お題:12月のわずらい 制限時間:2時間 読者:362 人 文字数:1025字

12月が嫌いだ
「私は12月が嫌いだ」
 深雪先輩はふと、唐突にそう切り出してきた。話の流れも何もなく、ただ一言そう言われたので、僕としてはなんと返したものか解らず、気の抜けたような返事でそれに答えた。深雪先輩はそれがご不満だったようで、無言で自分が座っているパイプ椅子を揺らしてギチギチと嫌な音を鳴らした。
 
 肌に刺さるような寒さの中、石油ストーブが頼りなく室内を温めている。そんな12月の教室で、僕と深雪先輩はオセロをやっていた。なぜオセロだったかと言うと、単に教室にあった娯楽的要素がそれだけだったからだ。別にお互いオセロが好きというわけでもなかったので、ゲームの優勢とか、どちらの勝率が高かったかなんてことも特に気にせず、ただの場つなぎとしてオセロをしていた。お互いおしゃべりとは言いがたい性格だったので、そういう意味ではオセロがあって大変助かった。

「そういえば、なんで12月が嫌いなんですか?」
先程すればよかった質問を、いまさらながら僕は先輩に尋ねた。先輩はどの場所に自分の石を置こうかと盤面に目を向けながら、
「そういえばなんで嫌いなんだろう」
と言った。そう言ったその顔は、僕を茶化している類いのものではなく、本当に気が付かなかったという様子で、こちらとしては只々予想外の反応だった。

「寒いのが嫌いなんですか」
先輩は頭を振って否定する。
「寒いのはむしろ好き。暑いのが苦手っていうのもあるけれど」
「嫌な思い出があるとか」
暫く考えた後、先輩は頭を横に振る。
「一年の最後なのに12なんて中途半端な数字だからとか」
少し先輩が吹き出して笑った。今日はじめて見た笑顔だった。

 暫くまたオセロを打つ音が教室に響く。教室には僕と深雪先輩だけしかいなくて、いつもたくさんの生徒がいるこの場所が、どこか非現実的な異世界のように感じられた。窓の外では雪が降っていて、グラウンドにうっすら積もっているのが見える。静かな時間が流れていた。

 結局なぜ深雪先輩が12月を嫌っているのか、その理由を知ることは出来なかった。もしかしたらはじめから理由なんて無かったのかもしれない。3年前に結婚式の招待状が先輩から送られてきた。その笑顔はあの時のままで、それが自分だけに向けられたものじゃなかったのだと痛感させられた。意味のない話題に、意味もない会話。それなのにあの時先輩と過ごした時間を、僕は雪が降る季節になる度に思い出す。

 僕は12月が嫌いだ。
作者にコメント

似た条件の即興小説


ユーザーアイコン
作者:死んでも腸まで届くビフィズス菌bot お題:死にかけのヒーロー 制限時間:2時間 読者:22 人 文字数:3242字
アパートの隣の部屋の人から、お兄ちゃんが倒れたときいて、僕は「どうしようかなあ」と思いつつもお見舞いに行くことにしたのだ。けれど、病院に行ってみれば、丁度退院 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:汚い出会い 制限時間:2時間 読者:12 人 文字数:1737字
おれがなにしたって言うんだ…………。 倉蔵男(くら くらお)は何者かに抱きつかれていた。後ろから、きつく。顔は見えないが、おそらく相手は女だ。密着され、蔵男は 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:死んでも腸まで届くビフィズス菌bot お題:死にかけの御曹司 制限時間:2時間 読者:21 人 文字数:4128字
困った時、焦った時、これ以上考えるのを辞めたくなった時に必ず頭の中に流れる曲があって、いつも何のメロディだったか思い出そうとするのだけれど、最近になってようや 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:なんで お題:来年のカリスマ 制限時間:2時間 読者:12 人 文字数:3053字
「栄光を得る者の手には、既に未来が確約されている。 その者が例え未熟な少年少女であろうと、掌には栄光が収まっているのだ。」 そういった話を誰かから聞いた。いつだ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:クド/北ティアI03 お題:不思議なボーイズ 制限時間:2時間 読者:21 人 文字数:1437字
青空からモーターのような音が聞こえると思ったら、どんどん近づいてはっきりしたエンジン音となった。頭上を轟音と共に白いプロペラ機が飛んでいく。きっとあの廃墟へ向か 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
未完 ※未完
作者:antten お題:気高い夜中 制限時間:2時間 読者:25 人 文字数:913字
頭蓋骨の砕ける音は意外にも慎ましやかで、ひとつの命の終わる様がこれほど脆弱なものだと、女にはとても信じることができなかった。柄を強く握りしめてもう一度金槌を振 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:くのう(貼るタイプ) お題:興奮した光 制限時間:2時間 読者:29 人 文字数:2373字
男はひどく無気力だった、何が原因かとなるとよくわからないのだが、しいて言うなら何もないのが原因なのだ日々の生活に目的がない、目的がないから達成に向けて努力する 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:くのう お題:意外な冤罪 制限時間:2時間 読者:40 人 文字数:3472字
ノックの音がした。日曜日の午前、といっても時計を見るとまだ4時だった。こんな時間にいったい誰が、 ぼーっとした頭で起き上がり、夢でも見たのだろうかと思っていた 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:金蓮花 お題:気持ちいい育毛 制限時間:2時間 読者:25 人 文字数:1058字
「こんにちは~」最近、私が凝っているのは、「ヘアーエステ」である。しかし、そんじょそこらのヘアエステではない、超高級ヘアエステである。当然、お値段もそれなりにす 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:来海 お題:今の交わり 制限時間:2時間 読者:37 人 文字数:1908字
見渡す限りの青。圧倒されるような色彩が、僕を包む。 ザザーン、ザザーン、ザザーン。一定のリズムを刻むような波の音。見渡せば他に人の姿もなく、波の音だけが鼓膜を 〈続きを読む〉

