お題:魅惑の冤罪 制限時間:15分 読者:697 人 文字数:1656字

「ねえ、私、魔女になるわ」
ジャンル:

 私は罪を侵してなどいない。
 燃えるような民衆の瞳、眼差しの集まるその頂点で、私は一人、佇んでいた。
 私の後ろには十字架がある。
 それは私の体を縛り付け、足元の薪をもやし、火刑にするためのものだ。
 聖者のように、魔女のように処刑される私は、おそらく後者として彼らの目に映るだろう。

 私は、魔女なのだ。
 それは彼らにとっての、たった一つの真実なのであろうから。


 好きな人がいた。
 はじめは小さな芽だった。
 芽吹かせようとは思わない、だが毎日少しづつ水をやる。
 そんな小さな恋だった。

 花を咲かせようとは思わなかった。
 実らせようなんて思ってもいなかった。
 
 何故なら既に、彼には妻子がいたのだから。
 そのうえ彼は、この国の頂点における人物だったのだから。


 一夫多妻制ではないこの国は、生涯の伴侶はひとりきり。
 浮気は酷い罪として、罰がある。

 そして、大抵はその原因は女にあるとされていた。


 私は、毎日、自分の胸の花壇にある芽に水をやれればそれで十分だった。
 少しづつ、勝手に育っていくもの。大事に育んでいくもの。
 でも、花を咲かせようなんて思わなかった。
 咲きそうになれば、手折ろう。
 実りそうになるならば、先に自分で毟り取ろう。
 そう、覚悟していたのだから。


 あの人は、優しい人だった。
 暖かい手のひらが、私の頭をいつも撫でた。
 私はただのメイドだった。元孤児の、なんのとりえもないメイドだった。
 ただの、城の召使の一人、手足の一つだった。

 それなのにどうして、彼とそこまで接点をもてたのか。
 不幸なことに、私は見目麗しいと称される程度の外見を生まれ持っていたからだった。

 小さい頃から見出されていれば、おそらく私はきっとここにはいなかった。
 だけど、小さな頃の私は痩せっぽちで、女性としての魅力はかけらもなく。
 期待されていたのは、労働力だけ。
 ただの奴隷としてのみ扱われており、女としての性質を、まったく期待されていなかったのだ。



 あの人が私によく構うようになったのは、なんでだったか。
 母上が亡くなって泣いている時に慰めた時だっただろうか。
 私が花壇の手入れをしているときに偶然はちあわせた時だったろうか。
 それから次第にチェスなどを教わって、文字を覚え、読書を覚え……、だんだんと親しくなっていって。

 気づけば、その花は咲いていた。
 そうとしか言えなかった。

 でも、私はこれが恋だとは思えなかった。
 学を身につけて覚えた言葉。そう、これはきっと敬愛、そして友情。
 そういいはるつもりだったし、実質そうであったところも大きかっただろう。

 私にとって、彼は、父のような存在でもあったのだから。
 実の父など、見たこともないけれど。


 しかし、世の人はそんなふうには見なかった。
 一周り年が違っていても、全然恋愛のような態度を取らずとも、男女が一緒にいるだけで、勝手に私たちをそのカテゴリーに入れた。
 奥方の嫉妬が、一番の原因かもしれなかった。

 噂は、森林の火災のように一気に広がった。


 そうして私は「魔女」となった。
 彼には庇うなと、私が強く言った。
 かばえば、彼の子供に酷いトラウマを受け付けることになるし、彼自身の立場も危うい。
「王を拐かした、魔性の女」
 その大罪で、私は火刑に処されることになった。


 今、朗々と私の罪を法定管理官が読み上げている。
 王は、背中から私を見ているだろう。
 それは、どんな表情なのか。
 最後の瞬間になってもきっとそれは分からない。
 今、みたいのに。気になるのに。どんなに首を後ろに回そうとしても、それは叶うことはないのだ。

