お題:部屋とYシャツと夕日 制限時間:2時間 読者:238 人 文字数:2218字

夕焼けの世界
 初めから理由なんて無かったんだ。

 夕焼けで赤く染まった河川敷を部屋で眺めながら、僕はそう呟いた。そしてそう呟いた自分に少なからず動揺した。なぜなら、理由なんて無い。それを自分が今認めるということは、この異常な現状に自分が何も対処できないということを意味するからだ。

 僕は壁にかかっているカレンダーに目を向けた。カレンダーは8月29日までが☓印で埋めれている。この生活が始まったのが去年の8月30日だったから、後数時間で一周年ということになる。時計に目を向ける。現在夜の11時半。それでも空には夕日が浮かび、辺り一面は気味の悪い朱色に染まったままだった。僕はこの夕焼けの世界の中で、364日と23時間半を過ごしている。この世界の外に出る方法も、日が沈まない理由も、未だ見つけられない。

 なぜ僕がいつからこの夕焼けの世界に入ったかははっきり解るかというと、そう宣告されたからだ。364日と23時間半前、僕が布団の中で眠りこけていると、まるで時報のような声が、
「午前0時、夕焼けの世界に入ったことをお知らせします」
と耳元で聞こえたのだ。驚いて僕は飛び起きたんだけれど、周りには誰もいなかったし、ラジオも携帯もテレビも何も置いてなかった。そもそもそんな時報なんて聞いたこと無い。気味が悪くてすっかり目が覚めてしまったので、水でも飲もうかと布団から起き上がった所、時間の割に妙に外が明るいことに気がついた。いや、明るいというより赤いのだ。僕は閉めきっていた厚いカーテンを勢い良く開いた。外に見える景色は、夕焼けで赤く染まっていた

 始めの頃は、実を言うと少し楽しんでいる自分がいた。観ている景色は今まで過ごしてきた町並みなのに、夕焼けがずっと続くというだけでこんなに神秘的な異世界になるなんて、ぼくは興奮しながらニュースになっていないかとテレビを付けた。けれどニュースで終わらない夕焼けの事は全く放送されていなかった。こんな異常事態について、全く何も触れずにニュースは終わり、放送終了のカラーバーと耳障りな音が鳴り響いた。相変わらず外は夕焼けのままだった。

 結局そのまま眠ることも出来ず、テレビもラジオも携帯も繋がらなくなってしまったので、ぼくは勇気を出して外に出てみた。誰一人見かけることのない、夕焼けの世界はもはや神秘的なものなんかではなく、ただただ不気味だった。何時間も歩き通しで誰かいないか探してみたけれど、結局誰一人見つけることが出来なかった。空腹で倒れそうになったので、無人になっていたコンビニに入り、パンを幾つか選んで、代金を無人のレジに置いておいた。

 そんな日を何日も何ヶ月も繰り返した。辺りを歩いて人を探し、機能するテレビやラジオ、携帯を探し、スーパーやコンビニで食料を拝借し、時には野宿をしながら3つ隣の県まで歩いたこともある。しかし目に見える成果は何もなかった。けれども僕は諦めなかった。諦めた瞬間何もできなくなりそうだという恐怖もあったけれど、きっとこの現状に自分がいるのは何か理由があると思っていたからだ。重要であるにしろ無いにしろ、自分は理由があってこの世界にいる。ならその理由がわかれば、この世界から出る方法がわかるかも知れない。そんな淡い期待を胸に抱き続けてきた。

 しかし、もうすぐ一年が経とうとしていた。一年だ。一年も自分は無意味な事を続けていたのだ。理由なんて無い、意味なんてない。ただただ不条理な現状は、希望を持つにはあまりに絶望的なのに、狂うほどには絶望的ではない。不自由なく生きていける。けれども救いなんてどこにもない。そんな夕焼けの世界に、もう一年もいた。もしかしたら、これ以外の世界なんてもう無くて、一生ここで一人、生きていかないといけないのかもしれない。そんな漠然とした、それでいて確信めいた思いが僕の中に浮かんだ。

