お題:冷静と情熱の間にあるのは嵐 必須要素:ニキビ 制限時間:15分 読者:347 人 文字数:1218字
[削除]

under the mask
あばたもえくぼ という文句の意味が、子どもの頃分からなくて、保育園の先生に訊いた覚えがある。
今ならよく分かる。

彼女は、いつもマスクをしている。
年中、いろいろなアレルギーがあるそうだ。
春はスギ、梅雨はカビ、夏はなんたらっていうイネ科の植物、秋と冬は、風邪予防でしている。
マスクなんてもったいない。
外した先には、魅力的な大きな唇があるんだけど、
彼女はそれがコンプレックスなんだそうだ。
だから大好きな彼女の唇は、滅多に見ることすら出来ない。

「ニキビが出来たの」
「どこに?」
「あごの下……、よく出来るの、困るわ」
「もしニキビがあっても僕は君が好きだよ」
「……そうじゃないの」

僕には、彼女が分からない。

こんな話になったこともあった。

「ねえ、マスクをはずしたら?」
「いやよ。口が見えてしまうから」
「君の唇は魅力的だよ」
「でも、私はいやなの」
「どうして? 僕は好きなのに」
「……分かってないのね」

いつも、友達のような恋人のような距離感で、つかずはなれずを繰り返している。
僕が諦めようと連絡を絶つと、気まぐれなように彼女から連絡が来る。

「今から会えない?」

かといって追いかけると、ふいっと飛んでいってしまう。

「分かってないのね」


「お前それ、キープされてんだよ」
鈴木はビールの泡を飛ばしながら言う。
「そんな状態で黙ってるなんて、どうかしてるよ。諦めるか、告白するかどっちかにしろよ」
「いや、告白はもう、してるんだよ」
「で?」
「はっきりした返事もらったことないな……」
「ほら、キープされてるだけじゃねぇか」

そうなのかな。

僕はとうとう、彼女に二択を迫ることにした。

「どうしたの? 改まって」
「はっきり答えて欲しいんだ」
「なあに」
「僕の気持ちは知ってるよね。はっきり答えが欲しいんだ。そうでないなら、もう連絡をとるのはやめたい」

