お題:運命の失踪 制限時間:15分 読者:214 人 文字数:299字

運命の ※未完

どこかに歩いていった二本の足が夢を見た
宇宙のようで作戦のよくできたサクサク
死出の羽衣にすがり付いた運命の失踪
マクロの一ミクロンの誤差を求められた
一撃不殺の曖昧模糊な殿堂入り
司会は死海で視界の歯科医に問いかける
天国染みた悪魔の地下
意味のない逆上がりの歌
シリンダーコミュニケーション

ざ ざ ざ

何処

消えてもらって嬉しい片言の時代錯誤
水のふりして固まるフリ
ぎこちない争いで音が鳴る
首を絞めた数を指おる死神に
何処?
何処にもいない?
でんぐり返しの世界
吸収的な人生と現し
執筆可能な分で相当効果
身分の紛失
霰の古い深紅の敷居
聞こえなくなる
小型笑顔が
作者にコメント

似た条件の即興小説


ユーザーアイコン
作者: お題:運命の失踪 制限時間:15分 読者:329 人 文字数:278字
千年の昔から聳え続けていた眠り姫の茨の城が、過日の地震でとうとう崩壊したので、僕らの国は空前の観光ブームに見舞われていた。近隣諸国からの純朴な観光客はもちろん 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:運命の失踪 制限時間:15分 読者:221 人 文字数:401字
時計の針をぐるぐると動かす。そうすると時間は逆戻りするはずもなく僕はただじっとその時計をみつめいた。こんなこと生まれてくる前から何度もあった気がする、例えば崖の 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
黒い逃亡犯 ※未完
作者:ぽぽ (小説) お題:黒い逃亡犯 制限時間:15分 読者:5 人 文字数:252字
「やっと見つけた。観念しろ。」 俺は薄暗いバーの奥に座っている黒いロングコートの男に声をかける。「追いかけっこは終わりですか?まだ遊び足りないのでは?」「ふざけ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:Motaはスパイダーマン観て興奮中 お題:来年の理由 制限時間:15分 読者:12 人 文字数:665字
「僕は未来から来るはずだった者だ、来れなかったわけじゃないんだ、ただ気が進まなくってでも機械を起動させて過去に1年前の僕に会いに行ったはずなんだ、」と急に脳にテ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:小伏史央 お題:斬新な海辺 制限時間:15分 読者:17 人 文字数:763字
「はいこちら斬新な海辺と話題のワイワイビーチに来ています! 見るところいたって普通ですが、一体なにが斬新なんでしょう? 海水浴客の方々に聞いてみましょう! こん 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
作者:Motaはスパイダーマン観て興奮中 お題:求めていたのは交わり 制限時間:15分 読者:16 人 文字数:636字
僕はマイネス・アウリアという人を10年間探し求めてきた、しかし、彼女は男になり、名前も変え、更には整形もしたという僕はアウリアの居場所も知らない、いや知っていた 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
Museum of Gold ※未完
作者:匿名さん お題:黄金の美術館 制限時間:15分 読者:2 人 文字数:358字
旧知の友人から突然のLINEが入ってきた。「黄金の美術館があるのを知っているか?」と聞いてきたのは友人のNだった。彼の結婚式から会ってはいないことになるので、 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:とも お題:死にぞこないの神話 制限時間:15分 読者:7 人 文字数:279字
メメント・モリ。遍く生命の輝きは死の瞬間にこそ集約せり。クライスト以前から、人は涙よりも血に、存続よりも滅亡に、そして生よりも死に心を動かされてきた。だからとい 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ぺこ お題:近いオンラインゲーム 制限時間:15分 読者:8 人 文字数:290字
もう何時間たったんだっけ。ゲームのきりのいいころでヘッドホンをとり小休憩をとろうとして、ふと時間を知りたくなりアキラは右背後にあるテーブルの上にある置時計を見よ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:東京の消費者金融 制限時間:15分 読者:12 人 文字数:1026字
「東京の方から連絡があった」 大阪小規模消費者金融連合の会合で、連合の会長である「ニッコリローン」のオーナー・虎島ムネノリがそう切り出した。「東京の消費者金融、 〈続きを読む〉

にぼしの即興 小説


ユーザーアイコン
バナナ ※未完
作者:にぼし お題:名付けるならばそれはむきだし 制限時間:15分 読者:15 人 文字数:617字
さまざまな文化に染まり無数の物資が流通する西半領最大の都市エリーゼ。その市場にターバンを巻いた商人が現れた。黄色い果物と称し、房で木になっているというそれは猿 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:にぼし お題:汚れたロボット 制限時間:15分 読者:41 人 文字数:808字
足元がうごめいたと思うと地面が盛り上がり、手が現れた。思わず悲鳴を上げそうになったがアイリスは口を噤む。マリオネラが駆けつけてまた「だから危険と申し上げている 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:にぼし お題:残念な関係 制限時間:15分 読者:23 人 文字数:685字
「そういえば」君は振り向かずに一言、僕にだけ聞こえるように言った。艶やかな緑の黒髪を揺らしてみせる。惚れた弱み、それだけで生きている身としては背筋が伸びる言葉 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
人の一部 ※未完
作者:にぼし お題:めっちゃ姉妹 制限時間:15分 読者:40 人 文字数:445字
唇に指をくっつけて、柔らかい弾力を押して確かめる。ふにふにと軽く押すのが気持ちよく、すっかり癖になってしまっていた。口唇欲求は母乳を吸っていた子供の頃に遡る話 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:にぼし お題:アブノーマルな王 制限時間:15分 読者:51 人 文字数:499字
彼に言わせれば世界など「所有物」でしかないのだろう。罪人が顔を隠した男ふたりに連れられ、目の前を通り過ぎていく。既に生気はなく、残った分も今から奪われてしまう 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:にぼし お題:同性愛の雑草 制限時間:15分 読者:49 人 文字数:717字
自分の能力が平々凡々としていて、例えるなら石ころだと常々思っている。流れで大学に、奨学金制度で入学して卒業後は仕事を辞めてコンビニのアルバイトを続けて生計をや 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
勇敢な希望 ※未完
作者:にぼし お題:勇敢な希望 制限時間:15分 読者:86 人 文字数:387字
「私に剣をいただけないでしょうか」かつて軍に服していたが退役、その後悪徳の限りを尽くした千鳥という名の男は跪いた。勤続二十年を超えた玄人の刑務官はその訴えかけ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
純白の階段 ※未完
作者:にぼし お題:純白の階段 制限時間:15分 読者:85 人 文字数:581字
私の母親の実家は田舎で、天気予報の「一部地域を除いて」に該当する、県境の山間にある村だった。お盆になると御墓参りに行き、1日だけ泊まるのが毎年恒例の行事で、そ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
突然の奈落 ※未完
作者:にぼし お題:突然の奈落 制限時間:15分 読者:70 人 文字数:539字
幸せな体験をした後に、その反動で深い深い闇に落ちる。昼に人と会い、さんざん楽しんで泥のように寝床に入ったはずがいつの間にか奈落に落ちている。仕事がうまく回らず 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
光の日 ※未完
作者:にぼし お題:運命の成熟 制限時間:30分 読者:102 人 文字数:935字
今度開催される蚤の市で出品予定のパラコードブレスレットを作り終え、紅茶を飲もうとテーブルを離れる。何か不思議な予感がし、戸棚の上にしまってあったセカンドフラッ 〈続きを読む〉