お題:愛すべき恋 制限時間:15分 読者:234 人 文字数:469字

愛と恋の序列【腐】
愛している、と兄は応えた。けれど恋してはいない、と兄は続けた。

「愛してはいる」
「うん」
「お前は、俺の大事な弟だ」
「うん分かってる、知ってるさ、兄様」

シュラが抱く兄への恋心は生まれた時から死んでいる。物心つく前に両親を亡くしたシュラにとって兄は唯一無二の肉親で、育ての親で、大切な人。兄がシュラを家族として愛しているように、シュラも兄を愛している。ただ、シュラは愛するだけでは感情の名が足らず、兄に「恋」もしてしまった、それだけのこと。

「せめて、弟でなければ、女だったら、兄様は俺の手を取ってくれたかな」
「何を言っているんだ、シュラ」
「ねえ、兄様」
「俺の手は二本しかない、そしてそれはずっと前に埋まっている」

シュラの両の手をそっと握って。

「……兄様が俺を愛しているのは、弟だからだろ?」
「いけないか」
「弟だから愛して何が悪い?」


「お前が生まれた時その瞬間からお前を愛しているのに。お前と同じ恋をしなくては、いけないか」

きっと恋よりもずっと重くて温かいぞ。愛すべき恋が再び呼吸を始める音を聞いた。
作者にコメント

似た条件の即興小説


ユーザーアイコン
作者: お題:愛すべき恋 制限時間:15分 読者:326 人 文字数:638字
妻の出産前日にうっかり死んでしまったので、僕は血の気の耐えた顔を真っ青にしながらものすごい勢いで転生届けを書いた。魂が体を抜けたときにはもう書き終えていたくら 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ハク@廃人とかになりたい お題:愛すべき恋 必須要素:レズ 制限時間:4時間 読者:265 人 文字数:595字
私は物心ついたときから異性には感心が無く、同性に惹かれていった。最初に好きになったのは幼稚園の先生、その次は近所のお姉さん、その次はクラスの女の子始めはただ好き 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:⭕秋牛/七宝明 お題:純粋な犯人 制限時間:15分 読者:11 人 文字数:706字
「父さん質問があるのだけれども。」姉ちゃんが怒った口調で父さんに詰め寄っていた。「私じゃないぞ。」「まだ何も言ってないでしょ。」即答した父さんに、姉ちゃんが鋭い 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:遠い恋愛 制限時間:15分 読者:12 人 文字数:1288字
遠距離恋愛というのは、常々成立しないと思っている。 恋人同士なら、傍にいないとダメなのだ。 そう言うと、わたしの彼は笑った。(心配しなくても大丈夫だって。君が 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:夢路 お題:遠い経歴 制限時間:15分 読者:4 人 文字数:473字
このバーの酒はうまいな。 ここで知り合ったのも何かのよしみだ。 一つ話でもしようじゃないか。何、ちょっとした小話だよ。 ある男の話だ。 そいつが生まれたのはあ 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
記録にない唇 ※未完
作者:匿名さん お題:記録にない唇 制限時間:15分 読者:4 人 文字数:908字
朝、目が覚める。体を触って、起きたことを確かめて。ああ、また。長く眠っていたみたいだ。ーー僕は生まれつき脳に障害があり、24時間、一日分しか物事を覚えておくこと 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:俺と結婚 制限時間:15分 読者:2 人 文字数:388字
「俺と結婚してくれ」「はい…♡♡♡」そうして私たちは結ばれた。やがて子供が生まれ、成長し、大人になって、巣立っていった。老夫婦になってからも、私たちはラブラブな 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:求めていたのは本 制限時間:15分 読者:2 人 文字数:537字
その本を思い出すことは、いつも私をときめかせた。亡くなった王子様の幽霊が、何故か主人公にだけ見えるようになっちゃって、王子の死後不和になった騎士団の仲を取り持っ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者: お題:安全な御曹司 制限時間:15分 読者:17 人 文字数:545字
*お題ガン無視 西暦2050年。 人類は『ロボット三原則』をベースに完璧な論理体系の元に自律行動するロボットを作り上げた。彼らは大いに活躍した。全自動式洗濯機の 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:いしゅと お題:頭の中の経験 制限時間:15分 読者:14 人 文字数:940字
私はアンドロイドだ。マスターが、かつての恋人を模して作った。その恋人は、不幸にも交通事故で亡くなってしまった。彼女を深く愛していたマスターは、嘆き悲しみながら、 〈続きを読む〉

