15分 読者:60 人 文字数:555字
神様にお願いをしたいときがある、それが今。お願いをしたいのに願える神がいない、それも今。アステカ神話において世界を滅ぼしたとされる怪物、オセロットが顕現した。 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:減塩にぼし お題:穢された、と彼女は言った 制限時間:15分 読者:47 人 文字数:515字
高校に通いながら霊能者としての側面を持つ戸原奈美が晴れた土曜日に縁のない田舎の畦道を歩いているのはとある依頼だった。「私は穢された。私は穢された。私は穢された 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
2匹の犬 ※未完
作者:減塩にぼし お題:俺は犬 制限時間:15分 読者:58 人 文字数:635字
「加藤はまた学年トップだ。みんなも見習って勉強するように。」ホームルームが終わると加藤の周りに人だかりができあがる。彼の得点がみんな気になるようでテストと無縁 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:減塩にぼし お題:戦争と壁 制限時間:15分 読者:69 人 文字数:663字
「アルファベットを最初から言いなさい。」まず初めに受けた教育は言語学だった、はず。相手の信頼を得ることでノーリスクの殺しができると教わった。「フィボナッチ数列 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:減塩にぼし お題:空前絶後の恨み 制限時間:15分 読者:58 人 文字数:441字
暗闇の中を歩く。誰も歩いたことのない真っ暗闇。ひとつ足を踏み出せばこれ以上落ちることはないと思っていた世界へ行けるかもしれない。例えば溶岩が滾る冥府。例えばエ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
白い成功 ※未完
作者:減塩にぼし お題:白い成功 制限時間:15分 読者:55 人 文字数:435字
宇宙世紀も300年を超え、人類が宇宙に旅行ができるようになってから現在では宇宙空間専用自動車など個人の欲求を満たす発明品が流通している。メテオロイドやデブリの 〈続きを読む〉