お題:商業的な海 制限時間:15分 読者:108 人 文字数:487字

商業はどこ行ったwww ※未完
海は空に言いました
「お前のような真っ赤が欲しい」と。

夕暮れ時。浜辺で遊ぶ子どもたちが母の呼び声で帰路を走る頃。海は空の真っ赤を欲しがっていました。
「俺はお前のまねごとしかできない。俺だけの色をが欲しいんだ」
「僕だって好きで色を変化させてるわけじゃないんだよ。全部時間のせいなんだ」
「でもお前の赤は青や黒よりもずっときれいだ。よく空や海の色は青っていうけど、俺が一番好きなのはこの色なんだよ。だからそれだけでも俺のものにしたい」

そのうちにあたりは静まり、空は黒色に染まりました。海の家も店を閉じ、波の音しか聞こえません。
「そんなに赤が欲しいなら、自分で染めてみたらいいんじゃないかな?」
「どうやってだよ。もうあたりは真っ暗じゃないか」
「夜になったら漁船がそこらへんで漁を始めるだろ?僕がどこでやってるか見つけるから、そこを襲えばいい。」
「それがどう赤くなるんだ?」
「ためしにやってみればいい」

その夜、信じられないくらいの波が漁船を襲った。転覆した船のスクリューに巻き込まれた漁師の血で、その海はその日だけ赤に染まることができた。

その後、商業d
作者にコメント

似た条件の即興小説


ユーザーアイコン
作者: お題:商業的な海 制限時間:15分 読者:326 人 文字数:493字
遠い未来、水は密漁の対象となった。 数光年の距離を隔てて宇宙に散らばる地球移民の子孫たちが、こぞって母星の水を欲したためだった。人工的に生成した水分では駄目な 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:商業的な海 制限時間:30分 読者:81 人 文字数:1492字
海の世界。というと何を思い浮かべるだろうか。 イルカ、クジラ? 海の生物だったり、漁業だろうか。 まぁ、色んなものが思い浮かぶと思う。 まぁ仕事ってのは大変だ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:商業的な海 制限時間:30分 読者:67 人 文字数:1101字
火の玉のような太陽が海に沈んでゆく今日は雲一つないきれいな空耳には波の音しか届いてこない俺は目の前にあるものがなんであるかを理解することができなかったそれは大き 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
※未完
作者:匿名さん お題:かゆくなる消しゴム 制限時間:15分 読者:3 人 文字数:592字
走り出した。ビチャビチャと海水で服が濡れて重くなっていく。果てもないような地平線でかつて彼女が海岸で笑っていた。今では、ただの海でしかない。ここからずっと行けば 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:最後の博物館 制限時間:15分 読者:2 人 文字数:494字
小さな頃から通っていた、大事な大事な思い出の場所。 最初は両親と一緒に行った。 初めて来た場所、初めて見る物に興奮が冷めなかったのをよく覚えている。 子供の時 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:神の喜劇 制限時間:15分 読者:5 人 文字数:312字
こと、とチェス盤に駒が置かれた。それを見ていた男がふーと息を吐いた。「また、手に詰まった」「ふふふ、じゃあまた交換条件が発動かい?」 交換条件。それは互いに手 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:小泉 毬藻 お題:記録にないセリフ 制限時間:15分 読者:17 人 文字数:391字
先生はボイスレコーダーを再生する。確かに流れてくるのは自分の声なのだが、話の内容を全く覚えていない。「本当に覚えてないんですか?」何度も聞かれたが覚えていない。 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:にい お題:死にかけの尿 制限時間:15分 読者:12 人 文字数:1033字
夜、そっと夫の寝室を確認すると、無事に死んでいた。私は部屋には入らないままで、ほっと息をついた。家に帰るといつも生きているふりをする夫だから、ひょっとして生き 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
愛犬の最後 ※未完
作者:匿名さん お題:死にかけの尿 制限時間:15分 読者:4 人 文字数:592字
大島良彦は四十年勤務した会社を三月に定年退職した。再雇用で六十五歳まで働くこともできたのだが、ひとまず区切りをつけて自由な身になりたいと考えたのだ。やりたいこと 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:日ノ宮理李@バブみ昆布 お題:純粋な高給取り 制限時間:15分 読者:20 人 文字数:882字
位の高い人だからと窓際に移動させられて2日。「……」 社内メール閲覧と、ネットサーフィンをし続けるのもだんだんと飽きてきた。学生自体とやることが変わらない状態 〈続きを読む〉

りゅーちゃその即興 小説


ユーザーアイコン
作者:りゅーちゃそ お題:商業的な海 制限時間:15分 読者:108 人 文字数:487字
海は空に言いました「お前のような真っ赤が欲しい」と。夕暮れ時。浜辺で遊ぶ子どもたちが母の呼び声で帰路を走る頃。海は空の真っ赤を欲しがっていました。「俺はお前のま 〈続きを読む〉