ユーザーアイコン
お題:熱い味 制限時間:15分 読者:298 人 文字数:528字

(永遠に)
 ある地獄に落とされた作家に命じられた刑罰は、火の味を描写せよというものだった。
「火の味ですって?」
「そのとおり」
 作家は呆れ混じりに微笑んだ。机前の椅子に縛りつけられていなければ、厳しく顔をしかめた鬼の肩をとんとんと叩き、もう少し面白い冗談を言うようにと諭すこともできるのだが。
「存在しないものは書けませんよ」
「心にもないことを言うのは感心しない」
「本心のつもりなんですがね」
 鉛筆をくるくると回しつつ呟く。作家は、机の上に用意された己が罰を眺めた。
 一枚の白紙。一本の黒い鉛筆。一本の匙。一枚の、燃える皿。
 試しに、白紙に鉛筆を滑らせてみると、その黒い線は書かれた傍から溶けるように消えてしまうのだった。
「描写の言葉でなければ存在できないようになっている」
「ご説明どうも」
 なるほど。始めるしかないようだ。

 作家は、左手に匙を、右手に鉛筆を持ち、燃える皿から火を一匙すくいあげ口に含んだ。舌と口腔が苦痛と共に焼け爛れた。仮に、燃える炎に味があったとしても、これでは何も感じられるはずがない。作家はしかし、歯を食いしばり、何度も何度も、火を口に運んだ。そして右手を動かし続けた。書く傍から灰のように消えてゆく言葉を振り返るこt
作者にコメント

似た条件の即興小説


ユーザーアイコン
銀世界と湯気 ※未完
作者:匿名さん お題:熱い味 制限時間:15分 読者:231 人 文字数:789字
顔に雪が叩き付けられて痛い。分厚い生地のコートの襟をつかみその痛みから逃れようとするも、根本的に長さが足りない。あたりを見渡してみるも、一面雪景色。真っ白な平面 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ものらる お題:熱い味 制限時間:15分 読者:226 人 文字数:636字
「あなたが本当に私のことを愛しているのならカンタンでしょう。あの方との約束を破ることなんて」美しい横顔を月のように傾けて、彼女は窓際で気持ちよさそうに夜空を仰い 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:fnro(エフヌロ) お題:うへへ、コメディ 制限時間:15分 読者:10 人 文字数:722字
演劇の脚本を執筆するにあたって、どのようなテーマにするかで劇団員は揉めていた。 まだまだ知名度は低いものの、観客が全くいないわけではない。どこかの演出家がふら 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:夢路 お題:いわゆる家 制限時間:15分 読者:7 人 文字数:562字
勇者。 魔王を滅ぼす存在。 そう呼ばれる青年が今、ダンジョンを踏破し、最奥――魔王の座する場所へ通じる扉の前にいた。 まだ若い、しかし戦士としての屈強さを兼ね 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:regalec お題:絵描きの夏 制限時間:15分 読者:11 人 文字数:676字
まるで、これをこのままキャンパスの上に書き写してしまいたいような夜空だ。一人きりの帰り道。まとわりつくような蒸し暑さでなんとなく空気の淀んだ、そんな夜。ちょっと 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
作者:前田 お題:とびだせ空 制限時間:15分 読者:13 人 文字数:876字
唐突として街に出現した予言者は滅びを声高に叫びまくっていた。これが三日三晩続き、街一番の温厚として知られる野良猫・ジャバウォックも、流石にストレスが溜まって予 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:佐藤りーまん お題:つらいゴリラ 制限時間:15分 読者:6 人 文字数:557字
「玻座間くん」顔を上げると、隣のクラスの藤咲が居た。肩までかかるストレートに黒目がちの大きな目。スポーツ万能で女子バスケの主将の彼女は、地元の小さな中学校では有 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:つらいゴリラ 制限時間:15分 読者:8 人 文字数:436字
「どうした篠田。疲れ切ったゴリラみたいだぞ」 帰り道、自転車で追いついてきた友人の第一声がこれだった。「……こんないい男捕まえて誰がゴリラだ」 言い返す言葉もど 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:日ノ宮理李@バブみ道団長 お題:黄色い牢屋 制限時間:15分 読者:19 人 文字数:702字
……夢であればよかったのに。 けれど、目の前の壁も嫌な臭いも一行に変わらない。 記憶の繋がりが残ってない。 ポイントごと区切られたものしか浮かんでこない。 な 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:楽生斎主人 お題:薄汚い夕日 制限時間:15分 読者:8 人 文字数:918字
気づけば西の空は茜色に染まり、夜が近づきつつあった。 ウラブは鉄塔のふもとから沈みゆく太陽を見つめていた。「帰らんのかね」 と先生が言った。ウラブは答えず、夕 〈続きを読む〉

