お題:忘れたい、と彼女は言った 必須要素:蛾の標本 制限時間:15分 読者:492 人 文字数:834字
[削除]

忘れたい、と彼女は言った
テーブルの上に置かれた蛾の標本を前に、忘れたい、と彼女は言った。
もう、死んでしまった蛾。
ピンで貼られて苦しそうだ。
僕は彼女を解放してあげるべきだろう。


出会いは平凡だった。
どうやって愛し合うようになったかは忘れた。
それから今日までの道のりは、僕のほうこそ忘れるべきだろう。

「いいよ、よし、忘れよう。お互いにさ」

努めて明るく言ったつもりだ。

「わかってくれて嬉しい。これ……、私の部屋にあっても困るし、置いていくね」

彼女の物がなくなった部屋は、悪い夢を見て起きた朝の気分だ。
いつかの通りの僕の日常が戻って来たはずだった。
コーヒーの作り方すら忘れたけれど……。

うちの壁、こんなに白かったのか。
あまりに寂しいホワイト・カラーの壁に、僕は蛾の標本をかけた。

その夜、夢を見た。

僕は一匹の蛾で、彼女は蝶だった。
ぼくらは同じ昆虫だと思って、たわむれて飛んでいたのに、歩調が合わなくなって、その内いがみ合い始めた。
最初は同じところばかり探し合っていたのに。
違うところばかりが気になって。
とうとうある日分かれて、別に空を飛び始めた。
そして、僕につかまって、僕は僕に標本にされたのだ。

目が覚めた。
やっぱり彼女は居なかった。

ハミガキをしながら鏡を見た。
そこには彼女に出会った頃とそう変わらないように見える僕がいたが、
あの頃より白髪が増えたし、ニキビは減った。

何もかも忘れて、もう一度最初からやり直せたらどんなにいいだろう。
彼女は忘れたいと言った。
なら、もう一度出会い直したい。
今度こそ間違わないのに。
似たところ探しも、違うところ探しもやめだ。
幸せも不幸せも、標本にしてとっておいたりしないのに。
ただ、目の前の彼女だけを好きでいたいのに。
昔も未来も要らないのに。

あとからあとから涙があふれて、ハミガキはもうやめるしかなかった。

忘れたい、と彼女は言ったが、
僕はもう少しの間、何もかも覚えておこう。
この作品をツイート

似た条件の即興小説


ユーザーアイコン
作者:和委志千雅 お題:臆病な第三極 必須要素:蛾の標本 制限時間:15分 読者:40 人 文字数:831字
部屋の整理をしていると、フレームが白いメガネが出てきた。ざあっていう感じで出てきた。押入れを開けたら死体が出てきたみたいな感じで出てきた。びっくりした。「し、白 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:evening お題:大好きな暴走 必須要素:蛾の標本 制限時間:15分 読者:90 人 文字数:1685字
なんと見事な生き物だろうか、――金属めいた光沢のある一対の翅は、展翅版の上で誇り高く広げられていた。艶やかな深みのある黒に、青緑の帯が弧を描き、あるいは尾のほ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:エノモト ルイ(過去の残滓) お題:恋の顔 必須要素:蛾の標本 制限時間:15分 読者:76 人 文字数:1172字
僕はとある古錆びた街の商店街を歩いていた。 どの店もシャッターを締め切ってしまったその商店街は静けさに満ち満ちており、耳鳴りがするほどだった。 一寸先には野良 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:kyun お題:ダイナミックな平和 必須要素:蛾の標本 制限時間:15分 読者:84 人 文字数:781字
メンタンヒョウモンガと呼ばれる蛾がいる。中南米の標高の高い場所にいるこの蛾は、他の蛾と比較して、非常に縄張り意識の高い蛾である。蛾は基本的に広い生息域を持ち、同 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:和委志千雅 お題:狡猾なぐりぐり 必須要素:蛾の標本 制限時間:15分 読者:114 人 文字数:1082字
「ちょっとすいません、掃除してくれる?」と言って、旦那様が私のいるところにやってきた。「あ、あ、ひゃい」私はその時、自分の官舎で休憩中で、お茶を淹れて、旦那様か 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
作者:和委志千雅 お題:わたしの嫌いな新卒 必須要素:蛾の標本 制限時間:15分 読者:141 人 文字数:910字
私の世代も、昔の、つまり今で言うところの団塊の世代とかかな?その世代の一歩手前か一歩奥とからへんの人等からは、異常者扱いを受けていた。つまり、おそらくだけど団塊 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ささがみ みくりGW明迄鍵 お題:イギリス式の小説新人賞 必須要素:蛾の標本 制限時間:15分 読者:119 人 文字数:450字
「ふぅん」千花は、細い指でパソコンの画面を指差し、微笑んだ。 ……もしも隣に、あの、忌々しい、白い猫を抱いた男がここにいれば、そんな、大輪の薔薇が花開くような艶 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:和委志千雅 お題:子供の暴走 必須要素:蛾の標本 制限時間:15分 読者:162 人 文字数:825字
夜中に少し離れた、河川敷に近いところにあるコンビニまで散歩に行くと、子供がいた。子供といっても大人になりたくない年齢の感じ、つまり何かあるとすぐに刺してくるよう 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:千歳シイ お題:勇敢なガールズ 必須要素:蛾の標本 制限時間:15分 読者:250 人 文字数:939字
エーミールはヤママユガの標本泥棒に冷ややかな視線を送ることで、罪悪感を植え付けることに成功した。「そうかそうか、きみはそういう奴なんだな」ゾッとする。そんな視線 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:みーちゃん お題:箱の中の発言 必須要素:蛾の標本 制限時間:15分 読者:197 人 文字数:394字
家の門限は7時だ。ゲーム機は目が悪くなるからと、与えられない。テレビも、親の好む番組で、親の前でしか見れない。私はそれを忠実に守っている。お風呂も、未だに一緒に 〈続きを読む〉

