お題:ドイツ式のバラン 必須要素:レモン 制限時間:15分 読者:310 人 文字数:1132字
[削除]

彼女のレモン
みんなで頼んだ唐揚げに、平気でレモンをかけてしまうような英子。
いつも怒るのは佐緒里。
一人一人が自分の取り皿にとって、そのとき必要ならレモンをかけたらいいじゃない、と怒る。
でも、結局みんなかけるんだから、こっちのほうが合理的じゃない、と英子はしれっと言う。
私は可笑しくって、笑ってしまう。

ねぇねぇ、と、待ち合わせ場所に意気込んで駆けて来た英子。
これ、オシャレじゃない?
それは、緑色の折り紙で折られたペーパークラフトだった。

「これ……、何?」
「やだぁ、蘭よ、蘭。見てわかるでしょ?」
「笹かと思った」
「そう言われると笹船みたい」
「もー、やだ、二人とも! アートの感性ないんだから!」
「どうしたのこれ」
「ドイツ人の彼氏がね、あたしのためにって」

うっとりと遠くを見る英子は、このあとひどい振られ方をした。
いつも、そうだ。
英子はいつもすぐに誰かを好きになって、すぐに振られてしまう。
大好きな大好きな人だから、どんなにひどいことを言われても我慢してしまって、結局、何もかもがめちゃくちゃになる。

どうして?
私たちといるときは、あんなにわがまま、やりたい放題な彼女なのに。
好きな人の前では、萎れた薔薇みたいに大人しくなっちゃうんだね。

いつも英子が夜中に大泣きしながら電話してきて、
佐緒里が怒りながら説教して、私がなだめて、最後は三人で「男なんて要らない会」を結成して終わった。
二週間くらいでまた、新しい恋を見つけてきちゃうんだけどね。

そんな英子が妊娠して、結婚すると言う。
もちろんおめでたいんだけど、私と佐緒里は心配だ。

「大丈夫なの? 言いたくないけど……、信用できる人?」
「だーいじょうぶだって、二人ともやだぁ、心配性!」

うそみたいにきらきらの笑顔。

今日、結婚式だった。
英子は綺麗だった。
月並みな言葉だけど、
ほんとうに今までで一番きれいだった。
ちゃんと愛されていた、みんなから祝福されていた。

ちゃんと愛し合っている二人は、あんなにも輝いているんだって私は初めて知った。
英子のあんな穏やかな笑顔、初めて見た。
知らない人みたいだ。

良かった、ほんとうに。

帰り道、私と佐緒里は肩を抱き合って泣いた。

「英子、ほんと、良かった」
「うん」
「泣きわめいて、顔ぐしゃぐしゃにして、嫉妬に狂って、男なんて要らないって言ってた英子は、もう居ないんだね」
「居なくなったよ」
「もう、夜中電話かけてこないだろうね」
「そう思う。もうお母さんみたいな顔だもん」
「一人で大丈夫そうだね」
「良かった」

