お題:忘れたい、と彼女は言った 必須要素:蛾の標本 制限時間:15分 読者:468 人 文字数:834字
[削除]

忘れたい、と彼女は言った
テーブルの上に置かれた蛾の標本を前に、忘れたい、と彼女は言った。
もう、死んでしまった蛾。
ピンで貼られて苦しそうだ。
僕は彼女を解放してあげるべきだろう。


出会いは平凡だった。
どうやって愛し合うようになったかは忘れた。
それから今日までの道のりは、僕のほうこそ忘れるべきだろう。

「いいよ、よし、忘れよう。お互いにさ」

努めて明るく言ったつもりだ。

「わかってくれて嬉しい。これ……、私の部屋にあっても困るし、置いていくね」

彼女の物がなくなった部屋は、悪い夢を見て起きた朝の気分だ。
いつかの通りの僕の日常が戻って来たはずだった。
コーヒーの作り方すら忘れたけれど……。

うちの壁、こんなに白かったのか。
あまりに寂しいホワイト・カラーの壁に、僕は蛾の標本をかけた。

その夜、夢を見た。

僕は一匹の蛾で、彼女は蝶だった。
ぼくらは同じ昆虫だと思って、たわむれて飛んでいたのに、歩調が合わなくなって、その内いがみ合い始めた。
最初は同じところばかり探し合っていたのに。
違うところばかりが気になって。
とうとうある日分かれて、別に空を飛び始めた。
そして、僕につかまって、僕は僕に標本にされたのだ。

目が覚めた。
やっぱり彼女は居なかった。

ハミガキをしながら鏡を見た。
そこには彼女に出会った頃とそう変わらないように見える僕がいたが、
あの頃より白髪が増えたし、ニキビは減った。

何もかも忘れて、もう一度最初からやり直せたらどんなにいいだろう。
彼女は忘れたいと言った。
なら、もう一度出会い直したい。
今度こそ間違わないのに。
似たところ探しも、違うところ探しもやめだ。
幸せも不幸せも、標本にしてとっておいたりしないのに。
ただ、目の前の彼女だけを好きでいたいのに。
昔も未来も要らないのに。

あとからあとから涙があふれて、ハミガキはもうやめるしかなかった。

忘れたい、と彼女は言ったが、
僕はもう少しの間、何もかも覚えておこう。
この作品をツイート

似た条件の即興小説


ユーザーアイコン
作者:kyun お題:ダイナミックな平和 必須要素:蛾の標本 制限時間:15分 読者:19 人 文字数:781字
メンタンヒョウモンガと呼ばれる蛾がいる。中南米の標高の高い場所にいるこの蛾は、他の蛾と比較して、非常に縄張り意識の高い蛾である。蛾は基本的に広い生息域を持ち、同 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:和委志千雅 お題:狡猾なぐりぐり 必須要素:蛾の標本 制限時間:15分 読者:57 人 文字数:1082字
「ちょっとすいません、掃除してくれる?」と言って、旦那様が私のいるところにやってきた。「あ、あ、ひゃい」私はその時、自分の官舎で休憩中で、お茶を淹れて、旦那様か 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:和委志千雅 お題:わたしの嫌いな新卒 必須要素:蛾の標本 制限時間:15分 読者:51 人 文字数:910字
私の世代も、昔の、つまり今で言うところの団塊の世代とかかな?その世代の一歩手前か一歩奥とからへんの人等からは、異常者扱いを受けていた。つまり、おそらくだけど団塊 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ささがみ みくりGW明迄鍵 お題:イギリス式の小説新人賞 必須要素:蛾の標本 制限時間:15分 読者:55 人 文字数:450字
「ふぅん」千花は、細い指でパソコンの画面を指差し、微笑んだ。 ……もしも隣に、あの、忌々しい、白い猫を抱いた男がここにいれば、そんな、大輪の薔薇が花開くような艶 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:和委志千雅 お題:子供の暴走 必須要素:蛾の標本 制限時間:15分 読者:84 人 文字数:825字
夜中に少し離れた、河川敷に近いところにあるコンビニまで散歩に行くと、子供がいた。子供といっても大人になりたくない年齢の感じ、つまり何かあるとすぐに刺してくるよう 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
作者:千歳シイ お題:勇敢なガールズ 必須要素:蛾の標本 制限時間:15分 読者:187 人 文字数:939字
エーミールはヤママユガの標本泥棒に冷ややかな視線を送ることで、罪悪感を植え付けることに成功した。「そうかそうか、きみはそういう奴なんだな」ゾッとする。そんな視線 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:みーちゃん お題:箱の中の発言 必須要素:蛾の標本 制限時間:15分 読者:139 人 文字数:394字
家の門限は7時だ。ゲーム機は目が悪くなるからと、与えられない。テレビも、親の好む番組で、親の前でしか見れない。私はそれを忠実に守っている。お風呂も、未だに一緒に 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:masism69 お題:気持ちいい友人 必須要素:蛾の標本 制限時間:15分 読者:107 人 文字数:727字
おい見てみろよバンっと俺の肩を叩きながら 慈海は言った慈海 これでじかいと読むそいつは俺の幼馴染み。むかしから 漫画を貸してくれとか言われても 次回のお楽しみだ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:みほ お題:俺は深夜 必須要素:蛾の標本 制限時間:15分 読者:84 人 文字数:623字
俺は虫が嫌いだ。とくに蝶々とか蛾とか意味がわからない。変な緑色のぷにぷにした幼虫からかたい蛹になったと思ったら今度は羽が生えて粉を撒き散らしながら飛び回る。考え 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:米子@妖怪野郎 お題:過去のエリート 必須要素:蛾の標本 制限時間:15分 読者:97 人 文字数:1014字
暗い暗い扉を開け放つと、長い間誰にも気づかれることの無かった時間の溜まった垢がぶわりと舞い上がった。ここは私の兄の部屋。ちょうど、33歳になる。……最も、今も生 〈続きを読む〉

