お題:アルパカのカップル 制限時間:15分 読者:238 人 文字数:475字

アルパカ違い?
 ここは南米の山奥にある牧場。衣料メーカーに勤める私は、布地の原料の視察に来ていた。布地の原料というと、羊毛が一般的だが、この牧場で飼育されているのは羊ではない。
 今話題のアルパカだ。アルパカの毛はとても柔らかい。また、アルパカは、羊とは違う独特な可愛さを持っている。

 さて、私は牧場内を見て回っている。通訳を介して農場主と話しながら歩く私。今いるのは、たくさんのアルパカが闊歩する放牧地だ。豊かな毛を持ったアルパカがそこらじゅうにいる。
 そんな中、私はある2頭のアルパカに目が止まった。農場主に話を聞いてみると、アルパカのカップルとのことだ。人間から見ても、とても仲睦まじい。良好な関係を気づけているのだろう。そう思いながら私は、アルパカを食用として買いつけに来たわけじゃないことに感謝した……。
 ただ、それからすぐに、もしも体毛を刈り取る価値が無くなった場合にどうなるのかを想像してしまった……。おそらく食べられてしまうのだろう……。
 その夜、牧場主に接待されたのだが、料理はアルパカであった……。あのカップルではないことを祈る……。
作者にコメント

似た条件の即興小説


ユーザーアイコン
作者:ときた お題:アルパカのカップル 制限時間:1時間 読者:416 人 文字数:1863字
先日、彼女に振られた。未練タラタラである自分とは違い、彼女は肩の荷が降りたように清々しい表情をしていた。最後にみたその表情を、今でも思い出せる。それほどに、衝 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:inout お題:アルパカのカップル 必須要素:3000字以上 制限時間:1時間 読者:85 人 文字数:3639字 評価:0人
「己たちのようなものをアルパカと言うらしいぞ」「なんじゃ、それは」「だから、アルパカだな、アルパカ」「動物だかの名前だろう、それは。お前のような間の抜けた面ぁし 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:カカオ20% お題:アルパカのカップル 必須要素:3000字以上 制限時間:1時間 読者:61 人 文字数:1939字 評価:0人
「アルパカってしってます?」目の前の女性はそう言ってぼくを見る。「いや、まあ知ってますけど...それが何か?」そう返すしかないぼくには些か質問の意図が読めなかっ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:とよ お題:アルパカのカップル 必須要素:3000字以上 制限時間:1時間 読者:148 人 文字数:1445字 評価:1人
私は彼のしっかりとした足取りが好きだった。文字通り、歩き方の男らしさはもちろん、同い年とは思えない器の広さ。他の男には感じない貫禄があった。貫禄といっても老成し 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:アルパカのカップル 必須要素:3000字以上 制限時間:1時間 読者:82 人 文字数:3657字 評価:1人
アルパカは、怒った時に胃の内容物を吐きかける習性があるという。 その吐しゃ物は強烈に臭く、相手を近付かせないのに有効であるそうだ。 中学の頃の同級生で、有地さ 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
作者:森目 綿人 お題:勇敢な慰め 制限時間:15分 読者:10 人 文字数:992字
誰も僕に話しかけない。目線もくれない。仲間はずれとか、いじわるとか、そういうことではない。単に、こんな状態の人間を処理する技術がないだけだろう。今のわたしはきっ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:茂吉 お題:勇敢な慰め 制限時間:15分 読者:5 人 文字数:495字
彼女が同級生にいじめられているのは知っていた。クラス中が感づいているだろう。知らないのは教師ぐらいだ。いや、教師も気づいているが、怖くて見て見ぬふりをしている 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
無題 ※未完
作者:森目 綿人 お題:煙草と殺し屋 制限時間:15分 読者:5 人 文字数:413字
「今度の情報、どないですか。」…(水たばこをふかしている)「そんな出し渋りまいな。見返り弾んでおきまっから」うるさいな。「えらい冷たいな。わかってると思うけどわ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
速い話 ※未完
作者:茂吉 お題:早い話 制限時間:15分 読者:6 人 文字数:284字
国語の時間にある生徒が質問した。「「速い」と「早い」の違いは何ですか?」 先生は答えた。「「速い」はある動作を終えるまでの時間が短いこと。走るのが速いとか。 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:それいけプロポーズ 制限時間:15分 読者:0 人 文字数:314字
ああ、ムードも何もないけど。僕は開けられたケースの前に座る。小学生の頃から吹奏楽部に入り、たまたま音が出たのでトランペットを吹くことになった。その当時はお遊び程 〈続きを読む〉

