お題:運命の失踪 制限時間:15分 読者:208 人 文字数:401字
[削除]

輪廻
時計の針をぐるぐると動かす。そうすると時間は逆戻りするはずもなく僕はただじっとその時計をみつめいた。こんなこと生まれてくる前から何度もあった気がする、例えば崖の下に落下したとき、海で遭難したとき、人を殺してしまったときなど。ああ、そうだ僕は幾度となく繰り返し覚えていた、君のことも。目の前の死体に手を合わせて線香を炊いていると、親族らしき人々は言った。「どちら様ですか?」「生前、結婚の約束をした女性なのです」
僕は、「僕の生前」という言葉を省略した。生まれ変わる前ともいうべきか。
彼女の婚約者らしき男性がワナワナ震えて引っ込んだ涙を頬から拭ってそこに緊張感が走る、彼女とは今世とも結ばれなかった、また来世があるに違いない。僕は静まり返った葬式をあとにして颯爽とそこを立ち去った、さあ、あと何回巡り会えれば彼女と結ばれるだろうか。僕はかずを数えながらガードレールを乗り越えた。さあ、次は幸せになろう。
この作品をツイート

似た条件の即興小説


ユーザーアイコン
作者: お題:運命の失踪 制限時間:15分 読者:306 人 文字数:278字
千年の昔から聳え続けていた眠り姫の茨の城が、過日の地震でとうとう崩壊したので、僕らの国は空前の観光ブームに見舞われていた。近隣諸国からの純朴な観光客はもちろん 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
運命の ※未完
作者:減塩にぼし お題:運命の失踪 制限時間:15分 読者:204 人 文字数:299字
どこかに歩いていった二本の足が夢を見た宇宙のようで作戦のよくできたサクサク死出の羽衣にすがり付いた運命の失踪マクロの一ミクロンの誤差を求められた一撃不殺の曖昧 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:かたぎり お題:2つのホテル 制限時間:15分 読者:5 人 文字数:323字
藤は地元で有名な大金持ちだプライベートで既に2つのホテルを所有していたそして贅沢の限りを味わうべく一つのホテルで寝て途中で起きてまたもう一つのホテルでも寝るとい 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:夢路 お題:空前絶後のコンサルタント 制限時間:15分 読者:10 人 文字数:277字
ビジネスに失敗して多額の借金を抱えてしまった。連日ヤクザに追われ、眠れぬ夜を過ごしているところ、一人の男と出会った。 男は自らをカイムと名乗り、大量の金を稼げ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
pc ※未完
作者:まどろみ#ゆ お題:メジャーなパソコン 制限時間:15分 読者:6 人 文字数:190字
パーソナルコンピュータ、通称パソコン。いつの日か私たちの生活に根付き、繁栄した。彼らは私たちを拘束する。時に数十時間、取り憑いて両手を多忙にさせるのだ。彼らは 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:死にぞこないの動揺 制限時間:15分 読者:9 人 文字数:1196字
我が家の近所には「自殺マンション」と呼ばれている場所がある。 15階建てのマンションで、その物騒なあだ名の通り、飛び降り自殺が非常に多い。 まあ、「非常に多い 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:川ノ上 お題:反逆のヒーロー 制限時間:15分 読者:8 人 文字数:794字
こんなの間違っている。そう叫びたかったのに声が出ない。ここには真実を知る人がたくさんいる。誰が悪いのかなどみんな知っているのに、誰一人として真実を語ろうとしない 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:にい お題:純白の山 制限時間:15分 読者:10 人 文字数:806字
どうせお前のことだから菓子作りなど失敗するに決まっている、とハナから決めつけてきた兄を見返してやるために、さっそく料理本を山ほど買ってきた。料理本には懇切丁寧 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:森山 風雪 お題:不幸な暴力 制限時間:15分 読者:6 人 文字数:489字
彼の子供の頃からの夢は、世界を救うヒーローになることであった。憎き悪をやっつけ、皆を助ける――そんなヒーローに。十代も半ばに差し掛かった頃、彼は突然勇者に選ばれ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
習作77 ※未完
作者:夢路 お題:今度の武器 制限時間:15分 読者:12 人 文字数:495字
重い宝箱の蓋が開く。 その中にあったのはただならぬ雰囲気をしたためた日本刀だった。 手にとって、鞘から刃を少し抜いてみる。 氷のように冷たく、美しい波紋が覗い 〈続きを読む〉

匿名さんの即興 小説


ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:記憶の私 制限時間:15分 読者:2 人 文字数:357字
「○○、元気してた?」 そう笑いかけてきた人物に見覚えがなくて首を傾げた。ああ、そうだった、とその人は続けた。「記憶喪失だっけ。自分の名前さえ覚えてないんだから 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:地獄野球 制限時間:30分 読者:1 人 文字数:1042字
日系企業の現状がまさに地獄野球だ。この原因は、被雇用者側には全く無く雇用者側にある。 人事部・総務部とかいう社内官僚が社内で、部署を跨いで大きな権限を持ってい 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:ドイツ式の弁護士 制限時間:15分 読者:1 人 文字数:282字
そう、私が新米の頃ドイツ式の弁護士と名乗っていたやつがいた。そいつは生粋の日本人でドイツにいったことがあるわけでもない。本当によくわからないやつだったんだ。 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:もしかして雪 制限時間:15分 読者:5 人 文字数:542字
真珠のピアスは、私の右耳を離れ、雑踏の中に消えてしまったのだろうか。マフラーに引っかかって、残っているかもしれない、と思って確かめたが、見つからなかった。別に買 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:団地妻の兄 制限時間:15分 読者:6 人 文字数:427字
バイクの騒音で我に返った。とうとう年は四十を超え、ボーっとする事が多くなってきている。 妹はもうおばさんと呼ばれ、結婚もしている。俺は未だに独身。 若い頃、俺 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:苦し紛れの借金 制限時間:30分 読者:5 人 文字数:995字
日本国は問題の先送りが大好きだ。これって、苦し紛れの借金ですよ。 サッカーのワールドカップを見て思ったが、強豪国ってその殆どが南米(その殆どがブラジル)からの 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:大人の痛み 制限時間:15分 読者:8 人 文字数:410字
夕日が西の空に落ちていくのを、静かな心で眺めていた。いつくらいからこうしているのだろうか。四半時は経ったような。数十分しか経っていないような、不思議な感覚だ。俺 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:箱の中の人体 制限時間:15分 読者:16 人 文字数:282字
まるで人形の家だ、と僕は思った。及川も昨日約束した時に、「ちょっと入りづらい家なんだけれどね」と言っていたけれど。勇気を出してチャイムを鳴らすと、及川が出てきた 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:調和した作品 制限時間:15分 読者:9 人 文字数:293字
「……違う」 制作を依頼された彫刻を作ってみたのだが、どうもしっくり来ない。今まで悩みながらスケッチしたものも、どれもピンとこない。 地獄と天国という概念は別の 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
※未完
作者:匿名さん お題:幸福な別れ 制限時間:30分 読者:5 人 文字数:328字
規則正しい機械音と、消毒液の独特な匂いにつられ、私の意識は浮かび上がった。薄っすらと目を開ける。壁に掛けられている時計の針は2時を指していた。この暗さと静けさな 〈続きを読む〉