お題:意外!それは夢 制限時間:1時間 読者:357 人 文字数:1999字

涙と夢
 ※「鍵とドア」からお読みください。シリーズものです。
 ※シリーズは随時こちらにまとめていきます→http://ncode.syosetu.com/n1485bt/




 涙は、なかった。


 ※


 「何を見ているんですか?」

 その子は僕に尋ねる。

 「何も」

 僕は答える。
 実際、何も見てはいなかった。縁側に座って何かを明確に見るでもなく、ただ夜を眺めていたのだと思う。

 「ちょっと訊きたいことがあるんです。隣に座っても構いませんか?」
 「どうぞ。僕に答えられることなら」

 返答を聞く前に彼女はもう隣に座っていた。少し茶色がかっている髪が、夜風になびいている。

 「貴方はどこから来たんですか?」
 「ここ一年と少し、ドイツにいました」

 「黒、好きなんですか」
 「好き、かもしれないな。言われてみれば」

 「えーっと、その……魔法使いですか?」
 「ええ、そうですね」

 僕が答えると彼女はちょっと考えるように顎に人差し指を添えた。要するに、彼女の訊きたかった事とはそこなのだろう。
 
 「君もそうなんでしょう?」
 「いや、私は……違う、と思います」

 不思議なことに、自信はなさそうだった。彼女の祖母は僕を魔法使いだと見抜いているし、僕も同様だ。彼女もそういったものを受け継いでいると思ったのだが、彼女の複雑な表情から察するに何かきっと事情でもあるのだろう。

 だとしたら、一つひっかかることがある。

 「僕からも一つ、君に訊きたい。何で今日、僕を見つけることができたんです?」
 「へ?」

 逃げて来た僕を、命からがらあの女から逃げて来た僕を、見つけることは容易いことではなかったはずだ。名前を失って、力を失っていた僕は力を失っているからこそ、誰にも見つからないように気配を極力まで抑えていた。それこそ視認できない程度に、存在は希薄だったはずなのだ。だから、ただの女の子が僕を見つけられたはずがない。



 彼女はしばらく考えているようだった。そして結局こう言った。

 「不自然だったから、かな?」

 不自然だったから。

 「……は?」
 「いや、あの、不自然だったんです!空気感が、なんというか違ったんです!」

 彼女は何とか説明しようとしてくれているようだが、こっちは皆目理解ができない。彼女はさらに説明を付けたす。
 
 「空気感じゃないのかな……空気の動きを感じたんだけど、貴方だけ動かないというか。ごめんなさい。分からないですよね」
 「……どうして?」
 「だって、分からなそうな顔してるじゃないですか、貴方」

 拗ねたようにプクリと膨らんだ頬がおかしくて、僕は拳で口を押えつつ咽喉で笑った。
 
 「あー笑った!!」
 「すいません。でも、君のおかげで何となく分かりました」
 「え?何がですか?空気が?」

 身を乗り出してくる彼女を抑えると僕は、あくまで僕の所見ですが、と前置きした。

 「君は空気を感じていた。この世にある空気は常に動いています。“時流”なんていう言葉もその空気感を表した言葉の一つと言っても良いでしょう。その空気というのは誰もが感じる大きなものから、誰も感じることが出来ない微々たるものまで様々だ。きっと君はそれらの空気を感じる力があって、僕に違和感を感じた。何故ならきっと僕には……」
 「貴方には?」

 彼女は興味津々で僕を見つめる。その視線が、正直つらい。

 「……僕には、空気がなかったから」

 思わず出たのは、自嘲だった。僕は、自分を嗤っていた。
 空気がない、空っぽな名無しの魔法使い。それが今の自分の姿で。
 代償として、失くしたものは多い。それどころか、今や僕は僕自身を失くしてしまったわけだ。




 「泣かないでください」

 彼女は言った。
 知らないうちに涙でも流していただろうかと手で目元を擦ってみたが、水滴は全く付かなかった。

 「僕は、泣いていませんよ?」
 「あれ、本当ですね。私ったら何で……」

 彼女も不思議そうだった。

 


