お題:メジャーな暗殺者 必須要素:1500字以上2000字以内 制限時間:15分 読者:454 人 文字数:1629字
[削除]

親切な人が相談に乗ってくれるスレ★132
漏れがないように書きだしてみたら、非常に長文になってしまいました。
まとめるのが下手で申し訳ございません。
ここで良いのか分かりませんが、相談に乗ってくださる方お返事よろしくお願いします。

スペック:
新卒二年目の暗殺見習い 女 24歳
ちょいぽちゃ 顔は中の中(と思いたい)
指名とったことなし
先輩の仕事についていくだけで精一杯です

彼氏:
中堅暗殺者 男 32歳
フツメン 背は高い
腕が良くてクライアントから指名がよくある

相談:
彼氏からのアドバイスがつらいです。
同じ職場のため、私の仕事ぶりをいつも彼氏に見られています。
仕事が終わると、もっと足音を殺せとか、手裏剣の使い方が良くないとか
細かくダメ出しされます。
私のためを思って言ってもらっているのは分かるのですが、
プライベートで言われるとつらいです。
最初ははい、はいと聞いていたのですが、だんだん彼氏の言い方が横柄になってきた気がします。
なんか、人として下に見られている感じがします。
仕事で後輩なのは間違いないのですが……。
好きな人にずっと色々言われて、自分はダメな暗殺者じゃないかと思い悩むようになってしまいました。
彼に色々言われる前は、少しずつ頑張っていけばいいのだと前向きな気持ちになれたのですが、
今ではプライベートで彼がほんの少しでも私にダメ出ししようものなら、
ひどく動悸がして、冷静でいられません。
ただ、私のためだというのはよくわかっているのです。

これからどうやって彼氏と付き合っていけばいいと思われますか。
先輩の暗殺者のみなさんのご意見が聞きたいです。



>その彼氏駄目 さっさと別れろ

>実際仕事できないんだよね。じゃあ言われてもしょうがないと思って頑張るな、自分なら。
 全体的にあなた、頭弱そうだし、彼氏が色々言いたくなるのも分かる気がする。
 暗殺者になるときの覚悟が足りなかったんじゃないかな?

>これだから社内恋愛はやめろと何回(ry
 彼氏が好きで仕事はそんな好きじゃないなら、仕事変える。
 彼氏がそんな好きじゃなくて仕事続けたいなら、別れる。

>彼氏、あなたにアドバイスすることで自尊心を保ってるんだろうね。
 でも好きな人にずっとダメ出しされたら、あなたの自尊心が保てないよ。不健全な関係だと思う。
 私も前の彼氏がアドバイス厨で、一年くらい耐えたけど、結局無意味だった。
 「お前のために言ってる」の一点張りで、私の気持ちを共感してもらえなかったし。
 結局体調崩して、仕事も辞めちゃったし彼氏とも別れた。
 私みたいになる前に、決断するのをオススメします。

>暗殺者やってること自体低能
 親はなんて言ってるの?pgr



みなさんレス有難うございました。
一つ一つ何度も繰り返し読みました。涙が出てきて、私の気持ちを分かって下さっていることに感激してしまいました。
それと、私は大学を出ていますし、親もメジャーな暗殺者です。念のため。

彼氏には何を言っても通じないですね、いやだと言ってもやっぱり、「お前のためだ」って返されてしまって、なんだか宇宙人と話してるみたいな気分になってきました。
レスをもらってから、冷静を努めてもう一度話し合ってみたんですが、同じでした。
もう別れるしかないと思います。

そこで、便乗の相談になってしまうのですが、
彼氏の暗殺をお願いするのもこのスレでいいのでしょうか?
該当スレがあれば誘導お願いします。



>自分の事務所で頼めば? もしくは、自分で。


それができたらとっととやっています。
親切な方、レスお願いします。
連絡先教えてください。


>こいつ、ほんとに暗殺者?

