ユーザーアイコン
お題:熱い味 制限時間:15分 読者:309 人 文字数:528字

(永遠に)
 ある地獄に落とされた作家に命じられた刑罰は、火の味を描写せよというものだった。
「火の味ですって?」
「そのとおり」
 作家は呆れ混じりに微笑んだ。机前の椅子に縛りつけられていなければ、厳しく顔をしかめた鬼の肩をとんとんと叩き、もう少し面白い冗談を言うようにと諭すこともできるのだが。
「存在しないものは書けませんよ」
「心にもないことを言うのは感心しない」
「本心のつもりなんですがね」
 鉛筆をくるくると回しつつ呟く。作家は、机の上に用意された己が罰を眺めた。
 一枚の白紙。一本の黒い鉛筆。一本の匙。一枚の、燃える皿。
 試しに、白紙に鉛筆を滑らせてみると、その黒い線は書かれた傍から溶けるように消えてしまうのだった。
「描写の言葉でなければ存在できないようになっている」
「ご説明どうも」
 なるほど。始めるしかないようだ。

 作家は、左手に匙を、右手に鉛筆を持ち、燃える皿から火を一匙すくいあげ口に含んだ。舌と口腔が苦痛と共に焼け爛れた。仮に、燃える炎に味があったとしても、これでは何も感じられるはずがない。作家はしかし、歯を食いしばり、何度も何度も、火を口に運んだ。そして右手を動かし続けた。書く傍から灰のように消えてゆく言葉を振り返るこt
作者にコメント

似た条件の即興小説


ユーザーアイコン
銀世界と湯気 ※未完
作者:匿名さん お題:熱い味 制限時間:15分 読者:237 人 文字数:789字
顔に雪が叩き付けられて痛い。分厚い生地のコートの襟をつかみその痛みから逃れようとするも、根本的に長さが足りない。あたりを見渡してみるも、一面雪景色。真っ白な平面 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ものらる お題:熱い味 制限時間:15分 読者:232 人 文字数:636字
「あなたが本当に私のことを愛しているのならカンタンでしょう。あの方との約束を破ることなんて」美しい横顔を月のように傾けて、彼女は窓際で気持ちよさそうに夜空を仰い 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:フニャフニャの妹 制限時間:15分 読者:0 人 文字数:58字
うるさい。エアコンの音、差し込んでくる日光、頭に覆いかぶさる眠気、かすかに聞こえる蝉の音、つきものの沈黙、うるさい。 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:暗いカラス 制限時間:15分 読者:2 人 文字数:706字
昔々のお話です。 あるところにカラスという名の鳥がいました。 カラスは生物学的には間違いなく鳥であるのですが、ペンギンや鶏のように空を飛ぶことができない鳥のよ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ぽつタイプライター お題:愛と憎しみの狸 制限時間:15分 読者:13 人 文字数:620字
タヌキ自体はそうでもないが、タヌキの置物にだけは異常な執着を見せる男がいる。 彼はタヌキの陶器の置物を見るや耐えがたい嫌悪感と吐き気に襲われ、猛烈に叩き割りた 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:大好きな理由 制限時間:15分 読者:28 人 文字数:1387字
「あたしのことを大好きな理由を5個挙げて?」 かわいい女の子にこんなことを聞かれるシチュエーション、正直僕は憧れていた。 だけど、こんな形で叶えたいとは思わなか 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
5525 ※未完
作者:日ノ宮理李@ハナねね町長 お題:これはペンですか?違うわ、それは血痕 制限時間:15分 読者:14 人 文字数:821字
人は比較する動物。 誰かを貶めたり、蔑んだり、けなしたりする……。 うーん、どれも同じ意味か。やることは変わらない。人に嫌われることをするってこと。どんなに好 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
2018081401.txt ※未完
作者:樹真一 お題:これはペンですか?違うわ、それは血痕 制限時間:15分 読者:16 人 文字数:642字
「これはペンですか?」 という書き出しで始まり、「違うわ、それは血痕」 というオチでぞわりとさせるショートショートが好評を博したのが7年前で、それ以来、そのヒッ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:DDT お題:春の大学 制限時間:15分 読者:9 人 文字数:482字
まだまだ大学生になるのが、特権階級だったころ。東京の私立大学、N大学には毎年春先に開かれる知る人ぞ知るイベントがあった。春休みに入ると卒業生は去り、卒業できなか 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者: お題:官能的な負傷 制限時間:15分 読者:15 人 文字数:373字
彼女は美しかった。私の知る彼女のうちで最も艶めかしく、蠱惑的だった。圧倒的な戦力差を物ともせず、僅か数千の部下と共に数十倍は下らない数の敵軍を引き留めた彼女。そ 〈続きを読む〉

