お題:元気な運命 制限時間:15分 読者:438 人 文字数:907字

時にはマスタードのように
 もし明日君に出会っていれば、僕はケチャップまみれのみっともない姿を君に見せないで済んだはずなんだ。もし昨日君に出会っていれば、僕がアイスクリームの代金が足りなくて泣きそうな子供に50セント恵んであげたところだったかもしれない。でも僕が君に出会ったのはついさっきの今日の話で、運悪く僕は食堂のおばちゃんが片づけ忘れたモップを踏んで転んで、ジョニーのホットドックの皿に着地しちまった場面に君がやってきたんだ。情けないったらありゃしない。

 そもそも僕は君のことがずっと気になっていたんだ。豊かなブロンドのエイプリルといつも一緒に居る控え目なベス。山のようにラブレターを貰うエイプリルと一緒にどの男がいいかを相談しているベス。僕は派手なエイプリルより、可憐なベスのほうが大好きなんだ。

「まったく、金髪がマスタードでさらに黄色くなるところだったわ」
 ジョニーと一緒に座っていたエイプリルは笑っているが、ベスは僕のシャツのシミを落とそうとしてくれている。
「汚れてしまっているわ、簡単に落ちない」
 そうとも、多分簡単には落ちない。
「いいよ、転んだ僕が悪いのさ」
 僕はジョニーに代わりのホットドッグを買い、エイプリルにはアイスクリームを買ってやった。エイプリルはジョニーにお熱なのだ。

 ジョニーと二人きりになりたいエイプリルは、その後すぐにベスと別れた。僕は今こそチャンスと思ってベスに話しかけた。
「お礼に今夜一緒に食事でもどうだい? 君のハンカチも今すぐクリーニングしないと」
 ベスは何だか困っているようだった。
「でも、さっき顔を合わせたばかりの関係よ」
「いいや、僕はずっと君に興味があった」
「あら、口説いているつもり?」

 やっとここまでたどり着いた。未来の嫁さんの、昔の姿。これからやっとまた嫁さんと恋人同士になって、かわいい子供たちに会える。死の間際に神様に「もう一度人生をやり直したい」なんて願ったら、いつの間にか子供時代に戻っていた。でも逸脱する人生が怖くて、今日もわざと転んでまたベスと巡り合えた。

「どうしたの? 涙が出ているわ」
「おかしいな、さっきマスタードが入ったかな」
作者にコメント

似た条件の即興小説


ユーザーアイコン
作者:進藤伐斗 お題:元気な運命 制限時間:15分 読者:174 人 文字数:219字
あの人は相変わらずだった。 見舞いに病室に入っても、その病状を全くと表情にも態度にも出さない。「わしは気が病んでいるのではないから、病気ではなくて病体だ」 と 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:スイバ お題:元気な運命 制限時間:15分 読者:131 人 文字数:357字
夕焼けが影を伸ばす。図書室からの帰り道にばったりと遭遇した彼女は、黄昏時に不似合いなほど明るかった。まるで朝一番に教室に着いた時みたいに。「今日ね、倫理の授業あ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:和委志千雅 お題:元気な運命 必須要素:街灯 制限時間:15分 読者:220 人 文字数:1091字
暗くなってから自動的なんだか、手動的なんだか知らないけど付く街灯の点灯した瞬間を見るのが好きだった。その瞬間を見ると、よっしゃって思う、何でかわからないけど、で 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:砂猫 お題:とんでもないぬるぬる 制限時間:15分 読者:6 人 文字数:1058字
キッチンはぱっと見は普通らしい。友人によってはおしゃれなキッチンだというやつもいる。が、ぼくにとっては普通どころか刑事ドラマでよく出てくる刑事が犯人を尋問する部 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:ドイツ式の動機 制限時間:15分 読者:2 人 文字数:498字
ドイツから来た帰国子女のドジョンパくん。彼はドイツから来たくせに箸でめしを食う。僕は彼はほんとは日本人なんじゃないのかと思っている。「おい、ドジョンパ。お前ドイ 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
作者:サカッチ/九鹿 お題:初めての四肢切断 制限時間:15分 読者:14 人 文字数:980字
あるべきものが無い。 なんとなくこの感覚には覚えがあった。そうだ、腕の血が圧迫とかで止まった状態で朝起きたとき、その腕が冷たくなってたときと同じなんだ。動かそ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:初めての四肢切断 制限時間:15分 読者:12 人 文字数:722字
『レディース、エーン、ジェントルメェン! お待たせしました! 今宵も人体切断マジックの時間がやって参りました! 担当はおなじみ、わたくしジョンが務めさせていただ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:なたね お題:調和した洞窟 制限時間:15分 読者:9 人 文字数:860字
僕はある日、ちくわのなかを見てしまったことがある。 空っぽだった。磯臭い空気と共に向こうで動く兄弟が妙にちっぽけに見えて。 海原というよりは、ため池のように虚 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:サカッチ/九鹿 お題:調和した洞窟 制限時間:15分 読者:8 人 文字数:482字
それは喰われた死体だった。 熊か、狼か、あるいはまだ見ぬUMAか。少なくともその死体は喰われていて、この寒さの影響で腐りもせず、いっそ美しいまでにそこに事切れ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:なたね お題:アブノーマルな多数派 制限時間:15分 読者:11 人 文字数:855字
「我々は幸せです」 今朝、そんなことを不意に話し掛けられた。 名前も、顔も知らない。どちらかというとため息の似合うおっさんは、続けてわたしに言ってくる。「世界中 〈続きを読む〉