匿名さんの即興 小説


ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:初めての勝利 制限時間:30分 読者:4 人 文字数:662字
じゃんけんにどうしても勝てない。じゃんけんがめちゃくちゃ弱い。負けた記憶しかないので、いつだって手に入れたいものを手にできず辛酸を舐める日々だった。「僕、じゃ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:青い魔物 制限時間:15分 読者:6 人 文字数:281字
「青い魔物…」彼女、レイラは困っていた。聞いたこともない。 「ねーねーミミー!」「何」ミミは私の大切な仲間だ。「青い魔物ってなーに?」「『ロッドスミッド』」「… 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:愛と死の経験 制限時間:15分 読者:5 人 文字数:588字
死んだ人間を見たことがあるか?と、セキが言った。俺の両親は葬式の手配でバタバタしているので、今、この部屋には俺とセキの二人しかいない。正確にはもう一人、俺の兄 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:ワイルドな自動車 必須要素:ラストで死ぬ 制限時間:1時間 読者:6 人 文字数:2385字
ここのところ雨が続いたせいで飯田川は濁々として風情の欠片もない。草木の芽吹くまでしん、と静まり返って、雄大さを含みながらただ止まったように流れるあの姿が最早懐 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:自分の中の凶器 制限時間:30分 読者:10 人 文字数:602字
――――人は誰でも、心に闇を持っている。これはよく聞く言葉である。では、人は誰でも、心に凶器を持っているとしたら?自分の中に無意識のうちに凶器を忍ばせているとし 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:自分の中の凶器 制限時間:30分 読者:11 人 文字数:631字
自分の放つ言葉に人を操る力があると気づいたのは最近のことだ。感情が高ぶった状態で誰かと話すと自分の言ったようにその人が動くことがしょっちゅうだった。どうやら私 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:名付けるならばそれは娼婦 制限時間:15分 読者:6 人 文字数:740字
雨下する焼夷弾に侵されることなく、青空は終戦を迎えた。 だけど、ぼくのちょっとした思い出に、戦争はちいさな傷痕をつけた。 その日、ぼくはいつものように畑で野良 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:君と夏 制限時間:15分 読者:10 人 文字数:255字
「夏って、あっついけど、」そう、当たり前なことを言い、次の言葉を紡ごうとしている君の横顔は涼しげだった。「私は好き」え、俺のこと?いや、話の流れから夏か。「でも 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:栄光の能力者 必須要素:400字以内 制限時間:1時間 読者:21 人 文字数:1061字
あるところに、天才的なピアニストの青年がいた。彼の演奏は素晴らしかった。コンクールでは、楽典に基づいた正確無比な奏法で採点者を唸らせた。コンサートでは、独自の解 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:限りなく透明に近い博物館 必須要素:九州 制限時間:15分 読者:5 人 文字数:993字
九州のとある博物館が非常に困っていると、親戚の叔父から聞いた。 展示されている作品は珍しいものばかりで、学術的価値は十分であるという。ただ、建築家のアイディア 〈続きを読む〉