ユーザーアイコン
お題:商業的な海 制限時間:15分 読者:300 人 文字数:493字

硝子の海を口腔に匿う ※未完
 遠い未来、水は密漁の対象となった。
 数光年の距離を隔てて宇宙に散らばる地球移民の子孫たちが、こぞって母星の水を欲したためだった。人工的に生成した水分では駄目なのだ、と彼らは口を揃えて言う。あの青い星、小さな青い星を満たす海の水でなければ駄目なのだ。それだけが本当の水なのだと。

 別に珍しい話ではない。ひとが宇宙に興味を向けるよりもずっと昔から、水は信仰の対象だったのだから。 
 死ぬまでにたった一度で良いから、地球の水が飲みたいと言って、彼らは泣いて水を求めた。求められたので商売が生まれた。今では、この小さな星は、日々宇宙へと漏れてゆく水を留めるのに必死だ。海面は下がり続けている。かつて没した島がいくつも海上に姿を現したが、喜ぶ地球人はほとんどいなかった。

 そして今日も。

「海水の持ち出しは禁止だ」

 砂浜に屈みこむ小さな背中に銃を向けながら、監視人は機械のように言う。もう何百回と繰り返した台詞だった。
 振り返った小さな子どもは、その赤ぎれた両手に小さなガラスびんを抱えていた。宝石のように光る瓶の中には、海水

 ああ、見つけたくなかった。こんな子ども。
作者にコメント

似た条件の即興小説


ユーザーアイコン
作者:りゅーちゃそ お題:商業的な海 制限時間:15分 読者:88 人 文字数:487字
海は空に言いました「お前のような真っ赤が欲しい」と。夕暮れ時。浜辺で遊ぶ子どもたちが母の呼び声で帰路を走る頃。海は空の真っ赤を欲しがっていました。「俺はお前のま 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:商業的な海 制限時間:30分 読者:67 人 文字数:1492字
海の世界。というと何を思い浮かべるだろうか。 イルカ、クジラ? 海の生物だったり、漁業だろうか。 まぁ、色んなものが思い浮かぶと思う。 まぁ仕事ってのは大変だ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:商業的な海 制限時間:30分 読者:58 人 文字数:1101字
火の玉のような太陽が海に沈んでゆく今日は雲一つないきれいな空耳には波の音しか届いてこない俺は目の前にあるものがなんであるかを理解することができなかったそれは大き 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:純粋な電撃 制限時間:15分 読者:1 人 文字数:220字
トレーダーは、一秒未満の判断で勝負をする仕事だ。それを金融市場の開店から閉店までやり続ける。三十五歳が実質的な定年と言われている。 私が率いているディーリング 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
※未完
作者:かぜの お題:ひねくれた警察官 制限時間:15分 読者:8 人 文字数:298字
悪を捕らえ、悪をなくす。国の治安をよくする正義のヒーロー。 それが「警察官」。 しかし俺のやってきたことは何だったんだ。そう思う日々。職場に行き、書類をまとめ 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
作者:佐藤りーまん お題:大好きな嘘 制限時間:15分 読者:11 人 文字数:485字
透明な瓶に、液体が渦を巻いていた。粘度の高く色のない液体は、比重によって上に行ったり下に行ったりしている。わずかな線を残していた。「いつになったら提出するの?」 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:krm お題:大好きな嘘 制限時間:15分 読者:6 人 文字数:644字
ショーちゃんのパパはパイロットで、ハイジャックにあったことがある。でも、武器もなしに戦って何とか乗客全員を無事に目的地まで送り届けたそうだ。ショーちゃんにはママ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
習作47 ※未完
作者:夢路 お題:私が愛した秘部 制限時間:15分 読者:14 人 文字数:332字
忘れられない。 あの女性を忘れられるわけがないのだ。 ぼくが初めて交わった女性のことを。 数年前、たまたまネットで親しくなった女性だった。 はじめは趣味が同じ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:真城うさ お題:輝く「うりゃぁ!」 制限時間:15分 読者:29 人 文字数:3326字
それから一カ月が経った。髑髏は相変わらずバスローブで家の中を闊歩している。最近はマグカップを手で持てるようになり、身体能力は目覚ましい変化を遂げている。夜は骨格 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:日ノ宮理李@ハナねね町長 お題:可愛い天使 制限時間:15分 読者:23 人 文字数:760字
最初に触れたのは幼稚園の頃。ボクがまだ人と触れ合うことになれてない時だった。 外は危険がいっぱいだから1人で過ごせとおばあさまにさんざん言われてたけど、みんな 〈続きを読む〉

の即興 小説


ユーザーアイコン
作者: お題:暗い心 制限時間:15分 読者:35 人 文字数:758字
火傷だらけの鬼がひとり、森を歩いてゆく。 その晩は新月で、鬼にとって幸いなことに、今にも雨を降らしそうな厚い雲が夜空をみっしりと埋めていた。風も重く、優しく、 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者: お題:孤独な黒板 制限時間:15分 読者:43 人 文字数:690字
その日、登校すると、黒板には暴言が描き殴ってあった。私の名前と一緒に。およそ板書にはそぐわない、たった数文字で黒板の端から端までを埋めてしまうほどの、大きくて 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者: お題:3月の動揺 制限時間:15分 読者:43 人 文字数:743字
最近ちょっと困っていることがあって、と、二百年ぶりに再会した旧友は挨拶もそこそこに口火を切った。 最近と言ったって、私たちの尺度のことだ、どうせ三百年以内の出 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者: お題:セクシーな善人 制限時間:15分 読者:42 人 文字数:377字
新宿何とか丁目の細い裏路地、丑三つ時の間だけ、とある地縛霊が人生相談所をやっているらしい。しかも、実に盛況であるらしい。先週の土曜は十人以上の大人たちが寒空の 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者: お題:当たり前の木 制限時間:15分 読者:43 人 文字数:456字
裏山に佇む一本の白樺が、私の神様だった。 いつから信仰心を抱くようになったのかは覚えていない。物心ついた頃にはもう、裏山で遊びまわった帰り道に、白樺に手を合わ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者: お題:戦争と絶望 制限時間:15分 読者:54 人 文字数:861字
どうも私は気が狂っているらしく、ふたつの時間を交互に生きている。 現在と100年後の世界、と言うべきか、100年前と現在の世界、と呼ぶべきか、いまいち判断が付 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者: お題:静かな傘 制限時間:15分 読者:47 人 文字数:782字
不思議ではあるけれど、何の役にも立たない代物、というのが世の中にはそこそこ存在する。 祖父から譲り受けたこの傘も、そんな代物のひとつだった。祖父もまた知り合い 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者: お題:傷だらけの笑い声 制限時間:15分 読者:35 人 文字数:855字
祖父はレコードが好きだった。 若い頃は歌うことも好きで、ほんのひととき、歌手として活躍したこともあったらしい。祖父の家には、その頃の古いレコードが何十枚も眠っ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者: お題:有名な消費者金融 制限時間:15分 読者:47 人 文字数:800字
名前を粗末に扱ってはいけない、というのは、魔法使いでなくても知っているこの世界の常識である。 名は当人を表す最も短い呪いであり、その名を貶めたり変質させてしま 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者: お題:人妻の脱毛 制限時間:15分 読者:48 人 文字数:654字
もともと、自分の容姿に対して卑屈気味なところがある人だ、とは解っていた。 私から見れば輝かしいほどの服装センスも、ドレッサーを埋め尽くす化粧道具も、まめまめし 〈続きを読む〉