 ※




 「先輩、どうして泣いていたんですか?」

 目を覚ました時、目の前にはタチバナがいた。確か僕に用事があるから近々訪問すると言っていたが、まさか気付かない間に侵入しているとは思わなかった。
 タチバナの言葉の通り、僕の目元からは涙が流れていて枕が少し濡れていた。

 「さあ、どうしてかな」
 「もう、誤魔化すのは禁止!怖い夢でも見ていたんですか?」
 「じゃあ、それで」
 「もう!!」

 結局“寝起きの涙だろう”とタチバナには適当にそう言った。
 懐かしい夢を見た、とわざわざ言う必要もないだろう。



 ※


 涙は、なかった。
 僕には、何もなかったから。


 fin. 
作者にコメント

似た条件の即興小説


ユーザーアイコン
作者:青猫亭たかあき お題:意外!それは夢 必須要素:ケチャップ 制限時間:1時間 読者:298 人 文字数:1055字
旦那と大喧嘩をしていた。 切っ掛けは些細なことだったかもしれないが、日常の生活の中で一緒に暮らしている相手に対してふと感じ、じわじわと堆積していく違和感や不快 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:もふもふ@神楼学園15 お題:意外!それは夢 必須要素:ケチャップ 制限時間:1時間 読者:369 人 文字数:2289字
「今日の晩ご飯何がいい?」 夫の出がけにあたしは聞いた。「オムライス」 夫は一時も躊躇わずにそう言った。あたしは微笑みながら頷いて夫にスーツの上着を羽織った。「 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:下畑耕司@小説家になろう お題:あいつと哀れみ 制限時間:1時間 読者:11 人 文字数:551字
こんなはずじゃなかった。俺は確かに神に願った。この世界とは違う別の世界に転生させてくれ。そこで最強になりたい、と。「うん。そうだよな。ここは異世界だし、今のとこ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:7さい お題:かたい何でも屋 制限時間:1時間 読者:25 人 文字数:411字
「かたいものはいらんかね~ かたいもの~~ かたいものはいらんかね~」「あ、かたいもの屋さん、あずきバー一つ!」「へい、お待ち! 永久歯もぶん折るあずきバー!」 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
夜の帳 ※未完
作者:ぽいす お題:日本式の手 制限時間:1時間 読者:8 人 文字数:827字
物心ついたときから僕の手は誰か知らない人の血で真っ赤だった。 ああわかってるよ。僕だってなにもこんな物騒な書き始めは望んでないけれど、事実だから仕方ないじゃな 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
作者:岩ヶ辺香衣 お題:暗い裏切り 制限時間:1時間 読者:9 人 文字数:1488字
生まれて初めて金縛りにあった。 いつものようにベッドに横になった。時間は深夜1時ほどだったと思う。 10分程度で眠りに落ちたと思う。 その間に、何か夢を見た。 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
猫の情事 ※未完
作者:7さい お題:猫の情事 制限時間:1時間 読者:21 人 文字数:1085字
「この間助けていただいた猫です。さあ情事をいたしましょう!」俺は椅子から転げ落ちた。ちょっとした作業をしていたので下半身は裸だった。「お、お前、どこから入ったん 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
抜け殻 ※未完
作者:匿名さん お題:君の道のり 制限時間:1時間 読者:5 人 文字数:681字
喧騒は眠り静寂が目を覚ます丑三つ時。木々が目を瞑る中、一人の男は虚ろな目で森を歩く。男は殆どのものを失っていた。友も愛も金もない。男はタバコとライターを取り出し 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:7さい お題:早すぎた命日 制限時間:1時間 読者:16 人 文字数:1545字
マラソンは速さを競う競技である。ニルヴァシ君は生き急いでいた。今日も走る。走り続ける。ニルヴァシ君は様々なマラソン大会で優勝した。しかしなぜか満足できなかった。 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
山神の嫁 ※未完
作者:翡翠 お題:かたい民話 制限時間:1時間 読者:11 人 文字数:1900字
──山の神の嫁に村の娘を捧げる。 都心にはビルが立ち並び、街ゆく人は皆スマートフォンを持ち歩く、そんな現代において、生贄めいた風習なんてもう昔の話。 そう、思 〈続きを読む〉

