お題:楽しい遭難 必須要素:海苔 制限時間:15分 読者:432 人 文字数:1045字
[削除]

I have the time.
あるところに、健康に生きるのが何より好きな女の子がいた。

ミコリの新しいお父さんは、ミコリに何もくれなかった。
パンも、スープも、自由な時間もくれなかった。
朝起きると今日一日でやらなくてはいけないことだけを言い渡されて、
それが、新しいお父さんがミコリに唯一くれるものだった。

今日は、海辺の、先の先のもっと先にある崖の上に住んでいる漁師のおじいさんに、
固く焼いた塩辛いパンのかわりにいくらかの魚を分けてもらうのが
ミコリの役目だった。
これは、少し良いほう。
一日中薪と格闘するよりは、よっぽどいい。

海辺はこの時期びゅんびゅんと風が吹き荒れていて、ミコリのぼさぼさの三つ編みをもっとぼさぼさにした。
何度かバスケットに入ったパンが飛んでいってしまったので、
なくさないようにスカートの中にしまった。

もうとっくに着く頃の時間なのに、おじいさんの家はいつまでも見えなかった。
水平線に赤い太陽が沈む。
ミコリは、前にも後ろにも戻れなくなってしまったと気付いた。

ひどくお腹が空いた。
スカートの中にはパンがあったけれど、これを食べたらお父さんがどれだけ怒るかを考えると、とても食べる気にはなれなかった。
ミコリは、海辺に流れ着いた海藻を少し齧ってみた。
塩辛いだけで、とても食べられそうもなかった。

少しは風がマシだと思って、大岩の影で、ミコリは体を丸くしてしゃがみこんだ。
夜になっていく。
明日が来るとはとても思えない暗さと寒さだった。
ミコリはなんとなく、このまま自分が死んでしまうのだと確信した。

お母さまが死んだときも、お父さまが死んだときも、神様に祈ったけれどどうにもならなかった。
だからミコリはそれ以来、何かを祈るのをやめてしまった。
新しいお父さんもいつか死んでしまうのだから、それを楽しみにすることにした。
その前に自分が死ぬのは悔しい気がした。

暖かさに気が付いた。
ミコリは、夜釣りにやってきた漁師のおじいさんに助けられ、暖炉のある暖かい部屋に寝かされていた。

「おじいさん、海藻って美味しくないのね。わたし、齧ったけれど、固くて塩辛いだけ。……それって、うちのパンとおんなしなんだけど」

おじいさんは笑った。

「食べ方を工夫すれば美味しいんだよ。ほら、この海苔入りのバンズなんか栄養満点さ」

「長生きするのなら、食べるわ」

ミコリは、今日も新しいお父さんに言い渡されたことをして、新しいお父さんがミコリより早く死ぬことを待っている。
この作品をツイート

似た条件の即興小説


ユーザーアイコン
作者:ゆうき しろう(P.N) お題:楽しい遭難 制限時間:15分 読者:179 人 文字数:305字
裕福な人間にとって食品とは、栄養補給か空腹感を解消する為に食べるだけの物だ。娯楽の一つとも言える。だが今は違う。遭難しているのだからそうなって当然だ。 遭難し 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ソルトコ お題:楽しい遭難 制限時間:15分 読者:290 人 文字数:503字
にっこり笑って、幸せそうに。僕らは雪山に閉じ込められていた。 まあ理由も目的も簡単な話、所謂自殺オフという奴だからだ。 ここで素っ裸になって死ぬのも一考だと思 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:さなぎ お題:危ない芸術 必須要素:海苔 制限時間:15分 読者:12 人 文字数:935字
波打ち際に立ちすくみ、桃子は祈るような気持ちで恋人を見守った。今日は恋人が長年温めてきた構想をついに世に解き放つ。彼自身が十年かけてようやく完成させた芸術作品 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:和委志千雅 お題:苦し紛れの小雨 必須要素:海苔 制限時間:15分 読者:24 人 文字数:1138字
実家から御米が送られてきた。「わーい」突然だけど、実家から御米が送られてくる人あるある。『とりあえずお米があれば、大丈夫でしょう?』って言われる。大丈夫じゃねえ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:鐘辺 完 カクヨムに『望み志望』(略称) お題:最強の恋 必須要素:海苔 制限時間:15分 読者:142 人 文字数:1152字
組織の幹部に恋をしてしまった怪人。「やめといたほうがいいですよ」 戦闘員にさえ止められる。 彼は20年以上前から禁忌とされている作戦を実施しようとしていた。 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
作者:須賀夕純☃マイペース創作屋 お題:マンネリな教室 必須要素:海苔 制限時間:15分 読者:116 人 文字数:878字
静かにざわめいている。賑やかに淡々としている。 昨日と何が違うかと問われて答えられるもののいない光景が十年一日のごとくそこにある。見える人影はときに灰色に透け 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:和委志千雅 お題:見憶えのある音楽 必須要素:海苔 制限時間:15分 読者:273 人 文字数:1124字
この話のタイトルで話を書くにあたり、「大丈夫なの?これ、こんなことして大丈夫なの?私訴えられたりするの?大丈夫なの?心弱子なのに大丈夫なの?削除されたりして、管 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:潮音@ドールオーナー兼創作家スランプ中 お題:頭の中の雨 必須要素:海苔 制限時間:15分 読者:187 人 文字数:244字
頭の中で雨が降ってる。朝食を食べながらぼんやり窓の外を見たがうんざりするほどの晴天だ。だが僕の頭の中では雨が降り続いている。ザーザーと雨の音も頬に風が当たる感触 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:のら お題:初めての幻想 必須要素:海苔 制限時間:15分 読者:197 人 文字数:1735字
苦心はしましたよ? もちろん計画性なんて皆無。でも地道な努力が実るって事も有るじゃないと言う幻想にひたむきに向き合ってこうなっているわけだから、もうちょっと生 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ゆいち お題:茶色い栄光 必須要素:海苔 制限時間:15分 読者:177 人 文字数:1081字
その茶色き者、汚辱に塗れた衣を纏いて、金色の野に降り立たん。 そうは言っても、勇者は好きで糞まみれな人生を送ってきたわけではない。体質だ。遺伝だ。家系なのだ。 〈続きを読む〉