 今、松明が近づいた。
 

 ねえ、私、魔女になるわ。
 あなたを魅了する、花のような女に。
 あなただけの女に。

 彼に聞こえるようにと願い、私はそっと囁いた。

作者にコメント

似た条件の即興小説


ユーザーアイコン
作者:ハイメア お題:魅惑の冤罪 制限時間:15分 読者:219 人 文字数:1326字
「呼ばれた理由は分かってるんですよね?」 そう言って自分をきっ、と睨み上げるのは学校の後輩だった。別に知っている顔じゃない。ただ、上履きの色が青だったから後輩ら 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:魅惑の冤罪 制限時間:15分 読者:253 人 文字数:497字
「俺は犯人じゃない!!」とにかくそう主張するしかなかった大男2人に窓のない部屋に閉じ込められてから一体何時間がたったのだろうか殴られたり蹴られたりという暴力的な 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ぽつタイプライター お題:魅惑の冤罪 制限時間:15分 読者:292 人 文字数:1003字
このわたしが彼女の罪をおっ被ることはもともと芥、同然のわたしにとってはたいした汚名などではなく、むしろこの上ないチャンスでありました。「ええ、そうですね、わた 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:魅惑の冤罪 制限時間:15分 読者:199 人 文字数:567字
「全く、お前は何をやっているんだ!」人のいない教室に響き渡る担任の怒鳴り声。それは私の隣にいる女に向けられていた。「だから、さっきから違うって言ってるじゃないで 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:らしる お題:輝く天才 制限時間:15分 読者:6 人 文字数:801字
いつの日からだろう。空に太陽が昇らなくなったのは。「俺がやるしかないんだ。だって俺は天才だろ」「待てよ。皆野光。確かにお前は天才だ。お前は世界一だ。けど、お前が 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
天才未満 ※未完
作者:匿名さん お題:輝く天才 制限時間:15分 読者:3 人 文字数:533字
彼女は間違いなく天才だった。 年齢の問題から“神童”という立場に甘んじてはいたが、その才能はこの先彼女の人生を喰い潰して更に輝くものだと誰もかれもが確信してい 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:庵二/あんじ お題:ゆるふわな躍動 制限時間:15分 読者:16 人 文字数:842字
「おれね、明日しんじゃうんです」「は?」秋も本番に入ってきた十月下旬、四月になれば桃色の花が視界を埋め尽くす木々の下、境界を示す縁の上を両手を広げて歩く生徒はな 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:白風水雪 お題:ゆるふわな躍動 制限時間:15分 読者:15 人 文字数:550字
ゆるやかで、柔らかな、白い結晶が空から舞い降りた。 それは天使の囁きか、空の哀しみか。冷たくて、体温だけで触れると溶ける氷の芸術。 雪だ。 とても綺麗で。 と 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ホノミ お題:高いにわか雨 制限時間:15分 読者:7 人 文字数:972字
「今日の降水確率は.....」お天気お姉さんとやらが、朝に似合わない高い声で今日の天気を告げていた。気象予報士も顔で選ぶ時代になったか、とつぶやく。それを聞いた 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:よっきち お題:素朴な雨 制限時間:15分 読者:11 人 文字数:682字
雨の日のバス停ほど待ち長いものはないだろう。時折地面に落ちた雨粒が跳ね返り僕の膝元を濡らす。ああ、雨はやっぱりあまり好きじゃないな。「ーーあの」凛と澄んだ声が僕 〈続きを読む〉

幾山アカリの即興 小説


ユーザーアイコン
作者:幾山アカリ お題:阿修羅探偵 制限時間:15分 読者:631 人 文字数:1678字
[ジャンル:現代?] 阿修羅という単語がある。 仏教やインド神話、様々な場所に出てくる単語だが、元来は神の一人の扱いであった。 しかし、徐々に「神に敵対するもの 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:幾山アカリ お題:生かされた運命 制限時間:15分 読者:590 人 文字数:1608字
[ジャンル:ファンタジー?] 生きている人間が、生き残った人間がするべきこととはなんだろうか。 僕は、焼け野原の中心に立ち尽くして考えた。 僕は、よくある田舎の 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:幾山アカリ お題:いわゆる悪魔 制限時間:15分 読者:529 人 文字数:1656字
ジャンル:現代 さて、私の目の前にいるものはなんであろうか。 ……小学生の頃から、おまじないなどには興味があり、すきあらばそういったことにチャレンジしてきていた 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:幾山アカリ お題:純粋な夕飯 制限時間:15分 読者:838 人 文字数:1759字
ジャンル:現在 こんな異常な状況は、初めてだった。 そして、こんなにもマトモな食事は、久しぶりだった。----------------------------- 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:幾山アカリ お題:魅惑の冤罪 制限時間:15分 読者:697 人 文字数:1656字
ジャンル: 私は罪を侵してなどいない。 燃えるような民衆の瞳、眼差しの集まるその頂点で、私は一人、佇んでいた。 私の後ろには十字架がある。 それは私の体を縛り付 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:幾山アカリ お題:可愛い町 制限時間:15分 読者:1035 人 文字数:1889字
[ジャンル:ファンタジー] そこは、甘い町。 屋根はチョコレート、扉は砂糖菓子。 庭に生えている木はマシュマロで、その幹は飴でできている。 もちろんグミの実だっ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:幾山アカリ お題:誰かのつるつる 制限時間:1時間 読者:847 人 文字数:6395字
[ジャンル:ファンタジー] 私は冒険者だ。 世界中の遺跡や魔物が棲むという危険な洞窟、様々な場所を行き来してお宝を手にしてそれを売買することを生業としている。 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:幾山アカリ お題:君とクレジットカード 必須要素:文学フリマ 制限時間:15分 読者:760 人 文字数:1824字
[ジャンル:現代] 使っても使っても、現金がなくならない。 そんな錯覚を覚えていた。 そんなわけがないのに、私はクレジットカードというものの罠にすっかりハマって 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:幾山アカリ お題:思い出の雑踏 必須要素:文学フリマ 制限時間:15分 読者:847 人 文字数:1792字
[ジャンル:現代] 懐かしい思いを噛み締めながら、私は雑踏を歩く。 周りの人々は一様に、多少の差はあれどにこやかな笑顔だった。 手にわたあめを持ってはしゃぐ子供 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:幾山アカリ お題:今度の電撃 制限時間:15分 読者:1030 人 文字数:1656字
[ジャンル:現代] ライトノベルという単語が出来たのはいつの頃だっただろうか。 それまで小説というのは小説という単語以外は存在しておらず、コラムだとか社説だとか 〈続きを読む〉