お題:冷静と情熱の間にあるのは嵐 必須要素:ニキビ 制限時間:15分 読者:365 人 文字数:1218字
[削除]

under the mask
あばたもえくぼ という文句の意味が、子どもの頃分からなくて、保育園の先生に訊いた覚えがある。
今ならよく分かる。

彼女は、いつもマスクをしている。
年中、いろいろなアレルギーがあるそうだ。
春はスギ、梅雨はカビ、夏はなんたらっていうイネ科の植物、秋と冬は、風邪予防でしている。
マスクなんてもったいない。
外した先には、魅力的な大きな唇があるんだけど、
彼女はそれがコンプレックスなんだそうだ。
だから大好きな彼女の唇は、滅多に見ることすら出来ない。

「ニキビが出来たの」
「どこに?」
「あごの下……、よく出来るの、困るわ」
「もしニキビがあっても僕は君が好きだよ」
「……そうじゃないの」

僕には、彼女が分からない。

こんな話になったこともあった。

「ねえ、マスクをはずしたら?」
「いやよ。口が見えてしまうから」
「君の唇は魅力的だよ」
「でも、私はいやなの」
「どうして? 僕は好きなのに」
「……分かってないのね」

いつも、友達のような恋人のような距離感で、つかずはなれずを繰り返している。
僕が諦めようと連絡を絶つと、気まぐれなように彼女から連絡が来る。

「今から会えない?」

かといって追いかけると、ふいっと飛んでいってしまう。

「分かってないのね」


「お前それ、キープされてんだよ」
鈴木はビールの泡を飛ばしながら言う。
「そんな状態で黙ってるなんて、どうかしてるよ。諦めるか、告白するかどっちかにしろよ」
「いや、告白はもう、してるんだよ」
「で?」
「はっきりした返事もらったことないな……」
「ほら、キープされてるだけじゃねぇか」

そうなのかな。

僕はとうとう、彼女に二択を迫ることにした。

「どうしたの? 改まって」
「はっきり答えて欲しいんだ」
「なあに」
「僕の気持ちは知ってるよね。はっきり答えが欲しいんだ。そうでないなら、もう連絡をとるのはやめたい」