だが無力だの即興 小説


ユーザーアイコン
作者:だが無力だ お題:東京快楽 制限時間:15分 読者:241 人 文字数:612字
別にクリスマスじゃなくても、恋人たちは街を歩いている。年の瀬だって、正月だっていつでも恋人は一緒にいるだけで幸せだ。特別な日だからという理由で幸せを感じるのは 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:だが無力だ お題:人妻の奈落 制限時間:15分 読者:269 人 文字数:1283字
「今度の舞台が勝負なんだ、それが成功したら結婚しよう」 そんなことを何度言われたかわからない。結局舞台が公演を終えても彼がコンビニでアルバイトをしていることは変 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:だが無力だ お題:かっこ悪い過ち 制限時間:15分 読者:280 人 文字数:828字
悪いとわかっていたけれど、舞子のカバンに手を入れてしまった。教科書やノートが整然としまわれているその中に、例の手帳があった。最近舞子はこの手帳ばかり覗き込んで 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:だが無力だ お題:元気な運命 制限時間:15分 読者:438 人 文字数:907字
もし明日君に出会っていれば、僕はケチャップまみれのみっともない姿を君に見せないで済んだはずなんだ。もし昨日君に出会っていれば、僕がアイスクリームの代金が足りな 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:だが無力だ お題:計算ずくめの螺旋 制限時間:15分 読者:339 人 文字数:591字
気が付けば夜だった。それまで何をしていたのか、はっきりと覚えていない。ただキリリと冷たい空気が星の冴えた光を届けていることと路上に長いこと寝ていたせいで背中が 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:だが無力だ お題:オチは、と彼は言った 制限時間:15分 読者:456 人 文字数:903字
放課後、机の上に座った井上くんが得意げに話してきた。「机の上に花瓶を置いて、立派な花を活けてやるだけでいいんだ」「そんなかわいそうなことできないよ」「別にいじ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:だが無力だ お題:突然の失望 制限時間:15分 読者:422 人 文字数:1170字
不規則でちっぽけな星明りを見ているのに飽きたから、そんなものに頼れないと前を向くと街灯の明かりがしっかりと等間隔で並んでいる。遠くを見つめていると楽しいけれど 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:だが無力だ お題:恐ろしい吐息 制限時間:15分 読者:429 人 文字数:944字
人間の皮膚の味に憧れがあった。だけど実際に舐めてみると多少の塩気を生ぬるさがあるだけで、味なんてほとんどなかった。彼女のアソコは甘いとか蜜の味とか甘酸っぱいと 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:だが無力だ お題:空前絶後の母性 制限時間:15分 読者:436 人 文字数:890字
細くて長い坂道を登るような人生だった。隣で手をつないでくれる人もいないし、傾斜ばかりきつくて登ることをやめたくなるような道のりだ。一本向こうの道では大きな人に 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:だが無力だ お題:鳥のむきだし 制限時間:1時間 読者:638 人 文字数:2842字
僕には姉さんがいた。随分と年の離れた姉さんは、僕を弟というより玩具として扱っていた。両親がいないときには、姉さんはよく僕を押し入れに閉じ込めて遊んでいた。それ 〈続きを読む〉