二人でふらふら、千鳥足。

私たちが大好きだった泣き虫英子は、もう居ない。
でもそれでいい。
この作品をツイート

似た条件の即興小説


ユーザーアイコン
作者:o_san お題:ドイツ式のバラン 制限時間:15分 読者:152 人 文字数:487字
「ビアーブルストはここネ、レバーケーゼはこっち」 ふんふんと鼻歌を歌いながら、エレンは加工肉類をあっちへやったりこっちへやったり楽しそうだ。お弁当なのだという。 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ドP お題:馬鹿な血 必須要素:レモン 制限時間:15分 読者:126 人 文字数:724字
栃木の山奥に、広いレモン畑がある。東京ドーム何個分かは分からない。ただ、とにかく広大なレモン畑がある。「あそこにある山から、むこうにある山まで、代々うちの土地な 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:和委志千雅 お題:大きな事故 必須要素:レモン 制限時間:15分 読者:107 人 文字数:793字
ポッカサッポロのレモン汁がなくなってしまった。ついこの一週間の間に残量のことを気にせずに使用してしまったため、今回のような不測の事態になった。「あぶぶ・・・」レ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:楠乃小玉@『織田信長と岩室長門守』発売中 お題:彼女の母 必須要素:レモン 制限時間:15分 読者:178 人 文字数:203字
彼女の母親は檸檬を見ると胸がときめくという。 それは彼女の母が女学生の頃、あこがれていた先輩が丸善という書店によく通っており、 熱心に本を本でいたためだという。 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:よだか市蔵 お題:苦い円周率 必須要素:レモン 制限時間:15分 読者:188 人 文字数:441字
「円周率は苦みがするので好きじゃないけど、平方根は爽やかな味で結構好きだな」「爽やかな味?」「うん。レモンのような柑橘系の爽やかさだね」「訳分からん」 俺が大学 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
作者:イっヌ・サイケデリっコ お題:小さな反逆 必須要素:レモン 制限時間:15分 読者:149 人 文字数:929字
「だから、お前は駄目なんだ」ガヤガヤと騒がしい居酒屋さんの店内。今この場で彼氏に怒られているのは私だけだろう。木製の机の上には枝豆、鳥のお刺身、シーザーサラダ、 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:のら お題:小さな反逆 必須要素:レモン 制限時間:15分 読者:177 人 文字数:1456字
さっきまで何かと戦っているような感覚の中にあったわけだが、そんなのもうどうでもよくなってしまった。良いだろう、許すって言うのはどこまでも上から目線で気分が良い 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:愛の為に戦う扶桑無限回収の大井町ガタック お題:かっこ悪い村 必須要素:レモン 制限時間:15分 読者:145 人 文字数:802字
某所にあるこの村は非常に混沌としている。この村には忍者が住んでいるのだがその忍者がこれまたシュールである。忍者は好物のレモンを村人に頼んでスライスしてもらうのだ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:花井利徳『鬼塚伊予の臨床心霊学』 お題:禁断の即興小説 必須要素:レモン 制限時間:15分 読者:310 人 文字数:1062字
『禁断』という言葉がある。 辞書でその意味を引くと、以下のようになる。 禁断 [名詞](スル)ある行為をかたく禁止すること。例:「殺生を―する」 だそうだ。 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:桜下六妖城 お題:僕と境界 必須要素:レモン 制限時間:15分 読者:221 人 文字数:859字
三和音万里は荒れ狂うだけ荒れ狂った末、帰って行った。 テーブルと座椅子が投げ飛ばされ、クローゼットからめちゃくちゃに服をあふれさせ、部屋中のコップ類と本が投げ 〈続きを読む〉

匿名さんの即興 小説


ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:僕の好きな流刑地 制限時間:30分 読者:4 人 文字数:379字
僕の好きな流刑地、だと?はてさて、困ったものだ。S県M高校、普通入試。国語の作文問題で、「貴方の好きな流刑地について書きなさい。」といった出題がされた。こんなの 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
天才未満 ※未完
作者:匿名さん お題:輝く天才 制限時間:15分 読者:3 人 文字数:533字
彼女は間違いなく天才だった。 年齢の問題から“神童”という立場に甘んじてはいたが、その才能はこの先彼女の人生を喰い潰して更に輝くものだと誰もかれもが確信してい 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:夜の復讐 制限時間:15分 読者:3 人 文字数:454字
闇に忍び影に生きる。我ら忍びの者なりーー。「にいちゃーん、少し早くない?」目の前を颯爽と、かつ軽快に進む兄を前に私は後ろを追いかけるので精一杯だ。「何を言ってる 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:地獄の負傷 制限時間:15分 読者:5 人 文字数:328字
「最近の人間は弱ええな。すぐに弱音を吐く」 重苦しくため息を吐いた鬼はぎろり、と足元の人間を見た。まだまだ、地獄にいる罪の清算を背負わされた人間たちより傷の少な 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:彼と天才 制限時間:15分 読者:1 人 文字数:507字
A「ひと工夫あるカフェ?入ってみよ」B「いらっしゃいませ、お好きな席へどうぞ」A「あぁ確かに店の雰囲気にひとくふうあるわぁ」A「あ、椅子もひと工夫あってすわりや 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:未来のぺろぺろ 制限時間:15分 読者:2 人 文字数:686字
ぺろり。 とろけ落ちるアイスクリームを舐め取る。8月も後半、夏休みもそろそろ終わりを告げる。今年の夏は毎日アイスを食べていたくらいで、出かけることもなく、友達と 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:空前絶後の秋 制限時間:1時間 読者:3 人 文字数:400字
「今日から二学期ですが、皆さまには言わなければならないことがあります」 聞いているか信じがたい全校生徒の前で、演説のように男の校長が話している。「私以外の先生方 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:とびだせ借金 制限時間:15分 読者:9 人 文字数:646字
皆さんはあの国民的ゲーム「とびだせどうぶつの森」を知っていますか?今回はそんな可愛いゲームではなく、ちょっと怖いゲームのお話をします。とある女子高校生のお話です 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:静かな小説練習 必須要素:マクガフィン 制限時間:15分 読者:3 人 文字数:443字
必須要素:マクガフィンどういう意味だろうか。小説の勉強などしたことがなく自由気ままに駄作を書き続けていた私にはまったく意味の分からない言葉だった。残り時間15分 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:暗黒の朝日 制限時間:15分 読者:7 人 文字数:671字
雀だろうか。 心を浮き立たせるような可愛らしい囀り声が朝の訪れを告げている。 カーテンが吊られていない窓辺からは暖かみを感じさせる橙色の光が差し込んでいる。 〈続きを読む〉