の即興 小説


ユーザーアイコン
作者: お題:刹那のコウモリ 制限時間:15分 読者:28 人 文字数:606字
一秒間の変身能力を手に入れた。 たった一秒。一日の内、たった一秒だけ、私はコウモリに変身できる。 数十冊の魔道書を読破し、怪しげな薬にいくつも手を出し、それこ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者: お題:女の海辺 制限時間:15分 読者:30 人 文字数:798字
人魚の子を身篭った。 孤独な身の上、それも自営業だったので、誰にも説明を求められはしなかったが、切実な問題として、産むのに良い場所がなかった。人間の病院には掛 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者: お題:暗い心 制限時間:15分 読者:54 人 文字数:758字
火傷だらけの鬼がひとり、森を歩いてゆく。 その晩は新月で、鬼にとって幸いなことに、今にも雨を降らしそうな厚い雲が夜空をみっしりと埋めていた。風も重く、優しく、 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者: お題:孤独な黒板 制限時間:15分 読者:65 人 文字数:690字
その日、登校すると、黒板には暴言が描き殴ってあった。私の名前と一緒に。およそ板書にはそぐわない、たった数文字で黒板の端から端までを埋めてしまうほどの、大きくて 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者: お題:3月の動揺 制限時間:15分 読者:67 人 文字数:743字
最近ちょっと困っていることがあって、と、二百年ぶりに再会した旧友は挨拶もそこそこに口火を切った。 最近と言ったって、私たちの尺度のことだ、どうせ三百年以内の出 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者: お題:セクシーな善人 制限時間:15分 読者:63 人 文字数:377字
新宿何とか丁目の細い裏路地、丑三つ時の間だけ、とある地縛霊が人生相談所をやっているらしい。しかも、実に盛況であるらしい。先週の土曜は十人以上の大人たちが寒空の 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者: お題:当たり前の木 制限時間:15分 読者:63 人 文字数:456字
裏山に佇む一本の白樺が、私の神様だった。 いつから信仰心を抱くようになったのかは覚えていない。物心ついた頃にはもう、裏山で遊びまわった帰り道に、白樺に手を合わ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者: お題:戦争と絶望 制限時間:15分 読者:74 人 文字数:861字
どうも私は気が狂っているらしく、ふたつの時間を交互に生きている。 現在と100年後の世界、と言うべきか、100年前と現在の世界、と呼ぶべきか、いまいち判断が付 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者: お題:静かな傘 制限時間:15分 読者:68 人 文字数:782字
不思議ではあるけれど、何の役にも立たない代物、というのが世の中にはそこそこ存在する。 祖父から譲り受けたこの傘も、そんな代物のひとつだった。祖父もまた知り合い 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者: お題:傷だらけの笑い声 制限時間:15分 読者:54 人 文字数:855字
祖父はレコードが好きだった。 若い頃は歌うことも好きで、ほんのひととき、歌手として活躍したこともあったらしい。祖父の家には、その頃の古いレコードが何十枚も眠っ 〈続きを読む〉