やまさんの即興 小説


ユーザーアイコン
作者:やまさん お題:激しい私 制限時間:15分 読者:260 人 文字数:485字
私は駆け抜ける。そこは、銃弾や砲弾が我が物顔で飛び交う戦場。平時ならほとんど聞くことのない音声が、絶え間なく耳に届く。 両腕にある愛銃の銃剣付き小銃は、走る振 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
生きている川 ※未完
作者:やまさん お題:打算的な川 必須要素:2000字以上3000字以内 制限時間:1時間 読者:237 人 文字数:1889字 評価:0人
――その川は、まるで迷路のように大地を走っていた。 もちろん、他の多くの川同様に、いずれは海へとつながっていた。ただ、前述のように、その川が流れる経路は、迷路 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:やまさん お題:暗黒のテロリスト 必須要素:Twitter 制限時間:1時間 読者:244 人 文字数:1120字 評価:0人
俺が任されている仕事は、プロパガンダだ。 プロパガンダといっても、大群衆の前で偉そうに演説するわけじゃない。まあ、大群衆を相手にする点では同じだが。 仕事場は 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:やまさん お題:緩やかな猫 制限時間:15分 読者:283 人 文字数:523字
その猫は、ブロック塀の上で寝そべっていた。開閉を繰り返す小さな瞳。ユラユラと揺れる尻尾。その猫を見ていると、時の流れを忘れてしまいそうになる。「猫は気楽でいい 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
生存者 ※未完
作者:やまさん お題:地獄のテロリスト 制限時間:15分 読者:293 人 文字数:477字
そこはまさに地獄だった……。そう表現するしかない。 特殊部隊であるオレたちの目の前には、脱線した地下鉄車両が横たわっていた……。暗い地下を、激しく燃える炎が赤 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:やまさん お題:情熱的な接吻 制限時間:15分 読者:350 人 文字数:540字
――そのお姫様と王子様がいる塔の周囲には、火の海と化していました。海の底には、町の面影がかすかに見えます……。また、上空には、何匹ものドラゴンが悠々と飛んでい 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:やまさん お題:ひねくれた演技 必須要素:血液型 制限時間:1時間 読者:346 人 文字数:1960字 評価:0人
「やっぱりA型だったわ! これで、9人連続で的中させたわ!」「すごいね!」血液型を的中させるのが得意だと言い張る友人に、私はお世辞を言った。わざとらしく拍手まで 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:やまさん お題:少年の暴走 制限時間:15分 読者:354 人 文字数:435字
その少年は、ただ動き回っていた。底なし沼に、はまりこんでしまったように。 少年の目には、たくさんの人間。手には、熱くなった自動小銃。そして、ダンスのように動く 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:やまさん お題:見憶えのある宗教 制限時間:15分 読者:251 人 文字数:662字
オレは、ある南の島にやってきた。名前を教えても、たぶんわからないだろう。なにせ、わざと有名じゃない島を選んだのだから。 そんな島を選んだ理由は簡単だ。純粋に休 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:やまさん お題:蓋然性のある朝飯 制限時間:15分 読者:319 人 文字数:515字
「今日もこれか……」 オレの目の前には、朝飯が置かれている。大皿に盛りつけられたそれは、ふんわりと湯気を放っていた。 朝飯は、ビーフステーキだった。付け合わせに 〈続きを読む〉