お題:メジャーな暗殺者 必須要素:1500字以上2000字以内 制限時間:15分 読者:496 人 文字数:1629字
[削除]

親切な人が相談に乗ってくれるスレ★132
漏れがないように書きだしてみたら、非常に長文になってしまいました。
まとめるのが下手で申し訳ございません。
ここで良いのか分かりませんが、相談に乗ってくださる方お返事よろしくお願いします。

スペック:
新卒二年目の暗殺見習い 女 24歳
ちょいぽちゃ 顔は中の中(と思いたい)
指名とったことなし
先輩の仕事についていくだけで精一杯です

彼氏:
中堅暗殺者 男 32歳
フツメン 背は高い
腕が良くてクライアントから指名がよくある

相談:
彼氏からのアドバイスがつらいです。
同じ職場のため、私の仕事ぶりをいつも彼氏に見られています。
仕事が終わると、もっと足音を殺せとか、手裏剣の使い方が良くないとか
細かくダメ出しされます。
私のためを思って言ってもらっているのは分かるのですが、
プライベートで言われるとつらいです。
最初ははい、はいと聞いていたのですが、だんだん彼氏の言い方が横柄になってきた気がします。
なんか、人として下に見られている感じがします。
仕事で後輩なのは間違いないのですが……。
好きな人にずっと色々言われて、自分はダメな暗殺者じゃないかと思い悩むようになってしまいました。
彼に色々言われる前は、少しずつ頑張っていけばいいのだと前向きな気持ちになれたのですが、
今ではプライベートで彼がほんの少しでも私にダメ出ししようものなら、
ひどく動悸がして、冷静でいられません。
ただ、私のためだというのはよくわかっているのです。

これからどうやって彼氏と付き合っていけばいいと思われますか。
先輩の暗殺者のみなさんのご意見が聞きたいです。



>その彼氏駄目 さっさと別れろ

>実際仕事できないんだよね。じゃあ言われてもしょうがないと思って頑張るな、自分なら。
 全体的にあなた、頭弱そうだし、彼氏が色々言いたくなるのも分かる気がする。
 暗殺者になるときの覚悟が足りなかったんじゃないかな?

>これだから社内恋愛はやめろと何回(ry
 彼氏が好きで仕事はそんな好きじゃないなら、仕事変える。
 彼氏がそんな好きじゃなくて仕事続けたいなら、別れる。

>彼氏、あなたにアドバイスすることで自尊心を保ってるんだろうね。
 でも好きな人にずっとダメ出しされたら、あなたの自尊心が保てないよ。不健全な関係だと思う。
 私も前の彼氏がアドバイス厨で、一年くらい耐えたけど、結局無意味だった。
 「お前のために言ってる」の一点張りで、私の気持ちを共感してもらえなかったし。
 結局体調崩して、仕事も辞めちゃったし彼氏とも別れた。
 私みたいになる前に、決断するのをオススメします。

>暗殺者やってること自体低能
 親はなんて言ってるの?pgr



みなさんレス有難うございました。
一つ一つ何度も繰り返し読みました。涙が出てきて、私の気持ちを分かって下さっていることに感激してしまいました。
それと、私は大学を出ていますし、親もメジャーな暗殺者です。念のため。

彼氏には何を言っても通じないですね、いやだと言ってもやっぱり、「お前のためだ」って返されてしまって、なんだか宇宙人と話してるみたいな気分になってきました。
レスをもらってから、冷静を努めてもう一度話し合ってみたんですが、同じでした。
もう別れるしかないと思います。

そこで、便乗の相談になってしまうのですが、
彼氏の暗殺をお願いするのもこのスレでいいのでしょうか?
該当スレがあれば誘導お願いします。



>自分の事務所で頼めば? もしくは、自分で。


それができたらとっととやっています。
親切な方、レスお願いします。
連絡先教えてください。


>こいつ、ほんとに暗殺者?

