お題:彼が愛した暴力 必須要素:ところてん 制限時間:15分 読者:274 人 文字数:1225字
[削除]

戦う男
高橋さんはファイターだ。
戦う人だ。
バトラーかもしれない。
私は陰ながら応援するしかない。

高橋さんは大柄で横方向にもそれなりに大柄な、40代の男性だ。
オフィス内の仕事なので、運動も少なめだ。
それなのに高橋さんはめちゃめちゃ喰うので、どんどん太っていっている。

お昼休み、社食で高橋さんと相席になった。
社内のアイドルと言われている私の美貌に目もくれず、高橋さんは目の前のラーメンライスセットと格闘している。
餃子付である。その上、飲み物はガムシロップを三倍いれたコーヒーだ。
高橋さんに食べ合わせなど存在せぬ。

最初はちら、ちらと見ていた私だったが、やがてその食べっぷりに目を奪われ、注文した春雨スープを食べるのを忘れてしまった。
高橋さんは、がつ、がつ、と音がしそうな勢いで、ライスをかっこんでいる。
高橋さんの一口は私の弁当半分に相当する。
途中、牽制球を投げるように突然餃子に手を伸ばす。
二個いっぺんに押し込まれる餃子は、高橋さんの口の中に押し込まれる直前無念そうに変形する。
ラーメンはおそらく飲み物だ。
ごっくんごっくん言いながら、胃袋に流し込まれていった。
ぷは、と一息ついた高橋さんの口の周りは油でベタベタだ。
まるで、人類を飲み乾した魔王のような存在感だった。
あまりの圧倒的存在感に、高橋さんの周囲数メートルは人の立ち入るを許さぬ。
とうとう、暴力的なカロリーを含有するラーメンライスセットwith餃子二皿ついでにコーヒーは、高橋さんの前に屈服した。
今日も彼の勝ちだ。

口を半開きにして見入っている私に気付くと、高橋さんは言った。

「それ、春雨かい?」
「えっ? え、ええ……。ちょっと、太ってしまったから……。」

高橋さんは満面の笑みを浮かべて言った。

「食事は、戦いだぞ! 戦う前からしょぼい敵を選んでどうする!」

がっはっは、と食堂全体に響き渡る下品な笑い声に、後方で息をのんで見守っていた女性社員たちの群れからキャア、と小さく悲鳴があがった。

「そう……ですね、でも、美味しいんですよ、これ……」
「そんなに言うなら、食べてみるか!」

そう言って高橋さんが注文したのはところてんだった。
しかも甘いやつだ。
ものの数秒で飲み込まれていった。

「食べた気がしないな! じゃあ!」

彼が立ち去ったあと、テーブルは油汚れと飛び跳ねた汁でぎとぎとだった。
食堂のおばちゃんがすっ飛んできて、ぶつぶつ言いながら雑巾で拭き始める。

ところてんじゃないし……春雨だし……。

すっかり冷えた春雨は美味しくなく、私は今回の戦いに負けた。春雨相手であっても。

もし彼の食べたところてんに含まれている食物繊維が、彼の摂取した暴力的なカロリーの吸収を阻害するようなことがあったら、私のせいだ。
そう思うと涙さえこみあげる。
どうか、食物繊維すら消化されますように。