ささかま。@小説家になろう等の即興 小説


ユーザーアイコン
作者:ささかま。@小説家になろう等 お題:マンネリな交わり 必須要素:ホモ 制限時間:1時間 読者:447 人 文字数:1986字 評価:0人
私のクラスメイト、笹崎次郎は昔から数学は嫌いだった。 数字が並んでいるのを見るだけで眠くなったし、数字の中にアルファベットが混じっているのなんかは理解しがたい 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ささかま。@小説家になろう等 お題:都会の光景 必須要素:5000字以上 制限時間:1時間 読者:331 人 文字数:2228字 評価:0人
《作文下書き用紙》異世界について書こう① 年 組 番 名前 僕は異世界にやって来きました。 セダルーダ式マサッタタ時空125.5軸第三世界。それがこの世界の名前 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ささかま。@小説家になろう等 お題:絵描きの蕎麦 必須要素:ゴルゴンゾーラ 制限時間:1時間 読者:591 人 文字数:2809字 評価:0人
「これがソバと呼ばれているものなの? 興味深いわね」 初めてオーストラリアから日本に来たというその少女を僕はそば屋に連れて行った。この子は僕から見れば、知り合い 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ささかま。@小説家になろう等 お題:混沌の悲劇 必須要素:右の上履き 制限時間:1時間 読者:543 人 文字数:2363字 評価:0人
※注意:必須要素>>>>お題※注意:あまり気持ちの良い話ではありません。※生き物は大切に。※いじめダメ絶対。 私は上履きである。主に右足に履かれる上履きだ。たま 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
あとがき ※未完
作者:ささかま。@小説家になろう等 お題:緑のローン 必須要素:テニスボール 制限時間:1時間 読者:690 人 文字数:2667字 評価:0人
※このあとがきは、初めから終わりまでフィクションです。 こんにちは。今回あとがきを担当させていただきます、ささかま。と申します。 この度は『2014/11/1 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ささかま。@小説家になろう等 お題:今の別れ 必須要素:三島由紀夫 制限時間:1時間 読者:690 人 文字数:2499字 評価:1人
『今日は随分とたくさんのお便りが来ていますので、どんどん紹介します!最初のお便りは、ラジオネーム……』 部室のベランダに出て僕は雪を眺めていた。 高校生の僕は 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ささかま。@小説家になろう等 お題:空前絶後のパイロット 必須要素: 制限時間:1時間 読者:776 人 文字数:2189字 評価:0人
※オチがない。 その女は幼少より薙刀の数ある流派の一つ、五月雨流でその腕を磨いた。 5歳にして長さ八尺もある薙刀を振り回していたというのだから、その技量は推して 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ささかま。@小説家になろう等 お題:俺はバラン 必須要素:海苔 制限時間:1時間 読者:651 人 文字数:2487字 評価:0人
やあ、俺はバラン!14歳!!まだまだ芝生のように真っ青な春、つまり青春真っ盛りの中学2年生!弁当に住んでいる!同じような色をした海苔とは幼馴染さ!! 先月、ネ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ささかま。@小説家になろう等 お題:突然の凶器 必須要素:じゃがいも 制限時間:1時間 読者:769 人 文字数:2252字 評価:0人
※若干こちらの作品とリンクしてます→http://sokkyo-shosetsu.com/novel.php?id=262452 僕はその場で寝転んだまま、天井 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ささかま。@小説家になろう等 お題:免れた足 必須要素:う○ち 制限時間:1時間 読者:708 人 文字数:2669字 評価:0人
私はキッチンで考えていた。 目の前の材料をどう料理しようか。 かけるソースは何が良いだろう。煮るか焼くか、それとも何かに漬けようか。 冷蔵庫の中を思い浮かべる 〈続きを読む〉