伊織千景の即興 小説


ユーザーアイコン
作者:伊織千景 お題:不幸な私 必須要素:大統領 制限時間:2時間 読者:238 人 文字数:1376字
上質なゴートファーラグの絨毯の上は、まるで巨大な獣の上を歩いているような錯覚を覚えさせる。 円状の室内には、トラディショナル家具ブランドの頂点、KINDELの 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:伊織千景 お題:来年のコメディ 必須要素:400字以内 制限時間:2時間 読者:284 人 文字数:400字
「来年のことを言うと鬼が笑うらしいですよ」「そうなのか」「来年は私、ちょっくら蜘蛛の糸でフリークライミングでもしようとおもってるんですよ」「そうなのか」「笑わな 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:伊織千景 お題:安全な誰か 必須要素:カレー 制限時間:2時間 読者:270 人 文字数:1798字
そろそろ前に進まないといけないと思いつつも、いつだって同じ所で堂々巡りだった。 今日だってそうだ。頭のなかでは幾つもの案が浮かんではいた。だけどそれのどれも実 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:伊織千景 お題:コーヒーと感覚 必須要素:丑三つ時 制限時間:2時間 読者:262 人 文字数:1079字
研ぎ澄まされていく。刃物を研ぐように、鏡を磨くように。酒は現実を忘れさせてくれる。嫌なものから目をおおって、心地よい気持ちにしてくれる。だから嫌いだった。コーヒ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:伊織千景 お題:シンプルなあの人 必須要素:時限爆弾 制限時間:2時間 読者:324 人 文字数:1525字
「いつまで泣いてるのよ」「……当たり前だ。こんな時位、泣かせてくれ」僕は、自分の声がかすれて震えるのを、どうしても止められない。怖かった。何故こんな目に自分が合 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:伊織千景 お題:紅茶と計算 必須要素:バナナの皮 制限時間:1時間 読者:291 人 文字数:1374字
白一色、ロココ調の家具に囲まれ、純白のフリルのドレスに身をまとい、ロイヤルコペンハーゲンのティーカップに注がれた今日の紅茶は、フォートナムメイソンのアールグレ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:伊織千景 お題:都会の死 必須要素:バツ印 制限時間:1時間 読者:264 人 文字数:991字
死はどんなものにも平等に訪れる。俺は赤錆びたその馬鹿高い鉄塔を見上げた。涙が溢れた。悲しいのではない、嬉しいのでもない。ただ、涙が出た。その鉄塔の名前は、かつて 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:伊織千景 お題:漆黒の闇に包まれし軽犯罪 必須要素:フォロワーの誰かを○す 制限時間:2時間 読者:271 人 文字数:1371字
「あんたには、何が見える?」錆びついたパイプ椅子に座り、俺は目の前に座るくたびれた様子の中年男性にそう問いかける。答えなど求めてはいない。一方通行の言葉は行き着 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:伊織千景 お題:2つの円周率 必須要素:フォロワー達が○し合い 制限時間:2時間 読者:316 人 文字数:1211字
静寂が、全てを飲み込む。数万という観客がいながら、音一つ立たない。無音のプレッシャー。つばを飲み込むことさえはばかれる緊張。観客たちの視線は、ただ一点。中央に存 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:伊織千景 お題:謎の秋雨 必須要素:コーヒー牛乳 制限時間:2時間 読者:299 人 文字数:1635字
それは、雨のようだった。違うところがあるとしたら、それが赤い色をしていたことと、空からではなく、男の首から吹き出していたことくらいだろう。男は苦痛を感じるより、 〈続きを読む〉