お題:運命の失踪 制限時間:15分 読者:194 人 文字数:299字

運命の ※未完

どこかに歩いていった二本の足が夢を見た
宇宙のようで作戦のよくできたサクサク
死出の羽衣にすがり付いた運命の失踪
マクロの一ミクロンの誤差を求められた
一撃不殺の曖昧模糊な殿堂入り
司会は死海で視界の歯科医に問いかける
天国染みた悪魔の地下
意味のない逆上がりの歌
シリンダーコミュニケーション

ざ ざ ざ

何処

消えてもらって嬉しい片言の時代錯誤
水のふりして固まるフリ
ぎこちない争いで音が鳴る
首を絞めた数を指おる死神に
何処?
何処にもいない?
でんぐり返しの世界
吸収的な人生と現し
執筆可能な分で相当効果
身分の紛失
霰の古い深紅の敷居
聞こえなくなる
小型笑顔が
作者にコメント

似た条件の即興小説


ユーザーアイコン
作者: お題:運命の失踪 制限時間:15分 読者:276 人 文字数:278字
千年の昔から聳え続けていた眠り姫の茨の城が、過日の地震でとうとう崩壊したので、僕らの国は空前の観光ブームに見舞われていた。近隣諸国からの純朴な観光客はもちろん 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:運命の失踪 制限時間:15分 読者:202 人 文字数:401字
時計の針をぐるぐると動かす。そうすると時間は逆戻りするはずもなく僕はただじっとその時計をみつめいた。こんなこと生まれてくる前から何度もあった気がする、例えば崖の 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:明日の私 制限時間:15分 読者:6 人 文字数:1330字
最近公園に来てるクレープ屋さん、今日こそ寄って行こうかな。 そう思って角を曲がったわたしの目の前に、見慣れた顔が立ちふさがった。 わたしだ。もう一人のわたし。 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
異界への扉 ※未完
作者:いしゅと お題:刹那のドア 制限時間:15分 読者:12 人 文字数:1125字
深き陰の森の彼方には、異世界へと繋がる扉があると言われている。森を支配する恐るべき魔獣、オーガ。そのオーガを100匹退治した時、扉は開かれ、勇者を素晴らしき楽土 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:にい お題:肌寒い社会 制限時間:15分 読者:14 人 文字数:883字
しばらく自分のものでない思考の海をさまよっていた。行ったことのない馴染みの店で、見たことのない恋人と、今夜食事をするらしい。自分ではない男は緊張している。大切 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
作者:トゥーディー お題:東京の失敗 制限時間:15分 読者:15 人 文字数:887字
大都市東京。世界有数の大都市だった東京はわずか数十年でその見る影もなくみすぼらしい姿になっていた。理由は一つ。高度なAIによる雇用の喪失だった。単調な作業を人間 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:四畳半カバネ お題:潔白な秘部 制限時間:15分 読者:8 人 文字数:519字
自身の理想とは、果てなく脆い。際限なく求めてしまう。しかし現実がすぐに水を差す。そして悟るのだ。自分はいかに矮小であるかを。正しさを求めていた。誰もが正しさを重 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:穏やかな魔物 制限時間:15分 読者:24 人 文字数:1013字
窓から差し込む柔らかな日差しが、教室中に降り注ぐ。単調なリズムで読み上げられる古文の調べは、昼食を終えたばかりの生徒たちにゆっくりと、かつ確実に魔物の侵略を許 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:鐘辺 完 お題:俺の秋 制限時間:15分 読者:19 人 文字数:1020字
「秋なんです」「今は冬ですよ」「私は秋なんです」「わかりました。あなたは秋なんですね。それでいいです。話を続けてください」「今は私以外が秋でなくても秋の食べ物が 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ふす お題:楽観的な帝王 制限時間:15分 読者:19 人 文字数:451字
「もう、嫌だ」そのだだっ広い空間にコットリ国の帝王の声が響く。何を言っているんだ?またか、この王は…と大臣たちはいつもの事だとでも言うようにため息を飲み込んだ。 〈続きを読む〉

にぼしの即興 小説


ユーザーアイコン
作者:にぼし お題:臆病な弁当 必須要素:フォロワーの誰かを○す 制限時間:15分 読者:21 人 文字数:728字
土曜日の学校の教室に制服を着た人が倒れている。クラスメイトだろうか、頭はシークタイムのまま答えを探し続けている。人生においてこんな光景を目にしたのは一度ではな 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:にぼし お題:僕と曲 制限時間:15分 読者:106 人 文字数:553字
――貴官らの任務は撤退ではな――――雑音とともに最後の通信は断ち切られた。敵地に漸近した戦車に乗ったガーヴェン伍長は完全に頭を垂れ、操作パネルに涙をこぼした。 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:にぼし お題:ゆるふわ愛され死 制限時間:30分 読者:123 人 文字数:1010字
「やれやれだ。なぜ僕らが指導されなければならないんだ。英雄視は期待していなかったがもう少し別の手があったとは思わないかい」「煩い話しかけないで」佐藤――箒川だ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
帰り道 ※未完
作者:にぼし お題:やば、紳士 制限時間:1時間 読者:94 人 文字数:2049字
冬まっさかりと表現すると冷たさと暑さを半分半分で割ったように聞こえるが、とても寒い時期を指す。日本語がいかに難しいものかをお受験シーズンを終えて深く感じていた 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:にぼし お題:愛、それはエリート 制限時間:15分 読者:93 人 文字数:587字
「愛を持って生き、それを知れってことね。」少年――マルドが街の記念碑にある言葉を数分かけて解読した。使っている文字は同じでも土地の違いで読み方や語りに違いが出 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
1000の緑 ※未完
作者:にぼし お題:名前も知らない祖母 制限時間:15分 読者:161 人 文字数:328字
久しぶりに田舎の祖母の家に来ると、緑に塗れていた。田んぼ、広葉樹の並木。あぜ道が延び、先にある山々も一面の緑色に染まっている。車から荷物を降ろし中に入る母の実 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
10の平和 ※未完
作者:にぼし お題:10の平和 制限時間:30分 読者:170 人 文字数:1586字
麦茶を飲みに茶の間に降りると悪魔がいた。蝙蝠の翼が部屋を半分隠し、嬉々とした顔には牙がついている。独特の硫黄の香りも漂っているため、いよいよ間違いない。周囲の 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
裏切りの勇者 ※未完
作者:にぼし お題:裏切りの勇者 制限時間:30分 読者:185 人 文字数:1014字
魔法窯で数日煮詰めた物体は灼熱を受け続けてすっかり液状になっていた。皇帝陛下はそれを一掬いし、前に出ていたひとりの男へ向かう。自分の服につかないよう長い袖を掴 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
流星群の夜 ※未完
作者:にぼし お題:傷だらけの液体 制限時間:30分 読者:195 人 文字数:1399字
ペルセウス座流星群のピークは9時頃、今回は地平線に近い位置に中心があった。全体を見渡すように、天体観測アプリでアドバイスが書いてあったが街の明かりと運も相まっ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
汚い天使 ※未完
作者:にぼし お題:汚い天使 制限時間:30分 読者:214 人 文字数:841字
あるとき、遊んでいるおもちゃを二階の窓から落とした。それは運悪く、庭を歩いていた野良猫の頭に当たってしまった。おもちゃを拾った横には動かなくなった猫が眠ったま 〈続きを読む〉