 そもそも初めから理由なんて無かったのだ。僕はただ理由が欲しかっただけなのだ。自分が不条理に巻き込まれても、希望を失わないで、嵐の中の灯台のように導いてくれる何かが欲しかったのだ。けれどそんなものは初めからなかった。僕は理由もなく希望もなく、ただ唐突に不条理に巻き込まれただけだった。なんだか泣きそうになったけれど、泣いてたまるかと頬を叩いた。夕焼けの世界はたしかに不条理だけれど、不条理だからこそ、自分を強く持たないといけない。けれども景色が歪んで、涙が頬を伝うのは、きっと頬を強く叩き過ぎたせいなのだろう。

 ポタポタと畳に涙の粒が落ちるので、服の袖で涙を拭い、外に見える河川敷を眺めた。もう何度も見続けた景色で、変わっているものなんてなにもないはずだった。驚いた。いつもと違うものが1つだけあったのだ。それは川の向こう岸に小さく見えただけで、すぐに視界の死角に入り込んでしまった。けれどもたしかにそれは白いYシャツを着た人だった。この夕焼けの世界に、白い色をしたYシャツを着ている人がいたのだ。
 
 僕は慌てて部屋から飛び出し、大急ぎでYシャツが見えた向こう岸まで走った。残念ながらもうそこにその人はいなかった。もしかしたら見間違いだったかもしれない。目の錯覚だったかもしれない。それでも良かった。理由なんて無くても良かったのだ。白いYシャツを着た人を見た。たったそれだけが、僕にとってこの不条理な夕焼けの世界で生きる希望となった。

作者にコメント

似た条件の即興小説


ユーザーアイコン
※未完
作者:かがみもち お題:フニャフニャの策略 制限時間:2時間 読者:9 人 文字数:1740字
「では作戦を発表します」 軍服を着用し、キリッとした目つきの男がホワイトボードの前に立っていた。 そこはまるで秘密軍事施設、その基地の一室にも見えるがそんな風景 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:やすおかゆかり お題:高貴な私 制限時間:2時間 読者:23 人 文字数:429字
私の家は貧乏で、小学校に上がった頃には、自分はどん底に居るのだと言う自覚があった。父親は酒浸りの博打好きで、家には居付かなかったし、母親はいつも知らない男と何処 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:すごい机 制限時間:2時間 読者:9 人 文字数:751字
今、僕は絶体絶命ピンチに直面している。あと一問が解けないのだ。自分には絶対の自信があっただけに、最後の一問が解けないこの状況に僕は半分パニック状態に陥ってしまう 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:俺と海 制限時間:2時間 読者:10 人 文字数:492字
俺と海は友達だった。何でか分からないけど海は俺の事何でも知ってるような気がして、大学でいい絵が描けず、講評でボロクソ言われたとき、いいアイディアが生まれない時、 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:RA907 お題:うへへ、結婚 制限時間:2時間 読者:16 人 文字数:534字
魚の話で盛り上がっていたはずが、いつのまにやら深い海の底の話になっていた。「そんなに悪いもんでもないと思うんだよ。寂しい暗い寒い、そんなのだけじゃないと思うん 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:秋の職業 制限時間:2時間 読者:13 人 文字数:1042字
「秋の職業ってなんだよ。全然思い付かねぇ。そもそも職業って季節で変わんないだろ」喋る息が冷たい。今年はひどく寒い秋だった。太郎は今さっきこたつの中でスマホを操作 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:熱い雪 制限時間:2時間 読者:12 人 文字数:1518字
ほぅ、と息をそっと吐き出す。白く染まったそれは、雪に溶けて消えていった。 冬がやって来る度に、幼い頃を思い出す。近所に住んでいた兄のような彼と共に、駆け回って 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:煙草とあいつ 制限時間:2時間 読者:16 人 文字数:1282字
「煙草って何がいいんですかね」放課後、委員会の仕事で学校を出るのが遅れた僕は、校門の外で煙草を吸っている担任の女教師を見つけた。彼女は教師になって三年目の二十五 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:生かされた春 制限時間:2時間 読者:18 人 文字数:2739字
永い闇だった。地を埋めた灰は層を成し、大気に乗って暗く立ち上ったそれはさながら根雪を覆い隠す煙に似て、昼も夜も無く、ただぼんやりと、空に一点開いた穴が、かつて 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:アルパカの汁 制限時間:2時間 読者:29 人 文字数:465字
白いふわふわした動物が僕を見ていた。目線から僕を見ている。しかしながら、見渡すとサバンナみたいな場所だ。地面は砂漠、木がポツポツと立っていた。僕自身なぜこんな 〈続きを読む〉

