お題:メジャーな暗殺者 必須要素:1500字以上2000字以内 制限時間:15分 読者:483 人 文字数:1629字
[削除]

親切な人が相談に乗ってくれるスレ★132
漏れがないように書きだしてみたら、非常に長文になってしまいました。
まとめるのが下手で申し訳ございません。
ここで良いのか分かりませんが、相談に乗ってくださる方お返事よろしくお願いします。

スペック:
新卒二年目の暗殺見習い 女 24歳
ちょいぽちゃ 顔は中の中(と思いたい)
指名とったことなし
先輩の仕事についていくだけで精一杯です

彼氏:
中堅暗殺者 男 32歳
フツメン 背は高い
腕が良くてクライアントから指名がよくある

相談:
彼氏からのアドバイスがつらいです。
同じ職場のため、私の仕事ぶりをいつも彼氏に見られています。
仕事が終わると、もっと足音を殺せとか、手裏剣の使い方が良くないとか
細かくダメ出しされます。
私のためを思って言ってもらっているのは分かるのですが、
プライベートで言われるとつらいです。
最初ははい、はいと聞いていたのですが、だんだん彼氏の言い方が横柄になってきた気がします。
なんか、人として下に見られている感じがします。
仕事で後輩なのは間違いないのですが……。
好きな人にずっと色々言われて、自分はダメな暗殺者じゃないかと思い悩むようになってしまいました。
彼に色々言われる前は、少しずつ頑張っていけばいいのだと前向きな気持ちになれたのですが、
今ではプライベートで彼がほんの少しでも私にダメ出ししようものなら、
ひどく動悸がして、冷静でいられません。
ただ、私のためだというのはよくわかっているのです。

これからどうやって彼氏と付き合っていけばいいと思われますか。
先輩の暗殺者のみなさんのご意見が聞きたいです。



>その彼氏駄目 さっさと別れろ

>実際仕事できないんだよね。じゃあ言われてもしょうがないと思って頑張るな、自分なら。
 全体的にあなた、頭弱そうだし、彼氏が色々言いたくなるのも分かる気がする。
 暗殺者になるときの覚悟が足りなかったんじゃないかな?

>これだから社内恋愛はやめろと何回(ry
 彼氏が好きで仕事はそんな好きじゃないなら、仕事変える。
 彼氏がそんな好きじゃなくて仕事続けたいなら、別れる。

>彼氏、あなたにアドバイスすることで自尊心を保ってるんだろうね。
 でも好きな人にずっとダメ出しされたら、あなたの自尊心が保てないよ。不健全な関係だと思う。
 私も前の彼氏がアドバイス厨で、一年くらい耐えたけど、結局無意味だった。
 「お前のために言ってる」の一点張りで、私の気持ちを共感してもらえなかったし。
 結局体調崩して、仕事も辞めちゃったし彼氏とも別れた。
 私みたいになる前に、決断するのをオススメします。

>暗殺者やってること自体低能
 親はなんて言ってるの?pgr



みなさんレス有難うございました。
一つ一つ何度も繰り返し読みました。涙が出てきて、私の気持ちを分かって下さっていることに感激してしまいました。
それと、私は大学を出ていますし、親もメジャーな暗殺者です。念のため。

彼氏には何を言っても通じないですね、いやだと言ってもやっぱり、「お前のためだ」って返されてしまって、なんだか宇宙人と話してるみたいな気分になってきました。
レスをもらってから、冷静を努めてもう一度話し合ってみたんですが、同じでした。
もう別れるしかないと思います。

そこで、便乗の相談になってしまうのですが、
彼氏の暗殺をお願いするのもこのスレでいいのでしょうか?
該当スレがあれば誘導お願いします。



>自分の事務所で頼めば? もしくは、自分で。


それができたらとっととやっています。
親切な方、レスお願いします。
連絡先教えてください。


>こいつ、ほんとに暗殺者?