匿名さんの即興 小説


ユーザーアイコン
師走の街 ※未完
作者:匿名さん お題:来年の唇 制限時間:15分 読者:3 人 文字数:277字
ひゅうと音を立てながら街を通り抜ける風に、師走の香りを感じた。赤と緑の派手派手しい装飾に彩られた街を、足早に駆けていく。肌寒さと同時に飾り立てられる街並みは昔か 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:壊れかけの独裁者 制限時間:4時間 読者:4 人 文字数:274字
「起きてください!」誰かが騒いでいる。目を開けようと思えば開けられるが、今は開けたくない。憶測ではあるが、何か嫌なことが起きているに違いないと思い込んでいるから 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:見憶えのある弁護士 制限時間:15分 読者:10 人 文字数:430字
見覚えがある。あの弁護士には見覚えがあるぞ。この裁判…猥褻物陳列罪で逮捕された男を弁護しているあの男だ。検事の私はあの男とどこかで会ったことがある。卑劣な男だ。 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:小説の快楽 制限時間:15分 読者:11 人 文字数:384字
小説の快楽。小説の快楽やと? そんなもんがあるか? 舐めておられるのか? 私はそうは思わない。俺は欠席していたのだから、仕方のないことだ。さあ、コーヒーを入れ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:簡単なぺろぺろ 制限時間:15分 読者:14 人 文字数:224字
いいかい、落ち着いてよく聞いてくれよ。俺はそこらへんに転がってるようなくだらないペロペロをする奴らとは違うんだ。焦らし、転がし、ねぶり・・・その一挙一動に魂を込 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:簡単なぺろぺろ 制限時間:15分 読者:13 人 文字数:423字
「おまえ、そこで何しとんね」 男の声で振り向いて、そこには破れた服、泥だらけの顔、なんてみすぼらしいおっさん。浮浪者であろうか。「おまえ、そこで何しとんね言うと 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:簡単なぺろぺろ 制限時間:15分 読者:16 人 文字数:749字
ぺろぺろするってのも一口に言って色んなやり方がある。「簡単なぺろぺろ」と「難しいぺろぺろ」だ。もちろんあなたがどちらを選ぶのか私はわかっている。「簡単なぺろぺろ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:シンプルな小説練習 必須要素:文を動詞の現在形で終わらせない 制限時間:15分 読者:6 人 文字数:211字
私の残りバッテリーは6%だ。シンプルといえば逆に難しい…白か黒、あるいは陰と陽、対極的にあるものはすべてシンプルだと思う。さあ、どうする?君の選択は…僕が未来を 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:愛、それは光 制限時間:15分 読者:4 人 文字数:422字
あの頃の僕は、毎日が憂鬱だった。ただ与えられた仕事をこなし、家に帰って食事をし、眠る。変わり映えのしない毎日に嫌気が差していた。そんな生活を送っていた僕に、それ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
※未完
作者:匿名さん お題:遠いしきたり 制限時間:15分 読者:9 人 文字数:703字
この村には昔からの習わしがある。それは、村以外の人間と結ばれてはならないという事だ。しかし、時は平成。今更そんなしきたりを気にするのは誰もいないいなかった。上京 〈続きを読む〉