>ネット操作してる警察官じゃない?
 下手な書き込みだなぁ。

>釣りだろ。放置。


釣りではありません。真剣です。
捨てアドでいいので連絡待ってます。

私のアドレスは・・・・・
この作品をツイート

似た条件の即興小説


ユーザーアイコン
作者:鈴子 お題:メジャーな暗殺者 必須要素:1500字以上2000字以内 制限時間:15分 読者:181 人 文字数:315字
彼は人知れず命を奪う。華やいだ舞台の表に堂々と立ち、黙々と仕事に励む彼の姿は称賛に値する。開けた場所であるにも関わらず、彼の所業を見咎める者などいるはずもなく、 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:青ぷよ お題:メジャーな暗殺者 制限時間:15分 読者:277 人 文字数:572字
――12768 右腕がとれた。 無機質なコンクリートの床に、右腕が落ちていく。 腐食が進んでいるな、とカレは自分の右腕だった部品を無機質な目で見つめながら分析 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:影乃心 愛︰日恋 お題:商業的な嵐 必須要素:1500字以上2000字以内 制限時間:15分 読者:17 人 文字数:1719字
ふんふふんと鼻歌を口ずさみながら僕はバイクを走らせる。 この歌はいつどこで知ったかは覚えていない。 ただ、とても懐かしい物だという事だけは認知していた。 愛車 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:さいとし お題:安全なフォロワー 必須要素:1500字以上2000字以内 制限時間:15分 読者:23 人 文字数:492字
安全なフォロワーとそうでないフォロワーを見分ける方法があります。夜道で背後に何者かが立った気配がした時、まずは「それ」がフォロワーなのかそうでないか、そしてフ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:史季@ニューリン お題:今年の酒 必須要素:1500字以上2000字以内 制限時間:15分 読者:51 人 文字数:613字
「今年から酒の値段が上がります」 当たり障りのないTVニュースが発した言葉が、退屈で満ちた部屋に投げ込まれた。退屈な夜の退屈な晩酌にとっては、最も退屈な知らせだ 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
作者:あきた お題:生かされた絵画 必須要素:1500字以上2000字以内 制限時間:15分 読者:45 人 文字数:423字
とあるひどい嵐の日、商船が沈んだ。 よくある話だ。 ただし、中身が問題だった。 その商船は、資本の国で膨大な富を得た老いた男が貸しきった船だった。資金を総てつ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:けー お題:マンネリなロボット 必須要素:1500字以上2000字以内 制限時間:15分 読者:35 人 文字数:845字
オハヨウゴザイマスイイテンキデスネアサゴハンヲゴヨウイイタシマス起きるなりこのロボットは毎度同じセリフ私にかけた。どんなに特別な日も、このやり取りで全ていつも通 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:和委志千雅 お題:スポーツのドア 必須要素:1500字以上2000字以内 制限時間:15分 読者:76 人 文字数:1127字
真冬だけど、走りたくなった。そもそもお正月実家に帰省して食べ過ぎていた。その実家では何の手伝いもしないで、「はいこれ、多少まとまったお金、これ渡すからもうその代 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:進藤伐斗 お題:ちっちゃな宇宙 必須要素:1500字以上2000字以内 制限時間:15分 読者:103 人 文字数:663字
将棋盤がよく『宇宙』などと表現される事がある。それはたいていは一棋士の生涯を紹介した番組などで使われる表現である事が多い。一応のリスペクトした扱いではあるけれ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:進藤伐斗 お題:コーヒーと窓 必須要素:1500字以上2000字以内 制限時間:15分 読者:86 人 文字数:1703字
1500字以上? それは異常だ。 そんなものは無理だ。 お題の理不尽さというか無茶さというか無謀さというか、それは違うか。 とにかく大慌てで大急ぎで書くしかな 〈続きを読む〉

匿名さんの即興 小説


ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:暗黒の音楽 制限時間:15分 読者:3 人 文字数:423字
暗闇の中でピアノの音が響いている.音は目の前の音楽室から聞こえてきているようだ.今はもう真夜中だ,こんな時間にピアノがなっているのはおかしい.おかしいといえばな 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
偽装の事実 ※未完
作者:匿名さん お題:打算的な恋愛 制限時間:30分 読者:4 人 文字数:652字
目の前で糸からぶら下げた五円玉をゆらゆらされても、私の心はまったく揺れない。相手である親友が真剣な、必死な顔をしていたから、私は気乗りしない本音を隠して、真面 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:生きている汗 制限時間:15分 読者:3 人 文字数:571字
「はっ...はっ...」これでもかと言うほどカッと照りつける太陽の下で俺は必死に走っていた。 10キロ走った時点で足を止め、ゆっくり歩いて荒い息を沈めていようと 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:ナウい笑い声 制限時間:15分 読者:8 人 文字数:639字
時代遅れの笑い方だね、と妹に言われた。 「は?マジ受けるんですけど~!笑い方に時代も何もなくね?」「だからその反応が時代遅れなんだよ、姉ちゃん」妹はひどく恥ず 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:冬の失踪 制限時間:15分 読者:3 人 文字数:822字
この街は雪がひでぇ。毎日、夜寝る前にどんなに頑張って雪かきをしても朝になれば1mもの白い壁が街を覆い尽くす。この街の住人の朝はこの忌々しい雪を家の前と主要道路か 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:冬の失踪 制限時間:15分 読者:3 人 文字数:272字
やけに白く細い手首だった。「もう、私はいないのよ」と、彼女は言った。「また会えるよね」と言ったが、彼女は何も言わなかった。 冷たい風の中で、僕はずっと彼女の手 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:隠された広告 必須要素:九州 制限時間:1時間 読者:6 人 文字数:1773字
唐井戸ヒカリのことは一応知っている。 友人の少ない自分に、何か連絡事項があるたびにパイプ役を買って出ているのが彼女だからだ。 昼休み。耳にイヤホンをさしてぼん 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:どうあがいても雑踏 制限時間:15分 読者:4 人 文字数:941字
夏。 夏と言えばいろんなイベントが目白押し。 夏祭り、海水浴、流しそうめん、花火大会などなど。 だけどそのようなイベントにつきまとって離れないのが人ごみの多さ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:僕が愛した消しゴム 必須要素:ヘッドホン 制限時間:2時間 読者:6 人 文字数:256字
僕は消しゴムを愛している。というと、何だか変人のように感じるかもしれないが、決してそうではない。 消しゴムはいつだって僕らのもとにあった。小学生のとき、かなら 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:燃える探偵 制限時間:30分 読者:18 人 文字数:561字
彼はうつ伏せに倒れたまま動かない。彼の視界は定まらず、意識は朦朧としていた。 一刻も早く、この場から抜け出さなくてはならない。頭では理解しているが、体は指先で 〈続きを読む〉