>ネット操作してる警察官じゃない?
 下手な書き込みだなぁ。

>釣りだろ。放置。


釣りではありません。真剣です。
捨てアドでいいので連絡待ってます。

私のアドレスは・・・・・
この作品をツイート

似た条件の即興小説


ユーザーアイコン
作者:鈴子 お題:メジャーな暗殺者 必須要素:1500字以上2000字以内 制限時間:15分 読者:201 人 文字数:315字
彼は人知れず命を奪う。華やいだ舞台の表に堂々と立ち、黙々と仕事に励む彼の姿は称賛に値する。開けた場所であるにも関わらず、彼の所業を見咎める者などいるはずもなく、 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:青ぷよ お題:メジャーな暗殺者 制限時間:15分 読者:300 人 文字数:572字
――12768 右腕がとれた。 無機質なコンクリートの床に、右腕が落ちていく。 腐食が進んでいるな、とカレは自分の右腕だった部品を無機質な目で見つめながら分析 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:渋澤怜 お題:絶望的な魔法使い 必須要素:1500字以上2000字以内 制限時間:15分 読者:70 人 文字数:424字
絶望しました。ケアル。ケアルラ。リラックマ。違うクマ。ニカラグア。ニッカボッカ。近い予感。バスロマン。パブロフの犬。手あたり次第。意味嫌い、忌み嫌い。意味不明に 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:エノモト ルイ お題:商業的な嵐 必須要素:1500字以上2000字以内 制限時間:15分 読者:60 人 文字数:1719字
ふんふふんと鼻歌を口ずさみながら僕はバイクを走らせる。 この歌はいつどこで知ったかは覚えていない。 ただ、とても懐かしい物だという事だけは認知していた。 愛車 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:さいとし お題:安全なフォロワー 必須要素:1500字以上2000字以内 制限時間:15分 読者:71 人 文字数:492字
安全なフォロワーとそうでないフォロワーを見分ける方法があります。夜道で背後に何者かが立った気配がした時、まずは「それ」がフォロワーなのかそうでないか、そしてフ 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
作者:史季 お題:今年の酒 必須要素:1500字以上2000字以内 制限時間:15分 読者:113 人 文字数:613字
「今年から酒の値段が上がります」 当たり障りのないTVニュースが発した言葉が、退屈で満ちた部屋に投げ込まれた。退屈な夜の退屈な晩酌にとっては、最も退屈な知らせだ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:あきた お題:生かされた絵画 必須要素:1500字以上2000字以内 制限時間:15分 読者:85 人 文字数:423字
とあるひどい嵐の日、商船が沈んだ。 よくある話だ。 ただし、中身が問題だった。 その商船は、資本の国で膨大な富を得た老いた男が貸しきった船だった。資金を総てつ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:けー お題:マンネリなロボット 必須要素:1500字以上2000字以内 制限時間:15分 読者:60 人 文字数:845字
オハヨウゴザイマスイイテンキデスネアサゴハンヲゴヨウイイタシマス起きるなりこのロボットは毎度同じセリフ私にかけた。どんなに特別な日も、このやり取りで全ていつも通 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:和委志千雅 お題:スポーツのドア 必須要素:1500字以上2000字以内 制限時間:15分 読者:115 人 文字数:1127字
真冬だけど、走りたくなった。そもそもお正月実家に帰省して食べ過ぎていた。その実家では何の手伝いもしないで、「はいこれ、多少まとまったお金、これ渡すからもうその代 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:進藤伐斗 お題:ちっちゃな宇宙 必須要素:1500字以上2000字以内 制限時間:15分 読者:130 人 文字数:663字
将棋盤がよく『宇宙』などと表現される事がある。それはたいていは一棋士の生涯を紹介した番組などで使われる表現である事が多い。一応のリスペクトした扱いではあるけれ 〈続きを読む〉

匿名さんの即興 小説


ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:あいつと結末 必須要素:この作品を自分史上ぶっちぎりの駄作にすること 制限時間:15分 読者:4 人 文字数:685字
今日も仕事が終わって漫画喫茶で始発を待つ。私の仕事はしがないガールズバー店員だ。よくわからないおっさんの話をニコニコしながら、セクハラに耐えながら自給1800円 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:穏やかな魔物 制限時間:15分 読者:22 人 文字数:1013字
窓から差し込む柔らかな日差しが、教室中に降り注ぐ。単調なリズムで読み上げられる古文の調べは、昼食を終えたばかりの生徒たちにゆっくりと、かつ確実に魔物の侵略を許 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
タバコの効能 ※未完
作者:匿名さん お題:煙草と雨 制限時間:15分 読者:6 人 文字数:767字
根が小心者なのだ。昔から考えすぎるところはあったのかもしれない。考え始めると落ち込んでいくから考えを止めなければならない。落ち込みはじめたら何らかの方法で脳味 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:ドイツ式の殺し 制限時間:15分 読者:6 人 文字数:423字
銃口をごりっと額に押し当てた。「これで終わりだ」 あばよ、と引き金を引こうとしたそのとき。銃口を押し当てられているのにもかかわらず、死を覚悟する様子もなく相手 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:ドイツ式の殺し 制限時間:15分 読者:6 人 文字数:830字
彼の最期を見た人間はいなかった。ただ一人、彼の甥を除いては。 死ぬ数週間前まで、かれは極めて善良な市民として朗らかに生きていた。隣人には常に優しく、友人には非 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
収束する世界 ※未完
作者:匿名さん お題:ありきたりな動機 制限時間:30分 読者:10 人 文字数:1728字
童貞を捨てたのは17歳の冬だ。相手はひとつ上の先輩で、顎のラインまでで切りそろえた人形みたいなボブが似合う、目の大きいかわいい人だった。その日は小春日和で、先 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:あいつと土地 制限時間:15分 読者:6 人 文字数:638字
夏休み、久々に地元に帰ってきた僕は、小学校時代に友人だった安達にあった。小学校時代の安達は、なかなか面白い奴だった。小学2年生で、先生の車に雪玉をぶつけた。小学 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:ロシア式の月 制限時間:15分 読者:7 人 文字数:438字
「СПАСИБО」スパーシバと、相手にお礼をいうと相手の方も話せて嬉しかったとお礼を言って会釈をして去っていった。正直、疲れた。仕事関連で海外の人と話す事はよく 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
失墜 ※未完
作者:匿名さん お題:帝王の裏切り 制限時間:30分 読者:13 人 文字数:1154字
ヴィーシャは死んだよ。アイリッシュのクソ野郎に頭をぶち抜かれて、溝に捨てられてんのを孫が見つけてね。ああ、あんた少し遅かったみたいだね。 ヴィーシャが幼い孫娘 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:愛、それは魔物 必須要素:腸内洗浄 制限時間:15分 読者:8 人 文字数:302字
魔物を愛してしまったばっかりに、彼は入院するハメになった。 その際、医師がレントゲンを指しながら、口の端をひくひくと引き攣らせて述べたことは鮮明に覚えている。 〈続きを読む〉