彼女は戸惑って目を泳がせた。
マスクに隠れて、唇の動きは分からない。

「そんな急に……、どうして?」
「どうしてってことはないよ。分かるだろう」

長い沈黙があった。彼女はカップのふちを指でなぞったり、窓の外の人の流れを見たりしていた。

「……そういえばね、また、ニキビできちゃったの」
「……」
「ほら、ここよ。おでこ。見えるでしょう?」

確かに彼女の額には、大きくて赤い目立つニキビがあった。
だけど、だから、どうだというのだろう。

「……だから? 僕は、前も言ったけど、それでも君が好きなことに変わりはない」

彼女は食い入るように僕を見つめていたが、ふっと視線を外すと、

「今日、あたし、帰るね」

と席を立って、声をかける暇もなく喫茶店を出て行ってしまった。


結局、あれからも何も変わっていない。


諦めるのと好きでいるのを繰り返すのは世界一つらいのだと僕は思う。
冷静と情熱の間にあるのは嵐だ。
この作品をツイート

似た条件の即興小説


ユーザーアイコン
作者:evening お題:どこかの靴 必須要素:ニキビ 制限時間:15分 読者:42 人 文字数:1538字
小さいころ、ブーツに憧れていた。子供の履く靴といったら学校のための白い運動靴か上靴。大人が履く靴はお父さんが会社に行くときの革靴。お母さんがたまに履くようなハ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
白い ※未完
作者:おてんば お題:白い極刑 必須要素:ニキビ 制限時間:15分 読者:32 人 文字数:108字
先月から成長し続けている邪悪なる悪魔に今日も白い極刑を与えなければならない。毎日ひたすらニベ○を塗って与えているが、邪悪なるニキビは今日も元気に成長している。え 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:西塔ゆき@創作垢 お題:犬の正月 必須要素:ニキビ 制限時間:15分 読者:62 人 文字数:514字
カーテンの隙間から差し込む光の明るさに自分が寝過ごしたことを察した。念のため時刻を確認しようとケータイに手を伸ばす。そこに表示されている時間は11時37分。ああ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:イっヌ・サイケデリっコ お題:知らぬ間の冤罪 必須要素:ニキビ 制限時間:15分 読者:114 人 文字数:1045字
口笛を陽気に流して、この人の波を逆らうようにして進む。私を取り巻く時間普通の人よりも少し違うように進んでいる。朝起きて支度をして、家族の為、自分の為、社会の為に 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:のら お題:人妻の冤罪 必須要素:ニキビ 制限時間:15分 読者:126 人 文字数:909字
思ったほど人間は他人に興味が無い。つまり私が昨日何を昼間に食べたのかなんて、誰も気にしない。きっとあなたも興味無い。でもこうして私の話を聞いてくれる程度には、 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
作者:のら お題:くさいお嬢様 必須要素:ニキビ 制限時間:15分 読者:148 人 文字数:1249字
「まったくお嬢様と来たら、お遊びが過ぎる」「信の芸術家と言うものは往々にしてああしたものだよ。時に勉学に励むよりも有効な時間の使い方と言う物を、若いうちにある時 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:春卿_はるぴょ お題:鋭いダンジョン 必須要素:ニキビ 制限時間:15分 読者:187 人 文字数:762字
僕が、死んだ。 少年はテレビの画面を見つめたまま、身じろぎ一つしない。ゲーム画面では白旗を振って座り込む勇者の姿があった。「GAME OVER」の文字が一定の 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:のら お題:彼が愛した社会 必須要素:ニキビ 制限時間:15分 読者:171 人 文字数:1194字
(承前)いい加減うんざりかもしれないがまあ一番の話の本題の理由を語る前に、今までの話が全部必要な前置きだった事を理解してほしい。でなけりゃ色々辻褄が合わなくなっ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:史季@ニューリン お題:馬鹿な壁 必須要素:ニキビ 制限時間:15分 読者:187 人 文字数:633字
「馬鹿な壁だな。俺が乗り越えられないとでも思ったのか」 とあるロッククライマーは、そう言い残して去っていった。彼が乗り越えられた理由は、壁についているニキビみた 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:孤独 in USA お題:素朴なゴリラ 必須要素:ニキビ 制限時間:15分 読者:261 人 文字数:536字
「顔にニキビが出来た・・・」虚ろな目で腐れ縁の僕に相談してきたのは近所のガキ大将(通称:ゴリラ)である。思えば僕らも今年で中学三年生、ズバリ!思春期真っ盛りなの 〈続きを読む〉

匿名さんの即興 小説


ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:暗黒の音楽 制限時間:15分 読者:3 人 文字数:423字
暗闇の中でピアノの音が響いている.音は目の前の音楽室から聞こえてきているようだ.今はもう真夜中だ,こんな時間にピアノがなっているのはおかしい.おかしいといえばな 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
偽装の事実 ※未完
作者:匿名さん お題:打算的な恋愛 制限時間:30分 読者:4 人 文字数:652字
目の前で糸からぶら下げた五円玉をゆらゆらされても、私の心はまったく揺れない。相手である親友が真剣な、必死な顔をしていたから、私は気乗りしない本音を隠して、真面 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:生きている汗 制限時間:15分 読者:3 人 文字数:571字
「はっ...はっ...」これでもかと言うほどカッと照りつける太陽の下で俺は必死に走っていた。 10キロ走った時点で足を止め、ゆっくり歩いて荒い息を沈めていようと 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:ナウい笑い声 制限時間:15分 読者:8 人 文字数:639字
時代遅れの笑い方だね、と妹に言われた。 「は?マジ受けるんですけど~!笑い方に時代も何もなくね?」「だからその反応が時代遅れなんだよ、姉ちゃん」妹はひどく恥ず 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:冬の失踪 制限時間:15分 読者:3 人 文字数:822字
この街は雪がひでぇ。毎日、夜寝る前にどんなに頑張って雪かきをしても朝になれば1mもの白い壁が街を覆い尽くす。この街の住人の朝はこの忌々しい雪を家の前と主要道路か 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:冬の失踪 制限時間:15分 読者:3 人 文字数:272字
やけに白く細い手首だった。「もう、私はいないのよ」と、彼女は言った。「また会えるよね」と言ったが、彼女は何も言わなかった。 冷たい風の中で、僕はずっと彼女の手 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:隠された広告 必須要素:九州 制限時間:1時間 読者:6 人 文字数:1773字
唐井戸ヒカリのことは一応知っている。 友人の少ない自分に、何か連絡事項があるたびにパイプ役を買って出ているのが彼女だからだ。 昼休み。耳にイヤホンをさしてぼん 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:どうあがいても雑踏 制限時間:15分 読者:4 人 文字数:941字
夏。 夏と言えばいろんなイベントが目白押し。 夏祭り、海水浴、流しそうめん、花火大会などなど。 だけどそのようなイベントにつきまとって離れないのが人ごみの多さ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:僕が愛した消しゴム 必須要素:ヘッドホン 制限時間:2時間 読者:6 人 文字数:256字
僕は消しゴムを愛している。というと、何だか変人のように感じるかもしれないが、決してそうではない。 消しゴムはいつだって僕らのもとにあった。小学生のとき、かなら 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:燃える探偵 制限時間:30分 読者:18 人 文字数:561字
彼はうつ伏せに倒れたまま動かない。彼の視界は定まらず、意識は朦朧としていた。 一刻も早く、この場から抜け出さなくてはならない。頭では理解しているが、体は指先で 〈続きを読む〉