お題:商業的な海 制限時間:15分 読者:113 人 文字数:487字

商業はどこ行ったwww ※未完
海は空に言いました
「お前のような真っ赤が欲しい」と。

夕暮れ時。浜辺で遊ぶ子どもたちが母の呼び声で帰路を走る頃。海は空の真っ赤を欲しがっていました。
「俺はお前のまねごとしかできない。俺だけの色をが欲しいんだ」
「僕だって好きで色を変化させてるわけじゃないんだよ。全部時間のせいなんだ」
「でもお前の赤は青や黒よりもずっときれいだ。よく空や海の色は青っていうけど、俺が一番好きなのはこの色なんだよ。だからそれだけでも俺のものにしたい」

そのうちにあたりは静まり、空は黒色に染まりました。海の家も店を閉じ、波の音しか聞こえません。
「そんなに赤が欲しいなら、自分で染めてみたらいいんじゃないかな?」
「どうやってだよ。もうあたりは真っ暗じゃないか」
「夜になったら漁船がそこらへんで漁を始めるだろ?僕がどこでやってるか見つけるから、そこを襲えばいい。」
「それがどう赤くなるんだ?」
「ためしにやってみればいい」

その夜、信じられないくらいの波が漁船を襲った。転覆した船のスクリューに巻き込まれた漁師の血で、その海はその日だけ赤に染まることができた。

その後、商業d
作者にコメント

似た条件の即興小説


ユーザーアイコン
作者: お題:商業的な海 制限時間:15分 読者:334 人 文字数:493字
遠い未来、水は密漁の対象となった。 数光年の距離を隔てて宇宙に散らばる地球移民の子孫たちが、こぞって母星の水を欲したためだった。人工的に生成した水分では駄目な 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:商業的な海 制限時間:30分 読者:86 人 文字数:1492字
海の世界。というと何を思い浮かべるだろうか。 イルカ、クジラ? 海の生物だったり、漁業だろうか。 まぁ、色んなものが思い浮かぶと思う。 まぁ仕事ってのは大変だ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:商業的な海 制限時間:30分 読者:71 人 文字数:1101字
火の玉のような太陽が海に沈んでゆく今日は雲一つないきれいな空耳には波の音しか届いてこない俺は目の前にあるものがなんであるかを理解することができなかったそれは大き 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ミズノガク@即興小説82日 お題:君の豪雪 制限時間:15分 読者:5 人 文字数:433字
雪。いつも見ているはずの雪。なのに。雪を、こんなにも強く感じるなんて。北国生まれ、北国育ちの俺にとって、雪は当たり前のようなものだ。言わば、なくてはならない水や 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:あにぃぃ お題:君と絵画 制限時間:15分 読者:5 人 文字数:757字
もうどれくらい経っただろうか。君とこの地へ逃げてから。いや、逃げてきたのではない。希望して、期待してこの地に辿り着いたのだ。この青い空に、この白く大きな雲に、そ 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:永遠の血液 制限時間:15分 読者:1 人 文字数:300字
白浜に引き出された男は来たる時を待っていた。白装束に身を包み、読み上げられる書状。「罪状。人魚の血を飲んだと触れ回り、数多の人々から金品を詐取したこと。これによ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:日ノ宮理李はそこそこ歩いてる。 お題:純白の螺旋 制限時間:15分 読者:19 人 文字数:784字
螺旋階段の魅力にはまった親が作ったのは、螺旋階段を主軸にしたデザインハウス。階段のまわりにぐるぐると部屋が分かれてるから非常に効率が悪い。 真ん中にエレベータ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:腐った殺し屋 制限時間:15分 読者:3 人 文字数:507字
僕は人を殺したことがない。 僕は善良な一般市民だ。法律で裁かれたことがないという点では。普通の家庭で、普通の大学に入って、普通に就活をした。 僕は、殺し屋だ。 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ダツ=D・U=脱衣拳 お題:猫の孤独 制限時間:15分 読者:11 人 文字数:1222字
いつの時代も、猫を主役にした物語は多い。なぜであろうか。おそらく、人間は自由気ままにあちこち動く猫が羨ましいのだろう。自由ではない人間が、自由である猫に敬意を 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:破死竜 お題:寒い人間 制限時間:15分 読者:17 人 文字数:1047字
私は、”冷血動物”とあだ名されているが、ことさら人に冷たくしているつもりはない。 ただ、他人に熱が、興味が無いだけである。 「先輩、昼飯、一緒に食いに行きまし 〈続きを読む〉

りゅーちゃその即興 小説


ユーザーアイコン
作者:りゅーちゃそ お題:商業的な海 制限時間:15分 読者:113 人 文字数:487字
海は空に言いました「お前のような真っ赤が欲しい」と。夕暮れ時。浜辺で遊ぶ子どもたちが母の呼び声で帰路を走る頃。海は空の真っ赤を欲しがっていました。「俺はお前のま 〈続きを読む〉