高橋さんの戦いはこれからもつづく!!
この作品をツイート

似た条件の即興小説


ユーザーアイコン
作者:aoto お題:彼が愛した暴力 必須要素:ところてん 制限時間:15分 読者:157 人 文字数:673字
このところの昼食には林檎を食べている。林檎だけでは足りないと友人に叱られるので、勇んで冷蔵庫から取り出してきたのはヨーグルトだった。「どうして、体によさそうなも 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:benny お題:可愛い負傷 必須要素:ところてん 制限時間:15分 読者:65 人 文字数:317字
「お兄ちゃん!公園行こうよ!」妹に強く誘われ、俺は仕方なく彼女を連れていった。ベンチでスマホをやっていれば時間はつぶれるので、疲れるまで一人で遊ばせてやろうと思 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:まろやかに傾く人 お題:人妻の人々 必須要素:ところてん 制限時間:15分 読者:41 人 文字数:301字
僕にとって明日が地獄になることは予想ができたことであったし、どどめ色でひらひらしている趣味の悪い服を上機嫌に着比べているママを見るとそれは間違いなく現実になる 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:のら お題:空前絶後の花 必須要素:ところてん 制限時間:15分 読者:136 人 文字数:992字
想像力の必要のない職業と言うのは意外と少ない。しかし想像力と言うのも困りものだ。まったくもって取りに足らない些細な点でも一石を投じた池の波紋のように、吁、古池 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:和委志千雅 お題:あきれた友人 必須要素:ところてん 制限時間:15分 読者:171 人 文字数:1215字
ところてん、と聞くと、人は何を想像するだろうか?もちろん食べ物を想像するのがまずベターだけど、でも彼の地、約束の地、ピクシブでは一定の数を持つタグとしても機能し 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
作者:リソタソ お題:大好きな能力者 必須要素:ところてん 制限時間:15分 読者:232 人 文字数:721字
私の彼氏は超能力者だ。一体どんな超能力なのか、私は知らない。でも、彼はいつもところてんを鼻から垂らしていることからところてんに関連した超能力だと思う。「ふがふ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:イっヌ・サイケデリっコ お題:彼の職業 必須要素:ところてん 制限時間:15分 読者:188 人 文字数:723字
いつになく雲が低く泳いでいる。風は、どうも遅く感じる。景色はどんよりとしているし、なんだったら街行く人の足取りも重いように見える。金曜日の夜は誰もが浮かれている 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:秋牛/七宝明 お題:彼の職業 必須要素:ところてん 制限時間:15分 読者:176 人 文字数:646字
この街の夏の風物詩といえば、通りのいたる所に出現するところてん売りの屋台だ。甘味専門の屋台もあれば、酢醤油一本のところもあるし、一般的な味付けは全部そろえた店や 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:二十三時の少年 お題:小説家たちの戦争 必須要素:ところてん 制限時間:15分 読者:183 人 文字数:570字
畢竟、語るに落ちるとはこのことであろうか。知性と恥性をかなぐり捨てた糞味噌の争いも此れにて一旦の終わりを迎えようとしていた。無論、まだ序の序すら迎えてはいない 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:はめこみショーン お題:スポーツの決別 必須要素:ところてん 制限時間:15分 読者:157 人 文字数:557字
「先輩、本当に引退しちゃうんすか?」「そろそろ、この体も解放してやらなくちゃな」「まだまだ、できるでしょ」「体はまだできるかも知れないけどな」「じゃあ、やりまし 〈続きを読む〉

匿名さんの即興 小説


ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:暗黒の音楽 制限時間:15分 読者:3 人 文字数:423字
暗闇の中でピアノの音が響いている.音は目の前の音楽室から聞こえてきているようだ.今はもう真夜中だ,こんな時間にピアノがなっているのはおかしい.おかしいといえばな 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
偽装の事実 ※未完
作者:匿名さん お題:打算的な恋愛 制限時間:30分 読者:4 人 文字数:652字
目の前で糸からぶら下げた五円玉をゆらゆらされても、私の心はまったく揺れない。相手である親友が真剣な、必死な顔をしていたから、私は気乗りしない本音を隠して、真面 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:生きている汗 制限時間:15分 読者:3 人 文字数:571字
「はっ...はっ...」これでもかと言うほどカッと照りつける太陽の下で俺は必死に走っていた。 10キロ走った時点で足を止め、ゆっくり歩いて荒い息を沈めていようと 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:ナウい笑い声 制限時間:15分 読者:8 人 文字数:639字
時代遅れの笑い方だね、と妹に言われた。 「は?マジ受けるんですけど~!笑い方に時代も何もなくね?」「だからその反応が時代遅れなんだよ、姉ちゃん」妹はひどく恥ず 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:冬の失踪 制限時間:15分 読者:3 人 文字数:822字
この街は雪がひでぇ。毎日、夜寝る前にどんなに頑張って雪かきをしても朝になれば1mもの白い壁が街を覆い尽くす。この街の住人の朝はこの忌々しい雪を家の前と主要道路か 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:冬の失踪 制限時間:15分 読者:3 人 文字数:272字
やけに白く細い手首だった。「もう、私はいないのよ」と、彼女は言った。「また会えるよね」と言ったが、彼女は何も言わなかった。 冷たい風の中で、僕はずっと彼女の手 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:隠された広告 必須要素:九州 制限時間:1時間 読者:6 人 文字数:1773字
唐井戸ヒカリのことは一応知っている。 友人の少ない自分に、何か連絡事項があるたびにパイプ役を買って出ているのが彼女だからだ。 昼休み。耳にイヤホンをさしてぼん 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:どうあがいても雑踏 制限時間:15分 読者:4 人 文字数:941字
夏。 夏と言えばいろんなイベントが目白押し。 夏祭り、海水浴、流しそうめん、花火大会などなど。 だけどそのようなイベントにつきまとって離れないのが人ごみの多さ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:僕が愛した消しゴム 必須要素:ヘッドホン 制限時間:2時間 読者:6 人 文字数:256字
僕は消しゴムを愛している。というと、何だか変人のように感じるかもしれないが、決してそうではない。 消しゴムはいつだって僕らのもとにあった。小学生のとき、かなら 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:燃える探偵 制限時間:30分 読者:18 人 文字数:561字
彼はうつ伏せに倒れたまま動かない。彼の視界は定まらず、意識は朦朧としていた。 一刻も早く、この場から抜け出さなくてはならない。頭では理解しているが、体は指先で 〈続きを読む〉