お題:商業的な海 制限時間:15分 読者:97 人 文字数:487字

商業はどこ行ったwww ※未完
海は空に言いました
「お前のような真っ赤が欲しい」と。

夕暮れ時。浜辺で遊ぶ子どもたちが母の呼び声で帰路を走る頃。海は空の真っ赤を欲しがっていました。
「俺はお前のまねごとしかできない。俺だけの色をが欲しいんだ」
「僕だって好きで色を変化させてるわけじゃないんだよ。全部時間のせいなんだ」
「でもお前の赤は青や黒よりもずっときれいだ。よく空や海の色は青っていうけど、俺が一番好きなのはこの色なんだよ。だからそれだけでも俺のものにしたい」

そのうちにあたりは静まり、空は黒色に染まりました。海の家も店を閉じ、波の音しか聞こえません。
「そんなに赤が欲しいなら、自分で染めてみたらいいんじゃないかな?」
「どうやってだよ。もうあたりは真っ暗じゃないか」
「夜になったら漁船がそこらへんで漁を始めるだろ?僕がどこでやってるか見つけるから、そこを襲えばいい。」
「それがどう赤くなるんだ?」
「ためしにやってみればいい」

その夜、信じられないくらいの波が漁船を襲った。転覆した船のスクリューに巻き込まれた漁師の血で、その海はその日だけ赤に染まることができた。

その後、商業d
作者にコメント

似た条件の即興小説


ユーザーアイコン
作者: お題:商業的な海 制限時間:15分 読者:312 人 文字数:493字
遠い未来、水は密漁の対象となった。 数光年の距離を隔てて宇宙に散らばる地球移民の子孫たちが、こぞって母星の水を欲したためだった。人工的に生成した水分では駄目な 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:商業的な海 制限時間:30分 読者:79 人 文字数:1492字
海の世界。というと何を思い浮かべるだろうか。 イルカ、クジラ? 海の生物だったり、漁業だろうか。 まぁ、色んなものが思い浮かぶと思う。 まぁ仕事ってのは大変だ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:商業的な海 制限時間:30分 読者:64 人 文字数:1101字
火の玉のような太陽が海に沈んでゆく今日は雲一つないきれいな空耳には波の音しか届いてこない俺は目の前にあるものがなんであるかを理解することができなかったそれは大き 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:⭕秋牛/七宝明 お題:純粋な犯人 制限時間:15分 読者:9 人 文字数:706字
「父さん質問があるのだけれども。」姉ちゃんが怒った口調で父さんに詰め寄っていた。「私じゃないぞ。」「まだ何も言ってないでしょ。」即答した父さんに、姉ちゃんが鋭い 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:遠い恋愛 制限時間:15分 読者:11 人 文字数:1288字
遠距離恋愛というのは、常々成立しないと思っている。 恋人同士なら、傍にいないとダメなのだ。 そう言うと、わたしの彼は笑った。(心配しなくても大丈夫だって。君が 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
作者:夢路 お題:遠い経歴 制限時間:15分 読者:4 人 文字数:473字
このバーの酒はうまいな。 ここで知り合ったのも何かのよしみだ。 一つ話でもしようじゃないか。何、ちょっとした小話だよ。 ある男の話だ。 そいつが生まれたのはあ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
記録にない唇 ※未完
作者:匿名さん お題:記録にない唇 制限時間:15分 読者:1 人 文字数:908字
朝、目が覚める。体を触って、起きたことを確かめて。ああ、また。長く眠っていたみたいだ。ーー僕は生まれつき脳に障害があり、24時間、一日分しか物事を覚えておくこと 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:俺と結婚 制限時間:15分 読者:2 人 文字数:388字
「俺と結婚してくれ」「はい…♡♡♡」そうして私たちは結ばれた。やがて子供が生まれ、成長し、大人になって、巣立っていった。老夫婦になってからも、私たちはラブラブな 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:求めていたのは本 制限時間:15分 読者:1 人 文字数:537字
その本を思い出すことは、いつも私をときめかせた。亡くなった王子様の幽霊が、何故か主人公にだけ見えるようになっちゃって、王子の死後不和になった騎士団の仲を取り持っ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者: お題:安全な御曹司 制限時間:15分 読者:17 人 文字数:545字
*お題ガン無視 西暦2050年。 人類は『ロボット三原則』をベースに完璧な論理体系の元に自律行動するロボットを作り上げた。彼らは大いに活躍した。全自動式洗濯機の 〈続きを読む〉

りゅーちゃその即興 小説


ユーザーアイコン
作者:りゅーちゃそ お題:商業的な海 制限時間:15分 読者:97 人 文字数:487字
海は空に言いました「お前のような真っ赤が欲しい」と。夕暮れ時。浜辺で遊ぶ子どもたちが母の呼び声で帰路を走る頃。海は空の真っ赤を欲しがっていました。「俺はお前のま 〈続きを読む〉