伊織千景の即興 小説


ユーザーアイコン
作者:伊織千景 お題:不幸な私 必須要素:大統領 制限時間:2時間 読者:253 人 文字数:1376字
上質なゴートファーラグの絨毯の上は、まるで巨大な獣の上を歩いているような錯覚を覚えさせる。 円状の室内には、トラディショナル家具ブランドの頂点、KINDELの 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:伊織千景 お題:来年のコメディ 必須要素:400字以内 制限時間:2時間 読者:306 人 文字数:400字
「来年のことを言うと鬼が笑うらしいですよ」「そうなのか」「来年は私、ちょっくら蜘蛛の糸でフリークライミングでもしようとおもってるんですよ」「そうなのか」「笑わな 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:伊織千景 お題:安全な誰か 必須要素:カレー 制限時間:2時間 読者:286 人 文字数:1798字
そろそろ前に進まないといけないと思いつつも、いつだって同じ所で堂々巡りだった。 今日だってそうだ。頭のなかでは幾つもの案が浮かんではいた。だけどそれのどれも実 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:伊織千景 お題:コーヒーと感覚 必須要素:丑三つ時 制限時間:2時間 読者:284 人 文字数:1079字
研ぎ澄まされていく。刃物を研ぐように、鏡を磨くように。酒は現実を忘れさせてくれる。嫌なものから目をおおって、心地よい気持ちにしてくれる。だから嫌いだった。コーヒ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:伊織千景 お題:シンプルなあの人 必須要素:時限爆弾 制限時間:2時間 読者:344 人 文字数:1525字
「いつまで泣いてるのよ」「……当たり前だ。こんな時位、泣かせてくれ」僕は、自分の声がかすれて震えるのを、どうしても止められない。怖かった。何故こんな目に自分が合 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:伊織千景 お題:紅茶と計算 必須要素:バナナの皮 制限時間:1時間 読者:311 人 文字数:1374字
白一色、ロココ調の家具に囲まれ、純白のフリルのドレスに身をまとい、ロイヤルコペンハーゲンのティーカップに注がれた今日の紅茶は、フォートナムメイソンのアールグレ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:伊織千景 お題:都会の死 必須要素:バツ印 制限時間:1時間 読者:279 人 文字数:991字
死はどんなものにも平等に訪れる。俺は赤錆びたその馬鹿高い鉄塔を見上げた。涙が溢れた。悲しいのではない、嬉しいのでもない。ただ、涙が出た。その鉄塔の名前は、かつて 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:伊織千景 お題:漆黒の闇に包まれし軽犯罪 必須要素:フォロワーの誰かを○す 制限時間:2時間 読者:296 人 文字数:1371字
「あんたには、何が見える?」錆びついたパイプ椅子に座り、俺は目の前に座るくたびれた様子の中年男性にそう問いかける。答えなど求めてはいない。一方通行の言葉は行き着 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:伊織千景 お題:2つの円周率 必須要素:フォロワー達が○し合い 制限時間:2時間 読者:339 人 文字数:1211字
静寂が、全てを飲み込む。数万という観客がいながら、音一つ立たない。無音のプレッシャー。つばを飲み込むことさえはばかれる緊張。観客たちの視線は、ただ一点。中央に存 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:伊織千景 お題:謎の秋雨 必須要素:コーヒー牛乳 制限時間:2時間 読者:313 人 文字数:1635字
それは、雨のようだった。違うところがあるとしたら、それが赤い色をしていたことと、空からではなく、男の首から吹き出していたことくらいだろう。男は苦痛を感じるより、 〈続きを読む〉