お題:憧れの母性 制限時間:1時間 読者:1357 人 文字数:1398字

最強の保育士

保育士になったばかりの先生。彼女にはある悩みがあった。

それはとにかく子供に好かれない事。
こちらから歩み寄っても「せんせーきらいー」と言われてしまう。
もはや学級崩壊寸前になっていた。
「なんで好かれないのよ!?」といつも嘆いて居るのだった。

ある時園児の○○君が授業(?)中に外に抜け出してしまった。
慌てて抜け出し探しに行く先生。
すると公園でガタイの良い筋肉質の男が子供を襲っている。
先生は慌てて助けに行く、○○君を奪い取り
「何する気ですか!?」
と男に問い詰める。

しかし、園児が「この人をいじめないで!」と泣き出す。
実はただ二人で楽しく遊んでいただけだった。
子どもと心から楽しく触れ合っている男をみて先生は嫉妬する。
男は子供が大好きで保育士になりたかったのだけど、見た目が怖すぎるせいで
どの保育園にも断られてしまっていたのだった。

男は先生に1日だけでもいいから保育士をやらせてくれないかとお願いする。
はじめは迷ったが、この男が子供に好かれる理由が知りたくて園長に相談してみる事に。
園長は面白そうだからいいよって軽く承諾。

教室に戻ると子ども達が教室で滅茶苦茶に遊んでたり、他の教室へいったり校舎で走り回ったりして
大変なことになっていた。
二人で手分けして全員を回収する事に。
すぐに教室を飛び出ようとする先生。しかし男は止める。

「子どもたちにお絵かきや折り紙の指示を出したほうが良い。そうしないとまた外に抜け出す園児が
出てしまうかもしれない」
確かに、自分が○○君を探しに出て行った時も残した園児には「大人しくしててね!」と言いつけてきただけだった。

外で走り回っている元気園児達に「早く教室に戻りなさい!」と叱る先生。でも子どもたちは「おにごっこだー」と逃げまわる。ムカ着火ファイヤー状態の先生。
しかし男は次々と園児たちを拾い上げ肩に乗せていく。嫌がるどころか元気園児たちは大喜びした。
そのまま教室まで運ぶ。先生はお絵かきかおりがみの課題を出す。しかし元気園児達は嫌がる。
そこで男は面白そうな図工の課題を出す。夢中になる元気園児たち。

残りの園児たちはかくれんぼをしていた。
鬼だった子が「先生鬼ね!」と言って何処かへ隠れてしまった。
次々と見つけだす男。全然見つけられない先生。
流石に、落ち込んでくる先生。どうしてこの男はこんなに上手くできるのだろう。
自分なりに必至にやっているはずなのに。

園長先生がすっと現れる。
園長「先生はどうして保育士になりたかったのかね?」
先生「それは‥子供達が好きだからです‥でも好きだけじゃ難しいのですね」
園長「…あの男と君の違い、何かわかるかね」
先生(違い…?)

自分と生徒達、男と生徒達の関係を思い出す。
私は怒ってて生徒はつまらなさそうな顔、一方男と生徒はずっと笑っている。

園長「あの男は母性にあふれている」
先生「母性…子どもたちが失態をしても笑って許せる寛容さ、気配り…私には全然足りなかった」
園長「それも大事だが、大事なのは愛じゃ」
先生「愛…」
男と園児たちを眺める二人

男「先生も一緒に、みんなでかくれんぼしませんか?」
先生(それはダメだろ!)


