お題:冷静と情熱の間にあるのは嵐 必須要素:ニキビ 制限時間:15分 読者:354 人 文字数:1218字
[削除]

under the mask
あばたもえくぼ という文句の意味が、子どもの頃分からなくて、保育園の先生に訊いた覚えがある。
今ならよく分かる。

彼女は、いつもマスクをしている。
年中、いろいろなアレルギーがあるそうだ。
春はスギ、梅雨はカビ、夏はなんたらっていうイネ科の植物、秋と冬は、風邪予防でしている。
マスクなんてもったいない。
外した先には、魅力的な大きな唇があるんだけど、
彼女はそれがコンプレックスなんだそうだ。
だから大好きな彼女の唇は、滅多に見ることすら出来ない。

「ニキビが出来たの」
「どこに?」
「あごの下……、よく出来るの、困るわ」
「もしニキビがあっても僕は君が好きだよ」
「……そうじゃないの」

僕には、彼女が分からない。

こんな話になったこともあった。

「ねえ、マスクをはずしたら?」
「いやよ。口が見えてしまうから」
「君の唇は魅力的だよ」
「でも、私はいやなの」
「どうして? 僕は好きなのに」
「……分かってないのね」

いつも、友達のような恋人のような距離感で、つかずはなれずを繰り返している。
僕が諦めようと連絡を絶つと、気まぐれなように彼女から連絡が来る。

「今から会えない?」

かといって追いかけると、ふいっと飛んでいってしまう。

「分かってないのね」


「お前それ、キープされてんだよ」
鈴木はビールの泡を飛ばしながら言う。
「そんな状態で黙ってるなんて、どうかしてるよ。諦めるか、告白するかどっちかにしろよ」
「いや、告白はもう、してるんだよ」
「で?」
「はっきりした返事もらったことないな……」
「ほら、キープされてるだけじゃねぇか」

そうなのかな。

僕はとうとう、彼女に二択を迫ることにした。

「どうしたの? 改まって」
「はっきり答えて欲しいんだ」
「なあに」
「僕の気持ちは知ってるよね。はっきり答えが欲しいんだ。そうでないなら、もう連絡をとるのはやめたい」

