お題:憧れの母性 制限時間:1時間 読者:1580 人 文字数:1398字

最強の保育士

保育士になったばかりの先生。彼女にはある悩みがあった。

それはとにかく子供に好かれない事。
こちらから歩み寄っても「せんせーきらいー」と言われてしまう。
もはや学級崩壊寸前になっていた。
「なんで好かれないのよ!?」といつも嘆いて居るのだった。

ある時園児の○○君が授業(?)中に外に抜け出してしまった。
慌てて抜け出し探しに行く先生。
すると公園でガタイの良い筋肉質の男が子供を襲っている。
先生は慌てて助けに行く、○○君を奪い取り
「何する気ですか!?」
と男に問い詰める。

しかし、園児が「この人をいじめないで!」と泣き出す。
実はただ二人で楽しく遊んでいただけだった。
子どもと心から楽しく触れ合っている男をみて先生は嫉妬する。
男は子供が大好きで保育士になりたかったのだけど、見た目が怖すぎるせいで
どの保育園にも断られてしまっていたのだった。

男は先生に1日だけでもいいから保育士をやらせてくれないかとお願いする。
はじめは迷ったが、この男が子供に好かれる理由が知りたくて園長に相談してみる事に。
園長は面白そうだからいいよって軽く承諾。

教室に戻ると子ども達が教室で滅茶苦茶に遊んでたり、他の教室へいったり校舎で走り回ったりして
大変なことになっていた。
二人で手分けして全員を回収する事に。
すぐに教室を飛び出ようとする先生。しかし男は止める。

「子どもたちにお絵かきや折り紙の指示を出したほうが良い。そうしないとまた外に抜け出す園児が
出てしまうかもしれない」
確かに、自分が○○君を探しに出て行った時も残した園児には「大人しくしててね!」と言いつけてきただけだった。

外で走り回っている元気園児達に「早く教室に戻りなさい!」と叱る先生。でも子どもたちは「おにごっこだー」と逃げまわる。ムカ着火ファイヤー状態の先生。
しかし男は次々と園児たちを拾い上げ肩に乗せていく。嫌がるどころか元気園児たちは大喜びした。
そのまま教室まで運ぶ。先生はお絵かきかおりがみの課題を出す。しかし元気園児達は嫌がる。
そこで男は面白そうな図工の課題を出す。夢中になる元気園児たち。

残りの園児たちはかくれんぼをしていた。
鬼だった子が「先生鬼ね!」と言って何処かへ隠れてしまった。
次々と見つけだす男。全然見つけられない先生。
流石に、落ち込んでくる先生。どうしてこの男はこんなに上手くできるのだろう。
自分なりに必至にやっているはずなのに。

園長先生がすっと現れる。
園長「先生はどうして保育士になりたかったのかね?」
先生「それは‥子供達が好きだからです‥でも好きだけじゃ難しいのですね」
園長「…あの男と君の違い、何かわかるかね」
先生(違い…?)

自分と生徒達、男と生徒達の関係を思い出す。
私は怒ってて生徒はつまらなさそうな顔、一方男と生徒はずっと笑っている。

園長「あの男は母性にあふれている」
先生「母性…子どもたちが失態をしても笑って許せる寛容さ、気配り…私には全然足りなかった」
園長「それも大事だが、大事なのは愛じゃ」
先生「愛…」
男と園児たちを眺める二人

男「先生も一緒に、みんなでかくれんぼしませんか?」
先生(それはダメだろ!)