そして次の日、男は保育園の先生として雇われる事になった。
先生と二人で一緒に1つのクラスを受け持つ事になった。
作者にコメント

似た条件の即興小説


ユーザーアイコン
作者:多々良釦 お題:憧れの母性 必須要素:マクガフィン 制限時間:1時間 読者:236 人 文字数:1617字
「いいよな、お前の母ちゃんは優しくてさ」 Aは不満気に言った。 「いや、そうでもないけどね」 遠くを見て眉を潜め、Bはそれを静かに否定する。 「なんでだよ、怒 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:♪エリ♪ お題:男のお茶 制限時間:1時間 読者:17 人 文字数:3038字
暎二「あー、美味しい」今、とある7人の男とお茶を飲んでいる。青田「・・・・・・」赤山「・・・・・・」沢谷「・・・・・・」飯田「・・・・・・」佐伯「・・・・・・」 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:アムリタシャワー お題:明るい大学 制限時間:1時間 読者:2 人 文字数:2671字
鼻歌を歌っているときは機嫌がよい。俺の爺ちゃんはそう評されていた。逆に言うと,鼻歌を歌っていないときは機嫌がよくないということでもあった。そして,俺の記憶にある 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:瀞石蜜柑 お題:空前絶後の嘘 制限時間:1時間 読者:11 人 文字数:2602字
シャワーを浴びているとき、耳をふさぐことがある。そうすると、耳に入って来る音というのは、表情を持った水分のまとまりに変化する。撥ねるようであり、飲み込むようであ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:瀞石蜜柑 お題:嘘の武器 制限時間:1時間 読者:13 人 文字数:3126字
「そこの方、そちらの窓、閉めてもらえます?」「あ、はい」丸い眼鏡に白髪のおじさん(おじいさんかな)に言われ、席を立ち、窓を閉める。いわく朝の一時間ほどは部屋の換 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
作者:瀞石蜜柑 お題:100の国 制限時間:1時間 読者:13 人 文字数:4264字
ぼくは大事に大事に育てられてきたサルだ。体色は真っ白で、みんなぼくを可愛がった。ぼくを飼っていたのは、中東の王子さま。ぼくはすごく広いお部屋と、砂漠の庭を与えら 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
とある霧の日 ※未完
作者:ハチマル お題:ワイルドな霧 制限時間:1時間 読者:14 人 文字数:1138字
右を見ても、左を見ても、何もない。神様が背景を描くのに手抜きをしたようだ。普通、霧というものは、もう少しぼんやりふわふわとしたものではなかったか。今私を包む霧は 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:Aruco お題:有名な空 制限時間:1時間 読者:22 人 文字数:1950字
真っ白な壁。静かな喧噪。人々が、ゆっくりとしたペースであちらこちら、移動していく。白い壁には等間隔で額縁が並べられている。黴臭さの上に無理やり重ねられた清潔そう 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:瀞石蜜柑 お題:赤い血液 制限時間:1時間 読者:19 人 文字数:3090字
たとえそれが電子空間であっても、そこにいる人たちと言葉を交わしたり、コミュニケーションを取れば、そこに相手は宿るし、現実と同じ温かさを感じることだってできる。見 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:エリカ お題:日本式のフォロワー 制限時間:1時間 読者:22 人 文字数:1256字
Twitter、それは世界と繋がるためのツールである。自撮りをする者、ひたすら食べ物を作る者、食べる者、絵を描く者、音楽を創る者、星空の写真を撮る者などがいるが 〈続きを読む〉

てくの@20日まで作業できずの即興 小説


ユーザーアイコン
作者:てくの@20日まで作業できず お題:あいつと孤独 制限時間:15分 読者:164 人 文字数:415字
あいつは孤独と友達だった。クラスでいつも一人の○○がいる。でも、いわゆるぼっちだとか、友だちが居ないとかそういうのではない。一人で居るのにいつも楽しそうにしてい 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:てくの@20日まで作業できず お題:憧れの母性 制限時間:1時間 読者:1357 人 文字数:1398字
保育士になったばかりの先生。彼女にはある悩みがあった。それはとにかく子供に好かれない事。こちらから歩み寄っても「せんせーきらいー」と言われてしまう。もはや学級崩 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
てすと ※未完
作者:てくの@20日まで作業できず お題:忘れたい表情 制限時間:30分 読者:303 人 文字数:761字
主人公は虫も殺さないような優しい心を持った女子高生。クラスでも癒し系の存在として男女からも人気が高い(教室で説明のシーン)そんなある日彼女は謎の怪物に襲われてい 〈続きを読む〉