彼女は戸惑って目を泳がせた。
マスクに隠れて、唇の動きは分からない。

「そんな急に……、どうして?」
「どうしてってことはないよ。分かるだろう」

長い沈黙があった。彼女はカップのふちを指でなぞったり、窓の外の人の流れを見たりしていた。

「……そういえばね、また、ニキビできちゃったの」
「……」
「ほら、ここよ。おでこ。見えるでしょう?」

確かに彼女の額には、大きくて赤い目立つニキビがあった。
だけど、だから、どうだというのだろう。

「……だから? 僕は、前も言ったけど、それでも君が好きなことに変わりはない」

彼女は食い入るように僕を見つめていたが、ふっと視線を外すと、

「今日、あたし、帰るね」

と席を立って、声をかける暇もなく喫茶店を出て行ってしまった。


結局、あれからも何も変わっていない。


諦めるのと好きでいるのを繰り返すのは世界一つらいのだと僕は思う。
冷静と情熱の間にあるのは嵐だ。
この作品をツイート

似た条件の即興小説


ユーザーアイコン
作者:げげっ お題:愛すべきコメディ 必須要素:ニキビ 制限時間:15分 読者:34 人 文字数:290字
今朝からぐっと気温が下がって伏せた状態からの起き上がりが妙に気だるい。左瞼から数センチ上 ちょうど眉毛との間に出来たニキビが生活の悪さを物語っている。カーテンを 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:むぢから お題:フニャフニャの星 必須要素:ニキビ 制限時間:15分 読者:44 人 文字数:782字
フニャフニャの星は磯田家の果報であった。なんの成分で出来ているかは知らないがともかくフニャフニャとしている宝石である。そのふにゃふにゃ感は時の権力者をも虜にし、 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:Ammo_June お題:フニャフニャの星 必須要素:ニキビ 制限時間:15分 読者:40 人 文字数:1164字
頬にできた小さいニキビを気にしながら、私は一心不乱にトラックの向こう、陽炎に揺れるゴールを見つめる。高校生活最後の大会に向けて、毎日のように私は練習に打ち込ん 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:鐘辺 完 カクヨムに『望み志望』(略称) お題:フニャフニャの星 必須要素:ニキビ 制限時間:15分 読者:35 人 文字数:708字
「はい。次のかたどうぞ」「ニキビで悩んでるんです」「お顔にはニキビはないようですが」「いいえ。ここなんですけどね」「ああ、はい。そこですか。ああ、これはすごい。 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:evening お題:どこかの靴 必須要素:ニキビ 制限時間:15分 読者:71 人 文字数:1538字
小さいころ、ブーツに憧れていた。子供の履く靴といったら学校のための白い運動靴か上靴。大人が履く靴はお父さんが会社に行くときの革靴。お母さんがたまに履くようなハ 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
白い ※未完
作者:おてんば お題:白い極刑 必須要素:ニキビ 制限時間:15分 読者:51 人 文字数:108字
先月から成長し続けている邪悪なる悪魔に今日も白い極刑を与えなければならない。毎日ひたすらニベ○を塗って与えているが、邪悪なるニキビは今日も元気に成長している。え 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:西塔ゆき@宿題締切10月14日だよー お題:犬の正月 必須要素:ニキビ 制限時間:15分 読者:80 人 文字数:514字
カーテンの隙間から差し込む光の明るさに自分が寝過ごしたことを察した。念のため時刻を確認しようとケータイに手を伸ばす。そこに表示されている時間は11時37分。ああ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:イっヌ・サイケデリっコ お題:知らぬ間の冤罪 必須要素:ニキビ 制限時間:15分 読者:125 人 文字数:1045字
口笛を陽気に流して、この人の波を逆らうようにして進む。私を取り巻く時間普通の人よりも少し違うように進んでいる。朝起きて支度をして、家族の為、自分の為、社会の為に 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:のら お題:人妻の冤罪 必須要素:ニキビ 制限時間:15分 読者:143 人 文字数:909字
思ったほど人間は他人に興味が無い。つまり私が昨日何を昼間に食べたのかなんて、誰も気にしない。きっとあなたも興味無い。でもこうして私の話を聞いてくれる程度には、 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:のら お題:くさいお嬢様 必須要素:ニキビ 制限時間:15分 読者:161 人 文字数:1249字
「まったくお嬢様と来たら、お遊びが過ぎる」「信の芸術家と言うものは往々にしてああしたものだよ。時に勉学に励むよりも有効な時間の使い方と言う物を、若いうちにある時 〈続きを読む〉

匿名さんの即興 小説


ユーザーアイコン
師走の街 ※未完
作者:匿名さん お題:来年の唇 制限時間:15分 読者:3 人 文字数:277字
ひゅうと音を立てながら街を通り抜ける風に、師走の香りを感じた。赤と緑の派手派手しい装飾に彩られた街を、足早に駆けていく。肌寒さと同時に飾り立てられる街並みは昔か 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:壊れかけの独裁者 制限時間:4時間 読者:4 人 文字数:274字
「起きてください!」誰かが騒いでいる。目を開けようと思えば開けられるが、今は開けたくない。憶測ではあるが、何か嫌なことが起きているに違いないと思い込んでいるから 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:見憶えのある弁護士 制限時間:15分 読者:10 人 文字数:430字
見覚えがある。あの弁護士には見覚えがあるぞ。この裁判…猥褻物陳列罪で逮捕された男を弁護しているあの男だ。検事の私はあの男とどこかで会ったことがある。卑劣な男だ。 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:小説の快楽 制限時間:15分 読者:11 人 文字数:384字
小説の快楽。小説の快楽やと? そんなもんがあるか? 舐めておられるのか? 私はそうは思わない。俺は欠席していたのだから、仕方のないことだ。さあ、コーヒーを入れ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:簡単なぺろぺろ 制限時間:15分 読者:14 人 文字数:224字
いいかい、落ち着いてよく聞いてくれよ。俺はそこらへんに転がってるようなくだらないペロペロをする奴らとは違うんだ。焦らし、転がし、ねぶり・・・その一挙一動に魂を込 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:簡単なぺろぺろ 制限時間:15分 読者:13 人 文字数:423字
「おまえ、そこで何しとんね」 男の声で振り向いて、そこには破れた服、泥だらけの顔、なんてみすぼらしいおっさん。浮浪者であろうか。「おまえ、そこで何しとんね言うと 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:簡単なぺろぺろ 制限時間:15分 読者:16 人 文字数:749字
ぺろぺろするってのも一口に言って色んなやり方がある。「簡単なぺろぺろ」と「難しいぺろぺろ」だ。もちろんあなたがどちらを選ぶのか私はわかっている。「簡単なぺろぺろ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:シンプルな小説練習 必須要素:文を動詞の現在形で終わらせない 制限時間:15分 読者:6 人 文字数:211字
私の残りバッテリーは6%だ。シンプルといえば逆に難しい…白か黒、あるいは陰と陽、対極的にあるものはすべてシンプルだと思う。さあ、どうする?君の選択は…僕が未来を 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:愛、それは光 制限時間:15分 読者:4 人 文字数:422字
あの頃の僕は、毎日が憂鬱だった。ただ与えられた仕事をこなし、家に帰って食事をし、眠る。変わり映えのしない毎日に嫌気が差していた。そんな生活を送っていた僕に、それ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
※未完
作者:匿名さん お題:遠いしきたり 制限時間:15分 読者:9 人 文字数:703字
この村には昔からの習わしがある。それは、村以外の人間と結ばれてはならないという事だ。しかし、時は平成。今更そんなしきたりを気にするのは誰もいないいなかった。上京 〈続きを読む〉