お題:マイナーな葬式 制限時間:2時間 読者:282 人 文字数:1230字

伝説のオミオツケ祭
 皆さんは、「オミオツケ」という儀式をご存知だろうか。
 お味噌汁のことではない、ある地方の人里離れた集落に伝わる、一種の弔いの儀式の名称である。その儀式は主に口伝によって受け継がれてきたため、「オミオツケ」がどんな漢字表記なのか、それがどんな意味を持っているのかはの答は未だ出ていないが、「お見+お告げ」という説と、「御身を浸ける」が訛ったものではないかという説が、最近の学会では有力である。

 現在も多くの謎に包まれている「オミオツケ」という儀式だが、今回私は集落の方々の行為によって、奇跡的にもその儀式に参加させて貰う事ができた。このレポートはその日私が体験した、「オミオツケ」の儀式について、記憶している限りのことを書き記したいと思う。

「オミオツケ」は、早朝五時に鳴らされるドラとともに始まりを迎える。ドラは集落で一番括約筋の強い若者が、バチを尻に挟んで叩き鳴らす。ドラが煩悩の数と同じ108回叩かれると、集落にある広場に村民全員が集合し、オミオツケ体操をはじめる。オミオツケ体操とはどういうものかというと、ラジオ体操のBGMが平沢進的プログレッシブ・ロックで、速度が1.5倍になったものと考えればそれで概ね合っている。

 オミオツケ体操が終わると、一旦朝食の時間となる。朝食の内容は特に奇妙なところはなかった。気になったことといえば、何故か皆パン食だったことくらいか。朝食を済ませた後、再び広場に村民たちが全員集合し、村長が正式に「オミオツケ」開催の宣言をする。

「オミオツケ」では、まず村民が大きく「白組」と「赤組」に分けられる。二つに分けられたチームは、熾烈な花いちもんめを繰り広げる。その熾烈さ故、毎年立ちくらみを起こす者、血豆が潰れる者、トイレに行きたくなる者が続出するという。なぜ花いちもんめをするのかの理由は村民にもわからないという。

 今年の実に九時間に及ぶ死闘を制したのは赤組だった。敗北した白組は、この後「オミオツケ」を締めくくるための最後の儀式にとりかかる。赤組はそれをゆったりとしたソファに座って優越感に浸りながら眺めている。「オミオツケ」の最後の儀式とは、ざっくり言うとバンジージャンプだ。村民の実に半数に及ぶ白組全員が一列に並び、端から順に流れるようなバンジージャンプをする。そして「オミオツケ」は大喝采とともに幕を閉じるのだ。なぜバンジージャンプなのかの理由は不明である。

 世の中には「解らない」が山ほどある。「解らない」を「解る」にすることが学者の使命であり、「解らない」が存在するからこそ、私達は仕事を失わなくて済む。だが、世の中の「解らない」の中には、少なからず「解らなくていい」ものも存在するのではないだろうか。私は「オミオツケ」の調査のために、この集落に二年も滞在した。その二年の経験を踏まえて「オミオツケ」の存在意義について、私はこう総括してこの文章を締めくくろうと思う。
「俺の二年返せ」と。
作者にコメント

似た条件の即興小説


ユーザーアイコン
作者:dreamy white ( 低浮上 ) お題:狡猾な病院 制限時間:2時間 読者:9 人 文字数:9330字
( 宇宙ネタ,幻覚オチ )" おれは 今、宇宙に居る。… 突然 宇宙に居る、なんて訳の分からない事を言い出されても やっぱり …混乱するよなあはは すまない… 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:今日のゲストは春 制限時間:2時間 読者:7 人 文字数:4字

