お題:彼が愛した暴力 必須要素:ところてん 制限時間:15分 読者:292 人 文字数:1225字
[削除]

戦う男
高橋さんはファイターだ。
戦う人だ。
バトラーかもしれない。
私は陰ながら応援するしかない。

高橋さんは大柄で横方向にもそれなりに大柄な、40代の男性だ。
オフィス内の仕事なので、運動も少なめだ。
それなのに高橋さんはめちゃめちゃ喰うので、どんどん太っていっている。

お昼休み、社食で高橋さんと相席になった。
社内のアイドルと言われている私の美貌に目もくれず、高橋さんは目の前のラーメンライスセットと格闘している。
餃子付である。その上、飲み物はガムシロップを三倍いれたコーヒーだ。
高橋さんに食べ合わせなど存在せぬ。

最初はちら、ちらと見ていた私だったが、やがてその食べっぷりに目を奪われ、注文した春雨スープを食べるのを忘れてしまった。
高橋さんは、がつ、がつ、と音がしそうな勢いで、ライスをかっこんでいる。
高橋さんの一口は私の弁当半分に相当する。
途中、牽制球を投げるように突然餃子に手を伸ばす。
二個いっぺんに押し込まれる餃子は、高橋さんの口の中に押し込まれる直前無念そうに変形する。
ラーメンはおそらく飲み物だ。
ごっくんごっくん言いながら、胃袋に流し込まれていった。
ぷは、と一息ついた高橋さんの口の周りは油でベタベタだ。
まるで、人類を飲み乾した魔王のような存在感だった。
あまりの圧倒的存在感に、高橋さんの周囲数メートルは人の立ち入るを許さぬ。
とうとう、暴力的なカロリーを含有するラーメンライスセットwith餃子二皿ついでにコーヒーは、高橋さんの前に屈服した。
今日も彼の勝ちだ。

口を半開きにして見入っている私に気付くと、高橋さんは言った。

「それ、春雨かい?」
「えっ? え、ええ……。ちょっと、太ってしまったから……。」

高橋さんは満面の笑みを浮かべて言った。

「食事は、戦いだぞ! 戦う前からしょぼい敵を選んでどうする!」

がっはっは、と食堂全体に響き渡る下品な笑い声に、後方で息をのんで見守っていた女性社員たちの群れからキャア、と小さく悲鳴があがった。

「そう……ですね、でも、美味しいんですよ、これ……」
「そんなに言うなら、食べてみるか!」

そう言って高橋さんが注文したのはところてんだった。
しかも甘いやつだ。
ものの数秒で飲み込まれていった。

「食べた気がしないな! じゃあ!」

彼が立ち去ったあと、テーブルは油汚れと飛び跳ねた汁でぎとぎとだった。
食堂のおばちゃんがすっ飛んできて、ぶつぶつ言いながら雑巾で拭き始める。

ところてんじゃないし……春雨だし……。

すっかり冷えた春雨は美味しくなく、私は今回の戦いに負けた。春雨相手であっても。

もし彼の食べたところてんに含まれている食物繊維が、彼の摂取した暴力的なカロリーの吸収を阻害するようなことがあったら、私のせいだ。
そう思うと涙さえこみあげる。
どうか、食物繊維すら消化されますように。


