お題:憧れの何でも屋 必須要素:大道具さん 制限時間:15分 読者:1734 人 文字数:752字

曲がり角
自転車があった。
これに乗って、街を走る。
そして、曲がり角にさしかかって、あっちから来た女の子とぶつかる。
「あなたの出会いを演出しましょう」
そんなチラシに惹かれて、ボクはここに来た。
そして一台の自転車を渡された。

サドルにお尻をつける。
ハンドルを握る。
ペダルを踏む。

走りだす。

走る。
走る。
走る。

道はどこまでも続いた。
風が気持ちいい。

ボクはひたすらペダルを踏み続けた。

走る。
走る。
走る。

どんな女の子がやってくるんだろう。
ボクは想像した。
風があたる頬が、少し熱くなる。

ペダルをまた踏み込んだ。
ひたすら足をぐるぐる回す。

走る。
走る。
走る。

道はまだ続いた。
まっすぐに。
両脇のブロック塀は途切れない。

曲がり角はどこだ。

ボクは加速した。
角の向こうでは、ボクの自転車にひかれたい女の子がスタンバイしてるはずだ。

女の子を待たせるなんて、罪じゃないか。

ボクは自転車で必死に走った。

走った。
走った。
走った。

なにかが見えてきた。

人影だ。

角なんてなかったけど、人は立っていた。

やっほーい。

おーい。
ボクだよー。
ボクを待ってるんだろー。

待たせてごめんよー。

ボクはバターになりそーな勢いで走った。

到着した。
人影に。

「ごめんね」

そのセリフは、女の子を待たせたボクの口から出たものではない。

「大道具係がこなくて、曲がり角が作れなかったんだ」

ボクに自転車を渡してくれた小道具係が言った。

「人の夢をかなえる何でも屋をやろう、って憧れてたのにさ。大道具係のやつ、オレが連れてきた曲がり角の女の役の子と駆け落ちしちまった。自分だけ夢かなえやがって」





おしまいʅ(´◔౪◔)ʃ

作者にコメント

似た条件の即興小説


ユーザーアイコン
静聴の被告人 ※未完
作者:匿名さん お題:緑の罪人 必須要素:大道具さん 制限時間:15分 読者:38 人 文字数:581字
その裁判は異様な光景だった。いつもとは変わらない裁判所。裁判所というものそのものが非日常的なものであり、馴染みがないものである。しかしそれでも裁判官や弁護人、傍 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:日本式のセリフ 必須要素:大道具さん 制限時間:15分 読者:81 人 文字数:721字
薄暗いライトに照らされたふたりの男女がレンズ越しに写っていた。渡は彼が大道具を担当する邦画『若武者の月』の撮影現場にいた。 この映画のストーリーは、とある若い 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:鐘辺 完 カクヨムに『望み志望』(略称) お題:めっちゃ血 必須要素:大道具さん 制限時間:15分 読者:92 人 文字数:709字
「次の方どうぞ」 診察室に入ってきたのは体中血塗れの男だった。結構筋肉質だが、筋トレマニア系ではなく力仕事系の筋肉の付き方だった。「ひとまず、横になりますか」「 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:安全なロボット 必須要素:大道具さん 制限時間:15分 読者:87 人 文字数:821字
今日も稽古場にお泊り。もう何度も経験してるので慣れてしまった。私はお芝居に役者としては出ない。でも私が手がけた衣装は燦燦とスポットライトを浴びて、観客の歓声を浴 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:疲れた博物館 必須要素:大道具さん 制限時間:15分 読者:216 人 文字数:538字
もうこんな、無意味なことはやめた方がいいと、大道具係はいつも思う。博物館に、マスコットキャラを作りたいという、館長たっての希望で、この博物館では毎年新しいイメー 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
作者:和委志千雅 お題:素朴な時計 必須要素:大道具さん 制限時間:15分 読者:159 人 文字数:1165字
うちの近所にテレビ局で大道具さんの仕事をしている人がいる。で、なんか知らないけどその人と僕は仲がいい。「はいこれ、あげる」大道具さんはある日僕をみると「あ、ちょ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:宗教上の理由で血液 必須要素:大道具さん 制限時間:15分 読者:118 人 文字数:428字
どこかの宗教では、輸血ができないらしいと聞いたことがある。そいつの話によると、某宗教に入っている母親に『息子が死にかけていて輸血したら助かるがどうするか』と訊ね 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:愛のマンション 必須要素:大道具さん 制限時間:15分 読者:162 人 文字数:415字
ここは、愛のマンション。日々色々なカップルがいちゃいちゃとしているので、非リアには厳しいマンションである。マンションの公園の片隅。カップルがいちゃいちゃしている 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:のら お題:隠されたガール 必須要素:大道具さん 制限時間:15分 読者:165 人 文字数:1354字
「自分の言葉が、誰かの心を動かす様な事があるのかなって、ふと思うんだよね」 彼女はグラスに浮かぶ氷をスプーンで沈めながら、呟いた。 そんな瞬間がふと訪れたら―― 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:⊂((・x・))⊃ お題:天才の土地 必須要素:大道具さん 制限時間:15分 読者:193 人 文字数:1016字
ここは天才の土地だ。 大道具さんが作ったセット、小道具さんが作った衣装、音声さんが用意した風と鳥の声、脚本家さんが作った台詞でもって作られた、天才の土地だ。 〈続きを読む〉

luvlifeの即興 小説


ユーザーアイコン
作者:luvlife お題:壊れかけのオチ 必須要素:岩塩 制限時間:30分 読者:444 人 文字数:1144字
黒luvはパソコンに向かって座っていた。自分がなにをやればいいのか、わからない。ここに座った時は、なにかをやろうとしてた。それは間違いない。それなのに、なにをや 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:luvlife お題:憧れの何でも屋 必須要素:大道具さん 制限時間:15分 読者:1734 人 文字数:752字
自転車があった。これに乗って、街を走る。そして、曲がり角にさしかかって、あっちから来た女の子とぶつかる。「あなたの出会いを演出しましょう」そんなチラシに惹かれて 〈続きを読む〉