そして次の日、男は保育園の先生として雇われる事になった。
先生と二人で一緒に1つのクラスを受け持つ事になった。
作者にコメント

似た条件の即興小説


ユーザーアイコン
作者:多々良釦 お題:憧れの母性 必須要素:マクガフィン 制限時間:1時間 読者:261 人 文字数:1617字
「いいよな、お前の母ちゃんは優しくてさ」 Aは不満気に言った。 「いや、そうでもないけどね」 遠くを見て眉を潜め、Bはそれを静かに否定する。 「なんでだよ、怒 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
レイニー ※未完
作者:はるちか お題:求めていたのはオチ 制限時間:1時間 読者:11 人 文字数:1385字
AM7:26家を出てすぐの道路のど真ん中に蛙がいた。昨夜から降り続いている雨のせいで生息地から離れたのだろう、緑の少ない住宅街で蛙を見つけたのは何年ぶりかだった 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:篠束ネル お題:難しい即興小説 制限時間:1時間 読者:13 人 文字数:1376字
弾いたこともないピアノについての小説なんてかけるわけがない。 そう言ってさっさと投げ出しにかかった私に、先輩は呆れた顔をした。「君ねえ、文章の練習がしたいから 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:苦い冤罪 制限時間:1時間 読者:14 人 文字数:1909字
「このひと痴漢です」 ああ、終わった。 違うという否定の声より先に、その感慨が脳裏を巡り、反論をにぶらせた。 満員の通勤電車でもつれた舌がやっと紡いだ「ち、ちが 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:篠束ネル お題:最弱のオチ 制限時間:1時間 読者:13 人 文字数:416字
○○だけど、お前が一番最弱だ。 あるところに腕の立つ青年が居た。彼は剣技においては生まれた時から一度も負けたことが無かった。 我流でありながらも必殺の剣を極めた 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
作者:メソと青い鳥_ SRI お題:シンプルな罪人 制限時間:1時間 読者:17 人 文字数:1822字
夜中に目を覚ますと、私は喉の渇きを感じた。もう夏がすぐそこに迫っている六月の半ばといっても、夜はまだ少し肌寒い。布団から這い出て、日中の日の暖かさを完全に忘れて 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雨箕悠 お題:マンネリな雑踏 制限時間:1時間 読者:18 人 文字数:1138字
男は物心ついた時から「普通」に「平凡」に生きる事を目指していた。幼い男の家には父親はおらず、その理由を母に訪ねてはいけない、と男は幼いながらに察していた。 母 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:部屋とYシャツと村 制限時間:1時間 読者:4 人 文字数:569字
田中にとってはどうでも良い事だが、今泉にとってはどうでも良くない事が目の前で繰り広げられていた。今泉の顔色は忙しなく変化をしているのだが、田中の顔は平時と何ら変 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:フォロワーの敗北 制限時間:1時間 読者:12 人 文字数:1055字
誰だって、少しくらいは承認欲求を満たしたいという感情はあるものだ。もし、そんなことを考えたことがなかったとしても、ひとたび誰かに肯定的な言葉をかけられればそれ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:蓮狐 お題:8月のラーメン 制限時間:1時間 読者:16 人 文字数:2171字
今、私の目の前には、とても耳障りな言葉をわめき散らす人間が居る。私は、蒸し暑い外を逃れたくて、そっと店に赴いた。暑いなどと言っているのだから、このような店に来る 〈続きを読む〉

てくの@20日まで作業できずの即興 小説


ユーザーアイコン
作者:てくの@20日まで作業できず お題:あいつと孤独 制限時間:15分 読者:173 人 文字数:415字
あいつは孤独と友達だった。クラスでいつも一人の○○がいる。でも、いわゆるぼっちだとか、友だちが居ないとかそういうのではない。一人で居るのにいつも楽しそうにしてい 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:てくの@20日まで作業できず お題:憧れの母性 制限時間:1時間 読者:1580 人 文字数:1398字
保育士になったばかりの先生。彼女にはある悩みがあった。それはとにかく子供に好かれない事。こちらから歩み寄っても「せんせーきらいー」と言われてしまう。もはや学級崩 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
てすと ※未完
作者:てくの@20日まで作業できず お題:忘れたい表情 制限時間:30分 読者:337 人 文字数:761字
主人公は虫も殺さないような優しい心を持った女子高生。クラスでも癒し系の存在として男女からも人気が高い(教室で説明のシーン)そんなある日彼女は謎の怪物に襲われてい 〈続きを読む〉