きゅうりは急には止まれないの即興 小説


ユーザーアイコン
作者:きゅうりは急には止まれない お題:薄汚い駄作 制限時間:15分 読者:228 人 文字数:546字
魔術師アイオリアは肺の中を空にするほどの大仰な溜め息をつき、組んでいた足の上下を入れ替えて黒い獣に向き直る。「……お前にはほとほと呆れ果てたよグラーネ」「左様 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:きゅうりは急には止まれない お題:愛すべき恋 制限時間:15分 読者:234 人 文字数:469字
愛している、と兄は応えた。けれど恋してはいない、と兄は続けた。「愛してはいる」「うん」「お前は、俺の大事な弟だ」「うん分かってる、知ってるさ、兄様」シュラが抱く 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:きゅうりは急には止まれない お題:間違った螺旋 制限時間:15分 読者:222 人 文字数:721字
間違っている。矛盾している。けれど。「間違っているからこそ」階段を昇る。昇る。走る音。靴の乾いた音がリズムをつけて近づいてくる。遠くにいても彼だと分かる。そのあ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:きゅうりは急には止まれない お題:小説の中の作品 制限時間:15分 読者:277 人 文字数:942字
「聞いてくれ、俺は小説の中の住人なんだ。 悲しいかな、俺には自覚があるんだ。これを聞けばきっとお前は最悪俺のことを狂人だと精神病院に隔離するだろうし、良くても俺 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:きゅうりは急には止まれない お題:愛と死の同性愛 制限時間:15分 読者:356 人 文字数:799字
「……愛して、キスして、死ぬわけでもあるまいし」彼は呆れたように言った。俺は宇宙を彷徨っている。上も下も右も左も音も声も光も闇も果てすらもない宇宙を、手探りで浮 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:きゅうりは急には止まれない お題:ねじれた雨 制限時間:15分 読者:222 人 文字数:738字
それは雨の日だった。たとんとんとん、空から水が降っていた。肌に纏わりつくセーラー服が鬱陶しい。「好き」私は誰にも聞こえないように呟いた。目を閉じれば、教室が逆さ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:きゅうりは急には止まれない お題:スポーツの木 制限時間:15分 読者:296 人 文字数:804字
泣いた。いくら大きく揺すぶっても、出来るだけ彼を傷付けないように気を付けて斧で切り離そうとしても、正太郎の膝から生えた大木はびくともしなかった。それが悲しくて 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:きゅうりは急には止まれない お題:調和した円周率 制限時間:15分 読者:223 人 文字数:604字
直角の俺は生きにくい。兄さんは丸い。世界は四角ではない。「さんてんいちよん」「いちごのくにへ」 沢山の人間が手を繋いで俺と兄さんを取り囲んでいる。ぐるぐるとま 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:きゅうりは急には止まれない お題:煙草とカラス 制限時間:15分 読者:182 人 文字数:594字
見ている。視線を感じて振り返っても誰もいない。男の喉は潰れている。少女の問いに応えようと口を開き、グァ、と呼気とも声とも言い難い音を発して、その醜さに押し黙る。 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:きゅうりは急には止まれない お題:素晴らしい小説トレーニング 制限時間:15分 読者:442 人 文字数:828字
これは取材なのだと、男は視線をそらしてもごもご口を動かした。「全て取材なのだって、君の妹さんのブラジャーとパンツを盗んだのは。今僕が書いている小説に下着泥棒に狙 〈続きを読む〉