の即興 小説


ユーザーアイコン
作者: お題:暗い心 制限時間:15分 読者:27 人 文字数:758字
火傷だらけの鬼がひとり、森を歩いてゆく。 その晩は新月で、鬼にとって幸いなことに、今にも雨を降らしそうな厚い雲が夜空をみっしりと埋めていた。風も重く、優しく、 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者: お題:孤独な黒板 制限時間:15分 読者:32 人 文字数:690字
その日、登校すると、黒板には暴言が描き殴ってあった。私の名前と一緒に。およそ板書にはそぐわない、たった数文字で黒板の端から端までを埋めてしまうほどの、大きくて 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者: お題:3月の動揺 制限時間:15分 読者:30 人 文字数:743字
最近ちょっと困っていることがあって、と、二百年ぶりに再会した旧友は挨拶もそこそこに口火を切った。 最近と言ったって、私たちの尺度のことだ、どうせ三百年以内の出 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者: お題:セクシーな善人 制限時間:15分 読者:31 人 文字数:377字
新宿何とか丁目の細い裏路地、丑三つ時の間だけ、とある地縛霊が人生相談所をやっているらしい。しかも、実に盛況であるらしい。先週の土曜は十人以上の大人たちが寒空の 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者: お題:当たり前の木 制限時間:15分 読者:33 人 文字数:456字
裏山に佇む一本の白樺が、私の神様だった。 いつから信仰心を抱くようになったのかは覚えていない。物心ついた頃にはもう、裏山で遊びまわった帰り道に、白樺に手を合わ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者: お題:戦争と絶望 制限時間:15分 読者:42 人 文字数:861字
どうも私は気が狂っているらしく、ふたつの時間を交互に生きている。 現在と100年後の世界、と言うべきか、100年前と現在の世界、と呼ぶべきか、いまいち判断が付 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者: お題:静かな傘 制限時間:15分 読者:38 人 文字数:782字
不思議ではあるけれど、何の役にも立たない代物、というのが世の中にはそこそこ存在する。 祖父から譲り受けたこの傘も、そんな代物のひとつだった。祖父もまた知り合い 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者: お題:傷だらけの笑い声 制限時間:15分 読者:28 人 文字数:855字
祖父はレコードが好きだった。 若い頃は歌うことも好きで、ほんのひととき、歌手として活躍したこともあったらしい。祖父の家には、その頃の古いレコードが何十枚も眠っ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者: お題:有名な消費者金融 制限時間:15分 読者:38 人 文字数:800字
名前を粗末に扱ってはいけない、というのは、魔法使いでなくても知っているこの世界の常識である。 名は当人を表す最も短い呪いであり、その名を貶めたり変質させてしま 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者: お題:人妻の脱毛 制限時間:15分 読者:36 人 文字数:654字
もともと、自分の容姿に対して卑屈気味なところがある人だ、とは解っていた。 私から見れば輝かしいほどの服装センスも、ドレッサーを埋め尽くす化粧道具も、まめまめし 〈続きを読む〉