高橋さんの戦いはこれからもつづく!!
この作品をツイート

似た条件の即興小説


ユーザーアイコン
作者:aoto お題:彼が愛した暴力 必須要素:ところてん 制限時間:15分 読者:161 人 文字数:673字
このところの昼食には林檎を食べている。林檎だけでは足りないと友人に叱られるので、勇んで冷蔵庫から取り出してきたのはヨーグルトだった。「どうして、体によさそうなも 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:和委志千雅 お題:うわ・・・私の年収、小説家 必須要素:ところてん 制限時間:15分 読者:44 人 文字数:1066字
ツイッターのタイムラインには日々いろいろなものが流れてくる。あなたの性格とか、あなたの運命の人とか、そういうのだ。お題箱みたいなのもあるみたいだ。平素ツイッター 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:benny お題:可愛い負傷 必須要素:ところてん 制限時間:15分 読者:109 人 文字数:317字
「お兄ちゃん!公園行こうよ!」妹に強く誘われ、俺は仕方なく彼女を連れていった。ベンチでスマホをやっていれば時間はつぶれるので、疲れるまで一人で遊ばせてやろうと思 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:まろやかに傾く人 お題:人妻の人々 必須要素:ところてん 制限時間:15分 読者:69 人 文字数:301字
僕にとって明日が地獄になることは予想ができたことであったし、どどめ色でひらひらしている趣味の悪い服を上機嫌に着比べているママを見るとそれは間違いなく現実になる 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:のら お題:空前絶後の花 必須要素:ところてん 制限時間:15分 読者:180 人 文字数:992字
想像力の必要のない職業と言うのは意外と少ない。しかし想像力と言うのも困りものだ。まったくもって取りに足らない些細な点でも一石を投じた池の波紋のように、吁、古池 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
作者:和委志千雅 お題:あきれた友人 必須要素:ところてん 制限時間:15分 読者:201 人 文字数:1215字
ところてん、と聞くと、人は何を想像するだろうか?もちろん食べ物を想像するのがまずベターだけど、でも彼の地、約束の地、ピクシブでは一定の数を持つタグとしても機能し 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:リソタソ お題:大好きな能力者 必須要素:ところてん 制限時間:15分 読者:270 人 文字数:721字
私の彼氏は超能力者だ。一体どんな超能力なのか、私は知らない。でも、彼はいつもところてんを鼻から垂らしていることからところてんに関連した超能力だと思う。「ふがふ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:イっヌ・サイケデリっコ お題:彼の職業 必須要素:ところてん 制限時間:15分 読者:213 人 文字数:723字
いつになく雲が低く泳いでいる。風は、どうも遅く感じる。景色はどんよりとしているし、なんだったら街行く人の足取りも重いように見える。金曜日の夜は誰もが浮かれている 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:秋牛/七宝明 13carnate お題:彼の職業 必須要素:ところてん 制限時間:15分 読者:206 人 文字数:646字
この街の夏の風物詩といえば、通りのいたる所に出現するところてん売りの屋台だ。甘味専門の屋台もあれば、酢醤油一本のところもあるし、一般的な味付けは全部そろえた店や 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:二十三時の少年 お題:小説家たちの戦争 必須要素:ところてん 制限時間:15分 読者:206 人 文字数:570字
畢竟、語るに落ちるとはこのことであろうか。知性と恥性をかなぐり捨てた糞味噌の争いも此れにて一旦の終わりを迎えようとしていた。無論、まだ序の序すら迎えてはいない 〈続きを読む〉

匿名さんの即興 小説


ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:あいつと結末 必須要素:この作品を自分史上ぶっちぎりの駄作にすること 制限時間:15分 読者:4 人 文字数:685字
今日も仕事が終わって漫画喫茶で始発を待つ。私の仕事はしがないガールズバー店員だ。よくわからないおっさんの話をニコニコしながら、セクハラに耐えながら自給1800円 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:穏やかな魔物 制限時間:15分 読者:22 人 文字数:1013字
窓から差し込む柔らかな日差しが、教室中に降り注ぐ。単調なリズムで読み上げられる古文の調べは、昼食を終えたばかりの生徒たちにゆっくりと、かつ確実に魔物の侵略を許 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
タバコの効能 ※未完
作者:匿名さん お題:煙草と雨 制限時間:15分 読者:6 人 文字数:767字
根が小心者なのだ。昔から考えすぎるところはあったのかもしれない。考え始めると落ち込んでいくから考えを止めなければならない。落ち込みはじめたら何らかの方法で脳味 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:ドイツ式の殺し 制限時間:15分 読者:6 人 文字数:423字
銃口をごりっと額に押し当てた。「これで終わりだ」 あばよ、と引き金を引こうとしたそのとき。銃口を押し当てられているのにもかかわらず、死を覚悟する様子もなく相手 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:ドイツ式の殺し 制限時間:15分 読者:6 人 文字数:830字
彼の最期を見た人間はいなかった。ただ一人、彼の甥を除いては。 死ぬ数週間前まで、かれは極めて善良な市民として朗らかに生きていた。隣人には常に優しく、友人には非 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
収束する世界 ※未完
作者:匿名さん お題:ありきたりな動機 制限時間:30分 読者:10 人 文字数:1728字
童貞を捨てたのは17歳の冬だ。相手はひとつ上の先輩で、顎のラインまでで切りそろえた人形みたいなボブが似合う、目の大きいかわいい人だった。その日は小春日和で、先 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:あいつと土地 制限時間:15分 読者:6 人 文字数:638字
夏休み、久々に地元に帰ってきた僕は、小学校時代に友人だった安達にあった。小学校時代の安達は、なかなか面白い奴だった。小学2年生で、先生の車に雪玉をぶつけた。小学 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:ロシア式の月 制限時間:15分 読者:7 人 文字数:438字
「СПАСИБО」スパーシバと、相手にお礼をいうと相手の方も話せて嬉しかったとお礼を言って会釈をして去っていった。正直、疲れた。仕事関連で海外の人と話す事はよく 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
失墜 ※未完
作者:匿名さん お題:帝王の裏切り 制限時間:30分 読者:13 人 文字数:1154字
ヴィーシャは死んだよ。アイリッシュのクソ野郎に頭をぶち抜かれて、溝に捨てられてんのを孫が見つけてね。ああ、あんた少し遅かったみたいだね。 ヴィーシャが幼い孫娘 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:愛、それは魔物 必須要素:腸内洗浄 制限時間:15分 読者:8 人 文字数:302字
魔物を愛してしまったばっかりに、彼は入院するハメになった。 その際、医師がレントゲンを指しながら、口の端をひくひくと引き攣らせて述べたことは鮮明に覚えている。 〈続きを読む〉