>ネット操作してる警察官じゃない?
 下手な書き込みだなぁ。

>釣りだろ。放置。


釣りではありません。真剣です。
捨てアドでいいので連絡待ってます。

私のアドレスは・・・・・
この作品をツイート

似た条件の即興小説


ユーザーアイコン
作者:鈴子 お題:メジャーな暗殺者 必須要素:1500字以上2000字以内 制限時間:15分 読者:210 人 文字数:315字
彼は人知れず命を奪う。華やいだ舞台の表に堂々と立ち、黙々と仕事に励む彼の姿は称賛に値する。開けた場所であるにも関わらず、彼の所業を見咎める者などいるはずもなく、 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:青ぷよ お題:メジャーな暗殺者 制限時間:15分 読者:303 人 文字数:572字
――12768 右腕がとれた。 無機質なコンクリートの床に、右腕が落ちていく。 腐食が進んでいるな、とカレは自分の右腕だった部品を無機質な目で見つめながら分析 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:こぶた お題:小説家たちの狐 必須要素:1500字以上2000字以内 制限時間:15分 読者:25 人 文字数:404字
ここは小説家達が住むアパート、「狐荘」。今夜も小説家達の熱い小説談義が行われている。 「だから!僕は絶対に蜘蛛の糸を最初に登るんだよ!」 「そんなことしても無 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:渋澤怜 お題:絶望的な魔法使い 必須要素:1500字以上2000字以内 制限時間:15分 読者:89 人 文字数:424字
絶望しました。ケアル。ケアルラ。リラックマ。違うクマ。ニカラグア。ニッカボッカ。近い予感。バスロマン。パブロフの犬。手あたり次第。意味嫌い、忌み嫌い。意味不明に 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:エノモト ルイ(過去の残滓) お題:商業的な嵐 必須要素:1500字以上2000字以内 制限時間:15分 読者:68 人 文字数:1719字
ふんふふんと鼻歌を口ずさみながら僕はバイクを走らせる。 この歌はいつどこで知ったかは覚えていない。 ただ、とても懐かしい物だという事だけは認知していた。 愛車 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
作者:さいとし お題:安全なフォロワー 必須要素:1500字以上2000字以内 制限時間:15分 読者:76 人 文字数:492字
安全なフォロワーとそうでないフォロワーを見分ける方法があります。夜道で背後に何者かが立った気配がした時、まずは「それ」がフォロワーなのかそうでないか、そしてフ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:史季 お題:今年の酒 必須要素:1500字以上2000字以内 制限時間:15分 読者:136 人 文字数:613字
「今年から酒の値段が上がります」 当たり障りのないTVニュースが発した言葉が、退屈で満ちた部屋に投げ込まれた。退屈な夜の退屈な晩酌にとっては、最も退屈な知らせだ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:あきた お題:生かされた絵画 必須要素:1500字以上2000字以内 制限時間:15分 読者:101 人 文字数:423字
とあるひどい嵐の日、商船が沈んだ。 よくある話だ。 ただし、中身が問題だった。 その商船は、資本の国で膨大な富を得た老いた男が貸しきった船だった。資金を総てつ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:けー お題:マンネリなロボット 必須要素:1500字以上2000字以内 制限時間:15分 読者:68 人 文字数:845字
オハヨウゴザイマスイイテンキデスネアサゴハンヲゴヨウイイタシマス起きるなりこのロボットは毎度同じセリフ私にかけた。どんなに特別な日も、このやり取りで全ていつも通 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:和委志千雅 お題:スポーツのドア 必須要素:1500字以上2000字以内 制限時間:15分 読者:132 人 文字数:1127字
真冬だけど、走りたくなった。そもそもお正月実家に帰省して食べ過ぎていた。その実家では何の手伝いもしないで、「はいこれ、多少まとまったお金、これ渡すからもうその代 〈続きを読む〉

匿名さんの即興 小説


ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:つらいゴリラ 制限時間:15分 読者:8 人 文字数:436字
「どうした篠田。疲れ切ったゴリラみたいだぞ」 帰り道、自転車で追いついてきた友人の第一声がこれだった。「……こんないい男捕まえて誰がゴリラだ」 言い返す言葉もど 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:フニャフニャの人間 必須要素:脂肪吸引 制限時間:30分 読者:4 人 文字数:739字
ーーなんだあれはーーー「アレ」を初めて見た時の感想だ人間、なのだろうフニャフニャなのだ、そいつは人間とはとても思えない姿をしたそいつらは当然のように日常生活を送 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:鋭い夢 制限時間:15分 読者:10 人 文字数:608字
明日になるのが嫌なんだよ。とにかく明日という日が少しでも短くなるように午前2時を生きているんだ。夜更かしではない。とにかく学校に行きたくなかった。スマートフォン 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:愛すべき逃亡犯 必須要素:桃太郎のストーリーを自分流にアレンジ 制限時間:15分 読者:6 人 文字数:425字
島に動物をぞろぞろ連れた変な武士が来た時は、奇特なやつもいたもんだと思った。だからその武士がお頭に分捕り物の返還を要求した時は半笑いだった。だが、いざそいつらが 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:純白の彼氏 必須要素:お盆 制限時間:1時間 読者:3 人 文字数:544字
お盆まであと1日。美海に会えるまであと1日。 どっちだ。せっかく会えるから、思いきって、ピンク、いや、いつもどうり青か。私は今、自分の「優柔不断」と闘っている。 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:冬の女の子 必須要素:大統領 制限時間:30分 読者:14 人 文字数:757字
電車がこない。強風と大雪で遅れている。いつもののことだ。凍えた指先に息を吹きかけた。寒いが、電車を待っている間にやるのことがない。右手でスマートフォンを操作し、 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:激しい作品 必須要素:コメディ 制限時間:15分 読者:7 人 文字数:1457字
ズババァンバン──。そんな気の抜けるような不可解な銃声とともに、今僕の目の前の男性の四肢が飛び散った。……なんて、威力だ。戦慄する。あれだけの武器でこれ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:高い動機 制限時間:15分 読者:8 人 文字数:377字
気が騒ぐ。 心に波が打ち寄せ攻めてくる。誰がしたというわけではないのに。それは私の内をかき乱す。 片方の手で探るように水を求めた。落ち着きを取り戻したかった。 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:失敗の小説家 制限時間:30分 読者:4 人 文字数:375字
絵画を観る眼、音楽を聴く耳。これらは神様が作った。 しかし言葉は人が作った。 小説を書くことに才能はいらない。 絵も描けないし、楽器も弾けないけど小説なら・・ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:恐ろしい妄想 必須要素:グミ 制限時間:30分 読者:6 人 文字数:1221字
スーツは個性を封じ込める拘束具だ。朝七時の駅のホームには個性を持つことを禁止された紳士淑女の皆々様が、どれだけ多くの人間を電車に乗せられるか競い合っている。 〈続きを読む〉