彼女は戸惑って目を泳がせた。
マスクに隠れて、唇の動きは分からない。

「そんな急に……、どうして?」
「どうしてってことはないよ。分かるだろう」

長い沈黙があった。彼女はカップのふちを指でなぞったり、窓の外の人の流れを見たりしていた。

「……そういえばね、また、ニキビできちゃったの」
「……」
「ほら、ここよ。おでこ。見えるでしょう?」

確かに彼女の額には、大きくて赤い目立つニキビがあった。
だけど、だから、どうだというのだろう。

「……だから? 僕は、前も言ったけど、それでも君が好きなことに変わりはない」

彼女は食い入るように僕を見つめていたが、ふっと視線を外すと、

「今日、あたし、帰るね」

と席を立って、声をかける暇もなく喫茶店を出て行ってしまった。


結局、あれからも何も変わっていない。


諦めるのと好きでいるのを繰り返すのは世界一つらいのだと僕は思う。
冷静と情熱の間にあるのは嵐だ。
この作品をツイート

似た条件の即興小説


ユーザーアイコン
梅雨は面倒 ※未完
作者:コーラ無理系男子 お題:春の小雨 必須要素:ニキビ 制限時間:15分 読者:47 人 文字数:248字
梅雨、ジメジメしていて気分の下がる季節。私は梅雨が嫌いだ。梅雨の時は何もやる気が起きない。「はぁ……」思わずため息が漏れる。「ため息をつくと幸せが逃げますよ、赤 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:有無 紅@エビフライ巻き お題:愛、それは大雪 必須要素:ニキビ 制限時間:15分 読者:39 人 文字数:591字
ある大雪の降る日。二人は近くの小屋に避難していた。叩きつけるように荒れる風、鳴り止まない雪の当たる音。二人は寄り添いながら、寒さを凌いでいる。 ふと、彼は気が 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:げげまうす お題:愛すべきコメディ 必須要素:ニキビ 制限時間:15分 読者:63 人 文字数:290字
今朝からぐっと気温が下がって伏せた状態からの起き上がりが妙に気だるい。左瞼から数センチ上 ちょうど眉毛との間に出来たニキビが生活の悪さを物語っている。カーテンを 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:むぢから お題:フニャフニャの星 必須要素:ニキビ 制限時間:15分 読者:71 人 文字数:782字
フニャフニャの星は磯田家の果報であった。なんの成分で出来ているかは知らないがともかくフニャフニャとしている宝石である。そのふにゃふにゃ感は時の権力者をも虜にし、 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:Ammo_June お題:フニャフニャの星 必須要素:ニキビ 制限時間:15分 読者:68 人 文字数:1164字
頬にできた小さいニキビを気にしながら、私は一心不乱にトラックの向こう、陽炎に揺れるゴールを見つめる。高校生活最後の大会に向けて、毎日のように私は練習に打ち込ん 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
作者:鐘辺 完 お題:フニャフニャの星 必須要素:ニキビ 制限時間:15分 読者:87 人 文字数:708字
「はい。次のかたどうぞ」「ニキビで悩んでるんです」「お顔にはニキビはないようですが」「いいえ。ここなんですけどね」「ああ、はい。そこですか。ああ、これはすごい。 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:evening お題:どこかの靴 必須要素:ニキビ 制限時間:15分 読者:107 人 文字数:1538字
小さいころ、ブーツに憧れていた。子供の履く靴といったら学校のための白い運動靴か上靴。大人が履く靴はお父さんが会社に行くときの革靴。お母さんがたまに履くようなハ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
白い ※未完
作者:おてんば お題:白い極刑 必須要素:ニキビ 制限時間:15分 読者:73 人 文字数:108字
先月から成長し続けている邪悪なる悪魔に今日も白い極刑を与えなければならない。毎日ひたすらニベ○を塗って与えているが、邪悪なるニキビは今日も元気に成長している。え 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:西塔ゆき@創作吐き出し垢 お題:犬の正月 必須要素:ニキビ 制限時間:15分 読者:104 人 文字数:514字
カーテンの隙間から差し込む光の明るさに自分が寝過ごしたことを察した。念のため時刻を確認しようとケータイに手を伸ばす。そこに表示されている時間は11時37分。ああ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:イっヌ・サイケデリっコ お題:知らぬ間の冤罪 必須要素:ニキビ 制限時間:15分 読者:157 人 文字数:1045字
口笛を陽気に流して、この人の波を逆らうようにして進む。私を取り巻く時間普通の人よりも少し違うように進んでいる。朝起きて支度をして、家族の為、自分の為、社会の為に 〈続きを読む〉

匿名さんの即興 小説


ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:進撃の就職 制限時間:30分 読者:6 人 文字数:749字
運転手のいなくなったトラックには運よくカーナビがあって、どこを通ってきたか残されていた。外国語は全くわからないなりに適当に操作してもと来た道を辿る。少し走ると 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:汚れた牢屋 制限時間:1時間 読者:1 人 文字数:1785字
私はため息をついた。だいたいの検討だが、これからもずっと私の話は全く聞き入れてもらえないだろう。全くもって楽観的な予測をする気になれない。私を捕えた厳つい警官 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:嘘のアパート 必須要素:全身脱毛 制限時間:15分 読者:4 人 文字数:832字
いつもの学校の帰り道、私はいつもの通学路を歩いていた。現在は午後の4時半。学校に残っている人もいるだろうが、私は部活もやっていないので帰宅している。友達を待つこ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:でかい私 必須要素:バイブ 制限時間:15分 読者:5 人 文字数:456字
「せんぱーい、スマホ、鳴ってますけど」 声かけ空しく、先輩のスマホは細かに机を叩き殴り、終いには向こう側へ落ちて見えなくなってしまった。「せんぱーい、スマホ、う 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:大人の狙撃手 制限時間:15分 読者:28 人 文字数:277字
どうにも現実を見ることができない。手に届く範囲にあるわけがないのに、どうにか手に入れようと必死になって、これさえ手に入れれば、幸せになれるはずと。届いた憧れには 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:私と四肢切断 制限時間:15分 読者:13 人 文字数:280字
ウィィィィン…………。 静かな空間に切断機の音が響く。やがてその音は濁り、びちゃびちゃと水分の多いものが飛び散る音が混じる。そしてその音も止まりまた静かな空間 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:これはペンですか?違うわ、それは暗殺者 制限時間:30分 読者:7 人 文字数:434字
憎い奴がいる。 神田俊朗。 高校の時、おれをいじめてた奴だ。 死ぬほど憎い。 下校時間、ひとりで帰ろうと教室を出ようとしたタイミングで、いつも徒党を組んで奴は 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
門とコーヒー ※未完
作者:匿名さん お題:コーヒーと門 制限時間:15分 読者:11 人 文字数:615字
私は門の前に立っていた見上げなければてっぺんまで見えないような巨大な門だ門の前に街中のカフェを思わせる上品なデザインの椅子とテーブルがあってそこで男がコーヒーを 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:アルパカの快楽 制限時間:1時間 読者:10 人 文字数:211字
ゲルというのは、知っているか?モンゴルの移住できる家のことだ。そこで飼われている動物の中にアルパカもいたのだ。ただし、ほかの動物に餌を食べられ、自分の餌は少なか 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
代償 ※未完
作者:匿名さん お題:天才の痛み 制限時間:30分 読者:4 人 文字数:488字
「天才が天才をぶち抜くっていうのは、こういうことなのね」 硬式テニスの女子プロリーグランキング戦の観戦に訪れていたイリスは、試合の休憩中にそんな驚きを示した。 〈続きを読む〉