お題:せつない天国 必須要素:あげぽよ 制限時間:15分 読者:305 人 文字数:54字

あげぽよ~wwwww
「あげぽよ~wwwwww」

「あ」

「俺」

「死んでた、けど天国だからあげぽよ~wwwww」

終わり
作者にコメント

似た条件の即興小説


ユーザーアイコン
作者:ちょ子 お題:せつない天国 必須要素:あげぽよ 制限時間:15分 読者:243 人 文字数:840字
あげぽよ。そんな言葉が流行っていた。しかしその言葉の意味を僕は知らなかった。だから聞いてみるかと何気なく考えたのだ。まさかあげぽよって何? と聞いたことがきっ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:たくにゃん お題:せつない天国 必須要素:あげぽよ 制限時間:15分 読者:258 人 文字数:312字
「あれ、あげぽよさん」「僕の事を女子中高生ケータイ流行語大賞銀賞、ギャル的流行語大賞第1位に輝いた日本語見たいに言うな、僕の名前は阿良々木だ」「失礼、噛みました 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:mame_log お題:せつない天国 必須要素:あげぽよ 制限時間:15分 読者:166 人 文字数:322字
この天国での生活にあげぽよというものは必要不可欠である。あげぽよのない生活など、シロップのかかっていないかき氷に等しい。と言ったのは誰であったか。それ位あげぽよ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
授業 ※未完
作者:匿名さん お題:せつない天国 必須要素:あげぽよ 制限時間:15分 読者:160 人 文字数:573字
「リピートアフタミー。私の言うことを繰り返して下さいねー」 教壇に立つ先生は今日もいつもと変わらず笑顔を浮かべている。「『あげぽよ』ー」「…『あげぽよ』ー」「『 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雪飛 お題:せつない天国 制限時間:15分 読者:318 人 文字数:260字
「あんたは良い奴だから、きっと死んだら天国に行くんだろうな」俺とは違って。そう言って彼は笑った。「…そんな事ないわよ」ふい、とそっぽを向きながらそう返す。褒め言 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
楽園にひとり ※未完
作者:匿名さん お題:せつない天国 制限時間:15分 読者:302 人 文字数:406字
ここは、夢の国だった。空腹を感じれば、目の前に食べ物が出てくる。退屈を感じれば、ありとあらゆる娯楽が現れ、望むままに堪能することができる。体を動かすことなく、遠 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ヒビト お題:せつない天国 制限時間:15分 読者:326 人 文字数:875字
君がとても悲しい表情をしていたから、君が何がしたいのかわかってしまった。僕は君を追いかける資格なんてないのだろう、それがわかっているのに追いかけてしまうのは、今 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:せつない天国 制限時間:15分 読者:320 人 文字数:844字
最後に見えた光景は。 「大丈夫。イチニのサンで終わります。あって言う間もないくらいですよ。」 にこやかに、目尻をキュッと寄せて斉藤さんは腕を僕の目の高さにあげ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:せつない天国 制限時間:15分 読者:322 人 文字数:723字
僕にとっての幸せってなんだろう? 庭のベリーの木にたくさんの実ができたり、ときどき遊びに来てくれる猫が撫でさせてくれるようになったり、洗いたてのシーツからあた 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:朱李@サンこそE22a お題:せつない天国 制限時間:15分 読者:340 人 文字数:926字
少女の問いに答えるものはなかった。昔からずっと、『そう』でしかない。無邪気な問いにも悲痛な問いにもなにをかけても、返事などはないのだ。だから少女は、問うことは 〈続きを読む〉

水菜の即興 小説


ユーザーアイコン
作者:水菜 お題:黒い真実 制限時間:15分 読者:311 人 文字数:1472字
「なぁなぁ知ってる?」始まった。いつだって俺の唯一無二の友達であるこいつは、"都市伝説"の話をする時にこの切り出し方をする。もう慣れっ子だ。「お前がこれから話す 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:水菜 お題:ぐちゃぐちゃのパラダイス 必須要素:海老のしっぽ 制限時間:15分 読者:518 人 文字数:1598字
「ちょっといいかな、目隠しして欲しいんだ」そういうと彼は、私に目隠しをさせた。少し不安だけども、私は彼のことを信用していたので、抵抗をしなかった。それに、彼は笑 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
バッドエンド ※未完
作者:水菜 お題:刹那の即興小説 必須要素:バッドエンド 制限時間:15分 読者:633 人 文字数:2132字
俺は小説を書いています。毎日即興小説を書いています。嘘つきました、毎日ではありません、時々書いています。思い立ったら書いています。思いっ立った日というのは、大抵 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:水菜 お題:免れたぬくもり 必須要素:直腸 制限時間:15分 読者:358 人 文字数:1045字
突然の出来事だった。俺は、とある男に狙われている。妄想などではない、本当に狙われているのだ。遡れば30分ほど前……。「おい」「え?」低い声で話しかけてきたのは、 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
本当のGoogle ※未完
作者:水菜 お題:嘘の弔い 必須要素:グーグル 制限時間:15分 読者:320 人 文字数:1542字
「悔しいか少年」俺は屈していた。目の前に立つ男は俺が恨み続けた男だ。しかし、どうあがいても勝てない。何故か、それは圧倒的な情報量だ。「ぐっ……」「お前は俺には勝 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
嘘つき少年。 ※未完
作者:水菜 お題:嘘の事件 必須要素:iPhone 制限時間:15分 読者:325 人 文字数:1648字
「嘘ついたの?」女の子にそう言われた。俺は嘘なんてついたつもりは無かった。しかし、事が進むにつれて嘘をつかざるおえない状況になったんだ。罪悪感なんていうものはな 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:水菜 お題:せつない天国 必須要素:あげぽよ 制限時間:15分 読者:305 人 文字数:54字
「あげぽよ~wwwwww」「あ」「俺」「死んでた、けど天国だからあげぽよ~wwwww」終わり 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:水菜 お題:闇のいたずら 制限時間:15分 読者:316 人 文字数:1464字
そこには小さな子供が居ました。子供はただただ立っているだけでした。何故そこに立っているのでしょうか、それは子供にも分かりません。子供が立っているのは暗闇の中でし 〈続きを読む〉