匿名さんの即興 小説


ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:つらいゴリラ 制限時間:15分 読者:8 人 文字数:436字
「どうした篠田。疲れ切ったゴリラみたいだぞ」 帰り道、自転車で追いついてきた友人の第一声がこれだった。「……こんないい男捕まえて誰がゴリラだ」 言い返す言葉もど 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:フニャフニャの人間 必須要素:脂肪吸引 制限時間:30分 読者:4 人 文字数:739字
ーーなんだあれはーーー「アレ」を初めて見た時の感想だ人間、なのだろうフニャフニャなのだ、そいつは人間とはとても思えない姿をしたそいつらは当然のように日常生活を送 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:鋭い夢 制限時間:15分 読者:10 人 文字数:608字
明日になるのが嫌なんだよ。とにかく明日という日が少しでも短くなるように午前2時を生きているんだ。夜更かしではない。とにかく学校に行きたくなかった。スマートフォン 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:愛すべき逃亡犯 必須要素:桃太郎のストーリーを自分流にアレンジ 制限時間:15分 読者:6 人 文字数:425字
島に動物をぞろぞろ連れた変な武士が来た時は、奇特なやつもいたもんだと思った。だからその武士がお頭に分捕り物の返還を要求した時は半笑いだった。だが、いざそいつらが 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:純白の彼氏 必須要素:お盆 制限時間:1時間 読者:3 人 文字数:544字
お盆まであと1日。美海に会えるまであと1日。 どっちだ。せっかく会えるから、思いきって、ピンク、いや、いつもどうり青か。私は今、自分の「優柔不断」と闘っている。 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:冬の女の子 必須要素:大統領 制限時間:30分 読者:14 人 文字数:757字
電車がこない。強風と大雪で遅れている。いつもののことだ。凍えた指先に息を吹きかけた。寒いが、電車を待っている間にやるのことがない。右手でスマートフォンを操作し、 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:激しい作品 必須要素:コメディ 制限時間:15分 読者:7 人 文字数:1457字
ズババァンバン──。そんな気の抜けるような不可解な銃声とともに、今僕の目の前の男性の四肢が飛び散った。……なんて、威力だ。戦慄する。あれだけの武器でこれ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:高い動機 制限時間:15分 読者:8 人 文字数:377字
気が騒ぐ。 心に波が打ち寄せ攻めてくる。誰がしたというわけではないのに。それは私の内をかき乱す。 片方の手で探るように水を求めた。落ち着きを取り戻したかった。 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:失敗の小説家 制限時間:30分 読者:4 人 文字数:375字
絵画を観る眼、音楽を聴く耳。これらは神様が作った。 しかし言葉は人が作った。 小説を書くことに才能はいらない。 絵も描けないし、楽器も弾けないけど小説なら・・ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:恐ろしい妄想 必須要素:グミ 制限時間:30分 読者:6 人 文字数:1221字
スーツは個性を封じ込める拘束具だ。朝七時の駅のホームには個性を持つことを禁止された紳士淑女の皆々様が、どれだけ多くの人間を電車に乗せられるか競い合っている。 〈続きを読む〉