お題:運命の失踪 制限時間:15分 読者:202 人 文字数:401字
[削除]

輪廻
時計の針をぐるぐると動かす。そうすると時間は逆戻りするはずもなく僕はただじっとその時計をみつめいた。こんなこと生まれてくる前から何度もあった気がする、例えば崖の下に落下したとき、海で遭難したとき、人を殺してしまったときなど。ああ、そうだ僕は幾度となく繰り返し覚えていた、君のことも。目の前の死体に手を合わせて線香を炊いていると、親族らしき人々は言った。「どちら様ですか?」「生前、結婚の約束をした女性なのです」
僕は、「僕の生前」という言葉を省略した。生まれ変わる前ともいうべきか。
彼女の婚約者らしき男性がワナワナ震えて引っ込んだ涙を頬から拭ってそこに緊張感が走る、彼女とは今世とも結ばれなかった、また来世があるに違いない。僕は静まり返った葬式をあとにして颯爽とそこを立ち去った、さあ、あと何回巡り会えれば彼女と結ばれるだろうか。僕はかずを数えながらガードレールを乗り越えた。さあ、次は幸せになろう。
この作品をツイート

似た条件の即興小説


ユーザーアイコン
作者: お題:運命の失踪 制限時間:15分 読者:276 人 文字数:278字
千年の昔から聳え続けていた眠り姫の茨の城が、過日の地震でとうとう崩壊したので、僕らの国は空前の観光ブームに見舞われていた。近隣諸国からの純朴な観光客はもちろん 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
運命の ※未完
作者:にぼし お題:運命の失踪 制限時間:15分 読者:193 人 文字数:299字
どこかに歩いていった二本の足が夢を見た宇宙のようで作戦のよくできたサクサク死出の羽衣にすがり付いた運命の失踪マクロの一ミクロンの誤差を求められた一撃不殺の曖昧 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:明日の私 制限時間:15分 読者:6 人 文字数:1330字
最近公園に来てるクレープ屋さん、今日こそ寄って行こうかな。 そう思って角を曲がったわたしの目の前に、見慣れた顔が立ちふさがった。 わたしだ。もう一人のわたし。 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
異界への扉 ※未完
作者:いしゅと お題:刹那のドア 制限時間:15分 読者:12 人 文字数:1125字
深き陰の森の彼方には、異世界へと繋がる扉があると言われている。森を支配する恐るべき魔獣、オーガ。そのオーガを100匹退治した時、扉は開かれ、勇者を素晴らしき楽土 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:にい お題:肌寒い社会 制限時間:15分 読者:14 人 文字数:883字
しばらく自分のものでない思考の海をさまよっていた。行ったことのない馴染みの店で、見たことのない恋人と、今夜食事をするらしい。自分ではない男は緊張している。大切 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
作者:トゥーディー お題:東京の失敗 制限時間:15分 読者:15 人 文字数:887字
大都市東京。世界有数の大都市だった東京はわずか数十年でその見る影もなくみすぼらしい姿になっていた。理由は一つ。高度なAIによる雇用の喪失だった。単調な作業を人間 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:四畳半カバネ お題:潔白な秘部 制限時間:15分 読者:8 人 文字数:519字
自身の理想とは、果てなく脆い。際限なく求めてしまう。しかし現実がすぐに水を差す。そして悟るのだ。自分はいかに矮小であるかを。正しさを求めていた。誰もが正しさを重 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:鐘辺 完 お題:俺の秋 制限時間:15分 読者:19 人 文字数:1020字
「秋なんです」「今は冬ですよ」「私は秋なんです」「わかりました。あなたは秋なんですね。それでいいです。話を続けてください」「今は私以外が秋でなくても秋の食べ物が 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ふす お題:楽観的な帝王 制限時間:15分 読者:19 人 文字数:451字
「もう、嫌だ」そのだだっ広い空間にコットリ国の帝王の声が響く。何を言っているんだ?またか、この王は…と大臣たちはいつもの事だとでも言うようにため息を飲み込んだ。 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:佐藤りーまん お題:当たり前の子犬 制限時間:15分 読者:15 人 文字数:557字
サンタクロースが来たことはなかった。保育園のお遊戯会や、お友達とのお話で出るその人は、地球上を一晩で回りきり、世界中の子どもたちの夢を叶えてくれるらしい。私の家 〈続きを読む〉

匿名さんの即興 小説


ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:あいつと結末 必須要素:この作品を自分史上ぶっちぎりの駄作にすること 制限時間:15分 読者:5 人 文字数:685字
今日も仕事が終わって漫画喫茶で始発を待つ。私の仕事はしがないガールズバー店員だ。よくわからないおっさんの話をニコニコしながら、セクハラに耐えながら自給1800円 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:穏やかな魔物 制限時間:15分 読者:24 人 文字数:1013字
窓から差し込む柔らかな日差しが、教室中に降り注ぐ。単調なリズムで読み上げられる古文の調べは、昼食を終えたばかりの生徒たちにゆっくりと、かつ確実に魔物の侵略を許 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
タバコの効能 ※未完
作者:匿名さん お題:煙草と雨 制限時間:15分 読者:6 人 文字数:767字
根が小心者なのだ。昔から考えすぎるところはあったのかもしれない。考え始めると落ち込んでいくから考えを止めなければならない。落ち込みはじめたら何らかの方法で脳味 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:ドイツ式の殺し 制限時間:15分 読者:6 人 文字数:423字
銃口をごりっと額に押し当てた。「これで終わりだ」 あばよ、と引き金を引こうとしたそのとき。銃口を押し当てられているのにもかかわらず、死を覚悟する様子もなく相手 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:ドイツ式の殺し 制限時間:15分 読者:6 人 文字数:830字
彼の最期を見た人間はいなかった。ただ一人、彼の甥を除いては。 死ぬ数週間前まで、かれは極めて善良な市民として朗らかに生きていた。隣人には常に優しく、友人には非 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
収束する世界 ※未完
作者:匿名さん お題:ありきたりな動機 制限時間:30分 読者:10 人 文字数:1728字
童貞を捨てたのは17歳の冬だ。相手はひとつ上の先輩で、顎のラインまでで切りそろえた人形みたいなボブが似合う、目の大きいかわいい人だった。その日は小春日和で、先 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:あいつと土地 制限時間:15分 読者:6 人 文字数:638字
夏休み、久々に地元に帰ってきた僕は、小学校時代に友人だった安達にあった。小学校時代の安達は、なかなか面白い奴だった。小学2年生で、先生の車に雪玉をぶつけた。小学 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:ロシア式の月 制限時間:15分 読者:7 人 文字数:438字
「СПАСИБО」スパーシバと、相手にお礼をいうと相手の方も話せて嬉しかったとお礼を言って会釈をして去っていった。正直、疲れた。仕事関連で海外の人と話す事はよく 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
失墜 ※未完
作者:匿名さん お題:帝王の裏切り 制限時間:30分 読者:13 人 文字数:1154字
ヴィーシャは死んだよ。アイリッシュのクソ野郎に頭をぶち抜かれて、溝に捨てられてんのを孫が見つけてね。ああ、あんた少し遅かったみたいだね。 ヴィーシャが幼い孫娘 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:愛、それは魔物 必須要素:腸内洗浄 制限時間:15分 読者:8 人 文字数:302字
魔物を愛してしまったばっかりに、彼は入院するハメになった。 その際、医師がレントゲンを指しながら、口の端をひくひくと引き攣らせて述べたことは鮮明に覚えている。 〈続きを読む〉