ユーザーアイコン
作者:やなみ お題:君の小説家 制限時間:2時間 読者:7 人 文字数:1319字
僕には、ヒナという友人がいて、ヒナにも僕という友人がいた。関係としても、雰囲気としても、唯一無二の存在を放つ彼女は、二人の出会いとなる幼稚舎の頃から華奢な身体を 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:暗い探偵 制限時間:2時間 読者:21 人 文字数:2921字
深夜2時、月明かりが街を照らす、その時間だけ開かれる不思議な探偵事務所。 他では頼めないような奇妙な依頼だけを受けるミステリアスな探偵。 人は彼をこう呼ぶ、宵 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:戦艦の消しゴム 制限時間:2時間 読者:6 人 文字数:712字
ドギュン、バギュンと揺れる衝撃に耐えながら私は走った。もう近くには敵がいて、どこにも逃げ場はなかった。外に出ればいい? ここは海に浮いている戦艦だ。どうせ外に出 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:僕の顔 制限時間:2時間 読者:9 人 文字数:22字
いおおいひおうのいうも、いほいうひおいじょ。 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:楓羽 茜@創作 お題:俺のライオン 制限時間:2時間 読者:29 人 文字数:249字
近寄りがたい、怖そうなのに優しい瞳で俺を見つめるお前。ついつい構ってしまう。腹黒いのに儚い背中を持っているお前。なぜだか心を許してしまう。いつからだろう、そばに 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:楓羽 茜@創作 お題:危ない作家デビュー 制限時間:2時間 読者:21 人 文字数:236字
作家としてデビューをした。名前のない作家として。つまりはゴーストライターだ。君を振り返ることもせずに捨ててきた来た事を悔やむとするならば、最後の言葉が聞けなかっ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
苦い片思い ※未完
作者:ひろたひかる お題:苦い愛 制限時間:2時間 読者:28 人 文字数:4117字
松本君がバイトを始めたらしい、という情報を持ってきてくれたのは親友の知花ちゃんだ。松本君は学年一人気があるイケメンくん。ちなみにとなりのクラスで同学年の高校一年 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:神の悲劇 制限時間:2時間 読者:12 人 文字数:849字
あぁ・・・また動かなくなってしまった。僕に食べるものをくれた人はかなり前に動かなくなった。僕に飲み物をくれた人も少し前に動かなくなった。この人は僕と長い間一緒に 〈続きを読む〉

伊織千景の即興 小説


ユーザーアイコン
作者:伊織千景 お題:不幸な私 必須要素:大統領 制限時間:2時間 読者:225 人 文字数:1376字
上質なゴートファーラグの絨毯の上は、まるで巨大な獣の上を歩いているような錯覚を覚えさせる。 円状の室内には、トラディショナル家具ブランドの頂点、KINDELの 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:伊織千景 お題:来年のコメディ 必須要素:400字以内 制限時間:2時間 読者:271 人 文字数:400字
「来年のことを言うと鬼が笑うらしいですよ」「そうなのか」「来年は私、ちょっくら蜘蛛の糸でフリークライミングでもしようとおもってるんですよ」「そうなのか」「笑わな 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:伊織千景 お題:安全な誰か 必須要素:カレー 制限時間:2時間 読者:254 人 文字数:1798字
そろそろ前に進まないといけないと思いつつも、いつだって同じ所で堂々巡りだった。 今日だってそうだ。頭のなかでは幾つもの案が浮かんではいた。だけどそれのどれも実 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:伊織千景 お題:コーヒーと感覚 必須要素:丑三つ時 制限時間:2時間 読者:243 人 文字数:1079字
研ぎ澄まされていく。刃物を研ぐように、鏡を磨くように。酒は現実を忘れさせてくれる。嫌なものから目をおおって、心地よい気持ちにしてくれる。だから嫌いだった。コーヒ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:伊織千景 お題:シンプルなあの人 必須要素:時限爆弾 制限時間:2時間 読者:307 人 文字数:1525字
「いつまで泣いてるのよ」「……当たり前だ。こんな時位、泣かせてくれ」僕は、自分の声がかすれて震えるのを、どうしても止められない。怖かった。何故こんな目に自分が合 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:伊織千景 お題:紅茶と計算 必須要素:バナナの皮 制限時間:1時間 読者:278 人 文字数:1374字
白一色、ロココ調の家具に囲まれ、純白のフリルのドレスに身をまとい、ロイヤルコペンハーゲンのティーカップに注がれた今日の紅茶は、フォートナムメイソンのアールグレ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:伊織千景 お題:都会の死 必須要素:バツ印 制限時間:1時間 読者:240 人 文字数:991字
死はどんなものにも平等に訪れる。俺は赤錆びたその馬鹿高い鉄塔を見上げた。涙が溢れた。悲しいのではない、嬉しいのでもない。ただ、涙が出た。その鉄塔の名前は、かつて 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:伊織千景 お題:漆黒の闇に包まれし軽犯罪 必須要素:フォロワーの誰かを○す 制限時間:2時間 読者:255 人 文字数:1371字
「あんたには、何が見える?」錆びついたパイプ椅子に座り、俺は目の前に座るくたびれた様子の中年男性にそう問いかける。答えなど求めてはいない。一方通行の言葉は行き着 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:伊織千景 お題:2つの円周率 必須要素:フォロワー達が○し合い 制限時間:2時間 読者:298 人 文字数:1211字
静寂が、全てを飲み込む。数万という観客がいながら、音一つ立たない。無音のプレッシャー。つばを飲み込むことさえはばかれる緊張。観客たちの視線は、ただ一点。中央に存 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:伊織千景 お題:謎の秋雨 必須要素:コーヒー牛乳 制限時間:2時間 読者:284 人 文字数:1635字
それは、雨のようだった。違うところがあるとしたら、それが赤い色をしていたことと、空からではなく、男の首から吹き出していたことくらいだろう。男は苦痛を感じるより、 〈続きを読む〉